TRANSIT MAMA final 

2018年05月26日(土) 23時58分
BIGMAMA
TRANSIT MAMA TOUR 2018

5月13日
Zepp Tokyo


まさかあの歌を唄うなんて

あの日
TDCホールに置いてきたあの歌

今日もどこかの誰かを抱きしめて君の夢を見る

この一節に
もう何も言えなくなる

どうして今
この歌を唄うんだろう

この間弾き語りで武道館ぶりにブラウスを唄ったって聞いた時も
いったいどんな心情の変化があったんだろうって思った

だってもう二度と聴けないと思ってた

ユニゾンの斎藤さんに借りたという
新しい機材(ルーパー)を使ってみたり
バイオリンとピアノを入れてアコースティックをやったり
本格的に文章を書き始めたり

新しい道を踏み出した事で
過去は過去のものとして気持ちの整理がついたのかな

それともその存在の強さを再認識したのか

自分の誕生日にこの歌を唄ったことには
強い想いと決意があったはず

そう思いながら聴いていたら
今日新たに加えられていた言葉に思わず胸が詰まった

「忘れないよ」

って
そう唄った

あぁ
そうか

結局はここに戻ってくるんだ

原点回帰はバンドとしてだけじゃなく
むしろ金井さん自身でもあるんだな

大好きな週末思想が聴けて嬉しかった
この冷めた視線と本心の言葉
他人事のように鳴らされるリズムと言い回し
ゾクッとする

眠り姫も大好きな大好きな曲
一音一音に無意識に感情が溢れる

そしていつぶりに聴けたんだろう
The Right

かっきーの声がエモすぎて
それに重なる金井さんの声がまたたまらなく良い

まおぴのLiveでのピアノ初お披露目はこの曲じゃなかったっけか
ツアーの途中からまおぴの立ち位置にキーボードがセッティングされて
この曲が聴けるんだって大興奮したのを今でも覚えてる

もう一つの新曲は

未来を書き換えられる鉛筆と
過去を消せる消しゴム
どちらを選ぶか

あなたの迷いが晴れますように
あなたの心が晴れますように

弱さと
闇と

それでも最後に唄うのは
一点の曇りもない心

取り繕ってた笑顔を取っ払ってしまったら
そこに残るのは本質だけ

私も原点回帰しないとな
始まりの月であるこの5月からまた

エルレの活動再開もあいまって

私にとってエルレは青春ではなく
稲妻のように暗闇を引き裂いてくれた音楽だから

苦しいくらいに自分の歌になってるから

どうしてもあの頃がよみがえる

SPANK PAGEの呼吸も

そして
悪あがきでもいいから
って言ってくれたあなたの言葉も


SE.交響曲「第九番」

01.Theater of Mind
02.虹を食べたアイリス
03.テレーゼのため息
04.ヒーローインタビュー
05.Weekend Magic
06.Perfect Gray
07.ex-extra
08.Gum Eraser
09.Overture
10.Merry-Go-Round
11.ファンデーション
12.アリギリス
13.Sleeping Beauty
14.Flameout
15.新曲(君想う、故に我在り 2012)
16.週末思想
17.俯瞰show
18.Royalize
19.The Right
20.新曲
21.秘密
22.POPCORN STAR
23.最後の一口
24.Donuts Killed Bradford
25.ファビュラ・フィビュラ
26.荒狂曲"シンセカイ"
27.Strawberry Feels
28.CRYSTAL CLEAR
29.SPECIALS