帰ってきた島巡りの旅 図書館〜マーマネの試練

December 12 [Tue], 2017, 18:31
図書館めぐりにて

一階の階段横にヌシール

そして、じめんタイプのポケモン攻略本に、一枚の写真を発見

少女とバンバロイド っていったら、ハプウちゃんしかいないと思うけど
古びた写真・・・ってことは、大分昔の・・・

写真は司書さんに預けました。

そして、二階でお久しぶりのアセロラちゃん

んーーーーー、アセロラちゃんの年齢がすごく気になる
さっきの古びた写真と同じように、ひょっとしたらハプウちゃんも・・・

今回のストーリーは、異世界を移りわたれそうだから色んな可能性が考えられてしまうね。
とりあえず、考察は後回しにしましょう
だって他にも考えなきゃいけないことがたくさんあるのだから。
たとえば、ライチ戦後にリーリエがほしぐもちゃんに言った台詞

そうなのよ、ほしぐもちゃんの正体は既に知ってるけど
前作では、ほしぐもちゃんと守り神達の関係が不明瞭なまま終わってたから

主従関係・・・ってことかしら

これは分かる。
ルナアーラを連れて日輪の祭壇に連れて行ったら、ほしぐもちゃんを入手したことがあったけど、多分これの事よね。
交わる って言葉に不埒な想像をしてしまった私を許して下さい

そして次のページ

おっと、ここでもまた気になるワードが。
「伝説のポケモン」?
ルナアーラでもソルガレオでもないのかな。
とすると、ネクロズマのことかしら。

謎をたっぷり背負ったまま、次の試練へ

・・・向かう前に、この図書館の周辺をちょっとだけ散策。
これだけ建物が並んでいれば、ヌシールも沢山潜んでるはず
ほら、こことか

シールもだけど、この建物も気になる。
かつてのジムと似てるような・・・


ほんとにジムだった
え?あ、奥の方で構えてる人がジムリーダーですかね?
戦った方がいいのかしら?

金とるのかよ
えー、じゃあいいよ。
今、必要以上にレベルあげてられないし。

あとは、染め物屋?の入り口にもヌシール一枚

これ、一軒一軒立ち寄ったらキリが無いので、もう次に進んでしまいましょう!!


さあ、天文台に到着

研究所の外装に一枚ヌシール発見

こちらでは、親友同士でなにやら秘密の会話

まあ、おおかた予想はついてるんだけどね。
ルナアーラ戦以降になればわかるでしょ。

フロントでは、研究員から問いかけられる

突然何を言い出すんだこの人は
一応これ、幼稚園児や小学生も遊ぶゲームですよね?
こんなん「パパぁ〜〜5等星の10倍の明るさって〜〜」とか質問を子どもに吹っかけられたら、パパ真っ青になっちゃうわ。

ちなみにこれ、正解は「2.5等星」です

わざとじゃなかったのね。そりゃそうか。

あと、入り口受付に一枚

そして、中に入って、廊下に一枚

そして、マーマネ部屋の後ろに一枚

ヌシールにばかり目がいって、マーマネの依頼を聞き逃してしまった
ああ、入り口に戻れって事ね。了解。

こんなん、ただデンヂムシを呼ぶだけで終わるわけが

探せってことですね、わかります。

バス停の目の前に、不自然な広場があるのは気づいてたけど
ああ成る程、この試練のために使われたのね。

2匹はお呼び出し完了

もう1匹ーーーーー
どこいったーーーーーー

このことをマーレインさんに報告。
ちなみにデンヂムシはデンイチからデンキューまで、ニックネームで呼んでいるそう。
なんか、デンジマンみたいな名前ばっかだな

めんどくせーな、「変なところ」に思い当たる場所がないわよ。
強いてあげれば、この世界全てが「変なところ」だわよ


志村ーうしろうしろーーーーーーー
マーレインさんが気づいてない後ろで、他のデンヂムシたちがデンナナを見つめている光景がとてもシュールすぎる

これで、なんのトラブルも無く平和に解決
さあやっと試練開始です。


わけのわからないゲームが始まったぞ

要するに、四方のボタンを押しながらデンヂムシを同一方向一列に並べるルールみたい。
理解するまでに時間がかかって、一問目から苦戦

当然ながら、一列二列並べただけではぬしポケモンは現れず

どんどん難しくなっていくゲームに頭を抱えながら、どうにか成功

これも、ちゃんとコツがあるんだと思うけど
何も分からずただ適当にボタンをいじりまくっていた私には面倒なゲームでした。
イライラしながらボタンをコチコチ押し続けてたわちくしょう

んで、ぬしポケモンお呼び出し装置に必要量の電気が流れて

どんどん不穏な流れに。

どうやら電流が強すぎて回線が不安定になった模様
爆発か?施設内が停電か?

莫大な電力を、あの小さいデンヂムシたちが喰らったら
瀕死どころかこっぱみじんになるんじゃないの?

デンヂムシがピンチの所を
トゲデマルが庇ってくれたキャートゲデマルサーン

トゲデマルの特性『ひらいしん』で電気を引き寄せてくれるけど
でも長く受け続けるとトゲデマルの体も危ない、

回線は不安定であっても装置はちゃんと動いていたようで
ぬしポケモン登場


一気に電気を吸収して装置を止めてくれた
キャーカッコイー

んで、バトル開始

なんかすっごく敵意を向けられてる気がするんですけど。
機械作ったのは私じゃないからね?!マーマネ達だからね!?

ビックサイズのぬしポケモンは炎タイプに弱いから難なく・・・なわけにもいかず
頻繁に飛び跳ね技とニードルガードを使ってくるので、なかなか攻撃が当たらず
ダメージはさほど受けなかったけど、倒すのに時間がかかりました。

マーマネ戦のあとは再びマリエ庭園へ。

お久しぶりのグズマ登場

ハウがグズマに声をかける
っていうかハウ、いつの間に後ろに立ってたのよ

ああそっか、
二人は同じメレメレ島出身で
ハラと深い関わりのある者同士だものな。

そんなハウに対しても辛辣な言葉を吐き捨てて、グズマ退散

あんなやつ気にせず、さっさと次へ行こう!
・・・・と思っても、ハウはどことなく暗い表情。あら、珍しい。

「島を巡ったところで何の意味も無い。得る物なんて一つもない。」
よほど、グズマからの言葉がグサリときたご様子。

それを察した博士から一言

んもう博士、フォローが上手いんだから

では、次の試練へ向かいましょう。
リーリエはアセロラちゃんと一緒に行動するらしい

うんうん、キャプテンが一緒なら安心だね。
アセロラちゃん気をつけて
リーリエ、ポケモンでもスカル団でもなんでも引き寄せちゃうから。ほんと。マジで。

みんながマリエ庭園を後にする中、一人ポツンと突っ立ってるハウ


引きずってますねー
悩んでますねー

ただのバトル大好き能天気君かと思ってたけど
今後はハウも島巡りを通じて葛藤して成長していくんだろうね
  • URL:https://yaplog.jp/kouren_no_tuki/archive/2288
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:玉兎
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:12月18日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
ものづくり奮闘中
(ゲーム放置気味)
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31