【新店】中華そば@人生夢路 徳麺

November 28 [Sat], 2015, 8:00
11月16日に中央区谷町4丁目付近にオープンした人生夢路 徳麺さんを

とよつねさん情報にてようやく訪問することが出来ました。(#^.^#)



早速、お店に入り、入口右手にある券売機に向います。



財布から千円札を取りだしたつもりが、五千円札しかありません。

しまった、5千円札を崩してくればよかった((+_+))

後悔しかけた時、こちらの券売機は5000円札など、

高額紙幣OKの有難いタイプでした。(^^)/



基本通り、最上段左上にある中華そばのボタンを押します。

空いている席に座り、食券を店主さんに差し出します。

改めてメニューを確認しようとすると、

メニューが置いてありません((+_+))

今、メニューを作成中とのことでしたが、

オススメは中華そばということで、一安心です。(#^.^#)

カウンター席の目の前にはコンセントが設置されており、携帯充電も可能なお店です。



厨房の中では店主さんが一人で営業されていました。

お昼には3人で営業されているそうですが、

只今、夜のバイトさんを募集中とのことです。

お店の奥には、RICHMENの大和製作所製の製麺機が設置してあります。



事前情報では大和製作所のラーメン学校のご出身とか・・・・

同校出身の店主さんのお店は関西にも多くありますが、

いずれのお店も素晴らしいラーメンを提供されています。

これは期待できそうですねヽ(^。^)ノ

そして、中華そばの登場です。



器の形は旨さを引き出すタイプの形状を使用されています。

器の受け皿の上に載っており、

暑い器に触れずに持ち運ぶことが出来ます。(^^)/



材はチャーシュー、小口ネギ、白髪ネギ、穂先メンマ、

刻み昆布、煮玉子、海苔が載っています。



刻み昆布の載ったラーメンは「麺ゃ しき」さん以来ですね(#^.^#)

チャーシューは2種類用意されています。



鶏ムネ肉のチャーシューと豚バラ肉のチャーシューでしょうか、



食感の違いを楽しむことが出来ます。



穂先メンマは優しい味付けでほんのりと甘味も感じさせます。



煮玉子も良い塩梅でいただくことができます。

ビジュアル的にも具だくさんで様々な食材を楽しむことが出来ます。

昨今のインフレ気味のラーメン価格から考えれば、

これで700円の価格は、コスパが良いお店と言えるでしょうヽ(^。^)ノ

麺は自家製の中細ストレート麺を使用されています。



清湯スープの持ち上げも良く、スープとのバランスも良いですね(^^)/

スープは鶏ガラ魚介清湯醤油スープです。



鯖節などを使用されているようで、

節系魚貝の上品な旨さが引き立つスープです。

塩分濃度も高すぎることなく、

まろやかで、ほんのりとした甘味があり、

適度な酸味と合わさり、抜群のバランスでいただくことができます。

数々の新店訪問の中でも、新店らしからぬ旨いスープです。

スルスルと頂いて完食完汁となりました。

ご馳走様でした。



黒帽子的評価:★★★★

大阪市中央区徳井町2-2-14
06-6948-8484
11:30〜14:30
17:30〜22:30
日・水土夜休み
  • URL:https://yaplog.jp/kuroboushi/archive/1863
Trackback
Trackback URL:
訪問日:2015年12月17日(木)



今夜は、谷町四丁目駅近くに11月16日にオープンした新店の『人生夢路 徳麺』へ!

前回に大阪遠征したときに、大阪の麺友であり、なにわの新店ハンターでもある黒帽子さんが…
「今年オープンした醤油清湯スープのラーメンを出す新店ではNo.1」と絶賛していた店で!

さらに、黒帽子さんとともに「なにわの新店ハンターブラザース」と言われて...
ラーメン一期一会  December 28 [Mon], 2015, 14:38
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒帽子
読者になる
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf