テニプリグッズ

September 13 [Tue], 2005, 14:21
本日はアニメイトさんに行って来ましたよ
9月発売のテニプリグッズを沢山購入して来ました
ついでにBL本も買いました
23日にお金が沢山いるので、それほど購入しませんでしたけどね

昨夜から部長を求めてサイト巡りをしておりました
どちらの国光さんも素敵ですね
はやく23日が来て欲しいよ

本日は第三話を書きます
友よ、お待たせしてすまない
これから書きますので終了したらメールします
待っててちょ
 リョ塚SS(美人な恋人 3)

 ジリジリジリジリー、ピピピピピー、リンリンリンリンー。
 「あ〜、五月蝿い。五月蝿い。五月蝿い。わかったから起きるから〜」
 朝の静かな一時に、耳を塞ぎたくなるほどの目覚ましの音。
 寝起きの悪い俺でも流石に三台もあると起きる。
 おまけにこの素晴らしく音が大きい目覚ましは、愛しい恋人からのプレゼントだ。
 一発で起きれるからと、三台綺麗にベットヘッドに置かれた。
 おかげで遅刻することもなく朝練に行けるのだから、感謝するべきだな。
 「有難う、国光さん」
 「いや、礼にはおよばん」
 「えっ?ななななんでいるの」
 「もちろん朝一でリョーマの顔が見たかったからだ」
 「でも俺、まだパジャマのままだし。それに・・・・・・・・・・・・・だし」
 「うん?あ〜、何も恥ずかしがらなくてもいいぞ。男の生理現象なんだから」
 「気にするわ。いいから早く出て行って」
 「リョーマ、いいから座って。ほらほら」
 俺が顔を真っ赤にして叫んでいたら、いつの間にかベットに座らされていた。
 あっという間に、そうものの3分ほどで俺は国光さんに昇天させられ、ぐったりしていた。
 本当に国光さんのお口は巧いよね。
 男の沽券に拘るよ。
 負けるな、俺。頑張れ、俺。
 国光さんを見たら、満足そうにニッコリと微笑んでいた。
 朝一から非常につかれた俺だった。


はい、三話終了です。
いきなり裏に行きそうになった
やっぱ裏シーンは本にした時に書き足すことにしましょう
それでは次回まで、御機嫌よう
  • URL:https://yaplog.jp/kunimitu/archive/5
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:理子
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/kunimitu/index1_0.rdf