【限定】真夏の貝寒そば@フスマにかけろ 中崎壱丁 中崎商店會1-6-18号ラーメン

July 12 [Fri], 2019, 10:49
フスカケさんで立て続けに限定麺が登場しておりますが、

今回、恒例となる夏限定、「真夏の貝寒そば」が

7月10日から昼夜15食のみ提供で登場してきました。

梅雨明けはまだのようですが、

梅雨が明けると旨さが一層引き立つ限定麺です。

仕事帰りに立ち寄ってみました。(*^。^*)



早速、券売機に向かうと・・・



真夏の貝寒そばのPOPがでていました。



早速、食券を購入してから、店内はほぼ満席状態でしたが、



かろうじて座ることが出来ました。

出来上がりを待っていると、次々とお客さんが来店し、

外待ち状態となりました。

今回も訪問のタイミングが良かったようです。(*^。^*)ラッキ

厨房の麺場には実藤店主が一人で麺上げ盛り付けを行っています。



テーブルの上にはいつものようにジャスミン茶が置いてあります。

スッキリと爽やかなジャスミン茶は開店当初から続いている

フスカケさんのトレードマーク的な優れものです。

この日はらー太店長はお休みのようででした。

そして、真夏の貝寒そばの登場です。



具材はチャーシュー、プチトマト、ミョウガ、



ジュンサイ、白ネギ、三つ葉が載っています。

チャーシューは鶏もも肉のレアチャーシューと



鶏むね肉のチャーシューが載っておりサックリとした食感で



美味しく頂くことができます。

高級食材のジュンサイはツルリとした食感で、



夏場には最適なのど越しの良い具材です。



プチトマトは甘みと酸味が同居した冷やしラーメンによくあっています。

器の外に、スダチが載っており、



途中から絞ってみると、柑橘系の酸味が加わり、爽やかさが加わります。

麺は麵屋棣鄂(ていがく)製の中細ストレート麺を使用しており、



冷水で引き締められているため、中細麺でありながら、

シコシコとした食感が感じら得ます。

スープはよく冷えた貝と節系魚介をベースに香味油を加え



まろやかな醤油のカエシで仕上げた淡麗清湯スープとなっています。

カエシのカドは感じられず、滋味深い味わいとなっていて、



ほんのりとした甘みと酸味がスープをより一層美味くしていました。

夏場には是非、1度は食べておきたい冷やしそばです。

するすると頂いて完食完汁となりました。

ごちそうさまでした。

黒帽子的評価:★★★★☆
大阪市北区中崎1-6-18
06-6371-3456
11:30〜14:30(L.O.)
※土日祝のみ15:00(L.O)
18:45〜23:00(L.O.)
※金土のみ24:00(L.O.)
ほとんど無休
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:黒帽子
読者になる
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf