ブレスオブファイア5プレイ日記part6(集積場〜工業区)”

2009年01月17日(土) 0時31分









工業区っていうから人がいるのかと思ったら、
相変わらずの悪の巣窟っぷりでしたよ。
この世界って人は一体どこに住んでるわけ?
一度も人にあわねーんだけど。

敵はあんまり大した事ないです。
今まで出た事のある奴も居るし。

シナリオの方は二つイベントありました。
一つは、この世界の統治者たるオリジンとかいうのが、
何らかの事情で忌み嫌われている集団にリュウ達の処分を依頼するもので、
その集団に頼みごとをするのはかなり特例らしく、
リーダーっぽいやつが、
「お前達が我々を必要としている。いい。実にいい気分だ」
なんて事を言ってました。

もう一つはリンがアジトの上司と連絡を取り合うもの。
ニーナの処遇を巡ってリンも思う所があるようで、
彼女はリュウの、ニーナを空へ連れて行くという思いに惹かれているようですが
上司はそんなん無理にきまってんじゃーん、なんて事を言い、
取り合えず早くアジトに連れてこいと。


続く。

“今日も明日も”

2009年01月17日(土) 0時28分









今まで、一日4時間以上勉強する人はサイボーグなんじゃないかと思ってたけど
あれは切羽詰ってたからなんだね。
切羽詰まるとやっちゃうもんだね。


“佳境”

2009年01月16日(金) 0時44分








今月と来月は、今まで生きてきた中で一番勉強する事になると思う。
問題集ずっとやってて思ったんだけど、
簿記って問題集やるより実際に経理やる方が楽しいんじゃないかな。
極論言うと技能って習得するより活かす方が面白いかもね。






“ブレスオブファイア5プレイ日記part5(氷結の洞窟〜集積場)”

2009年01月15日(木) 9時46分








氷結の洞窟の4階を越えた所で、人工的な場所に出ました。
集積場らしいです。何を集積してるのか知らないけど。
リンが、ここを抜ければ工業地区に出る、と教えてくれた所で
レンジャーに囲まれます。
奥の扉からは出世に燃えるボッシュとゼノ(女隊長)が出てきて、
リュウはニーナの意思に乗っ取られてるから、
おとなしく保護を受けろ、みたいな事を言います。

リュウが「通しては貰えませんか」と聞くと
ボッシュが「いやお前どの道殺すし」とかいいます。
もっといいやつだと思ってたのにいい。
すると、いきなり戦闘に突入。
相手は射手3人、剣士5人、リーダー1人で、
十字路の真ん中で囲まれてる構図。

アレ?マズイよこれ!!


ていうかボッシュは闘わねえのかよ!!


取り合えず前回書いたLv2魔法(パパル)と
リンの拡散攻撃を使って攻撃していきますが剣士がめっちゃ防御下げてくるので
ボコボコにされました。しかも5人が必ず同じ人狙ってきますし。
辛うじて全員倒すとまたイベントモード。
周囲に転がるレンジャーを、信じられないといった表情で見るボッシュから
さっきの威勢は感じられない。
すると、奥の扉がズームアップされる。
絶対連戦フラグじゃん!コレ!!死ぬから!!
という私の嘆願もそこそこにFF6の魔道アーマーみたいなのが登場。
いやしかしこいつを倒せば、
ゼノが、思ったよりやるようだな・・・ここは一度(略
みたいなことを言う展開になるはず。

魔道アーマーはどうやら毎ターン手下を召喚するらしく、
いなくなったら必ず召喚します。
トラップ魔法主体で闘って行こうとしますが、
手下がトラップにモリモリ引っ掛かってしまい本体には殆ど当たりません。
加えて物理攻撃が殆ど利かず、
打つ手が無くなったので取り合えずリセット。

2戦目はレンジャー軍団の剣士に麻痺の仕掛け魔法を当てまくり、
その間に遊撃のリュウとリンがアーチャーを殲滅する戦法が嵌りました。
これで安定して倒せます。3人しか封じれないので、
残りの集中攻撃が相変わらずツライですが。

そして魔道アーマー2戦目。
今度は手下を自分側に引き寄せて魔道アーマーとの間に隙間を作り、
そこへ移動させる事で罠に引っ掛けようとしましたが、
罠に当たっても状態異常にならない場合そのまま驀進、
強烈な物理攻撃を放ってくるのでアウト。
弱点武器を装備すると物理もそこそこ通りますが、
ガチンコの殴り合いだとかなり不利です。
戦闘不能回復薬(気付け薬)が切れてリセット。

3戦目、レンジャー軍団を同じやり方で殲滅。
魔道アーマー3戦目。

手下が居なくなると必ず召喚する習性を利用して、
手下が召喚される地点にトラップを仕掛けて倒しまくり、
魔道アーマーのAP(行動猶予ゲージみたいなもの。無くなるとターン終了)を
召喚だけに使わせてその間にリュウの弱点武器で殴っては離れる戦法を考案・実践した所、
ニーナとリュウの二人でほぼ完封できました。
リンは殆ど役に立ちませんでした。

どうにかこうにか終わった。
この2戦で30分以上掛かります。
魔道アーマーはバチバチ言って自爆。
さあゼノ!一度退くんだ!!

ゼノ:「仕方ない…」



よし!


ゼノ:「やはりお前は…危険だ」
(剣を胸の前で横に持ち、神妙な面持ちで剣を抜く)



え!?!?!



じょん!!(戦闘への場面転換の効果音)


3連戦かよ!!
無理だろ!しかもどう見ても今までのより強いし魔法使い連れてるし!
もうDダイブ使うしかない。

Dダイブとは:リュウの特殊スキルで、
戦闘中にドラゴンの力を使い攻撃力を飛躍的にアップさせることが出来ますが
侵食率100%になるとゲームオーバーになるゲージが増えるという諸刃の剣。

しかし今回はここまで1時間近く掛かってるからもうやり直しはゴメンです。
しかも既に3トライ目だし。
敵の能力を知る技で調べた所、
ゼノはHPがピンチになると攻撃力が飛躍的に上昇するらしいので
とにかく邪魔なメイジを倒し、HP半分以下になってゼノが背水の陣を敷いた所で
Dダイブ発動。ああああ凄い背徳感。
しかし回復薬もほぼ切れている現状、退くわけにもいかず
押して押して押し捲り攻撃される前に撃破。ごめんゼノ。割と好き。
ゲージ一気に8%ぐらい増えました。

戦闘が終わると、リュウの足元に転がるゼノの剣。
ただ1人残されたボッシュは逃げ出す。

こいつこんな小物キャラだったのか。

疲労困憊のリュウの傍らに心配そうなニーナ。
するとリンが、「我々と手を組んでアジトにこい」みたいなことを言います。

続く。





“ブレスオブファイア5プレイ日記part4-2(実験室〜氷結の洞窟)”

2009年01月12日(月) 11時17分








イベントの後、特に目的地がはっきりしなかったので
公社を上へ上へと進んでいきました所、
ビルの最上階が洞窟に繋がっているという
地下ならではの仕様で氷結の洞窟へ到達。
どうやらこのまま上を目指していくらしいので、
出張鑑定人とかで氷耐性つきの防具を買って氷結の洞窟へINN。
氷結の洞窟なだけあって出てくる敵はみんな弱点が一緒なので
かなり楽でした。
ここへきて戦闘の難易度も普通になりました。
唯一持っているLv2魔法が弱点属性に当たったっていうのが大きいです。

さて、このゲームにはパーティ経験値というものがあって、
戦闘終了時に全経験値の何%かが
好きなタイミングで自由に配布できるシステムになってます。
これはSOLでやり直しても無くなりません。

で、説明書とかには敵は一人ずつが基本、と書いてあって、
当然それが一番楽なんですが、
どうも敵が複数になるとパーティ経験値も多くなるっぽいので、
せっかく敵も弱い事だし意図的に複数を相手に戦っていきます。
いっぺんに倒すと楽しいしね。

ついでにトラップについても説明を。
餌とか反応ダメージ型とか色々あって、一度に三つまで仕掛けられます。
餌をやると人間以外の敵は大体餌に食いつくので、
その隙に先制を取ったりするわけです。
フィールドに置いておくと戦闘中に使う事が出来ます。

そのトラップの中でも爆弾っていうのが今の所かなり強くて、
Lv2魔法の1.5倍程度の威力で広範囲に攻撃できます。
しかも80円だったので15個ぐらい買ってあって、
これのお陰で複数相手でもかなり楽です。

この洞窟には状態異常をメインに使ってくる敵もいて、
そういう奴を複数相手にした時はかなり不味かったですが。
特にダメージ付き単体睡眠攻撃掛けてくる奴が6匹出た時は
起きても自分のターンが来る前に眠らされるので
寝たり起きたり寝たり起きたり寝たり起きたりしてました。
ちょっと全滅を覚悟しましたが運が良かったです。
500円の薬使っちゃいましたけど。

宝箱モンスターも居て、
ヒット数で落とす金額が変わるとかなんとかいってましたが良く解りません。
ただ、JACK POD!と表示が出た時に倒さないと、
お金を落とさない場合もあるみたいです。
偶然5万落としてくれたんでウハウハです。


それから途中ニーナがまたダウンしたので休むイベントありました。
ホタルみたいなのをハイテンションで追い掛けるニーナが可愛い。
それを目で追いながら、リュウがリンに「知っていたんだろう?」みたいなことを言うと
どもるリン。
リンは見た事もない、存在するかどうかも解らない空へ
ニーナを連れて行くというリュウに半信半疑な口ぶりながらも、
「それも間違いじゃない」といって笑います。


その後5F辺りまで進んだ所で洞窟は終了。
空まで後950mです。

“ブレスオブファイア5プレイ日記part4-1(バイオ公社〜実験室)”

2009年01月11日(日) 15時10分




公社は鑑定人が近くにいるのでかなり楽に探索ができます。
お金をはたいて属性武器も揃えたので、
戦闘も楽々です。(このゲーム、戦闘中一ターンに一回武器が替えられます)
パトロールを倒すと警備員がわんさかでてきますが、
肉で釣って一匹ずつ慎重にやりました。
警備員がパパルというライン対象の攻撃魔法を落としてくれたので、
一気にニーナが強力になりました。
Lv2なのでコンボもできるようになりました。
3階の小部屋にめちゃめちゃ攻撃力の高い中ボスが居ますが、
幸いな事に、部屋の出口につっかえたので
パパルで一方的に攻撃して撃破。

3階の南側へ行くとイベントが発生。
ニーナがガラスの向こうにおいてあるベッドを見て過去の回想が入ります。
回想でニーナは裸で眠ったままベッドに寝かされていて、
ベッドの横にはラボの研究員らしき人物。
そこで回想は途切れ、ニーナは口に手を当てて立ち竦んでしまいます。
そこへ研究員が入ってきて、どうやらニーナを知っているような口ぶりで、
リュウに「どうしました?動作不良ですか?」と聞きます。
リュウは何を言っているのか解らずに聞き返すと、
どうやらこの地下の空気は徐々に汚染されていて、
その状況を打破するため、研究者達は肺細胞を培養した背中の翼に汚染を吸収する仕組みを開発、
その試作品がニーナだとのこと。
元々一般人だったのか、ニーナ自体が培養体なのかは解りませんが、
毒ガスもやっぱりニーナの翼に吸収されたという事らしいです。
ナウシカでいう腐海のようなもんじゃないかと思います。

リュウは怒りに震えて研究者を殴りつけ、
「お前は…お前達は最低だ」と吐き捨てて剣を向けると、
ニーナがリュウの背中に手を添えて体を寄せ、静止します。
(前も書きましたがニーナ喋れません)

リュウは押し黙ってしまい、
リンがニーナはこの先どうなるか聞くと、
すでに翼が汚れているが、元々試作品であるため回復機能はなく、
取り込んだ汚染が許容量を越えたらそこでお終いで、
汚染が進行しているこの地下では、ニーナが生きていける場所はないという。

暫く沈黙が流れる。
ニーナもリュウの背中に体を寄せたまま、じっとしている。

「なら…行こう、ニーナ」

決意を秘めた声にニーナがリュウの顔を見ると、
リュウは天井を見上げ、
その向こうの見た事もない空を確かめようとするように見つめて言う。

「君を空へ連れて行く」

ニーナが頷く。



“ブレスオブファイア5プレイ日記part3-3(下層区街〜バイオ公社)”

2009年01月11日(日) 13時21分








物凄いたくさん書いた後に全部消えました。
サノバビッチ!!!!!

頭にくるので簡潔に書きます。

レンジャーを倒した後、
毒ガスを食い止めようと頑張った挙句気を失ってしまったリュウを助けるためにニーナが不思議な力を使う。
しかしその力はどうやらニーナの負担になっていることがわかる。
それを知っているのか知らないのか、ニーナはただ静かに微笑む。
そして偶然落ちていた社員IDを拾い、
公社へ潜入。



その頃、この世界の最高機関と思われるような所では、
ニーナとリュウについての話し合いが行われています。
リュウがドラゴンの力を使う時と似たような姿の人物が一人。
ドラゴンがサードレンジャーの接触で目覚めた事に驚いていて、
あの遺棄場にあった体に剣が刺さった巨大なドラゴンの骨はなんなのか、
人が地下に潜る前に何があったのか、
そしてニーナは何なのか。
彼らは知っているようでしたが、まだ会うのは先になるでしょう。
どうやら上級レンジャーを刺客に差し向けてくるようです。




続く。


“ブレスオブファイア5プレイ日記part3-2(最下層区リフトポート〜下層区街)”

2009年01月11日(日) 9時55分





間が空きすぎて忘れそうなんですけど。


リフトポートの先は、まあ今まであまり代わり映えのしないダンジョンですが、
この辺りになると敵も射撃攻撃とか魔法攻撃をしてくるようになるので被弾率が上がります。
こっちはリンの銃攻撃によるノックバックとニーナの仕掛け魔法を主力に
遠距離を保って攻撃しているのでインファイターのリュウは殆ど出番ありません。
そもそもスキル連携のコンボによるダメージボーナスに頼る戦闘システムですから、
うっかりスキルをはめこむスロットの少ない武器をチョイスしてしまったリュウは
スキルを使える回数が少なく、被弾してまで近づいて攻撃するメリットは
この段階では無いです。
part1で書いた、毎ターン与えられるゲージ(AP)を溜めれば
攻撃した後に距離を取る事もできるんですが、やつらも射撃攻撃してくるので
やっぱりあんまりよくはない。

簡単にいうと二人で倒せてんだから別にいいじゃんって事です。

そういえば、ニーナは喋れないので、
戦闘で仕掛け魔法を出す時は
「う"〜〜〜〜〜ん」
って言いながら出すんですけど、
連続で出すと、
「う"〜〜〜〜〜んう"〜〜〜〜〜んう"〜〜〜〜〜ん」と
試験会場で盲腸に耐えているような声を出します。

基本連続で使うので、基本盲腸です。

そんな感じで先へ進んで行くと、
モンスターしか持っていない鍵で開く宝箱を発見。
早々に敵を粉砕して鍵をゲットし、
宝箱をオープン。

>アイテムバックを手に入れました


いやっほおおおおうbなふぁhて「

これで持ち運べるアイテムが10個増えるぜ!!
往復の手間を考えると序盤でアイスブランドが手に入っちゃうぐらい嬉しいです。

ここからはあんまり書く事も無いですが、
ボスが範囲魔法連発してきて鬱陶しかったって事だけ書いておきます。

その頃ボッシュはというと、
上司にリュウの得体の知れない力の報告をしますが、
上司に力不足ではないか?言われ激怒、
こうなったら何が何でも殺しちゃうんだから!って感じになってます。

ダンジョンを抜けてリフトに乗ると、そこは下層区街だった。
スタート地点ですね。ラボへ通じる道の見張りは休憩中との事で、
実に都合のよいゲームだなあと思いつつ下へ進むと社員IDが必要との事で、
やっぱそうですよねーと思いつつ街へ戻るとなんという事でしょう。
毒ガスが立ち込めている。匠の遊び心が光ります。
リュウはさっきのダンジョンの辺りから事情を知った上層部にレンジャーを解雇されていて、
どっちかっていうと指名手配で、
手柄を狙うレンジャー達が毒ガスを仕込んだようです。
彼らの話をようやくすると、下層区街に住んでるのは下級市民なので、
まあいいんじゃーん、みたいな感じです。

そこら中で咳き込む市民を見てリュウは激怒、
猛然とレンジャーに立ち向かっていきます。

続く。






“逆境”

2009年01月10日(土) 0時40分






このままじゃ間に合わないって解って追い込まれてきた感が生まれた時に
やる気が増すおれはだめだなーとしみじみ思う



“赤門松”

2009年01月07日(水) 0時27分








あ、因みに私は年末年始風邪引いてたんで、

特に出掛けたりしませんでした。
初詣も行ってませんので来月までには行こうかと。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akkun
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-スマブラ・テイルズ・他なんでも
    ・音楽-サックス5、ピアノ3、歌2
読者になる
悩み:東京ブラススタイルにブログを見られてしまったこと
最新コメント
アイコン画像T
» “ウルグアイ×オランダ” (2010年07月09日)
アイコン画像T
» “ガーナ×セルビア” (2010年06月16日)
アイコン画像T
» “南アフリカ×メキシコ” (2010年06月12日)
アイコン画像akko
» “blue be bop” (2010年06月03日)
アイコン画像漫画ちゃん
» “様式美” (2010年04月27日)
アイコン画像経験者
» “今日のサブウェイ(3.14)” (2010年03月16日)
アイコン画像T
» “今日のサブウェイ(3.14)” (2010年03月16日)
アイコン画像Mika
» “今日のサブウェイ(3月6日)” (2010年03月07日)
アイコン画像akkun
» “!” (2010年03月05日)
アイコン画像たか
» “!” (2010年03月04日)
Yapme!一覧
読者になる