日本史教科書「沖縄戦」

September 30 [Sun], 2007, 16:40
2007年9月30日(日)雨 

昨日(9月29日)沖縄・宜野湾市・海浜公園で「沖縄戦で日本軍が住民に集団自決を強制したとの記述が教科書検定で削除されたことの検定意見の撤回を求める超党派の沖縄県民大会」が開催され、主催者側発表によると11万人が参加しました。
この大会で、沖縄県立読谷高3年の津嘉山拡大さんと照屋奈津美さんのメッセージは「・・・教科書から軍の関与を消さないでください。あの醜い戦争を美化しないでほしい。たとえ醜くても真実を知りたい、学びたい、そして伝えたい・・・」と力強かったです。
コレに対して政府の反応は鈍いですね。福田新総理も安倍前総理の歴史観と一つ穴なのかしら。
民主党の菅直人代表代行は「検定のやり直しを求めることが必要だ。歴史をねじまげるようなやり方はおかしいという国会決議を参院に提出することも視野に入れたい」との報道に、臨時国会で民主党さん頑張ってください。


1社の例ですが、現行教科書と書き換えられた教科書を紹介します。
山川出版の詳説日本史Bでは現在使われている教科書、来年4月から使われる教科書とも
沖縄戦を本文とは別に扱っています。

先ず、現行の教科書の沖縄戦(山川出版の詳説日本史B)についてコピーします。
2002年4月4日文部科学省検定済
2005年3月5日発行
沖縄戦
日本軍は、中学生・女学生をふくむ沖縄島民多数を動員して、上陸したアメリカ軍に激しく抵抗した。アメリカ軍は、海と空から大規模な砲撃・爆撃をおこない、火焔放射器による徹底した掃討作戦を展開したので、一般島民にも甚大な被害が生じた。日本軍将校と島民は本島の南端に追いつめられ、看護要員の女学生たち(「ひめゆり隊」など)の悲劇や、日本軍の島民に対する残虐行為・集団自決の強要などが生じた。沖縄戦の日本側死者は軍人9万人余りに対して、非戦闘員約10万人、地元出身の軍人をふくめると、やく60万人の沖縄県民のうち、5分の1に当たる12万人ほどが犠牲になったと見られる。



問題となっている来年4月から使われる教科書の沖縄戦(山川出版の詳説日本史B)をコピーします。
2006年3月20日文部科学省検定済
沖縄本島の中部に上陸したアメリカ軍は、付近の2つの飛行場を制圧し、島を南北に分断した。この間、日本軍は特攻機を投入した航空総攻撃をおこなったが、アメリカ艦隊を沖縄海域から撃退することは出来なかった。沖縄を守備していた日本軍は、アメリカを内陸に引き込んで反撃する持久戦態勢をとったため、住民を巻き込んでの激しい地上戦となり、敗残兵や避難民はしだいに島の南部に追いつめられていった。6月23日、組織的な戦闘は終了した。日本軍の戦死者は6万5000人に達し、一般県民も10万人以上が戦没した。沖縄県は1995年、沖縄戦で亡くなった全戦没者(アメリカ側も含む)の名を刻印した「平和の礎」を建設した。
  • URL:https://yaplog.jp/kraumjp/archive/840
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE