ロッキンママ祭 O-EAST

April 30 [Mon], 2007, 3:41
ちかせん3Days最終日、ろっきんままふぇすてぃぼー渋谷すぷらっしゅ。いーすと入る前にりたすとドコモショプでゴム買いました。ゴム。

■だっこ

リダくんがいかにも夜もヒッパレ!に出てきそうな出で立ちだったので皆にそう言ったら夜もヒッパレ!をひきあいに出すんじゃねえと怒られた。死にたい。

■ろりゐた

離れるとあとで厄介だとゆうことで仕方なく2人に同行して前へ。しかしながらあのホリデー2Daysを経ている今の小生には怖いものなし。普通に見に来ていた人たちと同化する。ろりゐたはフリが単純でよかった。

ボーカルがデコ出しエロスでかわうち的。下手ギターが前髪長くて後頭部もっさりボリューミーで黒髪でアチタン的。(顔は一瞬たりとも見えなかった。)ドラムの髪型がどう見てもいおり(孫)的。

とゆうわけで親近感が感じられたのもよかった。顔も名前もわからないとのがたにハート作って咲きまくってた。ちょうど昨日三十路の盤麺が言っていた「何事もテンションだよね」とゆう言葉に支えられて最後まで頑張った。

■じんかくレディヲ

フロント3人のうちのどれがじんかくらじおなのかわからずとりあえずAYKFに尋ねてみたところ「それを私も今りたすに聞こうと思っていたところだ」といわれた。その後聞いた話によると、どうやらボーカルとベースがじんかくらじおらしい。ふーん、と思いつつ残された上手ギターを見てみると、なんとびゅうのスズキにそっくりであった。こんなところでバイトしてたのか!と思い衝撃を受ける。

3曲目の曲が痛すぎて面白かったので笑った。麺に夢中になるバンギャルの心を歌った曲だったのだが「遊ばれて捨てられても構わない〜♪」とゆうフレーズがとても素敵だなと思った。そうゆうバンギャは死ねばいいと常日頃から思っている。

■まご

きたあーーーーー(○´ω`○)ーーーーーっwwwww ←待ちくたびれてた。

しかし今までほんとどうでもよかったのに、脱退って聞いたときもラストまでもう一回一緒にやるってなったときもほんとに別に何とも思わなかったのに、今日1曲目聴いてていおりとどんちゃんがしっかりとそこにいるのを改めて感じた瞬間つい感情が高ぶってうっかり泣きそうになってあわてた。いおりがかっこよかった。とゆうか、あのこの笑顔は最強だ、と、最近思う。いろいろあるだろうにそれでもあんなふうにニカッとでっかく笑うところとか、きさきさんと目あわせたときに見せる表情とかにものすごいときめく。馬面だけど。

まあそれはいいとして。

なんかもうあの最初の「ゴオォォォォォォォ・・・・」とゆう音の中でお立ち台に立ちはだかったりったんがユラユラしながらドスの効いた声ではじまりの言葉を述べるところが迫力ありすぎていつもものすごく笑える。そこまで迫力を出したところで一体どうなる。ラスボスがキレる直前みたいな勢いでもはやこの世のものとは思えない。戮、お前はケフカか何かですか。

ねおあーくで、さっきまで飛んでたのに急に無視してパンチ繰り出すところとかが相変わらず楽しい。ぴくしーでまわりを巻き込んでうちらのまわりがサイクロン状態になっていたので楽しい。あとでAYKFが「あれはやっていいのか?」と首をかしげていたが、それも8月までだと思うと今やらずしていつやるのだ、とゆうことになるのでありなんです。

そういや今日はぴくしーの間奏時にAYKFを見たら、奴は両手でハートつくってそれを頭上に掲げて左右に揺れていた。あまりにもあほみたいな動きをしていたので、楽しくなって自分もやった。そのときふと見上げたりったんは、間奏で思いっきり鼻すすっていた。鼻炎ですか。

かみうたにて、降臨祭が始まった頃にコロダイを手伝わされる。りたすを持ち上げるまで何がしたいのかわからずまるで「まあ悪いようにはしないから」とつれてこられてそのまま麻薬取引のパシリにされたような感じだった。犯罪に手を染めてしまった・・・と後悔していたところに今度はい(ーす)とうーの闘犬が現れて自体はさらに悪化。小生、もう知らない、と思って闘犬とともにその後2〜3回麻薬取引に手を貸した。

■びど

前髪ぱっつんだよと散々触れ回ったのにも関わらず、無駄な足掻きでアレンジされていたジュイの前髪に腹が立つ。俺が狼少年みたいじゃねえかよ!しかしそこに気を取られていて気づかなかったが途中でらめたんの前髪が完全に分けてあることに気づいて卒倒する。ママは前髪おろしてたほうが可愛いよ〜と息子その4になったつもりで叫ぶ。(心の中で。)しかしそんなことより王子が可愛くて抱きしめたい。抱っこして寝たい。正直チューとかしたい。(※でもそれ以上はしたくない。)今日は王子がいつもの5億倍くらい素敵に見えた。遊ばれて捨てられても構わないと思った。好き過ぎてつい王子を叩いてしまうくらい王子にフォーリンラブしたい。いつも結局ジュイさん見てるけど、そっちに目がいかないくらいシュンくんにくぎづけだったのは今日が初めてだった。あーもうやばい好き顔が。

最後の人魚でいーすとぅーの闘犬と手つないで飛んだ。

(↓アンコールは追記にて)

テンションが全て。

April 29 [Sun], 2007, 0:12
ほりでー2日間おわつたー。昨日も今日も実に楽しかった!主催のお店のほうも今日はまあまあ客入ってたぞーうちらWアンコール見ないで帰ったけど笑。しゃしゃっておいて酷いですよねほんと。多分にぃくんの中ではうちらは新幹線に間に合わないから帰っちゃったことになってると思うんだ。

ライブのことはあとで書くとしてー。

今日は終わってからちと化粧なんかをなおしたりしていたらそこへ仕事帰りのAYKFが合流しまして超珍しく3人揃っていたのです。ちょうど焼肉屋さかいからDMがきていたので「さかいさんからメールきたwww」とゆうネタ的会話をしようと思い携帯見た瞬間。


某 さ ん か ら 本 当 に メ ー ル が き て い た 。


(゚Д゚;)


これでは完全にフルソロッテルです本当にありがとうございます。なんでも教えてあげるから今度遊んでくださいという内容に電話番号添えてメールを返信したのはいうまでもない。(嘘です。)

その後ホリデー戻ってでまちっぽいことをしていたのだが(別に誰も待ってないけど)最近ときめきがなくなって絶対ちょっと老けたな自分、って思った。



・・・ところでバンドの話ともなると、おついち口調で日記が書けないことが小生実に残念である。

きゃべし。

April 28 [Sat], 2007, 0:25
先日一人でラーメン屋に入ったことを職場の同期に話したところ「ありえない」と罵られ、非常に悔しい思いをした。

なので今日はそのはらいせいに一人で焼肉を食べに行こうと思っていたのだが、先程地元の駅近くの焼肉屋へ足を運んだところ、24時で店が閉まっていた。途方に暮れた小生だったが、このまま引き下がるわけにはいかぬと思い直して隣駅の朝までやっているホルモン焼の店へ行くことにした。

隣町のホルモン焼の店は日付が変わってもやっていた。とりあえずホルモンの盛りあわせをオーダーしたところ、まずどんぶりに大盛りのキャベツがやってきた。これを小生が一人でたいらげるのかと思うと気が重くなった。

決死のダイブ

April 27 [Fri], 2007, 13:33



昼休みに引き取りに行ってまいりました。

滅多に無いことなので記念に携帯で撮りました。

いろいろとアレなので許せる範囲まで加工しましたが、仕事中にそんなことをやっている自分とは何と暇なのだろうと思いました。

FOR MEN

April 27 [Fri], 2007, 1:39
今日はよく晴れていました。会社帰りに、明日退職する先輩の為にロイヤルパークタワーのジェーンパッカーでブーケの予約をした。すっぴん、メガネ、靴底がはがれかけたエンジニアブーツという出で立ちで、一流ホテルが所有する建物の中、パリに本店があるらしいそのこじゃれたフラワーショップへと乗り込んだ小生に対し、店員は実に冷たい対応をしてくださった。一切顔を見ようとしなかった。でも、だからといってそのことは別に気にならなかった。

無事に予約を済ませ、小生は新宿へと向かった。新宿へ着き改札を出る頃、急に小腹がすいてきた。このような状況において頭に浮かぶものといったら大抵ラーメンなのだが、今日も例に漏れずそうだった。腹が減った、ラーメンが食べたい、と思いながらガード下の交差点で信号を待つ最中、この近くにあってさほど目的地から離れていないラーメン屋は無いかと頭の中で必死に模索していた。信号が青に変わる直前、この信号を渡ったところにげんこつというラーメン屋があったことを思い出した。信号が変わるや否や、小生は足取り軽くその店へ向かって歩き出した。

げんこつは非常に間口の狭いラーメン屋であった。入り口の自動ドアの「触れてください」と書かれている部分に触ると、非常にゆっくりとドアが開く為(通常の1/3程度の速度だと思われる)勢い余って小生扉にぶつかった。ラーメン屋に女一人で入ると、最初やや興味深そうな目で見られることはよくあることだが、そこに加えて扉にぶつかったことが相まって、普段よりも注意深く見られたような気がした。

先ほどのハイソサエティなフラワーショップの件があった為、このとき既に小生はすっぴんメガネ底抜けブーツという身なりでは非常に粗雑な扱いを受けるものだと信じ込んでいた。いやむしろそれであたりまえだと思っていた。なのでカウンターの入り口の席があてがわれるのだろうと思い自らその席へ座ろうとしたところ、店員は手招きをして奥の4人掛けの席へとわたくしを案内した。大変恐縮しつつもその席へ腰を下ろすと今度は店員が丁寧に水を運んできた。小生はそのことに対してお礼を言い、そしてワンタン麺を頼み、ワンタン麺が運ばれてくるまで文庫本を読んで待った。

ラーメンが運ばれてくるときも、彼等はとても丁寧にしてくれた。わたくしは大変恐縮した。読んでいた本を閉じ、胡椒をかけようと思いテーブルを見渡したが置いていなかった。店内も見渡したが、どのテーブルにも胡椒らしきものは置いていなかった。そこで胡椒をくださいと言おうかとも思ったが、もしかすると、スープの味が変わるとか、客が商品に自ら味付けすることをこの店は好んでいないのかもしれないと思い、胡椒をふりかけたいという気持ちは抑えることにした。出されたままの味のラーメンは非常においしかった。

その後ラーメン屋を出てスポーツクラブへと向かった。先日小耳に挟んだ「プロテインを飲むのと飲まないのでは全然違う」という話を信じて、小生ここでアミノ酸的なものを導入することにした。店員に、筋肉をつけたいのだがどのサプリメントが良いか、と訪ねると、数ある瓶のうちからひとつ取り出し、小生に渡してきた。小生、迷わずそれをレジへと持って行き、トレーニングを始める前に服用しようと服用量などを見ていた。そのときふと目にとまったのだが、小生が手にしていた瓶にはこう書き記されていた。

MUSASHI KUAN for MEN

何かがおかしいようにも感じたが、店員がトレーニング開始20分前に服用すると効果があると言っていたので慌ててそれを飲み下し、マッスルを鍛えるためのトレーニングへと足早に向かった。

道。

April 26 [Thu], 2007, 13:33
わたしは方向音痴なので、地方で催事がある際笑は必ずヤフー地図を印刷して、駅〜ホテル、ホテル〜催事場、の地図を作って持っていくのだが、印刷をするときは縮図を一番狭域のもので印刷するので(何度も言うけど本当に方向音痴なので)勿論1枚では入りきらず、地図を繋ぎ合わせて道なりに沿った地図をよく作る。

今日、会社の上司の机の上を見たら、いつも私が作るそれと全く同じ形状の地図が置いてあったので思わず目を凝らして凝視してしまった。聞いてみると、どうやら新入社員に一人で銀行まわりをさせるためにその地図を作ったらしい。上司の作った地図は新橋、銀座、日本橋を網羅しており、取引のある銀行に赤い印がついていた。

わたしは、そうやって地図を作るのが少し好きであったので、その上司に対して親近感がわいた。

そして午後になった。

新入社員が外出した後、私は何気なくそのデスクの上を見てみた。すると、今朝上司が作った地図が、先ほど外出したはずの新入社員の机の上に置いてあった。その地図を持って外出したはずの新入社員(少なくとも私と地図を作った上司は彼がそれを持って出かけるであろうと思っていた)の机の上に。

私はそのことを上司に黙っていたが、暫くして上司が、地図が置いたままになっている新入社員の机の前を通り、それを見つけて呆然としつつ「置いていっちゃった・・・」とつぶやいているのを見た。

私は、確かに、いくら道が分からなくなったとしても、東京の真ん中でA4サイズの紙が4枚テープで継ぎ接ぎされている地図なんて恥ずかしくて広げられるわけないよな、と思った。

いかと煎餅

April 25 [Wed], 2007, 23:58
地元の駅を降りたところに夜おそくまでやっているスーパーがあるのだが、本日仕事帰りに明日の昼飯の具材を探してその店内を彷徨っていたところ、気になる煎餅を見つけたので購入した。帰ってから早速開封しいただいてみるとこれがなんともいえずに私好みの味と歯ざわり。これはまさにアタリである。

また、このスーパーは二百円で大袋に入ったいかあたりめを特売品として販売しており、小生迷わずそれも買った。もはや明日の朝胃痛に苛まれることは避けられない事態であろう。

ちなみに明日の昼飯の具材は葉唐辛子である。

流石

April 24 [Tue], 2007, 18:35
そういえば、私も家族の強さにはだいぶ助けられたことを思い出した。

だから今があるわけなんだけれど。

忙しいと、帰ってきていい場所であることを忘れちゃう。本当は休みたいのに休むことに罪悪感感じてとことんやっちゃう。

そういうのは本人が気付いてなくても(とゆうか意識的に気付かないふりをしてさらに無理するから)まわりが先に気付くもんだよね。

わたしも今月の頭にかいぱんと電話したら最初は反発したけど結局否応無しに足が止まったわけだし。

春の抱負。

April 24 [Tue], 2007, 17:05
このままではいかーん!

・・・とゆう危機感を突然感じた。

がむしゃらにとりあえず足場だけ作るような感じで半年くらい前からやってきたけど、今度はそれをバランスよくキープできるようにしなきゃなと思った。

なんとゆうかやりすぎないことが大切だなと。飽きるまでライブとか飽きるまでジムとか飽きるまでバイトとか飽きるまで食べ放題とか(←笑)それもいいんだけど、とりあえず初期衝動の波が去った今は、バランスを考えながらいろんなことをゆっくり楽しんでやろうと思った。

だって、得るものが無いことはしていないと思うのなら、吸収できないくらい疲れていながらいろんなことをやり続けてしまうことには全く意味が無いと悟ったので。


だから、予定詰めすぎないことも凄く大事だなと。そして自分の体調を過信しないでちゃんと把握することだな。動くのが好きなのであれば、その分きっちりと休むことは大事だ。

なんでそう思ったのかってゆうと、ここのところ、自分の好きなことをしてまったり過ごす自分だけの時間とゆうものを、一切つくってあげていなかったな、とゆうことに気がついたから。

これではイカンですよ。それじゃ疲れるに決まってますよ。

今は何よりも運動がしたい!血流よくしたい!ってゆってるのを聞いてあげないとなと思った。


会社だけでもライブだけでもジムだけでも沖縄だけでもバイトだけでもだめで、どれもやりたいのがわたしなので、その全ての欲のバランスを取るのが理性だなと思ったんで。誘惑に負けないでがんばろうと思います。


兎に角連休は休むのと癒されることに専念しつつも太らないよう心がけるとゆうのがテーマで。

晴れたらいいね

April 24 [Tue], 2007, 13:46
5月の連休中にすること。

・でぃんたいふぉんのしょうろんぽう
・太助の牛タン定食
・糖朝の台湾スイーツ
・DragonflyCAFE
・朝イチでジム(毎日)
・ハンニバルライジング
・KH Re:COM ソラ編クリア

朝昼晩の予定をスムーズにこなせば、おそらくやってやれないことはない。ランチは毎日外で食べて、夕方帰ってきてうちでごはん食べてゲームして寝る、とゆう日課。まあでぃんたいふぉんは連休中日の会社帰りに行くが吉(すぐそこなので)かなとゆう気もしますけども。

5月の連休は何もすることが無いからたまには大好きな都内満喫しよう計画。ひきこもる楽しさを知ってしまってから、去年くらいからあんまり出歩かなくなっちゃったんだけども、もともとわたしは東京が好きなのですよ。東京(の、とりわけごちゃごちゃしたところ)でしか暮らしたこと無いので、にぎやかだったりおしゃれだったり洗練されたものを見ていると癒されるとゆうか、あんまり遠出しない私にとって、東京で得られる癒しってそうゆうものくらいしか無かったんだよなあ。だからおしゃれで開放的で現代的な空間(ビルとか笑)が好きなんだな。

何も考えないで願望だけでのたまうと、おいしいものを求めてmocoで都内をくるくると駆け回る休日を過ごしたい。

・・・そんな三十路ライフが過ごせるように頑張りたい。
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
過去日記