【新店】@麻婆麺専門店 麻仁(MAJIN)

August 02 [Fri], 2019, 10:48
7月25日にオープンした麻婆麺 マジンさんを訪問してみました。

夜は地鶏と鶏だしおでん居酒屋鷹仁として営業している二毛作店です。

お店の近くまで来ると、こんな立て看板が街角に立っていました。



どうやら、この日訪問予定だった麻婆麺 マジンさんの立て看板のようです。

そのまま、直進してみると・・・



赤い建物の前に麻婆麺 マジンさんの幟が立っています。



お店に近づいてみると・・・



どこから見ても辛そうなお店です。(;^_^Aカライノダメ



新店であるなら、我慢して突撃あるのみです(´;ω;`)

店内に入り、空いている席に座り、

メニューを確認してみると・・・



咖喱麻婆麺が一番辛くないとのこと。。。



迷わずメニューの唐辛子の数が1本の

咖喱麻婆麺をお願いすることにしました。

メニューには唐辛子の絵が3本ある麻辣麻婆麺が一番辛いそうです(;^_^A



店内で、出来上がりを待っているだけで

香辛料の薫りが店内に広がり、汗がにじみ出てきます。

更にカウンターの上には味変アイテムが載っていますが、



使用することはありませんでした。(;^ω^)

カウンターの上には夏向きの日本酒の紹介POPが並んでいます。



夜は地鶏と鶏だしおでん居酒屋鷹仁として営業している二毛作店です。

そして咖喱麻婆麺の登場です。



どういうわけか、ライスとお漬物も付いてきました。(;^_^A

辛さを抑えてコク深くするためにチーズトッピングとしたところ



これが大正解!!!

当初心配したしょっぱい辛さは皆無で、

ピリ辛もアクセント的な印象で

スープを美味しく感じることができます。

具材は、豆腐、ネギ、ひき肉、卵黄などが入っています。



麻婆と合わさっているのはキーマカレーです。

麺は多加水中太麺を使用されており、



ツルモチタイプで程よくタレと絡んで美味しく頂くことができます。

卵黄が辛さを更にマスクしてくれているので

麺がなくなるまで美味しく頂くことが出来ました。

麺がなくなったところで、残った具材とスープをライスに載せます。



ライスが見えなくなるまでしっかりとスープをかけてみました。



キーマカレースープと白ご飯が合わさり、



とても美味しく頂くことが出来ました。(*^。^*)ウメー

スルスルとい頂いて完食完汁となりました。



ごちそうさまでした。

麻婆麺とキーマカレーを同時に頂けて、

お腹いっぱいです(^_-)-☆マンゾク

黒帽子的評価:★★★☆
大阪市西区北堀江1-15-8 山田ビル 1F
050-5596-8713
11:30〜14:00
不定休
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

rinarinbijiri 殿

最近の辛麺は、出汁感重視のお店が増ええ来て

こちらのお店も美味しく頂けました。(*^。^*)

旨味度外視の徹底的に辛いお店では、ほんと辛いです。(´;ω;`)

今、返事を書いていて、「辛い」(からい)と「辛い」(つらい)が

同じ漢字であることに気が付きました(笑)

by 黒帽子 August 03 [Sat], 2019, 23:31

黒帽子殿こんにちは??

辛いのが苦手な黒帽子殿は、なんかカワイイですね?
あまりの激辛は、辛さを通り越して苦くておいしくないです。
夏は、汗かいて食べるのも気持ちいいですね??

by rinarinbijiri August 02 [Fri], 2019, 12:30
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:黒帽子
読者になる
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
黒帽子
» 【夏季限定】冷やしつけ麺@らぁ麺きくはん (2019年08月28日)
rinarinbijiri
» 【夏季限定】冷やしつけ麺@らぁ麺きくはん (2019年08月27日)
黒帽子
» 追い鰹らーめん@なにわ麺次郎 (2019年08月27日)
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf