Messiah 深紅

June 09 [Thu], 2016, 0:02
前売り買ってたのに劇場行けなくてDVDいまさらやっと見たその感想





あまねがすごかった。


怒りと憎しみのピーク、それが途切れて自分を保てなくなったとき、あまねのなかにはかろうじてみすさんだけが残ったんだなあと思った 何を見たらいいのかわからなくなっている中であまねがみすさんを見る目がすごく純粋だった 間違えたのか正しかったのか自分はどうしたらいいのかその答えをみすさんの中から必死で探そうとしているような目だった


そしてさいご病院で、初演から今までで一度も見せなかったあまねが本当に笑った顔をみすさんにみせたとき、うわあって思った


すごい綺麗な笑顔だった


初演からずっと続いていたあまねとみすさんの物語にこの作品で区切りをつけるんだとゆう気迫を二人から感じた だからちゃんと二人で迷ったんだと思った

メサイアたちみたいに形があるわけではない二人だったから、仲間でいようが離れようが自分次第だったけど、下手したらぶつかるかなくらいに思ってたけど、そうならずにちゃんと戻ってこれてよかった。


あと、しらさきと高野。
苦しいなあと思った。
背中に声をかけるところが苦しすぎて泣いた。
唯一チャーチに来る前をしっかり描かれているキャラクターたちなので、あの話(紫)があったからこそ、そのあとの作品の中で高野の存在は彼らの痛みや覚悟の象徴になっていると思った。


あと、かいとはひとの痛みがわかるようになった。自分の心を守るのに精一杯だったかいとが、周囲の人達をちゃんと見て、あまねのことで自分を責めているみすさんに言葉をかけていた。かいとがひと作品ごとに成長しているのがすごく伝わってきて頼もしいと思った。


ありがも鋼を経て成長していた。そんな有賀と組んだことで、かかみがこの作品の中で成長した。


他人と関わることでみんな少しずつ変わっていっていて、一作目から追って考えてみると一人一人が人として成長したなと思った


そしてやっぱり、さいごあまねにあの笑顔をもってきたたまちゃんに、大きな拍手を送りたい 純粋で可愛くてきれいだった とても

2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
過去日記