【新店】魚介鶏塩らーめん@KOTOHOGI 

2018年11月21日(水) 10時11分
伊丹に面白い新店が11月20日に登場するとマグマたいしさん情報にて

訪問してみました。



お店の前まで来てみると・・・



営業されていました。



事前情報では蔵野店主はリッツカールトンホテルで修行された後、

伊丹シティホテルの中華料理店でさらに研鑽され、

こちらの場所に中華料理店ではなく、ラーメン店をオープンされました。



ユニークなキャリアの店主さんです。

お店の中には祝い花がたくさん届いています。



早速、メニューを確認してみると・・・



・魚介鶏塩らーめん
・塩つけ麺
・四川ブウ和え麺

の3種類となっています。

一番最初に書いてある魚介鶏塩らーめんをおねがいしてみました。

店内は明るい照明となっており、厨房に面したカウンター席が6席あり、



4人がけのテーブル席が2卓、2人掛けのテーブル席は2卓あります。

テーブルの上には味変アイテムでしょうか?



自家製ラー油がおいてあります。

1品メニューとして国産鶏のから揚げやポテトフライもあり、



お酒の種類も豊富にありました。



伊丹のラーメンとアルコール好きな方が集まりやすいお店かもしれません。

暫く待ってから、魚介鶏塩らーめんの登場となりました。



具材はチャーシュー、白髪ネギ、青梗菜、糸唐辛子が載っています。



チャシューは厚めにカットされた鶏ムネ肉のチャーシューと



肩ロース肉のレアチャーシューが載っています。



更にヒネ鶏の肉も載っているようでした。



麺は鶴井製麺所製の多加水ストレート中細麺を使用されており、



ツルツルした麺肌があり、喉越し良く頂くことが出来ます

スープはじんわりとした滋味深い鶏ガラスープとなっています。



塩カドは感じられずまろやかなスープとなっていて



とても美味しく頂くことが出来ます。

スルスルと頂いて完食となりました。

スープバランスに優れた一杯といった印象です。

ご馳走様でした。



帰り際に女性スタッフさんから開店記念品の紅茶セットを頂きました。



お洒落な気遣いのお店ですね(*^。^*)

お店の裏手には駐車場が4台分(3、5、37、38)あるのも嬉しいですね。

黒帽子的評価:★★★★
兵庫県伊丹市昆陽6丁目129
071−714−4056
11:30〜14:00
18:00〜23:00
月曜休み

塩@いち井 

2018年11月20日(火) 11時11分
多くのご当地ラーメンを要する新潟県で食べログ1位に認定されているお店が

長岡にありました。その名も1位(いち井)さん!



冗談のような名前ですね(^_^;)

 美味いラーメンを提供されてるお店が多い土地柄

どんなラーメンを提供されているのか、興味津々で訪問してみました。

お店の前まで来てみると・・・



和風な建物となっています。

入口左手には屋根つきの外待ち席が用意されています。

雨や雪が降っても濡れないようになっているのは有り難いですね。(*^_^*)



店内に入り、入口右手にある券売機に向かい



デフォルトと思われる最上段左側にある塩を購入してみました。



ボタンには飛び魚の絵が描かれています。

飛魚出汁のスープの様ですね。。

空いている席に座り、女性スタッフに食券を手渡して出来上がりを待ちます。

店内は漆黒の柱と白い壁の和風建築そのものとなっています。



ランプが雰囲気を出しています。



しばらく待ってからやや四角い器に入った塩の登場となりました。



具材はキクラゲ、チャーシュー、穂先メンマ、揚げ桜海老

白髪ねぎ、ミズナ、クコの実が入っています。

キクラゲはカットされずにそのまま入っていました。



ずいぶん大胆なトッピングですが、コリコリとした食感を楽しむことが出来ます。

穂先メンマの盛り付けも広げて盛り付けるのではなく、

折りたたんで盛り付けるところも変わっていますね。



桜海老の風味がスープとあわさり、美味しさを増しています。

チャーシューはもも肉のレアチャーシューを使用されており、



サクッと噛み切ることが出来る柔らかいチャーシューです。

肩ロース肉のチャーシューもレアチャーシューに仕上げてあり、



スジがのこっていて噛み切りにくかったので、丸のみしました。(;^_^A

麺はウェーブのかかった多加水中細ストレート麺を使用されており、



ツルツルとした麺肌ののど越しの良い麺となっていました。

スープは白湯スープとなっており、様々な旨味が凝縮しているタイプのスープです。



飛魚出汁の鶏ガラ清湯スープを想像していましたが、

予想は見事に外されてしまいました。

カエシの沖縄産の塩がまろやかなため、食材の旨味が

しっかりと感じられるところが高い評価となっているようです。



飛魚出汁の飛魚は佐渡島産の焼飛魚を使用されているそうです。

最初、にがみが多少あるのかな?とおもいましたが、

旨味だけが前面に押し出してくるスープとなっていました。

しかし、ここは長岡!!

長岡らーめんで必須の生姜も入っていない様子・・・

帰り際に井口店主に「生姜は使用されてないんですね」と尋ねてみると

井口店主「当店では生姜は使用していません。長岡らーめんといえば駅前に本店がある青島食堂で提供されていますよ、さらに市内に支店も4件あります」

と、親切に教えていただくことが出来ました。



これは、いただいてみなくては!!

黒帽子的評価:★★★★
新潟県長岡市曙1-1-5.
0258-37-6521
11:30〜14:30
日第一月休み

角長しょうゆ「匠」@和 dining 清乃 

2018年11月19日(月) 20時52分
和歌山・有田市、紀勢本線・箕島駅より約1km程で、

有田川の長い橋を渡っていかなければ辿りつけないお店ですが、



駅からバスが出ているわけでもなく、

連日多くの人が歩いて訪問しているお店です。

車で来れば近くのパーラー(パチンコ屋さん)の駐車場を

無料で利用することが出来ます。

今月2度目の訪問となりました。



お店の前の行列の最後尾に並び、順番を待ちます。

こちらのお店ではオペレーションに優れており、

あまり待たされずに店内に入ることが出来ます。

そのため、外待ち時間も長くないので助かります。

店内に入り、女将さんに角長「匠」を告げて出来上がりを待っていると。。。。

素早いオペレーションで角長「匠」の登場となりました。



具材はチャーシュー、ネギ、紅芯大根、煮卵が載っています。

チャーシューは2種類乗っており、



鶏胸肉のしっとりとしたチャーシューは柔らかく、

とても美味しくいただくことが出来ます。

炭火焼の香ばしくジューシーなイベリコ豚チャーシューは



金沢の名店「神楽」の宮本店主直伝の絶品チャーシューとなっています。

ほんのりとした甘味も感じられ

とてもおいしくいただくことが出来ます。



細切りメンマはコリコリと食感が良く、優しい味付けとなっています。

煮卵がデフォで付いてくるのもうれしいですね。(*^_^*)



紅芯大根とともに、ビジュアル的なアクセントとなっています。

麺は手もみの自家製中太縮れ麺を使用しており



ビラビラとしたのど越しとモチモチとした食感が楽しく、

スープの持ち上げも良く頂くことが出来ます。

スープは和歌山「湯浅醤油」の高級醤油「匠」をカエシに使用しており、



醤油のキレと風味を楽しむことが出来る唯一無二の清湯スープとなっています。

鶏、豚、魚介をバランスよく合わせた

ベースのスープに良く合うカエシとなっていて



何度食べても美味い一杯ですね。

清乃さんを代表するメニューをスルスルと頂いて完食となりました。

多くのラーメンファンの舌をうならせた一杯を頂き

大満足でごちそうさまとなりました。

何度頂いても、旨いものは美味い!!

和歌山からの帰りに最近、人気となっているげんまんさんに立ち寄ってみました。

この日は予約なしで購入できましたが、予約しておく方が確実です。



黒帽子的評価:★★★★★
和歌山県有田市野696
0737-83-4447
11:00〜14:00
日月休み
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒帽子
読者になる
2018年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/kuroboushi/index1_0.rdf