プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kurotan0114
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«2005年11月 | Main | 2005年09月»
ROLLING 息子(7m18d) / 2005年10月31日(月)
前の記事の続き〜


対象年齢が少し高めのキッズルーム。
息子が一人で遊ぶにはちょっと難易度が高いようです。

そんなときに面白いものを発見!
円柱型のスポンジのようなものがただひたすら回転している椅子?
なんと表現したらいいか分かりませんが、とにかく息子を乗せてみました。


 
Posted at 22:30 / [育児]かわゆい息子  / この記事 のURL
コメント (2)
キッズルームで遊んだよ!(7m18d) / 2005年10月31日(月)
あるショッピングモールの子ども遊び場みたいなところに行ってきました。
今まで風船が飛び回るその場所には興味はありつつも、なんとなく勇気が出らず入ることができなかったのです。
しかし今日は!
潜入してみることにしました。

20分で300円。
保護者は無料だそうです。
時間を書いた札を首からさげるように言われました。
こいつぁードッキドキだぜ!

ドッキドキのまま、入ってはみたものの遊び方が分かりません。
どうやらもうちょっと大きな子向けの遊び場のようです。

風船が飛び回る風吹き空間も息子には怖いばかりの様子。
ボールプールは保護者が入ってはいけないらしいし・・
トランポリンのような場所にちょんぼり座ってみたものの、ちょんぼり座っているだけじゃただのちょっと柔らかい床。
あとから大きな子がやってきて跳ねてくれたおかげでちょっと刺激的な遊びができたけれど、どちらかと言うとあまり面白くありませんでした。

仕方がないので動いていない乗り物に乗せてみました。

  

  





何故か全部笑顔。
そして生き物に全て覇気がない。
死んだ魚の目をしている・・

息子は息子なりに楽しんだみたいです。
水が流れるプールは水嫌いの息子には敵でしかなかったようで、決して足をおろそうとしませんでした。

そしてもっと面白い遊びものがあったのです・・

〜次の記事に続く〜


 
Posted at 22:08 / [育児]かわゆい息子  / この記事 のURL
コメント (4)
ドナルドさんは口元がちょっと・・ / 2005年10月31日(月)
親愛なるカヨコさんに張り合って、ドナルドさんと写真を撮ってきました。



息子君のパパはこんなに色白だったかな?



いえいえ、ドナルドさんは私たちのパパではないのよ。
そんな昼ドラみたいな展開はいらないわ。




過剰に嬉しそうな息子と冷たいドナルドさん。
そうしてちょっと恥ずかしいメサと夫。



 
Posted at 21:56 / [生活]in 福岡  / この記事 のURL
コメント (3)
キツネ目の女がキツネにつかまる。 / 2005年10月30日(日)
車の中でラジオをつけていたら、ペンネーム「はちみつミルクさん」が甘々な声でラジオに出演していました。
あまりのブリッコに夫が「あほちゃうか?」と言いました。
だからメサも同じように甘いペンネームが欲しくなりました。

考えよう!と言葉に出して考えていると、夫が「チョコあんこ」というペンネームを考え出してくれました。
超適当!
甘々だけれどどこかダサい。
もっさり加減がイヤです。


そんなことをしていたらレンタルビデオ屋さんにつきました。
CDを購入したかったからです。

入り口にでっかいキツネのような犬のような大きいものがいたので、これは絶対何かを売りつけられる!と思い、わざわざ違う入り口から入りました。

奥の奥の場所にあるSELL CDコーナーまでこっそり進んだのに、追跡されたらしくキツネが追いかけてきました。

キツネの付き人の気の弱そうなおじさんが私に話しかけます。
写真を撮ってくださいとお願いされました。

なに?ちょっとしたアイドル?
今キツネに大人気のメサ。
メサが熱い!(ちょっとつり目だからでしょうか。)

馴れ馴れしいお姉さんが色々と話しかけてきます。
お子様のいい記念になりますよー
などなど超早口!

若い女性が好きな息子はキツネよりもお姉さんに夢中。
だからちょうどよいカメラ目線で撮影できました。

キツネがいくらかわいい仕草で息子にアピールしても、息子は早口のお姉さんに夢中。
お姉さんも調子に乗って、「フレ吉くん(キツネの名前)よりもお姉さんに夢中か!」などなど早口さに拍車がかかりました。

息子はお姉さんをしこたま観察した後は、フレ吉くんの楽しさが分かったようで照れ笑いをしたりしていました。

メサは最後まで苦笑いで怪訝そうな態度を崩さなかったので、お姉さん&フレ吉は何の勧誘もせずに去っていきました。

パパは話しかけられているのに遠くで聞こえないふりをしてCDを眺めていました。



嵐のようなキツネ狩り(あ!狩られたのはキツネじゃないや!)が終わった後、もらったポラロイド写真は案外素敵に撮影されていました。
こりゃー嬉しいや。


 
Posted at 21:50 / [生活]in 福岡  / この記事 のURL
コメント (2)
呼子〜唐津 / 2005年10月30日(日)
呼子大橋を渡ることにしました。
どんなに綺麗なんだろうとワクワクしたけれど、あっという間に橋を渡り終えてしまいました。
仕方が無いので戻って近くの駐車場に車を停め、記念撮影を楽しもうとしたらば すずめの大きさの飛び回る生き物が何匹もいて、走って逃げました。
これぞ本当のすずめばち!
夫は蜂のターゲットになりやすいのでここは急いで退散すべし!



呼子大橋の上の息子。




ついでなので巷で有名な「唐津バーガー」を買って帰ることにしました。
唐津バーガーは車で作られ、ナンバーを教えて車で待っていると車まで届けてくれるという有名なハンバーガーなのです。
私が高校生の頃は、シークレットなハンバーガーがあって、それは「スペシャルバーガー」という名前がついていたのですが、メニューにはのっていなかったのです。
のっていないけれど、「スペシャルバーガーください」というと作ってくれると言う幻のハンバーガー・・
しかしシャイな私には到底口にできない やっぱりスペシャルなハンバーガー。

でも今日はメニューにしっかりのっていたのです!
だから食べました。
唐津バーガーは色々なところに進出しているなぁ。
唐津じゃないところでも売っているもの。

松林の中で売っているから興味がある人は行ってみるといいと思います。

そんな感じで30分も待たないとハンバーガーを手に入れることができなかったのですが、車で寝て待ちました。



大人気の唐津バーガーと 友情出演の息子の笛おもちゃ。




帰りに海へ寄りました。
というよりも、トイレに行きたかったというのが私たち夫婦の本音です。

サーファーがたくさんいました。




 
Posted at 21:34 / [生活]in 福岡  / この記事 のURL
コメント (6)
呼子が私たちを呼ぶ・・こ / 2005年10月30日(日)


呼子へ行ってきました。
呼子のイカしゅうまいはとてもおいしいのです。

家を出るときは暑いくらいだったのに、呼子はさすが港町。
寒いのなんのって!
背中がまるまりましたよ!
朝市は終わっている時間だったので、割とガランとしていました。



バギーを持ってくるつもりがうっかり忘れんぼしてしまったので、夫が抱っこしてくれました。
このごろ夫が抱っこしてくれることが多くなりました。

スリングを使うのですが、これは夫独自の抱っこ方法のようで、息子はくつろいでいますが見た目がちょっと面白いです。
風がびゅーびゅー吹くので夫の優しい心遣いで顔まですっぽりスリングに入れてあげたりもしていたようですが、すぐに出てきて渋い顔をする息子。
風に吹かれて薄い髪の毛がますますヒヨコのようです。

道で熱々のイカしゅうまいを食べました。
おまけしてあげる、というので干物やらをたくさん買ってしまいました。
イカが何かの機械でブンブン振り回されていました。



くもりぞら・・

                         〜つづく〜
 
Posted at 21:20 / [生活]in 福岡  / この記事 のURL
コメント (2)
公民館にカゲキが! / 2005年10月29日(土)
今日はS子の知り合いがエアロビクスの発表をするということで、地域の文化祭に行ってきました。
行ったらそれは市の催し物だったらしく、市の職員がたくさんいました。
私は結婚する前 市の職員だったので一応同僚になるのですが、誰にも気付かれることがありませんでした。
ちょっと交流が会った人にはそれとなく意味ありげな視線を送ってみたのですが「あ、スリッパはここです。受付は済まされましたか?」などなど非常に事務的に対応されました。
うん、気付かれないね、やっぱり。

でも良かったです。
動向を元同僚、しかも公務員に逐一観察されるのは非常に窮屈だからね!


そんなわけで、この文化祭、とっても田舎のにおいがして良かったです。
趣味のサークルの人たちが日ごろの成果を発表する?
多分そんな主旨だと思うのですが、おじいさん、おばあさん、おばさん、おじさんが詩を朗読したり、途中うっかり忘れちゃったり、エアロビクスの発表でテープの頭出しが出来なくて何分も待ったり、本当田舎な感じ。

息子はカメラを持ったダンディーなおじいさんに可愛がられたり、色々と忙しかったようです。

エアロビクスにはS子の友人が想いをよせている男性が参加していました。
噂はチラリと聞いていて、片思いされているんだという話に どんなに素敵な男性なんだろうと胸をふくらませていたのです。
それと同時に、会場をウロウロする怪しげな男性の存在も気になっていました。
ピンクのタンクトップ、ピンクの短パン、もみあげは一直線に耳上で揃えられていて、テンネンパーマの短髪にはちまき姿の彼。
うーん、ディープインパクト!

もうお分かりでしょうか。

そのド派手な彼がその彼だったのです!
同一人物!!

S子の友人はとっても素敵な女性です。
なのに・・ 何故なの!?
勿体無いよ・・
ダメだよ・・

エアロビクスでは ハッスル!ポウッ! など叫びながら、マッスルな体を激しく動かしておられました。
私はこの人を氣志團のバックで踊る人の中に見つけたことがある気がする・・

家に帰って夫にこの人の写真を見せると
「これは・・・ しもだかげきだね!!!」
と言いました。

そう!そうなの!!


 
Posted at 21:44 / [生活]in 福岡  / この記事 のURL
コメント (2)
息子が・・息子が立った!(7m16d) / 2005年10月29日(土)


つかまり立ちし始めました。
悪戯してます。
まだハイハイもしないのにね〜
ホフク前進は見ていない時にコッソリ練習しているようです。
見ている時は誰かが目当てのものを取ってもらえるものだと思っているようです。
甘ちゃん!!


生まれた時から縦だっこが大好きで、少し大きくなったら足を床につけてドンドンするのが好きでした。
今は寝転がっている人によじ登ったりつかまって立ったり。
手の力より足の力のほうが強いのかな。
めさはハイハイしないまま歩き出したそうなのでそうなるのかな〜
腕の力は鍛えないの?

兎にも角にも子どもの成長は嬉しいものです。

後ろ姿がちんぱんじーのようでかわいいな。


 
Posted at 12:10 / [育児]息子の成長  / この記事 のURL
コメント (8)
双子ちゃんのいる生活 / 2005年10月28日(金)
6ヶ月の双子ちゃんの家へ遊びに行きました。
双子ちゃんのお母さんとは昔同じ職場で働いていたことがあったのです。
一緒にお邪魔したB先生も、同時期に一緒に働いていました。

その頃A先生(双子ちゃんのママ)には一人しかお子さんがいませんでした。
今となってはその子が一番上のお姉ちゃん。
今は小学生です。

いつの間にか下に女の子が生まれ(現在3歳)、半年前に双子ちゃんを出産!!
本当にいつの間にか4人の子のお母さんになったのでした・・
すごいなぁ!

双子ちゃんは二卵性で、一人が男の子、一人が女の子です。
4人きょうだいの中で一人男の子。
A先生は女の子しか育てたことがなかったので、男の子がひっじょーーーーに手がかかるように思えるとのこと。
私は息子一人しか育てたことがないのでこれが当たり前だと思っていましたが、3人の女の子に囲まれた双子片割れ男子は 家の中で「言うこと聞かない子!手がかかる子!」というレッテルを貼られてしまったようです・・

双子ちゃんの子育ては本当に大変だと思います。
だって一人が寝ていても、もう一人が起きていたら母さんは起きなくちゃならないし・・
体も心もしんどいですよね。
お察しします。
双子の一人男子も、息子と同じような理由で(例えば抱っこしてー!とか)泣くだけで「もう!この子は本当にダメなんだから!!」と言われるのはちょっと心が痛みましたが、その分もう一人の女の子よりもたくさん抱っこされているそうです。
もう一人の女の子がおとなしくて、夜もメリーをつけていれば一人で寝ちゃうし、甘え泣きすることもないので、必然的に抱っこの機会は男の子よりも少ない。
そっかそっかー 親心なのですね。
どちらにも平等に接してあげたいと思う心。
日々葛藤があるんだろうな。
息子君への「もう!ほんとに・・」の言葉の裏には色々な事情があるんだろうな。

A先生一家よ・・ たくましく育ってください。


 
Posted at 23:12 / [生活]in 福岡  / この記事 のURL
コメント (2)
わんわんとの触れ合い(7m15d) / 2005年10月28日(金)
息子の一ヶ月半後に生まれた双子ちゃんの家に遊びに行きました。
そこにはワンワンがいます。
もうおばあちゃんで、癌の手術を受けたり、椎間板ヘルニアを患ったりとなかなかの生き様なのですが、とてもお利口さんで決して吠えたりしません。

双子ちゃんのお姉ちゃん(3歳)がかなり手荒にベビーサークルに閉じ込めたり、無理やり立たせたり、寝ているところを襲撃したりしても怒りません。
(気の毒・・)

名前を呼ぶとこちらに来てくれます。
息子とも遊んでくれました。




息子:「あ!ママの股をにおっている・・」




息子:「あ・・ どっか行っちゃった・・」




息子:「帰ってきた・・    と思ったらまた股かよ!」




息子:「もうダメ!!母さんをはずかしめるな!!」

わんわん:「うーん、残念!」




息子:「でも僕はわんわんが大好きだ!!」




この後、最後の写真からも分かるようにわんわんの目玉を触ったり、背中の皮を引っ張ったりしてさすがのおとなしいわんわんも 一瞬「ウーーー・・・ッワ!」と言いました。
母さんは慌てて息子に「こ、こら!!」と怒りました。
息子は目玉に興味津々です。
母さんが寝転がっていても目玉に手を入れようとします。
危険

あー、でも 犬との生活って素敵だなー

 
Posted at 23:11 / [生活]in 福岡  / この記事 のURL
コメント (2)
P R





画像リストはこちら⇒

2005年 10月
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


めさ(管理人)
・B型
夫

・A型

ムスコ
ムスコ
AB型!!

メサに拍手?  メサにメール?

・・・more?
about this site?









https://yaplog.jp/kurotan0114/index1_0.rdf RSS feed meter for http://yaplog.jp/kurotan0114/

メサ de 母上内を検索する?

コメント・トラックバック歓迎!ママ・パパヤプニティ コメント・トラックバック歓迎!自作スキンヤプニティ


あまぐりちゅうた


| 前へ  
Global Media Online INC.