嘘の嘘

February 27 [Mon], 2006, 23:01
優しくしないで。

好きだなんて言わないで。

愛なんて何も感じないくせに

愛しているという嘘をついて

傍にいて欲しくなるから。

縫い合わせ

February 27 [Mon], 2006, 1:28
いい女だったと

それくらいあたしだって思われたいわよ。

でもそれじゃダメなんだ。

酷い女だったと

それでなければ辻褄が合わない。


考えることをやめたくて

辻褄なんかを合わせるためだけに生きる人間の

価値を

君は詰っていい。


明日には別の毒を飲む。

未熟者

February 26 [Sun], 2006, 2:30
その口を閉じろ





言い聞かせる


自分


いつでも口は


災いのもと。

恋愛回想記中断のお知らせ

February 25 [Sat], 2006, 14:40
この恋愛回想記は

自分の中で整理をするため

恋して幸せだったこともちゃんと思い出すための

個人的プロジェクトです。



メインカテゴリが自分で若干うざくなってきたため

一時中断します。

また冷静にまとめられるようになってからひっそり再開したいと思います。

ブログ自体は続けます。

水溶性

February 24 [Fri], 2006, 22:17
そのときこっそり撮った彼の写真は

誰にも見せず、

今も手元にあるのです。






誰にも言わず、今があったのです。



一度でも口にすれば

言霊はらはら

空気に溶けて

薄まっていく

そういう方法もあったでしょうか。

お医者様。

February 22 [Wed], 2006, 18:46
被害者と加害者

という定義ならば

一度も被害者側に立てたことはないんじゃないか

残念ながら。



自業自得だということくらい分かっているのに

勝手に苦しみ悲しみ、その傷を他人にも付けようとする

性質の悪い病原菌のよう。


キレイなものを、汚したい。

崩さないまま、微笑みかけたい。

愛されるより、憎まれたい。



忘却

February 22 [Wed], 2006, 17:54
明日目覚めると

またひとつ細胞が死んでいる。


あんなに大事だった日々のことも

時間と脳が惜しみも無く殺していく。


この足を止めたい。

歩くのを辞めたい。

うずくまって叫びたい。





外面だけで人生を取り繕う。

果たしてそれはいつまでか。

憎悪以下

February 21 [Tue], 2006, 19:03
ケンカするほど仲が良い?

馬鹿なこと言うな。

好きでもないし、嫌いでもない。

ただちょっと苛々するだけ。



踏み込んだ気になるな。

あたしを愛することも

憎むことも

殺すこともできないくせに。



ただの役立たず。

傷なんかひとつも付きやしない。

落下

February 20 [Mon], 2006, 23:29
やっぱりやっぱり君が好き。






君を忘れようとした日々はなんだったのかな。

ああ、いつでも

あたしは無力。

恋という強力な引力

何度でも引きずられる

何度でも突き落とされる

這い上がれない蟻地獄みたいだ。

会いに行く

February 18 [Sat], 2006, 18:46
行かない方がいいとか、

そういう考えはまったくなかった。

会いたい。

あと必要なのは言い訳。

それが手に入って、あたしが会いに行かない訳がなかった。


転校した学校の、体育祭に遊びに行くという、今考えるとなかなか笑える大義名分で

あれほど焦がれたあの街に、あたしは再び降り立つ。



確かめたかった。

あなたは一体、あたしの人生の何だというの???
P R
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koururi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる