鶏生醤油@麺屋 あおやま

May 30 [Tue], 2017, 21:30
枚方市の樟葉に3月31日にオープン以来、

高い評価を得ている麺屋あおやまさんですが、

気になる新店再訪問シリーズで突撃してみました。

今回も東京から来られた一期一会氏との

同行ご案内となっております。(*^。^*)

早速、お店の前まで来てみると・・・



10人程の行列が出来ていました。

最後尾に並び、順番を待ちますが、

これから夏の日差しが強くなってくると、

南側の行列に並ぶのは日当たりが良すぎるため

大変になってくるかもしれません。(;^_^A

暫く並んでから、店内に案内され空いている席に座ります。



早速、メニューを確認して、今回は鶏生醤油をお願いしてみました。

初訪問では最初に書いてある鶏白湯を頂きましたが、

とても美味しく頂くことができました。

今回も期待感が高まります(*^。^*)〜♪

まぜそばまでメニューが拡大していると思っていたところ・・・

メニューの裏側には、裏メニューがさりげなく記載されていました。



但し、鶏白湯スープに溜まり醤油タレを合わせた裏メニューですが、・・・

一期一会氏「この裏メニューを黒帽子さんは食べる権利がありますね。」

言われてみれば、2度目の訪問ですので、権利は発生していましたが、

既に、鶏生醤油をお願いした後でしたので、

こちらの裏メニューは次回のお楽しみということになりました。(^_-)-☆

店内は満席状態が持続していましたが、

麺友さんが絶賛していたおにぎりは残っていました。



鶏出汁で炊いたおにぎりが目の前にあれば、

思わずお願いしてしまいますね(^^)/



鶏のコクと旨みが米粒に染みわたり、

ほおばると、鶏の旨味とタレのバランスが良く

とても美味しいおにぎりです。(*^。^*)モットタベタイ!

これだけでも十分、訪問した価値があるというものです(*^。^*)〜♪

そして、鶏生醤油の登場となりました。



スープの色合いが濃すぎることも無く、

旨さを期待させる色合いとなっています。

チャーシュー、つくね、笹切りネギ、メンマ、ネギ、柚子皮が載っています。



具材は鶏ムネ肉のチャーシューはシットリサッパリとした食感があり、



バラ肉のチャーシューは豚の旨味が染み出てくるタイプのチャーシューです。



つくねのトッピングも楽しむことができます。



麺は中細ストレート麺を使用されています。



ツルリとした麺肌の麺はスルスルと喉越し良くいただくことができます。

スープは但馬産の地鶏を使用された清湯スープとなっています。



カエシの生醤油はぶんまけん群馬県産の木桶仕込みキアゲ醤油と

島根県産の木桶仕込み生醤油等をブレンドして

麺屋あおやまさんで火入れを行った、

こだわりのカエシを使用されているそうです。

熟成させた醤油はまろやかなコクと旨みを鶏ガラスープとあわさり

鶏の旨味がジンワリと広がる、

クオリティの高いスープボディとなっています。

スープを頂いているときに、時折、

柚子の爽やかさが表れるのも嬉しい演出ですね。

カエシとスープの調和も素晴らしく、優しい旨みが広がる印象ですが、

そのスープの旨みを麺がもう少し持ち上げてくると、

更にスープの旨みを楽しむことができると思いました。

鶏白湯を頂いた時には、スープとドンピシャの相性の印象でしたが、

麺はもしかすると、鶏白湯スープと同じなのかもしれません。

クオリティの高い一杯をスルスルと頂いて完食となりました。

次回はくろそばか、裏メニューをいただいてみたいですね。(*^。^*)

ごちそうさまでした。

黒帽子的評価:★★★☆
大阪市枚方市南樟葉1−6−10 シャトー東1F
072‐851-6780
11:30〜売切れ終了
水・第3木休み
  • URL:https://yaplog.jp/kuroboushi/archive/2739
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒帽子
読者になる
2017年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf