2005/12/31 G.O.Z Z 高田馬場AREA

December 31 [Sat], 2005, 23:00
1.PureWorld
2.ゴズナイト〜
3.煽り
4.ウルトラブセブン
5.ギフト

-----

予定がはっきりしなくてチケ買いそびれていたんですが、当券で飛び込んできました。笑 1時によし行くぞ!ってなって大急ぎで支度して物資も調達して、2時にはエリアにいたとか素晴らしい。何か奇跡が起きたのではないかという素早さだった。しかもエリアまで走る途中で何度も「あたしこれビリーの為に走ってる???」と自問自答したもんです。でも、悔いは無い。着いたらカツオがしゃべってましたよ。笑


でもってキリトに注意されて以来、久々に咲いた相手がスキンヘッド様だった。笑 ラーメンマンみたいだった。素敵だった。終わってから、「此処では曲を知っていてもフリを知らなければ知っているうちにはいらないね」とNBに言ったら「そうだよ!だからあいつらはアッパーを知らねえってことなんだよ!」と言っていた。笑

で、ごず。やっぱ、咲いたら笑ってくれる人がいい!と思ったね。笑 あの人見てて、やだもう、と思うことはあるんだけど笑、不安になったりしないで見ていられるこの人のことだって、あたしは結構好きなんだ、と思いました。
真ん中あたりで大量に汗掻いてのどが渇いて後半吐きそうになったけど笑、えらい楽しかった。

終わって外にいたら物販部長のヘッジホッグが物販してたので、写真を買ってサインをねだる。もしかしたられいとくんからサインもらったの生まれて初めてかもしれない、と思った。笑 その後6人(あっとんは不在)が蕎麦買いに来ていたので、蕎麦!と思って口をあけてみたら、いやーーーな顔された。笑

でもって謬ー!楽しかった!なんか昨日はやー楽しい!って思ったので、今年は謬だけでも見に行ったりしようかなあ、なんて思ったりしました。えっらい今更だけども。笑 てかジュンノが膨らんだまま元に戻って無かったよ!泣笑

サイバー行きたいなあ、なんて思いながら一足先におうちに帰りました。
で、お風呂に入ってたらいつのまにか年が明けていました。笑

痛みの果てに

December 31 [Sat], 2005, 3:18
寝不足のくせにジムでがっつり運動して飯もろくに食わなかったもんだから、心臓のあたりに久しぶりに変な違和感を感じる。笑 この痛みが生きている証だと思っていたあの頃は本当に若かったなとか思ったりして。大晦日ってなんか毎年殺伐とした気持ちになるんだよね。

キリトのダイアリーを読んでみたり、はたまた3年前の自分の日記を読んだりしていました。

自分の日記見てて、だれだよこれ、って思っちゃった。大阪のあとのとびっぷりは本当に酷かった。生きる気力がうせたまま、よく3ヶ月も持ったなあと思うよ。笑 あの頃、自分がどれだけキリトのこと好きだったか考えたらぞっとした。あの頃はまだ世間にも会社にもなれてなくて、なじめなくて、キリトとかピエロに逃げていた部分もあったからこそ、あれだけ愛していたんだろうな・・・と思った。でも、わらながら今の自分じゃあの頃の自分にはかなわないっつうくらいのエネルギーに満ち溢れていたし、どんな壁だって越えていく勇気も覚悟もパワーもあったなと思う。

本当は今もあれくらいの力でバンドのことを想いたいけど、そして行動したいけど、あの頃よりも大人になった今は、仕事や恋や、守りたいもの、抱えているものが当時より大きくて、あの頃よりも少しだけ冷静になってしまっていて、もうあんなふうに盲目に信じたり突っ走ったりできないんだけど、自分で言うのもあれだけど、あの頃の自分は今われながらあこがれてしまうくらいに強い気持ちを持っていたなと思う。一瞬でもあの濃厚な時間をすごせたことが私の誇りだったり、捨てきれない希望だったり、縋りつきたい夢だったりします。そして時々、あの頃の自分の言葉が今の自分の背中を押してくれることもあったりして。私の想いを未来に繋げていくことができるのは、自分しかないと思うから、あの頃、本当に真剣に好きだったからこそ、あの日々の想いを繋げていきたいと思う。未来に。


今こそしっかりと前を見るべきなんだと思うよ。
この嵐の中を、それでも歩きたいと思う。
見失いたくない。

歩き続けた先の未来に、きみがいてくれるって信じてるよ。

この痛みが何度でも僕を

December 30 [Fri], 2005, 10:19
3年前の夏、あの会場においてきた何かが今また私の中にもどってきたみたいなんだ。

なんでこんなに揺らぐんだろう。
どうしてこんなにもひっぱられるんだろう。

此処にある全てと、このまま一緒に消えてしまいたい。
壊れてしまう前に。



HEAVENの最後に十字をきってから、手で口とマイクに触れて両腕でスタンド抱えて、それをPIECESのイントロで床にたたきつけているのを見て、胸が締め付けられた。
あの人の、一番大事なものへの葛藤を見た気がした。

昨日はキリトがものすごく動揺しているのを見ているのがとても痛かった。
きっと私たちにすら寄りかかりたいくらいきついんだろうなと思った。

最後のMCで、ただ、必死に、頑張るだけです。奇跡が起こるのを信じて、って何度も何度も言っていたキリトを見ていて涙が出たんだ。

ここへきて見せた弱さ、そしてまだ前を向こうとしているあの人の姿勢、残された糧を私たちの心に託したあの人の希望。



今は途切れ途切れに蘇る記憶に胸がしめつけられる。
帰りのバスの中で、こんなにも鮮やかな記憶なのに、胸の中に広がるこの全てはもう過去のことなのだと思うと苦しかった。

ギリギリの体力で、うまく考えられない頭で、何かをしようとするたびに、昨日がどんどん遠くなっていく気がして、ここから離れていきたくなくて、今はまだ何も踏み出せない。



約束の場所へ

December 30 [Fri], 2005, 8:13

私が自分と向き合える場所は此処しかないなあと思った。


全部受け止めるよ。
君の全てを信じて、そして愛してるよ。

何も怖くない。

だけど願うことがあるとすれば、それはたったひとつ。

失いたくないんだ。

あんたもきっとそうだよね。
大事すぎて壊せない。
重すぎる糧なんだ。
だけどまだ一緒に歩きたい。
全てを許せる場所は此処しかなくて。



だめだ涙しか出てこない。

どこにもいきたくない。

キモISM。

December 26 [Mon], 2005, 0:45
豪雪地帯から帰ってきてすぐクリスマスだったもんだからえらい放置していたわけだが。ご無沙汰です、どうも、僕です。

長野、きっちりしぼられて帰ってきました。笑

暢気に、いやに目があうなぁ今日は・・・と思ってたら、気持ちわる!ウォエェェ!って思ってたんだねー!泣
きもいってメジャ麺(しかも超本命なんですけど・・・泣)のお墨付きになっちゃったよ・・・これはもうお嫁にいけないね!

やーしかしテンション下げてすいませんですた。(プチ謝罪。)
大事に至らなくてよかった・・・とちょっとほっとしたりしました。

あの後延々頭の中であるある探検隊が「今夜はにちゃんで総叩き。はい!はい!はいはいはい!」って私に告げていましたよ。

でもぴーしーずの後でよかったかな・・・あれだけはやりきりたかったしな。笑
(あれが決定打だったご様子ですが。)


しかしあれだけ波風立てといて申し訳ないけど、でもほんと長野楽しかった
豪雪だしバスだしで往復大変だったけど、でもそれでも行く価値があるのがpierrotだなあ、って思った。
しかも良席ありがとうふぉろぁーず(幸か不幸か、ってとこですが。笑)


それにしてもはしゃぎすぎて怒られたとかほんとまぬけすぎて笑える。笑
つかそんな馬鹿な伝説築くにはあのキャラがなくてはありえないわけで。
やっぱりノリがそろうと楽しいね!笑



波風立ててしまったのはちと問題あったかしらとも思ったけど、
でもうちらああやって盛り上がることで今まで楽しんできたし、
こういうふうに乗り越えてきたものだってあるわけだから、
この姿勢を曲げようとは決して思ってないから。
別にキリトに対して反抗的な態度をとるわけじゃないよ。
(キリトにガン咲きはもうしないようにしますけど、本人嫌がってるし。)
奴のやだっていう意見は聞くけど、でも、それ以外の同じような目線にいる人たちの、いやに仕切りたがる意見とかはてんで聞く気ないから。別にぴすれに限ったことではないんだけど、改めて(自分の都合のいいように)統制しようとしててきもいなあ、と思った。キリトが言ったからってなに調子乗って正義かざしてんだろうこいつら、って思いました。

きみたちが僕等のあれを嫌悪するように、私もあなたたちの大衆ノリが大嫌いです。


というわけで、大阪は一人でふんばってこようと思いまーす。
で、日武は共にはぢけようぜ!

山の手OL友の会

December 17 [Sat], 2005, 18:03
昨日はなびたそと汐留でごはんしてきた
えらい久々に会ったのだけど、相変わらずで楽しかったー
シティセンターのCOOPERSってお店に行ったんだけども、ノンアルコールでやり過ごしたら平均予算より1000円くらい安値でした。笑

てか今年卒業だったんだねーおめでとう!
一昨年就活してたから、てっきり去年卒業したのかと思ってた・・・。


とりあえず、今週遊べたみんなが元気そうでなによりでした。
(遊べなかったAちゃんは、お大事にです、ほんとに・・・涙。)
出会った時期が思春期真っ盛りな時期だったから、当時はみんなで結構無茶苦茶やってた気がしたけど、面白いところはそのままでみんなちゃんと大人になっていてなんだかほっとしたし、OLな人たちの話を聞くと、自分の環境も客観的に考える機会にもなるなあと思った。



・・・うーん、わたしも頑張ろ!
20代満喫しよ!(あと半分しかないけど!汗)



しかし今思えば当時毎週赤坂でオールしてたのって、ただみんなと遊びたかったからってだけだったような気がしてならない・・・出待ちなんてほんとはてんで興味なかったしな当時。笑

05’忘年会@新宿

December 16 [Fri], 2005, 15:59
一昨日、新宿で毎年恒例の忘年会をしました。
ちょい少なめだったけど、たちばな姉妹の他にはゆうかにょんときよさんと、あとはずんことじゅかちゃんが集まってくださいました

じゅかちゃんは来れないかなーと思ってたけど、わざわざ来てくれてほんとどうもありがとうでした。
結婚&出産おめでとう!
幸せな家庭を築いてね


やーしかし妙に橋な面子で懐かしかったんだよう。笑
ずんこは相変わらず白目がちな写真を撮られまくり、「清水ミチコに似ている」という素敵なレッテルを貼られていましたよ。
そしてきよさんに続いてずんこまでもがほっしゃん好きであることが判明。
離れていてもなお・・・ジャンル(V系)を越えてもなお・・・
二人の間には熱い絆があるんジャマイカ?と誰もが思った瞬間だった。

そしてプリクラなどを撮りつつ、お安くマックでお茶して解散でした。



興味は無いのだ。

December 13 [Tue], 2005, 15:45
ガ○ットと蜉○のオフィなんぞをチラ見してみた。
だいすけがもはや誰だかわからんかった。

かしすがちょっと気になっていたんだけど、
いやはやタイアップついてくれるとヤフーとかで視聴できるから便利な世の中ですね。
(わざわざ借りたりするのも癪じゃん・・・。)


それはいいとして、かずしがメガネかけて突っ立ってるとれいじくんに微妙に似ている件について。
あーもうなんだ、あの腕とか眉間とか、ほんともう、好きだ。
よく食べよく笑い、そんな奴の姿を(ブログで)見ていますと、随分変わったもんだなあと思う。

おひさまのにおいしそうじゃん。
あの無邪気な笑顔には誰にも敵わないね。

そういや秀虎はちょっとかずしに似てるんだよ。
月の素顔のPVとブーイングヒーローのPV?みたいなやつを見比べてみよう!

sacred

December 13 [Tue], 2005, 0:50


もう泣くのはやめよう。
ここから歩けばいい。

何処へだって行ける。
君となら。


君が全てなのだ、これからも、ずっと。

大宮二日目のお写真。

December 12 [Mon], 2005, 1:16


3時くらいから飲んでいたのですよ。笑


最近地元の二人。


あ!ワン・ツー・ジャンゴ!の人が!笑



年末何かと忙しくておうちでPCいじる暇が無いですたい。
何かとメールを使う今日この頃、携帯が使いにくくてたまらんですたい。
買い換えたいよう。D902iが欲しいよう。

あー年賀状つくらにゃ・・・。
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去日記