“矢島美容室”

2010年07月15日(木) 3時14分



矢島美容室の映画主題歌、どこまでもポップなPVと曲調がかなりいい。
とんねるず歌うまいし。
ポップスはもっと管楽器と融合するべき。
とshakeの時も思った。



“スペイン×オランダ”

2010年07月13日(火) 2時30分




決勝の予想が当たった。
っていっても、ちょっと幸運の転がる先が違った、程度のものでした。
オランダは引いて守るスタイルが自分達に向いていないという事をはっきり解っていて、
最初から最後まできつくプレスを掛けてました。
あれだけプレスを掛けてると大体後半半ばに息切れするものですが、
ロスタイムまでやりきりました。素晴らしくタフでした。
大会ナンバーワンのプレス精度だったと思います。
前線から連動したプレスを掛ける事によって、
飛び出しに弱いDFラインの欠陥をほぼカバー。
スペインの周りのサポートが少し遅かったのも相まって、
試合を通してこれまでにないほどスペインにパスミスが起こりました。
シャビがボールを失うシーンなんてこれまで殆どなかったですが。

オランダのゲームプランは殆ど完璧でしたし、
実際のゲームもオランダのプラン通りに推移しましたが、
ただ一点ロッベンの決定力だけが誤算だった。
あれだけの猛威をふるっていたロッベンが
正しく機能する事を前提としたプランだっただけに、
らしくなかったと言わざるを得ない。
90分闘って、更に30分闘う力はオランダには残っていなかった。
ハイティンガの退場はそれをこれでもかと象徴していた。
ファンペルシーは最後までノーフィットだったなぁ。
可哀想だと思う。フンテラールどうしたんだ。


スペインの凄さは何と言っても、スコアレスの後半において、
ボールを持つことがそのまま守備行動になっていたという点。
あれほどボール保持に信頼性の高いチームになると、
それがイコールで結ばれてしまって果てしなく効率が良い。
決定率の悪さも、シュートを打つことが
守備行動を兼ねているとすれば全く問題にならない。
それがパスサッカーの頂点にいるスペインの強み。
そしてそれはその場面に至るまで失点せずに凌ぐ事のできる
強固なディフェンスあってこそだった。
事実、決勝トーナメントに入って強豪と当たるようになってからは、
0−0から後半こじあけるという展開が続いた。
このバランスの良さは全く以て王者にふさわしい。
しかし一方で、今大会中に、スイス、オランダといったチームが
先取点と飽くことなきプレッシングによって
スペイン打破に道筋をつけたと言えなくもない。
少なくとも、研究と、それを実行するチームによってはスペインは
十分に負けるチームと言えます。
しかしバルセロナと親和性が高く各クラブの育成組織も活発なスペインのパスサッカーは、
人材の質の低下による弱体化ということは当分考えられない。
当然世代交代による一時的な後退はあるでしょうし、
ビジャがスペインサッカーが実を結ぶための最大のピースだった事は否めないので、
今後大会で優勝するためにそれが課題になる事も間違いない。
それでもこれまでよりも一段上のレベルを保っていくと思う。
なぜ一段上かというと、今回の連覇でスペインは、
チームの潜在能力を、その時そのチームに所属している選手が
きちんと信頼する事ができるようになった思うから。
ブラジルやドイツなんかは、自チームの潜在能力の高さを知っているからこそ
微妙に変化しながら勝って行けるのだと思う。
それをスペインもこの先できる気がする。
つまり、スペインはこのワールドカップでついに
常勝国と呼ばれるための要素が揃ったと言える。
少なくとも以降「黄金時代」と称される事は間違いない数年間を目撃した事に、
深い感動を覚えました。



“ウルグアイ×オランダ”

2010年07月09日(金) 1時24分



この試合、少しだけ良いプレーを見せたファンペルシー。
例によって不調が囁かれていますが、
守備重視の戦術が大勢を占める今大会にあって、
彼に求められている、
中央で球を受けてためて周りを活かすか、
強引に自分で突破というプレーは本来彼向きではないと思います。
前の選手を活かしたり、表のスペースで球を受けるのが得意な選手ですし、
個人的にはシャドーストライカー。
アーセナルでも、アンリ、
アデバヨールと組んでいた時がアシスト数もゴール数も多かったはず。
しかし代表で2トップを採用しようとすると
攻撃の切り札であるロッベンが使いにくくなる事や、
攻守に運動量が期待できるカイトを左サイドで使いたいという事情から
彼が得点し辛いプレーを求められているのが現状でしょう。
まして、ロッベンのプレーエリアを侵害するという理由で
サイドにも流れる事ができない。まぁペルシが中央からいなくなったら
中央誰もいないですけど。
フンテラールじゃ駄目なのかな?と思うんですが、
不勉強なので解りません。

そして冴えっぱなしのスナイデル、ロッベン。
スナイデルはまたしても強引なシュートで追加点を挙げ、
ロッベンはシュートこそ打たせてもらえないものの、
ちくちくちくちく突っかけてディフェンスに嫌がらせをし続けた。
この二人がここまで強引さを発揮できるのは、
恐らくお家芸の斬鉄カウンターがあるから。
オランダと対戦するチームはカウンター警戒で
失点するリスクを回避しますが、
今回のオランダはそこをこじ開ける事で優位に立つ事ができた。
この二人の強引さを下地に接戦を制してきた事が、
オランダにかつてない結束と泥臭さ、勝負強さをもたらしているのでは。

オランダの攻撃は
スナイデルからロッベン、ロッベン突っ掛ける、守備組織攪乱、
中央へのパスかクロスの2拓。これがほとんどでした。
オランダの攻撃は組み立てからフィニッシュまでスナイデルとロッベン。
後はカイトからのクロスぐらい。
しかしそれでも勝つ所が今回のオランダの強さ。
攻守に自分達の泥臭さを信頼できている事が今回のオランダの強さでしょう。
封じ込めを自分の力で弾き返してきた所にはかつてないしぶとさを感じます。
黒子に徹しているカイトがまたシブイ。

ウルグアイはスアレスの欠場がやはり痛かった。
攻撃における選択肢の少なさは如何ともしがたかったです。
フォルランを筆頭に強力な攻撃を繰り出していましたが、
やはり先行されたのが痛かった。
カバーニはスアレスの穴を埋めるには至らず。
ルガーノもいなかったということで、既に満身創痍の状態でした。
監督は同点になった後次の一点を取りに行っても良かったと思いますが。
しかし、大エースのフォルランが退いた後も、
ロスタイムの素晴らしい得点でしっかり反発力を見せた所は素晴らしかった。
あのまま負けていたら、多方面から
「ラッキーで勝ち上がってきたチーム」というレッテルを張られていた事でしょう。
ウルグアイの戦術は
メンバーの充実振りからして今大会で完成を迎えたと思いますし、
フォルランが引退したら一気に低迷する気もしてましたが、
この大会をきっかけに、
先取点を取られてからの反発力を更に育てる事ができるのでは。
というのは誇大妄想でしょうか。

最後に決勝の予想を。
オランダがスペインに攻守で格の違いを見せつけられて負けます。


“ドイツ×アルゼンチン”

2010年07月04日(日) 21時36分



とんでもない試合でした。
失点してもいいからとにかく点を取るというアルゼンチンと、
先制した後はバランスを取りながら攻め、
更に加点後にはカウンターに切り替えていったドイツ。
両者の思惑が一致するとあそこまでのゲームになるものか。
押し込んで押し込んだアルゼンチンですが、
振り返ってみれば4失点。
完全に掌の上でした。
前半は良いシーンもありましたが、
後半はドイツが徹底してスペースを消したため、
ドリブラーが多いアルゼンチンは殆ど中に入れませんでした。
中に入ったとしても、エリア内がドイツのDFで溢れていたり、
コースをきっちり消されて無理なシュートを打たされたりでした。
すると、段々と中の崩しをメッシのプレーに頼るようになってしまい、
ドイツとしてはより守りやすくなってしまった感じ。
クロスをあげようにも、あの屈強なDF陣相手にイグアイン一人では厳しい上に、
サイドにもドリブラーが張っているので、
素早いクロスを上げるという事を全くしなかった。
そうしてる間に中をガチガチにされ、悉く跳ね返された。
この問題はちょっとスペインに通じるものを感じました。
そもそも今大会通して、溜めてからのクロスで点が入ってるシーンを殆ど見てない。
カウンターではちょいちょい見るけど。
まず守備から、という今の流行を反映しての結果でしょうね。
そして気になっていた守備面。これも不足が露呈してました。
スピードで抜かれるシーンの多い事。
些かDFの質に偏りがあった事は否めないのでは。
アルゼンチンはサッカーのスタイルからして
先行されると厳しいのではという事は思ってましたが、
ましてその相手がパッションの迸るゲルマン軍団相手ではどうしようもなかったですね。
後半GKと一対一になるようなシーンは終ぞ無かったです。
最後の最後でメッシのプレーに依存したアルゼンチン。
心中でした。

ジャーマニーはイングランド戦と同じ展開だったので、
かなりやりやすかったはず。
そのためか、意思統一が素晴らしかった。
この時間帯はどれぐらい攻めるのか守るのか、
それが恐ろしくハッキリしていて、まるで映画のシーンが変わるように、
サッカーのスタイルが状況に合わせて変化していた。
特に良かったのがシュバ。
サイドバックだったのが信じられないぐらいのゲームコントロール。
そのボランチとしての逞しさ、戦術理解、
攻守の天秤を担う実力には本当に驚きを隠せない。
選手個々が状況を同一に理解して、
その時望まれるプレーを全員ができる事が今のドイツの強さ。
組織力では間違いなく今大会ナンバーワン。
スペインどうなっちゃうんでしょう。

そして、最後まで攻守にパワフルなプレーを見せ続け、
アルゼンチンの魂と化していたテベスには
心から拍手を送りたい。

スペイン×ポルトガル

2010年07月01日(木) 3時13分



スペインは2年前よりも攻めのオプションが増えた分、
崩し方に余り拘っていないように見えました。
裏あり、サイド攻撃あり、パワープレーありと、選択肢が豊富。
今大会スペインはとにかくボールを持つ展開が多いです。
相手チームもそれに納得しているので、気にせず持たせる。
ある種横綱相撲と言えるかも。
前からプレッシャーかけてくるチームが少ないので、
スペースも生まれ辛く、スピード感は失われています。
そうなると攻めが単調になってフラストレーションがたまるのが
ポゼッションサッカーを志向するチームのいつもの崩れ方ですが、
スペインが他のそういったチームと違うのは、
決定力抜群且つ我の強いFWが前線に構えている点。
即ちビジャの存在。
彼は時折パスをもらうとほぼ100%つっかけていき、
半分ぐらいの確率でミドルレンジのシュートまで持っていく。
そういうビジャのプレーが一つ攻撃の「締め」を担っていて、
チームの攻撃に区切りを与えている。
スペインはビジャという弾丸を手に入れた銃のように感じる。
他の似たチームが空砲を構えている中で(例えばかつての日本とか)、
スペインにはビジャがいる。これは何よりもデカイ。
チーム全体で弾丸を込めて
最後にしばしば実弾ぶっぱなせている事が、
スペインがフラストレーション無くパスを回せる理由の一つだと思う。
殆どと言ってもいいかもしれない。
事実、ポルトガル戦も結局チャンスは殆どビジャが作ってたし。
スペインは崩し方に拘っていないと書きましたけど、
崩すことそのものにはやはり拘ってるなあと感じました。
ラモスもヘススナバスもすぐクロスをあげるという事はまずしないで、
しつこいほどに抜こうとする。
シャビは良い所が見つかるまで何回でも動きなおす。
とにかく狭いスペースへボールを通そうする。
そういう所に、ちょっと先鋭化の果ての恐竜化の兆候があるようなないような。
その意味では、
デルボスケがジョレンテをチョイスしたのは良い判断だったと思います。
スペイン、クロスがバカバカ上がる割には、
悲しいほどそこから点が入る気がしませんでしたが、
ジョレンテが入ってからはクロスに「意味」が生まれた感じがしましたね。
逆に、それまでのクロスの実の結ばなさはちょっと問題なレベルでした。
相手チームはスペインの中からの崩しを警戒して中固めまくりますから、
外に開いてクロスを上げてもジョレンテが居ない限り意味は無いような。
ましてブラジルやアルゼンチンなおさら。
それなら、外に開いて、ラモスやらが突っかけて、
再びバイタルエリアのちょっと外側にいる味方へ、
という、中、外、中の繰り返しの方がいいです多分。
さもなくば早めのクロスでしょうね。
その辺は多分デルボスケも解ってるんでしょうけど。
個人的にはシルバに活躍してほしいので、
スピード感が戻るといいなあと思います。
アルゼンチンもドイツも引いて守る事はしそうにないので、
出番あるかもしれませんね。

それにしてもシャビとビジャの先鋭化は凄いもんだ。
チームの中での役割という意味では、
あんなに役割に特化し得たプレーヤーも珍しいのではないか。
ロナウドと対比すると、やっぱり恵まれてるよなあと思う。
昨日の試合、ロナウドがスペインという王者を相手に
自負心を露わにしてプレーしているのを見て、
ロナウドが役割に特化する事は環境的に無理という感じがした。
今大会、
ポルトガルにも攻めのオプションが無いわけではないし、
それで試合を決める事ができるとも思うけど、
それは「ロナウドを使わない」という事であって、
ロナウドの能力を最大限に活かす事ではなかった。
ロナウド、メッシが何点取るのか?というのは大会前に散々騒がれてたけど、
サッカーがちょっと好きな人にはそれがクラブと代表を区別しない、
お門違いの話だという事は周知だった。
それよりも問題はいかに活かすか?という事だった。
その点で両チームの明暗は分かれた。
ロナウド、メッシが点を取らない(ロナウドは一点取ったけど)
という事実が当人にも周りにも何ら衝撃的では無い中で、
アルゼンチンは試合を重ねて答えを見出しつつあるような気がする。

GLの組み合わせが違えば、
ポルトガルも、ロナウドも答えを見つける事ができたかもしれません。
そういう意味では早い段階でスペイン、ブラジルと当たった事が悲劇でした。
次のユーロに期待してます。

最後に、チリ×ブラジルについて試合を見てないながら一言だけ。
チリが超攻撃的サッカーを標榜しながら、
ブラジル・スペインという、
サッカーの攻撃面においてまさに二大巨頭である両者と
早々に当たってしまった事は気の毒としか言いようが無い。
自分達のサッカーへの自信を失わない事を願ってます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akkun
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-スマブラ・テイルズ・他なんでも
    ・音楽-サックス5、ピアノ3、歌2
読者になる
悩み:東京ブラススタイルにブログを見られてしまったこと
最新コメント
アイコン画像T
» “ウルグアイ×オランダ” (2010年07月09日)
アイコン画像T
» “ガーナ×セルビア” (2010年06月16日)
アイコン画像T
» “南アフリカ×メキシコ” (2010年06月12日)
アイコン画像akko
» “blue be bop” (2010年06月03日)
アイコン画像漫画ちゃん
» “様式美” (2010年04月27日)
アイコン画像経験者
» “今日のサブウェイ(3.14)” (2010年03月16日)
アイコン画像T
» “今日のサブウェイ(3.14)” (2010年03月16日)
アイコン画像Mika
» “今日のサブウェイ(3月6日)” (2010年03月07日)
アイコン画像akkun
» “!” (2010年03月05日)
アイコン画像たか
» “!” (2010年03月04日)
Yapme!一覧
読者になる