【限定】秋刀魚と酢橘の醤油ラーメン@金彩(きんいろ)

September 22 [Sun], 2019, 19:14
高槻の夢風さんで比内地鶏のスープに変えた限定麺を提供されると聞き、

向おうと思っていると、・・・

金彩の松岡店長さんが秋刀魚とスダチのラーメンを提供されると聞き、

どちらにしようか迷った挙句、

24日からお店の営業を停止される金彩さんを訪問してみることにしました。

お店の前まで来てみると・・・



外待ちは無く、すんなりと店内へ入ることが出来ました。

空いている席に座ると、・・・

久しぶりにお会いする麺友さんが先に食べておられご挨拶。

注文はモチロン限定の秋刀魚ですが



暖かいのと冷やしがあるとのこと。

松岡店長にどちらがオススメか尋ねてみたところ

「どちらも美味しいです。」

ただ、香味油が違うので冷やしの方が秋刀魚感が強いとのこと。

迷わず、冷やしでお願いしてみました。

出来上がりを待つ間、麺友さんと近況報告等している間に

最初に出てきたのは別皿に盛り付けられた

具材が登場してきました。



続いて酢橘用の容器が登場し、



最後に秋刀魚と酢橘の醤油ラーメンの登場となりました。



ラーメンの表面には酢橘が盛り付けられており、



以前、遠征でいただいたレモンラーメンのようなビジュアルとなっていました。

肩ロースのレアチャーシューはピンク色に輝き



彩りのアクセントとなりつつも、

シットリとした肉質を楽しむことができます。

しかも折りたたんで盛り付けられているため

広げると、結構な大きさとなります。

鶏ムネ肉のレアチャーシューもシットリと柔らかく



優しい味付けとなっていました。



メンマはほんのりとした甘さが感じられ、

箸休めに丁度よい味付けとなっています。

麺はきんせいさんの特注小麦「夢の風」を使用した

中細ストレート麺を使用されており、

冷水で締められているため、

麺のコシの力強さを感じさせ、



のど越しよく頂くことが出来ます。

スープは旬の秋刀魚節で出汁を引いて、

金彩の清湯スープとあわせた

Wスープを使用されており、



香味油には秋刀魚オイルを使用して

秋刀魚感をアピールしています。



酢橘の酸味がスープに溶け込み、

暑い日でもスッキリと出来る柑橘系の爽やかさが広がり、

ベースの季節の秋刀魚のコクがしっかりと感じられます。



食べ進むにつれて酢橘の酸味が増してくる変化を楽しむことができ、

スッキリとした柑橘系の輪郭が浮かび上がてくる面白さがあります。



するすると頂いて完食です。

ごちそうさまでした。

金彩さんではこの3連休で日替わりの限定麺を提供されています。

9月22日(日)の限定麺
(2) 甘海老のビスク つけ麺
並980円 大盛1080円
限定15食程度
◎9月23日(月)の限定麺
☆「金彩」きんせいグループ直営営業最終日!
(3)海老塩ラーメン
並880円 大盛980円
限定15食程度

全ぶメニューが気になりますね(*^。^*)

黒帽子的評価:★★★★
大阪市北区本庄東2-1-23
06-6371-9210
11:00〜15:00
月休み(祝日の場合は翌日)
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:黒帽子
読者になる
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf