最後に予想外の出来事 Vol.2

March 30 [Sun], 2008, 22:50
さて、この記事から読まれる人はネタバレになるので、まず前回の記事vol.1(こちらをクリック)から必ず読んで下さいm(_ _)m



そして、今回は少しいつも以上に長い文章になると思うのですみません><










ということで、空港でお寿司を食べて再びフライト状況を確認しに搭乗手続きカウンターに向かって掲示板を確認すると・・・・・・・




最後に予定外の出来事 Vol.1

March 29 [Sat], 2008, 23:29
最終日は昼から少し天気が悪くなるということはわかっていたので、電車の中から雪が降ってる景色もたのしめるかなぁなんて気軽な気持ちでスーパーおおぞらに乗ってたのです。

やっぱり見えない疲れはたまってたらしく、特急に乗ってすぐくらいに爆睡

帯広駅を出発するころにはすでに雪が舞い始めてたんですが、乗ってから約1時間後のトマム駅で停車中にふと目が覚めたら。。。

かなり吹雪いててホームにも雪が積もり始めてました

反対方面行きの列車が少し遅れてるとのことで、その列車の到着を待って定刻より少し遅れてトマム駅を出発。

そこからまた約1時間後の16時58分、予定より10分遅れで南千歳駅到着。

帯広駅からだと2時間で南千歳駅に到着したのですが、帯広駅で列車を待ってるときの写真がこちら。




雪はあるけど、ちゃんとホームも点字ブロックも見えてるし、線路もはっきりとわかりますよね。

で、2時間後到着した時の南千歳駅はというと・・・・・


旅の終焉

March 25 [Tue], 2008, 19:29
短い時間でしたが、帯広競馬場でばんえい競馬を楽しんで、ようやく今回の北海道旅行も終わり。

後は帰りの飛行機に乗るために千歳空港へ向かうだけ

14時過ぎに帯広競馬場を出発し、バスで帯広駅に着いたのが14時20分頃

電車の出発が14時53分で少し時間に余裕があったので、駅と直結で併設されてるショッピングセンター「エスタ帯広」でとかち物産展てのをやってたのでそこでちょろっとお土産とか見て時間を潰すことにw




いくつかお土産を買ったのですが、自分に対して買ったのが『十勝ラーメン

しお味バター風味ということで美味しそうだったので買っちゃいました^^

めっちゃ特別美味しいってほどでもなかったですが、カップラーメンとしてはなかなか上出来でしたよ。

塩もバターもしっかり風味があって、面もノンフライ麺でモチモチしてて食べ応えありました。


そして、ちょっと美味しそうなものを発見してしまったのでその場で食べたのが。。。。。


迫力のばんえい競馬

March 20 [Thu], 2008, 13:48
さあさあ、帯広へきた一番の目的それは・・・・・




帯広競馬場

帯広競馬場は一昨年の夏緯度来たことはあるのですが、レースはやってなかったのでここでレースを実際に見るのは初めて。

競馬場内に入る前にまずは予想紙を購入w

JRAのレースでもある「競馬ブック」とおそらく地元でしかないばんえい専門であろう「金太郎」ってのがあったのですが、僕は迷わず後者の「金太郎」を購入( ̄∀ ̄*)☆

すると、なぜか無料で入場できる券を一緒にくれて、入場無料で入ることができてラッキー

臨戦態勢を整えて、いざ出陣


ばんえい競馬とは、JRAとかでやってるサラブレッドの競馬ではなく、体重約1トンもあるばんえい馬が重い鉄ソリを引っ張って競走する競馬。

以前このブログでも1度紹介したことがありますが、その時はこのばんえい競馬がなくなるかもしれないというネタで紹介させてもらいました。

廃止の経緯や詳しくは以前の記事(こちら)をみてもらうとして、4つあったばんえい競馬場のうち岩見沢・北見・旭川の3つの競馬場が昨年度(2006年度)で廃止。

帯広競馬場だけがソフトバンクの支援を受ける形で『ばんえい十勝』として今年度(2007年4月より)再出発しました。

夏には岩見沢や旭川で見たことはあるのですが、やはりばんえい競馬は馬の息遣いがよくわかる冬に見るのが一番!

ということで、今回あまり時間無かったのですが、冬のばんえい競馬を体験してきました\(^O^)/

レースは、全長200mの直線に前半後半2つの障害があって、それを越えてゴールを目指すというもの。



これがスタート直後の第一障害を越えてる写真。

騎手は馬には乗らず、後ろに引いてる鉄ソリの上に乗ってそこから馬を操ります


ローカル線の旅

March 18 [Tue], 2008, 20:49


本場北海道の銀世界を富良野線に揺られながら堪能し、旭川を出発して1時間10分後の8時54分富良野に到着。

ここで、2両だった列車も切り離され帯広までは1両編成

この列車の切り離しと滝川方面からの列車との連絡で、富良野駅で約20分停車。




ということで、ずっと座ってたし運動も兼ねてちょろっとだけ駅を出たりして散歩w

フラフラと駅を見回って、5分くらい前に列車へと戻りました。




改札からホームへ渡る歩道橋の上から撮った、僕らが乗ってきた列車です。

切り離した後で、手前の車両がこれから帯広まで乗っていく車両。

そして、9時15分に富良野を出発し帯広へまたまたローカル線の旅

ここからは富良野と新得の間にある勝狩山を越えていくので、列車も一応名前が快速勝狩

1両

編成の快速です^^;

富良野までの広々とした景色とは打って変わって山あいの狭いところやトンネルを抜けていき、富良野出発から約2時間後、旭川出発からは約3時間半後の11時28分


最終日の朝

March 16 [Sun], 2008, 20:00
ついに最終日、2月23日(土)の朝。

この日も6時に起床し、ホテルを7時前にはチェックアウト。

実は旭川は泊まる為だけにきた中継点で、目的地は他にあったんですよ。

で、その目的地へ向かうための列車に乗るために、こんな早い時間に起きて出発。

昨晩降っていた雪も朝にはやんでて曇り空




これはホテルから駅まで向かう道路の写真。

歩道の脇には無数の雪だるまが作って置いてあって、雪国にらしい光景でした

でも、この写真見て何かおかしく思いませんか・・・・?





そうです、昨晩ずっと雪ふってたのに歩道に雪がまったくないでしょ?

点字ブロックもはっきり見えてて凍結もしてなくて、僕らがいつも歩いてる歩道と変わりなし。

これは、ロードヒーティングというものの効果なんです。

ロードヒーティングとは、舗装された道路とか歩道なんかの下に熱電線とかお湯を循環させてるパイプ等を通して、舗装の下から加熱することによって雪を溶かし凍結などを防止するシステムのことです。

元々はトンネルの出口とか橋とかの凍結しやすい場所に使われてたのが最初で、最近はこうやって人通りが多い歩道にも使って歩きやすくしてるようです。

道路を触ってみると温かかったですよ

札幌の駅前通りにも使われてたし、大きな都市の駅前通りとかには使われだしてるようです。

ただ、車道には使われてなくて・・・




車道はこんな状況 ( ̄□ ̄;)!!

雪も積もってガリガリさんに凍結もしてて、交差点とかで信号を渡る時は慎重に渡らないとかなり危ない状態でした

この2枚の写真のギャップをみても、ロードヒーティングの効果がわかりますよね^^

交差点は危なかったけど、かなりスムーズに駅までたどり着くことが出来ました



さて、今回の北海道の旅最終日の目的地はと言いますと。。。。。



さよなら銀河

March 15 [Sat], 2008, 23:59
北海道旅行の話の途中ですが、ちょいと違う話題をm(_ _)m


今日2008年3月15日(土)は、JRのダイヤ改正の日でした。

そして、改正前日の3月14日で役目を終える列車がいくつかあり、中でも

東京〜大阪間を夜行で走る寝台急行銀河と、

京都〜長崎、熊本間を走る寝台特急なはあかつき

のふたつの有名な寝台列車が廃止となりました。

どちらも長年親しまれてきたブルートレインで、テレビでもけっこう報道されてたので知ってる方も多いかとは思います。

で、14日最後といっても夜行列車なので目的地に到着するのは本日15日朝。

めっちゃ鉄道ファンってわけでもないのですが、やっぱり車の前は列車でよく旅行に出かけてたこともあり、ブルートレインが無くなっていくのは寂しい限りです


本来なら土曜日なので仕事休みなのですが、たまたま今日はちょっと大阪駅の方へ仕事で行く用事があったので、ちょっと早めに起きて最後の銀河の雄姿を見に行ってきましたw




所要時間と価格低下ばかりが重視されてきたので新幹線や飛行機、夜行バスの競争激化によって夜行でゆっくりと旅できるブルートレインが近年どんどん姿を消しています。

銀河も東京〜大阪を約8時間で1万6千円ほどと、価格所要時間ともに競争に負けてしまい、この列車を最後に姿を消しました。



確かに時間短縮価格低下も大切ですが、それとともにゆっくり旅できる手段も毎日じゃなくていいので残しておいてほしいと思うのは僕だけではないはずです。

ちょっと前に紹介した三木鉄道も3月一杯でなくなるし、昭和の時代を駆け巡ってきた味のある列車がどんどん無くなっていきます

大阪駅に到着する時間がほぼ同じ時刻だったので、今回は残念ながらなはあかつきの方は撮れなかったのですが、ホームはものすごい人でごったがえしてましたよ^^;

その中にもまれながら僕もちゃっかり撮影し、銀河の車両内にもちょいとだけ足を踏み入れさせてもらいました(’-’*)エヘ♪



本日、

寝台急行銀河は59年

寝台特急あかつきは42年

寝台特急なはは39年


の役目を終えました(/_;)/~~


さようなら。。。

幻の魚

March 13 [Thu], 2008, 22:08
僕が北海道で1度は食べてみたかったもの、それは・・・・・





サーモン! ではなく、『 鮭児(けいじ) 』です

鮭児は、知床沖で秋に取れる鮭の中で普通の鮭よりも若くて小ぶりな鮭のことです。

1万匹に1匹とれるかどうかの魚で、幻の魚といわれています。

若くて小ぶりなので、旨味が凝縮されてて脂も乗ってて、鮭の大トロといわれてるぐらいの鮭なのですw

なにせ貴重なのでその日に食べれるかどうかもわからないくらいなのですが、行く前に店に連絡して鮭児があることを確かめてから予約したので、今回食べることができました\(^O^)/

最近よくお寿司屋さんで鮭ハラスとかキングサーモンとか見かけて食べますが、それとはまた違うもっと繊細でキメ細やかな身。

大トロといわれるのがわかるくらい脂がのってるけど身がしっかりしてるので最初は歯ごたえも楽しめて、その後すぐにとろける感じ(^〜^)♪

これを食べれただけでも、今回北海道に来て良かったなぁって感動してました

幻の魚をこんなぶ厚く切った刺身でいただけるなんてめっちゃ幸せ




さらに鮭児のにぎりまで ( ̄□ ̄;)!!

ここまで来たら値段のことなんて考えてたら食べれません^^;

とりあえず鮭児を堪能することだけ考えて食べました

お寿司は右から、鮭児〆サバ生うに

ウニもめっちゃ甘くて美味しかったし、〆サバも甘味があって独特の臭みも無くて美味しかったです


そしてここまで魚中心で紹介してきましたが、もうひとつ紹介しておきたいメニューがこちらw



旅の疲れは、

March 11 [Tue], 2008, 21:48
ラッキーピエロのホタテバーガーをお土産に函館から次の目的地へ。

そのまま札幌まで戻っても面白くないので、もう一ヶ所ほど立ち寄る場所があればと思って旅行前に探してたのですが、ちょうどいい場所が見つけたのでそちらに予定通り行くことにしました




はい!これまでの疲れを癒すためにも、やっぱりここは温泉でしょう\(^O^)/

一番最初は北海道の代表的な温泉地でもある登別温泉に行こうと計画してたんですが、登別温泉で日帰り入浴できるところが少なかったのと、電車の時間が合わなくて後々せわしなくなりそうだったので登別は諦め、もう少し函館に近い洞爺湖温泉へ行ってきました

函館から特急で約1時間半で洞爺駅、駅からタクシーで約10分。

洞爺湖の南側に広がる洞爺湖温泉郷。

その中で今回入ったのが写真の 『 洞爺湖畔亭 』

旅館の最上階9階にお風呂があって、そこから洞爺湖を見下ろしながら、そして周りの景色を楽しみながら入れる温泉。
晴れてたら羊蹄山も見ることが出来ます。

残念ながら僕らが行った時は曇ってて遠くの景色は全然見えずに楽しめなかったのですが、洞爺湖や周りの雪景色は楽しむことができました

曇り空に静かな雪景色って状況はふだんなら少し物寂しい感じがしますが、温泉に入りながら洞爺湖を眺めていると何故か心がス〜っと楽になって、旅の疲れも普段の都会の雑踏でもまれて荒んだ心も綺麗になっていきます



久々に入浴後ろ姿登場♪(///∇//)

ちょ〜レア画像です^^

その後の電車の時間もあって時間的にはあんまりゆっくり入ることができなかったのですが、疲れは癒すこはが出来ましたw

今度はもっと時間に余裕もって、もっとゆっくり入りに来ようと思います

身体もしっかり温まったところで洞爺湖温泉を後にして、タクシーで再び洞爺駅へ。

今度hあそのまま札幌に向かうことにしたのですが、洞爺駅に泊まる特急がこの時間帯なかったので、とりあえず普通電車で先に進んで次の特急停車駅から特急に乗ることにしました。



函館限定

March 07 [Fri], 2008, 22:32
自由市場で腹ごしらえをして、後々の計画のこともあったのでここからは次の目的地までタクシーに乗って移動しました。

函館は以前に何回か行ったことはあって、観光もある程度してるのですが、ここだけは行ったことなかったので今回是非目的を達成したかったんです。

その目的地とは、『 五稜郭 』




五稜郭のすぐそばに高さ107mの五稜郭タワーってのが建っていて、それに登って五稜郭の全貌を眺めることが出来ます。

写真ではわかりづらいですが、しっかりと星型を確認しましたw

でか過ぎてカメラに全貌をおさめることができなかったんですよねぇ




ということで模型で我慢してください^^;

冬は寒いので周りの堀も凍ってて、昨晩からの雪で真っ白になってました。

五稜郭だけではなく函館市の街並みも一望できるので、すごくよかったですよ^^

五稜郭に馴染み深い土方歳三に関する年表や銅像なんかもあって、歴sに興味ある人も楽しめるはずです

タワーに登るのに840円は少し高い気もしますが、一度は行ってみる価値ありです。


そしてそして、この五稜郭タワーにあったカフェで買って食べたものがこちら!!




お待たせしましたぁ(特にまめにゃん)\(^O^)/

私の旅につきものといえばデザートのソフトクリーム

ということで、今回も例にもれずこのタイミングになりましたがいただきました

写真のは、スペシャルミルク&夕張メロンのミックス

函館の大沼山川牧場という牧場で生産された牛乳をふんだんに使った濃厚なミルクと夕張メロン味のミックスで、ミルクは濃厚なのに甘さ控えめでサラっとした舌ざわり、夕張メロンは少し甘めでしっかりとした感じ。

その二つが合わさって絶妙な融合をはたしてました

それぞれで食べてもよし、混ざって食べてもよし。

寒い地方で食べる冷たい食べ物はけっこう美味しいんですよ。スキー場とかでもアイスとか食べたくなるときありますしね^^

五稜郭をバックに写してみました (o ̄▽ ̄)o

さて、ここ五稜郭に来たらもう一ヶ所是非五稜郭とひとくくりで行ってもらいたいところがあります。

そこは、五稜郭タワーの入り口のところの信号を渡ったところにあるのですが。。。。。



こうこく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:公園の猫
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-フラフラ気ままに^^;
    ・グルメ-ラーメンや旅先での美味しいものw
    ・クッキング-奥さんの足を引っ張る下手な料理><
読者になる
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像公園の猫
» 2011年一人旅 総括 (2012年03月11日)
アイコン画像まめりえ
» 2011年一人旅 総括 (2012年03月10日)
アイコン画像公園の猫
» 2011年一人旅 3日目 蝦夷の文化 (2012年01月26日)
アイコン画像めぐ
» 2011年一人旅 3日目 蝦夷の文化 (2012年01月16日)
アイコン画像公園の猫
» 2011年一人旅 2日目 神恵内〜長万部 (2011年11月25日)
アイコン画像ぽりん
» 2011年一人旅 2日目 神恵内〜長万部 (2011年11月23日)
アイコン画像公園の猫
» 6周年 (2011年11月19日)
アイコン画像めぐ
» 6周年 (2011年11月19日)
https://yaplog.jp/kouendesu/index1_0.rdf

-天気予報コム- -FC2-

gogo.gs