口臭が臭うのを予防する歯磨きの仕方

January 07 [Wed], 2015, 23:59
口臭が臭う原因の一つとして、口内環境の悪化があります。

日頃の歯磨きの仕方によっても、歯垢が残ったり、
歯茎が弱ったり、歯間に食べかすが残ったりで
口臭が発生してしまいます。

口内環境の悪化による嫌な口臭を防ぐためには
正しい磨き方を心がける必要があるので
ここではその方法を紹介したいと思います。

@食べてすぐの歯磨きは逆効果

→食べてすぐ歯磨きをしてしまうと食事後に唾液によって
口内環境を整えようとする働きが鈍くなってしまうので、
食事後はしばらくしてから歯磨きをするほうが口内環境には良いんです。


A歯磨き粉は付け過ぎない

→歯磨き粉による泡立ちが、あまりしっかりと磨けてなくても
磨いた気にしてしまう錯覚を起こしてしまいます。
適度に泡立つくらいの量にしておきましょう。


B適度な力加減のために持ち方は軽く鉛筆を持つような感じで

→あまり強くゴシゴシこすると歯茎が傷ついてしまい
健康な口内環境が崩れてしまいます。
軽くストロークを多く繰り返し磨くようなイメージで。


C歯磨き時間は最低10分

→本当にしっかりと歯垢を落としたり歯間の汚れを落とすには、
軽めの力で長時間磨くほうが良いです。
丁寧に時間をかけてしっかりと磨きましょう。


D歯の隙間に当たるように歯ブラシは歯に直角に立てる

→歯の隙間に残った汚れが歯垢になり、歯石へと変わり、
口臭のもとになります。
そうなると口の中には雑菌がたくさん繁殖してしまい、
クサイ口臭のもとになってしまいます。


E歯間ブラシを使用する

→歯ブラシでは取りきれない細い隙間の汚れや、食事が
歯に詰まってしまったものは歯間ブラシ(フロス)で取り除くべし!


Fそれでも気になる場合は『電動歯ブラシ』を使用する。

→手軽にしっかり磨ける電動歯ブラシを使うのは
とても良いことだと思います。


上記のような歯磨きの習慣を除々に慣れていってくださいね。
口臭が知らぬ間にマシになっていきますので。
  • URL:https://yaplog.jp/koushukirei/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。