【但馬うみゃーもん祭り】信州黄金軍鶏の塩@NAKAGAWA わず

September 24 [Tue], 2019, 19:16
青二犀さんのラーメン一杯を頂くのに

1時間以上並ばれた麺友さんもいらっしゃいましたが、

生野のイベントといっても侮れません。



2杯目は青二犀さんの隣のブースにあった



NAKAGAWA わずさんのブースへ向かいました。

青二犀さんほどではありませんが、並んで待っている間に



行列がこちらも70人ほどになり、凄まじいことになっていました。

厨房の中では中川店主の姿はなく、

ゴリさんが麺場に立って次々と仕上げていました。



こちらのブースでは4人分ずつ仕上げていましたので

比較的早く頂くことができました。

並んでいる間にトッピングのPOPがおいしそうでしたので、



黒豚のチャーシューと蘭王の煮卵をお願いしてみました。

他にも柔甘ローストタマネギのトッピングもありましたが、

器に入りそうにないのであきらめることにしました。

最前列まで来てみると・・・・

青二犀さんと茹で麺器を共用していることが分かりました。

そして、ラーメンが出来上がり食事エリアへ移動です。

この時間になると、食事エリアに入り切れず、芝生の上や

自家用車で食べている人もいました。

食事ブースに移動して、信州黄金軍鶏の塩とご対面です。

信州黄金軍鶏の塩の登場です。



こちらのスープは熱々でしたので、

持ち歩くだけで指が熱くなり、

こぼさないようにするのに気を使いました。(;^_^A

トッピングには黒豚のチャーシューをお願いしましたが、



非常に巨大で、柔らかくおいしくいただくことができますが、



このチャーシューだけでお腹いっぱいになります。

更に通常トッピングの鶏むね肉と豚バラ肉もありましたが、



黒豚チャーシューの大きさがよくわかります。

煮卵は蘭王の煮卵を使用しており、



割ってみると、彩りが綺麗ですね。(*^。^*)



麺は多加水ストレート平打ち麺を使用されており、



どん兵衛の麺のような形状ですが、

自家製麺なのでしょう。モチモチとしていておいしく頂けました。

スープは信州黄金軍鶏と水で抽出した美味いスープに

まろやかな塩のカエシを併せてあり、

NAKAGAWA わずさんでよく見るアラレも浮かんでおり、

とても美味しくいただくことができました。

ハイセンスの清湯淡麗スープでとても美味しいです。

生野銀山まで来たかいがありました。

ビジュアル的にも素敵な一杯となっていました。

スルリといただいて完食です。

この日は早く到着したので、開会式が始まるまでの時間、



世界遺産の生野銀山を探訪してみました。



生野銀山の名前は知っていましたが、



訪問するのは初めてであり、



坑道のコ―スを歩いてみると・・・



涼しい坑道内を散策中に吹田の麺友さんとバッタリと遭遇♪



お互い、なかなか歴史散策など機会が少ないですが、

生野における歴史を学ぶことが出来てよかったと言ってました。

蝋燭の明かりだけで先人が鉱脈を探していたとは驚きですね。

坑内は13度と涼しく、ワインや日本酒が熟成させてあり、



頂いてみたかったですね(*^。^*)

黒帽子的評価:★★★★
【NAKAGAWA わず】
大阪市東淀川区菅原6-24-12
1:00〜15:00,
18:00〜22:00
不定休
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:黒帽子
読者になる
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
黒帽子
» 【Yaplog 黒帽子日記 終了ご挨拶】 (2019年11月04日)
それがし
» 【Yaplog 黒帽子日記 終了ご挨拶】 (2019年11月04日)
黒帽子
» 【Yaplog 黒帽子日記 終了ご挨拶】 (2019年10月31日)
コタツ
» 【Yaplog 黒帽子日記 終了ご挨拶】 (2019年10月30日)
黒帽子
» 【Yaplog 黒帽子日記 終了ご挨拶】 (2019年10月30日)
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf