【新店】蟹塩らーめん@麺屋 裕

May 04 [Sun], 2014, 20:33
気候が良くなり、GW突入となれば、

春の京都でも行ってみようと向かうことに・・・

たまには「らぁ祭」と関係ない、

自分が行ってみたいお店を巡ってみることにしました。

千本通を丸太町から北上していると・・・

こんなお店が目に飛び込んで来ました。



更に北上していくと・・・





ググってみると、京都では少ない本格的な北海道味噌ラーメンを提供されているお店らしい。

更に北上していくと目的のお店の近くまで来ているはずですが・・・

キョロキョロしていると、こんなお店も登場しました。



ラーメン一杯390円って・・・(汗)

そのお店を通り過ぎようとしたときに、

隣の路地に看板を発見!(-.☆)キラーン



3月18日にオープンした新店です。

危うく通り過ぎるところでした(^_^;)

既に八朔さんとよつねさんシナさんが訪問されています。

今年オープンした京都のお店の中では評判が良いようなので確認のために突撃です。

早速、店内へ入ると・・・

「せ、狭い・・・」((+_+))

狭小店舗のお店でした。

豊中の「小鉄」さんクラスのお店です。

L字カウンターで6席程・・・

厨房内に店主さんと女性スタッフ(奥様?)の2人で営業されていました。

早速、メニューを確認すると・・・



蟹塩そば(名物)が一番最初にありました。

デフォが名物とは嬉しいですね♪

早速、店主にお願いしてみました。

「あっさりスープに三段熟成蟹塩ダレを合わせた手打ちらー麺」と書かれています。

「三段熟成蟹塩ダレ」とは一体(・_・?)・・・(謎)

そして蟹塩そば(名物)の登場です。





具材はバラ肉のチャーシュー、白髪ネギ、メンマ、

糸唐辛子、ネギを使用されています。

具材の中で特に驚いたのが、若竹のメンマです。

かじってみると、フルーティな風味が横切って行きます。

他のお店では頂いたことのない、とても爽やかなメンマです。

そして、麺は小麦に拘った自家製手打ち中細麺のようです。



無カンスイ麺のような印象ですが、

ラーメンの麺としては柔らかすぎるように思えました。

同じ手打ち麺でも、新大阪の「手打ち麺 やす田」や

高槻の「八海山」のようなコシはあった方が好みです。

スープは不思議な味のする清湯スープです。



鶏ガラベースにまろやかな塩のカエシが合わさり、

後から蟹の風味が追いかけてきます。

時折、柚子の風味が横切っていくのが感じられ、楽しく頂くことが出来ます。

香味野菜と一緒にタカの爪も一緒に炊いているようなピリ辛感があります。

おかげで、スープを飲み干す頃には汗だくでした。

なかなか、美味しい一杯を頂くことができ、

訪問して良かったと思えるお店です。



他のメニューも頂いてみたいですね(#^.^#)

店内には「夢人」と姉妹店ですの張り紙もありました。



黒帽子的評価:★★★☆

京都市上京区北伊勢殿構町682
11:30〜14:30
18:00〜22:00
火休み
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:黒帽子
読者になる
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf