少女のクオレ

March 24 [Wed], 2010, 1:54
あーーー。

あのときにてまりさんとゆう希望が照らしてくれた。

きれいすぎて。

わたしはこの気持ちと向き合うことから逃げる。




『茨の花は罪に咲く』

ライブだからか?と思っていたけどやはりちょっと歌いこなせてないサビが若干聞き苦しいけどいい曲。この曲の「心の闇に光を射しなさい」のところが私の泣きどころです。やっぱちょっと泣ける。手鞠さんの王道、切実な願い。


『Love in the first』

最初のライブからやってる曲。
途中、サビのらみたすのドラムでテンションがあがる名曲。
明るさと寂しさの割合がるびえのぱるふぇっぽい。


『sunny day's seeker.』

これはアンバーの中でもたぶんわりと新しいほうの曲。
1曲の中にいろんな表情があってとても好き。
てまりさんもこの曲歌ってるとき楽しそうだよ。
途中で一瞬歌詞が戸田さんぽくなるなあと、歌詞カード見てて思った。
こうゆう曲調の曲はあんまりるびえにはなかったけど、それでか、歌詞の雰囲気が以前と変わったなーなんて思った。




全てにおいていろいろと見事すぎる、このマキシはすごい!
前回のも好きだったけど、これまた・・・よくこうなったなあって感じ。
すごい懐かしい感じもしたりして。
10年くらい前はきっとみんな同じ景色に憧れてたんだろうな、ってゆうのが詰まった1枚。笑


聴いてこうゆう気持ちになるバンドって他にない。
描かれた世界は切実で、果てしなく、いとおしすぎる。

5人が作り出すこの世界は奇跡だなって思います。



一回目のライブでどうなることかと思ったらみたすのドラムも、今やアンバー聴く上での重要な色彩の一部になったなあ。ライブじゃえろいしかわいいし(^ω^)もうらみなしじゃいきられない(^ω^)

あと、私は、アンバーのライブを見に行きたい!ってゆうふうにはそこまで思ってるわけじゃないってことに気がついたから、多分音源を聴いてるだけで充分な気がして、これからは音源をしっかりいっぱい聴いて、そしてその世界をしっかりと胸に焼き付けたいと思います。

「自分らしさをズルくしてしまうほど キミが好きです」

March 22 [Mon], 2010, 3:33
まさかミネさんの歌詞にここで共感するとは思わなんだ。
このひとの言うことはほんとに的確だなあ。

なんだこんなとこで出会えたんだって不思議。
少しずつだけどこうしてまた好きなものが増えていくのはうれしい気がする。

いまを肯定してくれてありがとう!


・・・とゆうわけで今の私の頭の中は乙女桜なわけだが、2マンツアーと今日のライブを見ていくつかこころに決めた。


3月は別れの季節だとゆうが、気がつくと大人になった今もほんとに毎年そんなんだ。

そういえばるびえが解散発表したのは3月のワンマンだったね。

あれから2年。

今日、全部の想いに区切りをつけようと思った。


ツーマンツアーが終わって大まかな決意は固めていたけど(大まかなのに決意って何か変)今日ライブを見ながらこうゆうふうな気持ちで見るのは今日で最後にしようと思った。

解散するといわれた日も、解散したライブを見たあとも、新しいバンドをやることになってはじめてライブをした日も、泣いたりしなかったんだけど、今日は、少しだけ、泣きました。

沸き起こる感情の少なさに、掬い上げることのできない自分に、こぼれおちてくものの多さに。

なさけなくて涙が出た。


それでも今日見たライブはいままでアンバー見た中でいちばんよかった。けじめつけようと思って見たライブ。そんなときに、記憶に残る良いライブ見せてくれてありがとう。

今日はせめて、まっすぐな気持ちで見れてよかった。


ちなみに具体的に言うと、くじけた。挫折した。諦めた。とゆうことなんだってわかっている。

こんなことをここに書き残すの悔しいけど、昔の自分の日記を見たらるびえについてかなり緻密に自分の気持ちを掘り下げて書いてたから、今日もまた、そうすることにした。

お別れだなんて言うとかっこよくきこえるけど、そうじゃなくて、これは相当かっこわるい。結局は気持ちが弱かったってゆうことなんだ。そのなさけない自分の気持ちを認めるとゆうこと。これからも行ける限りは行くけど、優先順位下げるとゆうことは、向き合うことをやめるってことにほぼ等しいと思う。

どっちにしろわたしはかなり中途半端なことをやっとるバンギャだと思うけど、それにしたって行動の伴わない愛は愛じゃないと思うから。


明日から(とゆうか今日のライブ終わった瞬間から)は、自分のこころの在る場所を信じて、全力を注ぎたいと思う。

犠牲にしたものの大きさ、そして今日自分が感じた絶望は、せめて忘れないでいたい。



それとは別のところで、今日はちょっと本気で反省した。
そのうえで、今日のライブを見させてくれた方々に感謝しています。ありがとうございました。

【2009/12/22 すぃーととらっど@えりあ】

December 24 [Thu], 2009, 23:52
すぃーととらっどVol.3@えりあ


けっこー見たいのがいろいろ出る日だったから急いで行ったらちょうどすぴっぶから見れたー!


●すぴっぶすていつ

見たいと言いつつオフィなんかチェックしてないし、勿論最初気が付かないよね。

で、とりあえず伊織スルーしたよね。

純出てきたところで「ちょ、あれ純じゃね!?」と気付く。そして目の前のドレッドを指さして



・・・いおりいたーーー(゚Д゚;)ーーー!!!12012!!!!!



登場から既に笑いを取るとは流石。

なんかピカピカしていたけど、見た目がどんだけhideとかLM.Cみたいでも、じゅんといおりはあいかわらずただのじゅんといおりだったなあ。


じゅんが「いけるかー!」と煽ると交互じゃなくそれにかぶせていおりが隣で

「オラァー!!!!!」

って叫ぶもんだから声かぶって2人とも何を言ってるのかわからなくなる・・・


とゆうのを曲にいこうとするたびにやっていて、なんかもうほんと、全てが健在だったよ・・・!

いろんなリズムとフレーズ入れすぎてどの曲も全然まとまりがなくて凄く変だったけど、まあいいんじゃない?って思った。なにより2人でギター弾けてればいいんだこのひとたちはたぶんきっと。


おかえり!・・・って思った。いないと寂しいってゆうより、いると面白い、ってゆうポジションなんだよね。


●あーときゅーぶ

先端恐怖症のワタシは指示棒みたいなやつをヒュンヒュン振り回すのを見ているだけでちびりそうになった。
すごく背徳の美学的なアレでした。


●しずなさん

出たいけめん!!!

涼しげなフェイスに加えてエリアの空調がゴウンゴウンと轟きながら冷機を送ってきやがるので寒いのなんの。あるだけ着込んで見ました。

しずなさんのアコースティックライブ、こないだあんまり面白くなかったからとりあえず顔だけ拝んどこうと思っていたのだが、今回選曲がよかった。海の見える町、世界の車窓から、ルパン三世のテーマ、戦場のメリークリスマス、なんかをやっていて、まじまじと聴き入っちゃったよ。なんだか面白い人だなあと改めて思った。自然体で惹きつける感じが根っからのハンサム野郎だな。

MCでしずな先生が「流行らせたい」と言って発言した「いーよー」が、結果的に今我々の中で大流行しています。


●ふぁーいーすとかのじょ

きょくとう!なんだかんだと見る機会を逃してて、やっと見れた。
とりあえず「勝手にしやがれ」とゆう単語が気になる。
見てたらライブ中殆ど拳だったなあ。疲れそうだなあ、と思った。笑


●あんばー

まさかのトリ。ありがとうございます。

短いやつ

しんかー
りざーど
ふぁーすと
新曲

あーセトリちがうかも。庭のやつやったっけ?最初にやったやつのタイトルがわからないあれ多分一番最初にシークレットで出たエリアで一番さいしょにやってた曲のやつ・・・

セットリストからこふぃんが初めて外されてました。


とりあえずド上端だったのでまたもやらみたすが死角にッ!泣

途中でAYKFが「ちょっとらみを見てみろ」と場所替わってくれたんだけど、らみたすが見える=らみたすにクギヅケになる=てまりさんが疎かになる。

てまりさん無視して柵から身を乗り出すようにしてらみたすにくぎづけになっている自分にひいたよね。マーラおそるべし(悶々)

教育上よろしくないのですぐに元に戻りました。


ところで演奏が珍しく雑・・・とゆうか、みんながパッションにもっていかれてる感じがしたので、急にどうした!?って思った。中盤にスピード感あるやつを詰めすぎてハイになってるような。

てまりさんもなんだかあんまり上手く歌えてなかった。始まってからずっと空回りしてるみたいな、声が伸びてないなあとゆう感じで。何回か、こっそりと咳払いしていたから、風邪ひいたのかなあ?とかも思った。

今日はそうゆう日なのかな、みんなテンションでガーッといきたい気分だったのかな、と思って、別に毎回演奏にばっかり重点をおく必要もないから、それはそれでいいのかな〜と思ってたんだけど、あとでこっちゃんの日記見たら前日のスタジオでテンションあがりすぎて1時間延長した、って書いてあって、

あのテンションはその影響か、と思った。笑

何があったのかと思った!笑 でもそーゆー失敗(?)ってゆうか、冷静な部分を忘れちゃったりするところも含めてあんばーぐりす可愛いからいい。


ライブもそんなだったし、私自信も、AYKFがいたこともあり、あんまりいろいろ深く考えずにライブ見てたんだけど、MCのあと、さいごに新曲をやったところで世界が一転しやがった。



まともに歌詞追いながら聴いてたわけでもないのに、今日のライブはあんまり頭に入ってこなかったな〜とか違うこと考えながら聴いていたのに、2回目のAメロのときに突然その曲の景色と色が頭の中にばーっと広がって、その瞬間ぼろぼろ涙が出てきた。

びっくりしたのと同時に、急に手鞠さんのうたってる言葉が頭に入ってきて、それからいろんな感情が駆け巡って、どうしようもなくなった。


なんで泣いてるの、と思ってよく聴いてみたら、歌詞が、るびえの最後のほうに作っていたような曲の雰囲気にすごく似てて、そこにあったのは、あたしのいちばん好きなてまりさんの歌詞の世界だった。


深い愛情と祈りに見守られている場所。

どうしようもないときに、それでもこの世界をこうやって見てる人がいると思えたことで救われた、その世界の色や景色。


それまでのアンバーの楽曲にはそうゆう歌詞をのせてなくて、なんとゆうかもっと自然体でふわっとしたところから本質を突いているような、絵本の世界みたいな歌詞が多かったんだけど。

だからアンバーはきっとこうゆう雰囲気で安全であたしは泣いたりとかしなくていいんだ、っておもっていたんだけど。


ああまたあの世界にいる、って思った。
痛いくらいの真実しかないところ。


解散とか新盤でおかえりなさいとか、そうゆう瞬間にいちいち泣いたりはしないけど、だた、こうやって全くの他人なのにも関わらず、表現された景色が自分の何かと重なる瞬間に、わたしは途方もなく弱いんだよ。


それで、泣きました。泣かすなよ!と思いながら、しかしどうしても感情が抑えられなくて泣きました。


なんかもうよくわからない。あのひとはなんなんだろう。なんであのひとの歌詞の世界がこんなに響くんだろう。もうわけわかめ!ボスケテ!



・・・と思うに至り、結果、結構ヘビーなライブだった(自分的に)





でもとりあえずそうゆうことは忘れて、折角じゅんといおりを見たのだからピザを食べないといけないので、ラパウザでピザとかパスタとか食べて、「おかえり」欲を満たしました。満足〜。





あんばーについては、なんかもう覚悟きめるしかないなあと思った。

てまりさんのそうゆうところから逃げたくて、眼を背けてたんだよ。強すぎて怖い。それに惹かれる事も怖い。それに、あたしはちがうよと思いたかったんだよ。でもだめかもしんまい。

なんかもう音楽の枠を超えて共感するとか痛くて無いと思うんだけど、実際のところ、これじゃあ結局そうだとしか言いようが無い。

とりこまれてしまった。すっぽり。それが今の自分なんだ。眼を背けて逃げることも怖い、飲み込まれることも怖い。


あのひとはいったいなんなんだろうか。わからなさすぎる。


そしてあたしはなんなんだ。なんか夏にEVAを観てしまったときと似たような気持ち。たすけて!何かを見つけた途端に怖くてどうしようもなくなっちゃうのはなんでなんだろうか。









ひとつわかったのは、てまりさんにとって「赤」は闇を照らす色なんだなって、歌詞聴いてて思った。
てまりさんはそのことを凄く大事にしているとゆうことを改めて思いました。








あーーー。

あんばーぐりすめ!とくに、てまりさんめ!

プラグのコメントCD聞いた感想とか書いて気持ちを紛らわそう。


もうやだー!

2009/11/22@えりあ

November 23 [Mon], 2009, 15:13
朝仙台を出て新宿に1時45分着、帰ってシャワーと着替えと化粧で3時過ぎに家出て3時45分に馬場着!

がんばった。

クリエでパンを食んでからエリア行って、番号遅かったけどなんとかなった。

中でライブ見てるほうが退屈しないからν以外は全部見た。

MIUはダビデみたいで良かった!もう少し歌が不安定じゃないと聴きやすいんだがなと思ったけどまたみてもいいくらい好きな感じだった。



あんばーぐりす

疾走感
しんかー
こふぃん
りざーど


2と3逆かしら?
いつもの5曲でした笑

てまりさん最初からいるパターン。顔上げたてまりさんみたら前髪切ってた!髪もふんわり度が増してたよーな。とてもかわいかった…!!!

2曲目終わったあたりでベーストラブル。MC入れてたけど間が持たず

てまり「暫しご歓談をw」

と客を放置www


その後なんかちょっとこっちゃんの表情が険しいように見えたなー…っつっても普段こっちゃんのこと見てないからいつもの様子を知らないが。

あとらみたすがあいかわらず一人だけとても元気で「ぱかぱーん!」とかドラムのリズムで歌っていたりとかわいい。楽しそうに叩いてるかと思ったらふとギラギラした顔つきになる瞬間もあり、ほんとたまらなくエロい。



あんばー6回目?にして少しずつライブが攻撃的になってきたとゆうか、熱くなってきた気がする。客はあいかわらず棒立ちだが(勿論そうゆう見方もアリだと思っとる)最近はステージからパッションを感じるようになったかなあ。

てまりさんがぎこちない感じではなくて、少しずつ自由に音楽とひとつになって羽を伸ばしてってる感じがする。

やっぱりきれいだなあ、この人の表現が凄く好きだなあって思った。




その後、ばーじるをびびっとと勘違いして全部見てしまい疲れた。肝心のびびっとはあまりの疲労感から3曲で撤収。100均、ファミマ、クリエの行程を30分かけずにこなし、仕事だけで終わらせてたまるかとアンバーのアンケをしっかり書いてからエリアに戻りハコスタに全て押し付けて撤収。

びびっとの途中で抜けておきながらプレゼント持ってきたところに疑問を感じていた様子でした。



寒くて活動限界だったけど(エリア寒いし)とりあえず無事終わってよかったっす。

2009/11/08 『滑才 ミネムラの元気が出るイベント!』@高田馬場AREA

November 10 [Tue], 2009, 1:40
2009/11/08 『滑才 ミネムラの元気が出るイベント!』@高田馬場AREA

アキのりみねむラ/ambergris/ADAPTER。/慎一郎/悠希
以上の人たちが更に誰かしらを誘って祝ってくれると思います。


↑ってチケットに書いてあった。


夜バスで帰ってきて寝てエリアへ。
あんばー意識でちょっとサビサビな感じ(カーキ、ブラウン、グレー、黒、ネイビー、ゴールド)の服装にしてみたよwww

中入ったら見たことある映像が流れていた。

そして一番下のフロアにはおもむろにダンボール箱が置かれていた。

ダンボールの中に 何 か の存在を感じつつも華麗にスルーしていると、突然フロア後方の入り口から客席に現れて 最 前 交 渉 し に く る 悠 希 。



・・・空気読んでくださいね^^



●アキのりみねむラ
4人出てきて演奏始まると動き出すダンボール!!!やはり中から人が・・・!!!!!
暫くして曲が止まって振り返るとドラムの後ろの幕からリーダー(オシャレ)が首だけ出して上下にすーっすーっと動いてて怖すぎた。

とまあ登場のときはテンションあがったんだけど、途中で我に返ってしまい、なんだか思ったより普通だった気がした。笑

よく見たらGパンもケミカルウォッシュじゃなくて、ふつーの濃いめのネイビーのストレートだったしあんまりオシャレじゃなかったよ!
もっとこう、超えている感がほしかったなあと思ったんだけど笑 まあ前日ワンマンだったみたいだからしょうがないか・・・あんまり準備する時間なかったのかなーと(前に見たときは時間だけは嫌とゆうほどあったと思われるw)

てかアキのみりねむラ10年やっているそうで、もうこれは立派な持ちネタってか芸だなあと思った。諦→ビリー→バディーズと、バンドは変わってもアキのりみねむラだけは変わらずに在り続けているって笑っちゃうけどでも本当に凄いと思うよwww 伝説のバンドとゆう異名に相応しすぎる!

ミネとやぎちんの長いくちづけ(下手のはじっこから見てたので結合部分は見えずに済んで良かった)そしてメンバーに引き離された後、そっと口を拭ったやぎちんの表情は暫くの間物凄いうつろだった。

いや、でも久々に見れてよかった!芸風が変わった感はあったけど、結局はやっぱりおもしろかった!満喫したwww


●カス

フライングにつき、中腰で待機→翌日太股が半端無く筋肉痛www
話長いし疲れた〜しかもなんか・・・歌がうまいからっていい曲とは限らんのじゃあああ!と思いました。

しかもそのあとの幕間トーク、超嫌だったなあ・・・

まあ悠希のああゆう喋りも麺としてのひとつのパターンではあると思うんだけどさー。あれで盛り上げてるつもりなのかもしれないけどさー。

でもなんか喋ってた内容とゆうよりは雰囲気がやだなあと思ったよ。ばかにされてる?ふうな感じがちょっとなあ。アンバーグリス?知らねーなーみたいなさ(そりゃあ知らなくて当たり前だ!まだ正式なライブ1回しかやってないんだし)

あたしはアンバーができるのを、活動してくれるのを、すごく楽しみにしていたいちファンなわけで、だから正直超いらついたなあ。


音出ししてるときに幕間の悠希に「アンバーグリスうるせえよ!」って言われたりしてたのに、そのあと幕間トーク中の悠希と慎一郎のリアクションに「ジャーン!」って効果音つけてあげたりと、すごく大人な対応をしていたので余計に惚れたけどねー!らみたすぐっじょぶ!かっこいいなあ〜!!!


●ambergris

かっこよかった!だいすきすきすきすきすき!笑
音源も出たしライブ2本目でちょっとずつステージと客席の雰囲気がライブらしくなってきた印象。それが嬉しかった!
そして手鞠さんがこんな素敵なバンドにいることが、あたしはとても嬉しい。笑

えっへへへ!


●ADAPTER。

オールバックでリーゼントふうなプクちゃん。

アンバー聴いた直後に打ち込み&ボコーダーってすっげー斬新なパターンよこれwww
でもあたしやっぱこうゆう音の世界も好きなんだよなあと思った。
つーかフクスケって本当にいろいろできる子だよね。喋れるし、歌えるし、曲作れるし、それなりに楽器もできるし、華(ってか艶)もあるし。いいこ。

さいごのほうでMATSURIやったから踊ってみたw


・・・そういやかやの旦那のプクとかやの嫁のこっちゃんが同じイベントに出ちゃってんなーと思った。


●ミネコーン

ミネさん、しろし、ツブク、慎一郎、悠希と後誰かでユニコーンのカバー?
大迷惑やったとき、『大迷惑!』のとこで悠希を指差しまくった。

悠希が歌っているのを見ているだけで無性にむかついた。悠希のすっぴんがうけつけないんではないか説。ちょうきもかった。


●ばでぃーず

一期一会、B.B.B?

一期一会聴いてて「ユーキ歌うまくなったなあ・・・」とまたしても思った。笑
なんか、バディーズの曲にこの声って、もやはあたしの中でもありなんだよな〜と思いました。笑

ミネさんが、この収集つかなくなったイベントの最後に一言とお礼を言っていて、あーなんかミネさんだ!と思った。

面白い顔してるうちに壊れちゃった友情もあった気がしたけど(勿論ミネさんのせいではない)ビリーやバディーズを通して仲間や知り合いが増えて、これがミネさんの今のかたちなんだなあ〜と思った。あと、でもやっぱりミネさんのこと一番慕ってるのはメンバーの子たちなんだよなあと思ってちょっとやっぱかわいいなと思いました笑。しかも、私にはやっぱりユーキはどうしてもミネさん大好きオーラを出しまくっているようにしか見えない。(フォモ的ないみではなくね。)ばでぃーずたまにしか見ないけど、毎回、対等になろうと必死なように見える。そうやって見ると、ユーキも可愛く思えたりするんだよなあ。笑



ばでぃーず2曲終わって、最後は出演者全員出てきて35本のロウソクによってすでに生クリームが溶けてでろでろになっているバースデーケーキ〜からの顔面ケーキ。そこで悠希が「ほら若手〜!」って若手に動くように指示出してたけど若手って誰のことかしら(^ω^#)

らみたすが動いてたけどね。←いい子・・・

とりあえず私はこっちゃんとウエさまのシャツのふくらみにロウソクの火が引火しないかとハラハラした。
あとリウリウ(タクマ)にかぶっててまりさんが見えねー!!!と思いました。

顔面ケーキ→胴上げで、最終的には身包みはがされてパンツと靴下だけのミネムラがステージに取り残されて、


― 終了 ―


・・・とゆうイベントでした。

アキのりみねむラとかアンバーとか白塗りって、この7〜8年くらいの中で好きになったものだったり、そこから枝分かれしたものではあるんだけど、その好きのベクトルが全く違ってさ・・・

こうゆう対バンて今まであんまり無かったからとても疲れた笑 でも、とても面白かった!


ミネさん面白いイベント企画してくれてありがとう!
お祝い参加できてよかったー!!!

35歳、おめでとうございました!

2009/10/17 花売りは夜明けの音に眼を閉じる。

October 19 [Mon], 2009, 1:50
【2009/10/17『花売りは夜明けの音に眼を閉じる。』 at 高田馬場AREA】

遅刻!エリア着いた瞬間に番号呼ばれて入場。


●えんそく

どの曲も素敵だった!
とくに、最初にやった星の曲がすごいよかった←ああゆうの好き笑
☆を描くとこのフリなにあれかわいい笑

MCでボーカルの人が下手の袖に向かって「おい黄緑!なに笑ってんだよ!」とかみたいなことを言ってたけど、ん?らみたすのことか?と思った。(らみたすの衣装は黄色い)

ファンデのノリが綺麗で感動
上手の人の顔がなんかシナーズにいそう

また見たいな〜と思った。


●犬

始まる前にどんなの?って聞かれて「団長みたいな感じ・・・」って答えたら、どう見ても濱守あゆみが出てきたので唖然とした。


●ばでぃーず!

新曲ははじめてきいたけど、あとはなんか知ってる曲とかいろいろ。
いつも(あーぽ系対盤)よりお客さん少ない気がしたけど、なんか久々に参加型で見て楽しかった!
てか、おツブくんがかわいい!!!リズム隊はほんと癒すなあ・・・。

そして、意識革命。ミネさんのMCを見てるときのユーキの表情が、ちゃっきーのMC中のナナのそれとかなり似ていて、ちょっと、かわいい!と思ってしまった!爆

さいごの少年アウトは上半身だけでおおいにもりあがってみた!
隣の女子が、勝手な仕上がってんな〜と思っていたら、少年アウト始まった瞬間スポーン!と抜けて飛んでったwww
飛んでった人・・・笑顔が素敵でしたよ!


エリアの帰りにブログよんでたら

WaT= W(ウエンツ) a(あきのり) T(てっぺー)

って書いてあった。


●かやさま

まさかの王子キャラで出てきやがった!びっくりした・・・

こないだのeggmanで「久しぶりに会ったらこっちゃんが可愛くなってて!」って言ってたから、美貌で敵わないと気付いて男に逃げたか・・・と思っていたらMCで「今夜は殊を娶って帰ろうと思います」と(^ω^#)

・・・と言いつつ、王子キャラが定まってなくてMCが振るわないkaya様。
パンツ履くと全然ダメだぁ〜あ〜スカートの力って偉大だね!とか言っててちょっと可愛いと思った笑

あとなんかシルバリアローズ?とかゆう曲(報われない想いを歌った曲)の前のMCで「麺はやめとけ!」「公務員にしとけって」と言ってたが、kaya様に言われたくないよ!と思った。

あと、こないだの衣装の『巨乳』(乳がでかく見えるデザインになってる衣装)に対してエリアは股間が目立っていたのでなんともいえぬ気持ちになった。どっちかってゆうと女の人だと思っていたので。


●あんみゅれ

対バン微妙にありつつも毎度見逃していたアンムレ。
私の、しろぬりから王道V系までの多岐にわたる現本命盤全てと対盤経験がある唯一のバンドアンムレ。

こうゆうの嫌いじゃないんだよなあ〜と思いながら見てた。
相さんみたいな人が結構好きで・・・とか思ってたらとなりから「手鞠さんもたいがいこうゆう感じだよね」といわれた。そうですね。確かに。


●あんばーぐりす

なんかいつのまにかすごい人・・・最初のシークレットのアンムレ主催のとき、あんまり人がいなかったからあんなもんだろ〜と思っていたら大間違いだった。アンバー見にきている!って人が多くてびっくりした。そして多分メンバーも驚いてたんじゃないかなあ。笑

ようこそ僕らの庭へ〜みたいな歌いだしの曲
Lizard skin
Sinker
銀色のコフィン


とかだった気がするけど記憶は曖昧。いちおー全部聞いた事がある。
8月のシークレットのときも同じ曲を1曲目にやってたなあ。eggmanみたくLizardskinとかではじまるほうが私は好きなんだけど・・・まあ正式活動一発目のライブだからなあ。

「ちらほら泣いている女の子がいるけど・・・それはもう少し待って。家に帰るまでちょっとの間だけ、我慢して」

ってゆう紳士的なMCがどこぞのかのまっぽくてニンマリしてもーた。

「ブランクが長すぎてしんどいお兄さん達です」

とか言って場を和ませてから

「ほら、そうゆうふうに笑ってて」

と繋げた手鞠さんにこれまたニンマリ^ω^

それぞれがそれぞれの時間を経て、またこうして違う場所で出会えたことがてまりさんは嬉しかったんじゃないかなあ。そうは言ってないけどなんかMCの感じがこの日はちょっと違ったのでそう思った。

なんかねえ、雰囲気がいいライブだったよ。人いっぱいのエリアなんて物凄く久々だったけど、ライブ中の雰囲気はなんか淡くて綺麗な色だった。5人が音楽をやる場所として、ここがなくならないといいなあ・・・と思った。

既に凄く好きとゆうか、初めて聴いたときから音楽に違和感無くて(前回のエリアはライブが微妙ではあったけど笑)自分にとても馴染むとゆうか。別に比べてるわけではないけど、アンバーグリスの歌ってる人が好きだなあと思うわけです。てまりさんて本当に自分らしいことしかやらなくて素敵だな〜!とか毎回思う笑


あと、あのゆるふわの髪型、半端なく可愛いと思います。わしゃわしゃしたくなる可愛さ。あああ・・・てまりさん!!!すきだうおぉぉおおおお!!!!!(←自制心吹っ飛んだ)


久々のエリアの雰囲気に気おされてたりもしたけど笑(そういや最近こうゆう対盤を見に行くことがあまり無かった・・・)どれも見たいバンドだったから結構楽しかった!kさんどうもありがとうございましたm_ _m あと、隣にいらしたお二人、アンバーのときなぜかノリが同じで面白かったっす。ちょっとしんみりしている会場でそれすらいとわずそこだけ拳にヘドバン・・・嫌いじゃないぜ!


終わってからリンガーハットすすって馬場にて解散。G様、突然失礼しました。





とゆーわけで、お披露目&主催のライブが終わりました。



あんまちゃんと言葉になんないんだけど、
またこうやってきれいなものを創りあげてくれてありがとうございます。

あんばーぐりす。
この先もこのひとたちの音楽がずっとそばにあるといいなあ。

2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過去日記