“ブレスオブファイア5プレイ日記part10(上層区〜中央省庁区)”

2009年02月26日(木) 19時05分








上層区でアイテムやら買い込んで電力ビルへ。
ネクロマンサーみたいな奴がちっこいくせに強い。
即死魔法つかってくるし。

屋上まで行くと、中央省庁街へと続くワープゾーンを発見。
と、同時に、誰かが上からワープしてくる。

ワープしてきたのは、隻眼で色黒、体格のいい50代ぐらいの精悍な男。
「メンバー」(統治者)の一人で、デモネドと名乗る。
リュウ達が本当に空を掴もうとするならば、
鍵があと3つ必要だが、それは我々一人一人を倒して奪え、という。
最終局面っぽくなってきたね。
彼らはアブソリュートディフェンスってのを持っていて、
1回のコンボである程度のダメージを与えてアブソリュートディフェンスを破らないと
本体に攻撃が通らない。
コンボが途絶えるとアブソリュートディフェンスの耐久度も元に戻ってしまう。
ので、基本は1ターンAP溜めて次のターンで一気に攻撃、の繰り返し。
デモネドは肉弾戦を得意としていて、まともに組み合うと強敵ですが
行動パターンが距離を詰める→攻撃しかないので、
APがたまるまでノックバック攻撃をして、こちらの攻撃が終わったら
相手の番が来る前にまたつき放せば完封です。

デモネドを倒すと、Dの鍵が出現。
これがあと2個必要ってことは、最低あと二人のメンバーと闘う事になりそうです。

中央省庁区へ入ると
今までとは打って変わって格調高そうな内装。


こんな感じですね。
この時点でレベルは30かそこら。
こんな低レベルなのにもう最終局面なのかな。

中央省庁はさすがに敵もなかなか。
内部は一方通行で、次のフロアへワープすると前のフロアには戻れません。
よって、アイテムの補給も侵入前の一回きり。
しかしそんなことは知る筈もなく、内部へはいってから驚愕。
しかも分岐が多数あり、一周ではすべてのフロアにはいけない構造らしい。
ラスダンだけあって
トレジャーや敵の落とす武具も質が高く、未鑑定品のわくわく感倍増。
おっかなびっくり先へ進んでいくと、
「オルテンシア」のフロアに到達。

オルテンシアは巫女っぽい役柄の女性らしく、
ドラゴンがリュウを選ぶ前、
「人が翼得て、再び世界に空を取り戻す」と予言した。
しかしオルテンシア自身はD値が絶対だと思っていて、
D値の低いリュウにそんな事は無理だと思っているらしい。
しかしドラゴンに選ばれる素質は買っていて、
リュウを「メンバー」に誘う。突然の事に困惑するリュウですが、
リンがきっぱりと「我々はお前の持つ鍵に用があるだけだ!」と突き放す。
オルテンシアは失望した様子になり、戦闘に入る。

彼女もアブソリュートディフェンスの持ち主。
どうやら「メンバー」はみんな装備してるらしいね。
空間を操る能力の持ち主で、自分のフィールドを作り出し、
そこに敵を呼び込んで闘う。
オルテンシアのフィールドは方眼紙の目のようになっていて、
フィールドを構成するパネル一枚一枚を毎ターンダメージ床・回復床にランダム変化させる。
本人は下級魔法しか使えないが、
大魔王バーンよろしく、桁外れの魔力のためこちらの上級魔法並の威力。
しかし彼女もパターンを見きれば時間がかかるだけで大し敵じゃありません。

最後の一撃を入れると、その場に倒れ、
「あなたなら、あるいは・・・」と言い残し消滅する。
今度はHの鍵が出現。あと一人。

闘う前厳しい態度だったオルテンシアは、
死に際、リュウに衰退していく世界の打破を期待したようにも感じる。
きっとメンバー達もあまり打つ手が無いんだと思う。

続く。


“最後の最後に会いに行くから”

2009年02月26日(木) 1時38分






久々に、T&Nと夜の街へ繰り出しました。
彼らは連日連夜繰り出していたんですけど、
この狂乱の宴を勉強のために削れるものナンバーワンとして真っ先に削っていた小生は
久方振りに狂乱した。踊り狂った。パイルドライバーもした。

私はロンゲストスリーパーで大体8時間前後寝てるんですけど、
それはもったいないと思って一時間縮小したことがある。
その時はやっぱ眠くてすぐやめちゃったんだけど、
思うに、一時間だから駄目だったのだ。
つまり、一時間縮小するとは言っても、その実、
起きた後はうとうとしたりぼけーっとしたりしているわけだから
丸々一時間得しているわけではない。
とすると、せいぜい45分かそこらだろう。
45分というと、長々ゲームをするには足りないし、
ドッサリピアノをやるにも少し足りない。
お得感が少ないからやる気も出ない。
そんなことだからいつまでも早起きができず人として男として生命として損をし続ける。

そこで今日から2時間短縮します。6時間睡眠。
死ぬかも。
今2時過ぎなので、8時半に起きればいい計算。
頑張る。生まれ変わる。



“ブレスオブファイア5プレイ日記part9(アジト〜上層区)”

2009年02月23日(月) 20時40分








メべトと別れて先へ進むと、ライフラインに入る。
ライフラインに入る、って全然意味わからないと思いますけど
私にもよくわかりません。
だって「ライフライン」って地名なんだもん。うくく。

ここはトライリザード以外あまり強くないです。
逆にいえばトライリザードはかなり面倒ですが。

上層へ上って少し開けた所へ出ると、
蛍みたいなのがたくさん舞っていて乙な光景。
それを穏やかな顔で見ている男一人。ボッシュです。



こえええええええええええええええええええええ

2度までもリュウに退けられプライドを粉々にされた事で狂気に囚われ、
リュウを殺すためドラゴンか何かとの融合を行ったらしい。
その実験の成功者はおらず、唯一生存している被験者も
途中で実験を取り止めたほどのいわくつきらしいのですが
元々ボッシュはD値(遺伝的強さ、ドラゴンとの親和度)が高いため
一応うまくいったらしい。それにしてもこええ。
その言動は穏やかながらも、端々に確固たる狂気と殺意が見え隠れする。

戦闘では持ち前の強力な剣技と行動回数の多さでゴリゴリに押してきます。
HPが減って改造した左腕を使いだすとさらに攻撃力UP。
この腕はドラゴン状態のリュウにもダメージを与えるのですが
そもそもこいつは強敵と言えば強敵ながら
ドラゴン状態にさせられてしまうほどの強さでもありません。
それよりもむしろ通常状態時に左腕から受けるダメージのほうが脅威で、
薬がぶ飲みしました。

三度退けられたボッシュは鬼のような形相になり、
ふらつきながらもプライドのために負けを認めるわけにはいかず
かかってこい、かかってこいと挑発しますが、



足を踏み外して落下。
まだ友情が捨てきれないリュウは思わず駆け寄りますがどうすることもできず、
ボッシュは底の見えない地の底へと落ちていく。
リンやニーナはリュウを気遣う表情を見せますが、
リュウは立ち上がり三人はその場を後にします。

リュウ達が去った後、ボッシュは地の底へ落下しながらもまだ生きていて、
その表情は憎しみと失望に固まったまま体はピクリともしない。


「憎めるか?」


その声はボッシュの頭の中に直接、心臓の鼓動に合わせて届き、
そう問いかけてくる。
ボッシュはその声に驚く様子はないものの、
表情はさっきと変らず、依然として強い憎しみを湛えている。

「ならば」




「選んでやろう」


声の主はそういうと改造された左腕を操り、
ボッシュの喉笛を掻っ切る。
ここでイベントは終わり、リュウ達に視点が戻る。

リュウ達はその頃上層区へ到達。
上層区はエリートが住む区域で、建物もしっかりしてて道も奇麗。
この上には電力ビルがあり、そして中央省庁街へ繋がる。

続く。

“困窮”

2009年02月23日(月) 20時11分






昨日簿記の試験行ってきました。
筆記用具忘れましたが
何とかなりました。
電卓忘れなくてヨカッタ。
電卓のない経理なんて紙のない箱ティッシュ或いは奥の手の無いブリーチ或いは
サイドチェンジの無いサッカーみたいなものです。

一時間前に来たおれより早く来て寝てて
始まる5分前にやっと起きる奴とか居ました。
3級の時も思ったけど試験管、もとい試験官の声が小さい。
全然聞き取れなかったからよっぽど言うたらなあかん、と思ったけど
100人近くの人間が居るにも関わらず
静寂に包まれた会場でいきり立つ勇気はありませんでした。

帰りに閉店セールやってるゲーム屋あったのでIQ買いました。
うはうはあ。

“ブレスオブファイア5プレイ日記part8(中層区〜アジト)”

2009年02月20日(金) 18時27分








中層区の奥は半水没した商業区で、
今も少しずつ浸水してるらしい。
ノーフューチャー。

ここのワームマンって敵は、
近付くと貫通攻撃、離れると全体攻撃の凄い厄介なやつでしたので、
多方向から近付いて一気に攻撃する戦法をとりました。
それからゾンビが居たんですけど、
本体を倒さない限り復活し続け、
しかもゾンビと本体は同じフロアには居ないっていう複雑ゾンビで、
腹が立つ半面良くできてやがると関心した所存。

アジトは例によって暗くて、
ますます陰気な心持ち。入るとすぐにニーナが倒れます。
ベッドに寝かせていると大分落ち着いたようで、
リンが「私が見ているからアジトでも見て回ってこい」というので
リーダーの所へ行ってお話。
リーダーはメべトと名乗り、色の黒い精悍な中年男性です。
彼はニーナを空へ連れて行くというリュウの話には懐疑的で、
汚染された空気に弱いニーナを連れまわすのは
ガラスの破片の上を裸足で歩かせるようなもので、
治療設備が整っているこのアジトに居てはどうか、
そして君も組織に入りニーナを守ってはどうか、と提案。
少し考えさせてもらう事になり、
その後商業区の奥にリンとニーナにあげる薬を探しに行く。
しかしやはりここの設備でもニーナを完治させる事は難しいらしい事がわかり、
煩悶としながら眠りにつく。

夜中、二人はニーナの悲鳴で飛び起きる。
ニーナのベッドに行くと、組織のメンバーがニーナを取り囲んでいる。
どうも彼らは機密の実験体であるニーナの事を公表して
政府の暗部を暴きたいらしく、
リュウが連れて行ってしまわないようにどこかへ隠すつもりだったらしい。
取り敢えず襲ってきたやつらを迎撃すると、
メベトがやってくる。リンは上司の裏切りに怒り、
あなたが命じたのか、と問い詰める。
メべトの「それが正義なら、私は行う」と言う言葉に
リュウは理解を示すものの、「おれたちは行きます」と決意を新たにする。
するとメべトはカギのようなものを差し出して、
空へ行くためには必ずこれが必要になるから持っていくといい、
リン、君の事は組織を抜けても応援してるよ、という。

カギにはMのアルファベッドが刻んであり、
どうやらメべト本人のものらしい。
空へのカギをメべトが持っていたってことは、
元々地位のある政府側の人間なんだろな。

次から展開速いよ。

“謳歌”

2009年02月20日(金) 18時23分






最近、ギターとかベースに憧れを抱くんだけど
もしかして思春期だろうか。

“ブレスオブファイア5プレイ日記part7(工業区〜中層区)”

2009年02月18日(水) 11時29分









PCぶっ壊れてました。
ぶっ壊れてる間にラスボスまで行って打ちひしがれてSOL(part1あたり参照)使って
最初からやり直して再びラスダンまで来てしまいましたが、
取り敢えず前回の続きから書きます。



工業区はめちゃめちゃ広くて往復がとても大変でした。
第2工業区まであるなんて聞いてないよ。
第2ってなんだ第2って。
第2の奥まで行くと、上級レンジャーの死体がゴロゴロしている。
シンフォニアの変身後マーブルさんみたいな動きをしてるやつが生きていたので話しかけると、
一緒に待ち伏せしてたけど邪魔だから殺しました、という。
外道である。
粘りつくような敬語で喋る所がまた不気味。

こっちの能力とHPを吸い上げつつ状態変化に陥れるという陰険極まりない戦い方でしたが、
万能薬さえあればあんまり怖い相手でもなかったので
苦戦せずに倒しました。
しかし戦闘後、リュウ達が死んだものと判断して立ち去ると、
うつ伏せになっている状態で首がグリッと回って、
「フハハ・・・強い、強いですねえ・・・」と不気味に言う。
司馬仲達かおめーは。

その次のフロアは枝分かれしていて、
こういうのは絶対両方行くタチなので両方行くとどっちにも中ボスがいたので
倒しておくと、
その次のフロアで先刻の司馬仲達がこれまた倒したはずの中ボスを従えて再登場。
中ボスの力を自分に吸収し、再び戦いを挑んできます。
今度はさっきまでの能力に加えて、
強力な物理攻撃、受けたダメージを蓄積して返す攻撃、
全体魔法など多彩な攻撃を仕掛けてきます。
しょうがないので、回復しまくりながらちまちま攻撃して撃破。
アイテムほとんど全部使いました。かなりの強敵です。
このゲームボスはみんな強くて面白いです。

ボス戦を終えるとようやく中層区へ到達。
中層区っていうからもうちょっと明るいのかと思ってたら雰囲気はあまり変わらず、
この上は上層区でエリートしか住んでいないので、
この中層区にいるのがこの世界で標準的な暮らしをしている人達ということになるんですが、
闇市を利用しないと生活が成り立たないという。
困った世界です。

この先にリン達のアジトがあるらしい。
中層区の奥へ向かって歩いていると、階段を上った所でリンが誰かにお尻を触られる。
しかし慌てて振り返っても誰もいない。
不可解に感じながらも、また歩いていく。
その時階段の下では赤っパツで色黒の男が壁にもたれ腕組みをして立っていて、
「ふうん、あれがドラゴン様とその御一行ね・・・・ま、尻はわるかねーな」
と独り言をいう。

つづく。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akkun
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-スマブラ・テイルズ・他なんでも
    ・音楽-サックス5、ピアノ3、歌2
読者になる
悩み:東京ブラススタイルにブログを見られてしまったこと
最新コメント
アイコン画像T
» “ウルグアイ×オランダ” (2010年07月09日)
アイコン画像T
» “ガーナ×セルビア” (2010年06月16日)
アイコン画像T
» “南アフリカ×メキシコ” (2010年06月12日)
アイコン画像akko
» “blue be bop” (2010年06月03日)
アイコン画像漫画ちゃん
» “様式美” (2010年04月27日)
アイコン画像経験者
» “今日のサブウェイ(3.14)” (2010年03月16日)
アイコン画像T
» “今日のサブウェイ(3.14)” (2010年03月16日)
アイコン画像Mika
» “今日のサブウェイ(3月6日)” (2010年03月07日)
アイコン画像akkun
» “!” (2010年03月05日)
アイコン画像たか
» “!” (2010年03月04日)
Yapme!一覧
読者になる