2010/02/25 12012「MEANING OF TATTOO」@渋谷WOMB

March 01 [Mon], 2010, 0:23
会社終わってダッシュで渋谷!

WOMBはIstさんの報告によると後ろからでも見やすいとのことだったのでのんびり入場して適当な場所で待機。見やすいハコだと心に余裕ができていいなあ笑

ちょい押してはじまる。SEいつものやつで1曲目がTATTOO。

TATTOOラジオで1回聴いたことあるだけだったんだけど、音源よりライブのほうがしっくりくる曲だなって思った…

…とかそんなことよりもメンバーが張り切ってるのが伝わってきて可愛くってしょっぱなからにやけた。笑

とりあえず酒井さんが『アキ様』と呼びたくなるほどに美しい。あと川内が金髪に戻っていて全俺が泣いた。

川内のビジュアルは我々のモチベーションすら左右するほどに重要!

須賀さんはサングラス無しで登場。ひさびさにちゃんと?メイクしてるすがさんかかわいいかっこいい!あとあの侘び寂びメッシュの髪型すき!

やっぱちょっとくらいメイクしてるほうが好きだな、照明当たると素の顔が垣間見えるけど。笑


すーがーさーーーーー(*´д`*)ーーーーーん。


あとえんやさんがにゅんにゅんでかわいかった!すがさんにたくさんアピったかと思えば、上手でアキとにょろにょろしてみたりとじゃれまくり。

ぬーん…

大人っぽさの中に無邪気さがあるってずるいなあ…w

さいごのほうでは塩谷さんが須賀さんの頭ぽーん!てしたりと下手の二人は中々可愛らしかったですぞw



ところでこの日のライブ、本編の真ん中あたりの SYSTEM[0]DOWN→deepforest→As のところがとくに印象的だった!

SYSTEM〜からdeep〜ってゆう世界感の移り方…近未来的な広がりのある空間から深い森の中=孤独な心に焦点が移り変わるって秀逸すぎる!対照的な2曲のようで、でもどっちにも強さと孤独があって。


…で、deepってさ(※これより腐敗が進行します)須宮からの酒須&川宮になる途中のこと歌ってる曲じゃん?

宮脇と一緒にいれなくなった須賀さんが、宮脇のこと拒絶しだしちゃって、でも宮脇は純粋だから、2人の間にあった信頼関係はそれでも終わらないって信じていて、須賀さんの本当の気持ちにたどり着こうとしてる歌詞だと思うの。

で、Asはその葛藤を経ての決意の曲だと思うんだよね。

「もう変える事ができない状況を受け入れて、それでもずっと君を愛している、絶対に忘れたりしない」ってゆう、宮脇の『最愛』は須賀さんのことなんだよ。


…とまあ、私とAYKFにおいてこの設定はガチなんですけど、そんな曲順でやられたら途中までは感動してたけど、Asあたりで耐えきれずに笑ってしまった。ガチすぎると我にかえっちゃう逆に!


でもほんとにここは印象に残った、そしてガチ!と思った。忘れることを許さない萌すぎたセトリw


しかし感動のdeepのAメロで須賀さんがシャツの袖を左右とも本気でまくっていたのはどうなのかとw

「ちょwwすがさんwwwいまわたるさん歌ってっからwwwww」って思った笑 つーか聴いてるこっちの気が散るじゃんよwww


MCで宮脇が須賀さんに振って、須賀さんが喋ってる間ちょっとにやにやしながら須賀さんのこと見てる宮脇!ナナがチャーさんのMC見てるときみたいな顔〜って思ったw
てか須賀さんて宮脇がそんなふうにいつもすがさんのこと見てるってことに全く気付いてないよね。それって警戒心が無いってことで2人の信頼関係を現しているよね!一緒にいる空間が自然体だなんて究極に夫婦でかわいすぎるなけしからん^^^^^


あとはなんだっけなあ…

2曲目にぼみっとやったり本編の最後のほうでしんしょくやったりちょいちょい飛べるとこもあったりで楽しかった。でも最近壁がゆるいので飛んでも「暖簾に腕押し」状態で微妙。壁に吸い込まれそうになるからこわいwそういやしんしょくでセンターで雪崩起きて陥没してたね。メンバーがステージから陥没地帯を覗き込みながらセンターに集っててちょっとうけた。陥没地帯の様子見ながらも曲は淡々と進んでいくところがなんとも笑

しんしょくのときにひょんひょんまわってたらいつのまにか漆黒タオルなくなってて、探したらタオルだけ2列目くらいに飛んでっちゃってた笑。流石に取りにいけないって思って諦めたけど、漆黒タオルの消失、無念〜。

本編ラストが 浸食→サイクロン→しゃいんで、アンコールのいちばんさいごがGENERATIONだったっけ。

じぇねれーしょんて別に毎回ライブでやる曲でもないし、わーっと盛り上がるような曲でもなく、どっちかってゆうと「景色」っぽさが印象に残る曲なんだけど(ちなみに通称「ガンダムの曲」)そんなじぇねれーしょんが最後にくるなんて珍しいなあって思った。

でもこれが意外とよかった!

終わった後の感じが普段の「暴れたぜ〜w」ってゆうような感じじゃなくて。なんてゆーか、暴れた〜wってなるときは一体感を感じられたときとかで、でもこの日は一体感とゆうよりも、メンバーがわたしたちに一歩先の景色を啓示してるよーな、そんなような感じがした。

なんかライブってバンドごとにリストの組み方とかアンコールでやる曲とかに「常識」があるけど、この日のライブは想像してなかったような、でもすごくしっくりくることをじゃんじゃんやっていて、すごいな、って思ったよ。


あらためて好きだなあって思っちゃった!←しあわせ。



…あ、そーいや最後の最後で須賀さんがマイクスタンドにやられてテンション置いてかれていた。びく!ってしたあと、ポカーンてなっててかわいいかったんだけど最後があんなんでよかったんだろーかw


ライブ後、アンコールはEASTでwwwとダッシュしてみるも「最後のバンド演奏中で〜す」と言われてしまい、でもせっかくだから音漏れをちょっとだけ聴いた。笑

それからロイホにて、春馬からのはんさむ論議!ライブの記憶がぶっ飛ぶほどおもしろかったwww

ごはんさそっていただいたり、チケットの件も、ほんとにどうもありがとう!おつかれさまでした〜(○'ω'○)




で、楽しかった翌日は寝不足を思い出し笑いと大量のジョブに苦戦してくたくたになりつつデスクワーク14時間がんばりましたとさ!おしまい。
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過去日記