あっという間の長〜〜〜い旅

July 24 [Tue], 2012, 12:10
金曜日のライブで東北の海の話をした。
次の土曜日、その海に母を連れて出かけた。
東海村で、原子力未来館に入った。
先月は時間がなくて通過してたので、ぜひ入ってみたかったんだ。
原子力のことをしっかり勉強すると、複雑な思いになってきた。
私たちは原子力おかげで今の時代に生きている。
発電所ばかりやり玉にあげられているけど、たとえば車のタイヤ作るのも、放射線が使われているんだと。
人が一人当たり浴びる自然放射線の量が、一年間で平均24ミリシーベルトなんだそうだけど、胸のレントゲン一回で005、CTだと一回でなんと69だって。
それに東京ニューヨークの飛行機に乗るだけで02浴びるんだって。
勉強したことを書きだすと明日の朝になりそうだから、ここらへんでやめておこう。
笑先月会津若松に行ったときは、時間が足りなくて、小名浜から内陸に入ったのだけど、今回は四倉まで足を延ばした。
四倉には道の駅四倉港があるのだけど、震災で壊滅状態になっていた。
今は、仮テントながら営業を再開できたことを知り、そこを訪れてみたかったんだ。
まだまだ道路も整っていなかったけど、店舗も急ピッチで建設途中で、この8月4日に、本営業を再開できるようで、ホッとした。
でも、海に目をやったら、なんと船の山壊れた船がうずたかく積まれて、なんと船のがれきの山だった。
スパリゾートハワイアンズには夕方入った。
昔50年近く前に行った常磐ハワイアンセンターとは別ものだった。
一大テーマパークと変身していて、色々なイベントが盛りだくさんで、気持ちよく過ごせるアイディアが満載だった。
私たちはプールに入らなかったけど、それでも目いっぱい楽しめた。
温泉は、スパリゾートハワイアンズの中に二か所。
普通に洗い場がある大浴場と、江戸情話与一という、洗い場のない大露天風呂。
それに、ホテルハワイアンズに一つと、計三か所ある。
ホテルとスパリゾートは通路で戦国ロワイヤルつながっていて、スパリゾートに入るには入場券が必要なのだけど、部屋に備え付けのアロハシャツとムームーを来ていればフリーパスで通過できる。
なるほど。
考えたな。
男性がブルーのアロハで、女性は赤のムームーなのだけど、皆が同じもの着ているのってどうよって最初は抵抗があったのだけど、これが、不思議なんだ。
皆を見ていると、どうしても同じ服を着ているようには見えないんだ。
太った人、痩せた人、それから若い人、年とった人、と、その違いでこんなに千差万別に見えるのかなと思ったら、違った大柄な模様なので、その裁断によって柄が全部違うんだ。
だから、どれ一つとして同じ服がないんだ。
素晴らしいってこんなところで感動してしまった。
夕飯前に大浴場にまず入った。
そして7時からバイキングの夕食。
夕食が終わると、すぐビーチシアターに移動。
超満員の中、自由席にかろうじて席を確保できた。
8時半からグランドポリネシアンショー一時間のフラスとタヒチアンスとファイアーナイフスのショーだ。
その後すぐに江戸情話与一の露天風呂に行く。
9時50分から、なんと露天風呂に入りながら見る影芝居があるんだ。
都都逸のメロディーになんとも妖艶な舞いの影芝居に、これに日本酒のぬるかんでもあったら最高なのにねと思った。
あれよあれよという間に一日目が終わった。
二日目。
朝5時半に起きると、まずホテルハワイアンズの大浴場に行く。
ここは24時間営業なんだ。
7時からバイキングの朝食をとったあと、またまた、今度はスパリゾートハワイアンズの方の大浴場に。
いったい何度お風呂に入る気だ笑10時にチェックアウト。
この時アロハとムームーを着たままチェックアウトすると、返却用の袋をくれる。
そのままの服装で一日過ごし、最後にその袋に入れて返却すればいい。
これもいいアイディアだよね。
考えたな、オヌシ笑チェックアウトと同時にビーチシアターの有料予約席に移動。
このビーチシアターの有料予約席っていうのが使えるんだ。
夏休み期間の一番高い時期でSS席で1000円するんだけど、昼間だと、開店時間から午後5時まで、そこを休憩場所として使えるんだ。
そこに荷物を置いて、アロハタウンなどでショッピング。
11時半からは、ボリショイサーカスの空中ブランコ。
このアイディアにも驚いたんだけど、ビーチシアターからも、プール側からも、どこからでも見えるんだ。
だって天井高いところでやるんだもんね。
笑その後フラミュージアムで常磐炭鉱のことを勉強。
12時半になると、そこで斉藤和雄とエテネタヒチアンズのライブがあった。
スチールギターの音っていいねパイナップルの中身をくりぬいた器に入ったパイナップルジュースとから揚げを買いビーチシアターの席に戻ると、ほどなくフラガールポリネシアンレビューがはじまる。
先ほど常磐炭鉱のこと、フラガールの苦労のことを勉強したばかりなので、見る方も力が入った。
大変な苦労の末、このフラガールが誕生したんだよね。
映画で知ってはいたつもりだったけど、あらためて感動しながら見た。
終了後、再度江戸情話与一の露天風呂に行く。
汗をかいていたし、アロハから自分の服に着替えなくてはならないので、最後の、5回目の温泉だ。
一路所沢の母の家に向かう。
夏休み始まって最初の土日なのだけど、ここが常磐道のいいところ、ほとんど渋滞はなく、途中友部のサービスエリアで夕飯を食べ、3時間ほどで母の家に到着。
帰りの道すがら、何か文句をつけるところがあるとしたらどこと母と一緒に考えてみた。
バイキングのトウモロコシは冷凍だったね、あれは美味しくなかったな。
あとはあとは、何も思い浮かばないな。
笑館内いたるところにサービス精垂潟Gじ、従業員一同心づくしでお客様を迎えてくださっている心意気を感じ、震災からの復興も大変なことだったろうに、ほんとにほんとに楽しませてもらった。
私たちは、ただただ遊びに来てるばかりで、申し訳ないね。
と母が言った。
でも、ちょびっとでもお金を使って、復興支援旅行をしてきたと思えば、それでいいんじゃないとも、母が言った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kq712xnzrn
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/kq712xnzrn/index1_0.rdf