【突発限定】つきひ謹製 濃厚煮干蕎麦@ Junkstory

September 18 [Wed], 2019, 10:03
東京亀戸食堂街で大行列店となっている亀戸濃厚煮干蕎麦「つきひ」さんのスープを

Junkstoryに持ち込み、限定20食が夜営業で提供されると聞き、

仕事帰りに突撃してみました。

SNSでも今の関西では絶対に食べられない一杯

「超濃厚、ど煮干」と公表されていました。

お店の前まで来てみると・・・

店内満席で外待ち先客7名で並んでいました。



開店直後ということもあり、全員が限定を注文しても、ギリギリ間に合った印象です。

スタッフの女性がお店から出てきて注文を聞いていくと、

7人中6人がキラメキの塩を注文していました。

デフォの人気の強さを垣間見た瞬間でした。

順番が来て店内へ案内され、出来上がりを待ちます。

「つきひ」さんの濃厚煮干は機会があれば次回東京で頂こうと思っていた逸品です。



ひと月前には濃厚煮干スープの味見を

「つきひ」の長谷川店主にさせていただき、



かなり煮干しの強いスープであったことは確認していますが・・・

「はせっち」こと長谷川店主はインテックス大阪でのJunkstory井川店主とのコラボに



先週末来られていましたので、再会しようと会場まで足を運びましたが・・・・

2万5000人の来場者の熱気に心が折れて

退散してしまったため、再会できませんでした。(;^_^Aザンネン

その濃厚スープを井川店主が買い取り、

大阪のラーメンファンに紹介していただけるとは

ありがたい企画ですね(*^。^*)

暫く待ってから、つきひ謹製 濃厚煮干蕎麦の登場となりました。



具材はチャーシュー、刻みタマネギ、三つ葉、海苔が載っています。



チャーシューはロース肉のチャーシューと



鶏ムネ肉レアチャーシューを使用しており、



シットリ柔らかくおいしく頂くことができます。

麺はJunkstoryの自家製麺でしょうか、

コシの強い中細ストレート麺を使用されています。



その麺にねっとりとまとわりつくようなスープ粘度の高い

濃厚煮干スープは、つきひ本店で味見した時のスープ粘度があり、



ビター感そのまま使用されているのがよく分かりました。



それにしても、やや塩分濃度がつきひ本店で頂いた時よりも

かなり高めに感じました。(;’∀’)ショッペー



食べ終わったころに登場してきた井川店主に



カエシの量はどうなっているのか尋ねてみると・・・・

インテックスの時よりも少くしており、

塩分濃度の低くて甘いカエシを5t入れてあるそうです。

「はせっち」に確認してJunk流に塩分を微調整したとのことでした。

黒帽子「5tの甘いカエシ??」

井川店主「そうなんですよ、通常のカエシではしょっぱすぎるので甘いカエシです。」

といって、カエシを味見させていただいたところ・・・



確かにみたらし団子に使用するような甘いカエシでした。

スープの中ではカエシの甘さは全く感じられませんでしたが、

黒帽子「なんでこんなにしょっぱくなってしまったんでしょう?」

井川店主「長谷川さんが大阪でイベントするということでいつもより煮干しを多めに入れた結果、煮干しの塩分濃度

が高くなり過ぎたようです。」

黒帽子「なるほど!」

確かに、煮干しによっては塩分濃度が違うこともあり、

少なくても塩分濃度が高くなったり、

煮干量を多くすれば塩分濃度が上がることもありますね。(*^。^*)

マニア向けの濃厚な亀戸煮干しラーメンを

食べた他のお客さんはどう思ったのか気になるところです。

ごちそうさまでした。



黒帽子的評価:★★★☆
大阪市中央区高津1-2-11
06-6763-5427
[平日]
11:00〜14:30
18:00〜22:00(L.O. 21:30)
[土日祝]
11:00〜22:00(L.O. 21:30)
無休
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:黒帽子
読者になる
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf