マイ・偶像抄 (前編)

January 09 [Mon], 2006, 6:38
今日は。僕の恋人について書きます。赤裸々に。

初めて出会ったのは、14の頃やから、もう10年越しの恋。イヤンすごいね。

コレは、少し変わった、恋なのです。

まず僕はその人と話した事もNAI。でもその人はなんとCDを出していたので、会いたいのをガマンして朝から晩までずっと聴いていました。ホントにねー。
まずその人のCDで目を覚ますと、そのままウォークマンにブチ込んでチャリを40分程こぎ学校へ行きます。そしたら、机にはデカデカとその人のポスターが貼ってありますのでソレを見つめて過ごします。んで、帰り道にまたウォークマン、帰ったらスグにビデオデッキをポン。モチのロンでライブビデオです、それも何百回と観たヤツ。

ブラウン管の中の彼は(誇張ではなく)ただただ美しかった。華美でナルシスティック、わがままにそのままそこに存在して、汚くてコミカル、なのにふとした時、全て分かってたかのように理性的な顔をします、たくらんだような、笑顔。ね。
男性と女性、美と醜悪、暴力と祝福、エロと潔白、相反する全てがスポットライトの下で矛盾はなく、そして何の意味もなかった。僕の求めてた全てがそこにありました。

えぇ、イジョーなまでのラヴ。これが、蜜月。

しかし或る日、おかしな事に僕の恋人を侮辱するヤツが友達で現れました。バンドをやってた彼の言い分は、こう。
世間一般はその人をロックとは認めていない、と。

少年の自尊心は傷つきやすいモノです。その人への想いを恥じる夜すらありました。
そこで幼い僕は、ヒジョーに“ビューティフル”な、決意を固めます。
世界中を敵に回しても、この人を愛して、守ってあげよう。
そして少年が手にしたのは、なぜかロック名盤100選、と銘打たれた雑誌だったのでした。
  • URL:https://yaplog.jp/kuzu-from-hell/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Q&A あなたの悩みに志磨が答えます
アイコン画像アニマル
» ガンジスよ 僕を押してくれ (2018年09月30日)
アイコン画像トレイシー・ローズ
» ガンジスよ 僕を押してくれ (2018年06月21日)
アイコン画像shiba
» 大陸の血を、SHOOT ME。 (2017年10月04日)
アイコン画像くに
» 勉強をしよう @ (2015年07月16日)
アイコン画像サンラー
» ガンジスよ 僕を押してくれ (2015年01月10日)
アイコン画像ねぎちゃん
» ガンジスよ 僕を押してくれ (2012年10月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:志磨 遼平
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1982年3月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
毛皮のマリーズで シンガー 兼 ソングライターを務める 志磨の日記
Yapme!一覧
読者になる