2011年GW日帰りの旅

May 15 [Sun], 2011, 12:31
GWが過ぎて一週間経ち、ようやくGW後の脱力感も抜けてきた感じでしょうか^^

僕はいつも暦どおりなので、今年は「3連休1日出勤3連休1日出勤2連休」というかなりかったるい飛び石連休となりましたが、みなさんは有意義に過ごせましたか?

飛び石の上、なんやかんやと用事もあったので長期で旅に出るとかはできませんでしたが、1日だけフリーな日があったので、友達と予定合わせて少し遠出してきました\(^O^)/

しかも、今回は友達の車で行ったので、運転もメインは友達がするということでかなり楽させてもらう旅となりました( ̄∀ ̄*)☆

行き先はと言いますと、前からちょっと行きたいお店があったので、とりあえず岐阜県に向かい、そこからは気のむくままにw


2011年5月1日(日)、この日は朝から1日雨の予想だったのですが、雨は降っていなく曇りのまま8時頃お迎えが来て出発

お金をおろすためにコンビニに寄って飲み物とかも調達し、実際に出発したのは8:30

高速のETC休日割引千円を活用するのと、京都付近の名神や京滋の渋滞を避けるために、八日市までは下道で行くことにして、八日市からは大都市近郊区間じゃなくなるので、どこまで行っても千円なんです

第二京阪の下道→R307で八日市まで、八日市ICから名神高速に乗って→小牧JCTから中央道で恵那IC、降りてからちょろっと迷いつつ下道を進んで行ったところにお店があって、ちょうどお昼時の12時前に到着。

ほとんど渋滞にもつかまらず、GW中に下道と高速含めて3時間半で到着できたのはかなり優秀かと思います

で、僕らが行ったお店がこちら。



『 十 九 上(とくじょう) 』

岐阜県中津川市にあるお店『十九上』さん、おそば屋さんなんです^^

少し変わった名前のお店ですが、名前の由来は、この辺りに国道19号線が通っていて、その国道から坂を登って行ったところにあることから、19号線の上にあるお店ということで、十九上と名付けたそうです。。。φ(..)メモメモ

さて、お店に入ってお目当ての蕎麦を註文。 まず最初に食べたのが。。。。




5月22日(木) 最後は福井で

July 22 [Tue], 2008, 19:02
ちょいと更新が遅れてしまいましたm(_ _)m

実は昨日まで先週の金曜日から4連休でしていつものごとく旅立ってて、旅立つ前に更新できなかったので中途半端なところで滞ってしまってすみません

4連休の話は次回からするとして、5月の立山の話の締めくくりをしますね^^;

室堂を後にする前に雷鳥に遭遇し、良い気分になって立山を後にすることが出来たのでめっちゃ満足

14時半に室堂を出発し、美女平に15時20分着。美女平を15時半に出発し、15時37分にようやく立山に戻ってまいりました。

朝7時に立山を出発してるので、ほぼ1日満喫したことになりますw

今度は、黒部ダムの放水や室堂のみくりが池が綺麗な夏に絶対来ようと心に誓いつつ、家路に着いたのでありました

立山から富山市内まで戻って、R359石川県金沢市まで。金沢市でR8に合流するのでR8福井県敦賀市まで。

で、途中福井市で19時半ごろになったので晩ご飯を食べることに。

何にも調べていってなかったので、以前に行ったことのある店を探して行ってきました^^




『 若生軒(わこうけん) 』のソースカツ丼

福井市の有名なもののひとつにソースカツ丼があって食べれる店もけっこうあるのですが、ほんまの急きょやったので今回は以前と同じ店に^^;

でも、このお店はめっちゃ美味しいので、何回行ってもいいから良かったです

写真からもわかるように、かなりのボリューム

特製のソースダレに漬け込んである大きなカツがたっぷりと乗っていて、昼は室堂で蕎麦を食べただけやったし、この後の運転の体力を補強するのにもちょうど良かったです

福井でしっかりと体力をつけて、再び運転。

R8で敦賀市まで行って、そこからはR161湖西道路京都まで。京都からは京都外環〜R1で自宅。

家に到着したのがちょうど午前0時。

立山で出発が16時やったので、福井での休憩も含めて下道だけで8時間。

これでようやく高山立山の旅終了ですm(_ _)m

いつもいつも更新が長くなり、それにお付き合いいただきありがとうございます。

ちなみに、今回はそんなに距離は走ってなくて、964キロ

だから給油も高山で1回と帰ってから1回の2回だけでした。

これくらいの距離でこれだけ楽しめたら十分満足

いい旅になったのでよかったです


さてさて、次回からは昨日までの4連休の旅の話。

6月は旅にでてなかったし、ちょうどいいタイミングでの旅立ちとなりました^^

前回の旅先から更新した道の駅よこはま

さて、どこなんでしょうねぇ。。。

eriさんが「すんごいところ」ってコメント下さってましたが、気になりますねぇ^^;

では、お楽しみに(*'-^)-☆♪

5月22日(木) 地獄

July 14 [Mon], 2008, 23:51
日本には三大霊地と言うのがありまして、去年のGWの旅行で紹介した秋田県の川原毛地獄、いたこで有名な青森県の恐山、そして今回行った富山県の立山

あまり詳しい理由は知りませんが、この3ヶ所が日本三大霊地といわれています。

立山だけ名前からはあまり霊地って感じはしないのですが、霊地にはつきものの地獄はちゃんとあります。




こちらが、室堂のみくりが池あたりにある立山の地獄谷

谷の真ん中に地獄谷温泉という温泉が湧き出ていて、付近は有毒ガスも一緒に出てきています。

ということで、今回の旅の紹介をする前『いいちょ10年』の後半に載せた毒々しい看板の写真は、地獄谷付近に設置されていた看板でした^^

で、温泉が湧いているということは、川原毛地獄でもそうでしたが近くに入れる温泉もあるってことです




前置きが長くなりましたが、僕が室堂でもう1ヶ所行きたかった場所、それはみくりが池温泉でした

地獄谷付近にはいくつか温泉宿があるのですが、室堂駅から一番近いのと、日本一高い場所にある温泉(標高2410m)というのが気に入ってみくりが池温泉に行きたいと思ったのです^^

地獄谷温泉から直接原泉をひいてある100%原泉かけ流しの温泉。

白く濁った白濁色で、硫黄の匂いがけっこう強い泉質。

ヌルっとしてて肌にしっかりとまとわりつく感じで、湯に入って腕とか擦ってるだけでもスベスベになってくるのが良くわかりました

湯温は少し高めで露天風呂ではないので長〜く使ってることは出来ませんが、窓の外には立山の綺麗な景色も地獄谷も眺めることができ、山歩きして疲れた身体を癒すには最適な温泉




湯煙と窓からの光でいつも以上に幻想的に映ってますが、風呂から上がるちょっと前に一人になったので写してみました**(/▽/)**

今回は30分ぐらいしか入ってなかったですが、かなり身体は温まってしばらくポカポカでよかったですw

温泉からあがって冷たい牛乳でもグビっと飲もうかと思ったのですが、、、、、



5月22日(木) 雪の壁

July 12 [Sat], 2008, 16:00
黒部ダムを満喫して、ここからは立山黒部アルペンルートの最高到達地点室堂まで逆戻り。

10時半に黒部湖駅を再出発して、ケーブルカー→ロープウェイ→トロリーバスを乗り継いで11時25分に室堂に到着。

僕の今回の一番の目的地がここ室堂で、ずっと行ってみたかった場所なんです。

では、室堂には何があるかと申しますと・・・・・






写真のような雪の壁の間を歩くことが出来るのです

室堂駅から約2kmの間が一番雪の壁が高いところで、雪の大谷と呼ばれていて、ここを歩いて見学できるイベント雪の大谷ウォークが4月の開通時点から5月中旬までやっています。

雪の壁自体は溶けてなくなるまであって、美女平〜室堂までの高原バスにのって見ることは出来るのですが、人が歩いて見ることが出来るのは5月中旬までで今年は当初5月20日までとなっていました。

しかし、僕が行ったのが5月22日。予定通りなら見れなかったのですが、今年は雪が多くて壁が例年より高かったのと気温もそれほど高くならずに壁が長持ちしたので5月31日まで延長!

これをネットで調べてた時知った瞬間に、今回立山に行こうと決心しました



時間を限定して、道路の片側を人専用として開放し、雪の壁をまじかで堪能。

目の前でこうやって見上げるとかなりの迫力で、自然のすごさを思い知らされます。




こちらが雪の大谷で一番高い地点で、僕が行った日でまだ14mもありました ( ̄□ ̄;)!!

さらに、看板見てもらったらわかるのですが、気温が4度。。。

天気も良かったし歩いてたのでそんなには感じませんでしたが、寒かったのは寒かったです

去年のGWに行った青森の八甲田ゴールドラインはマイカーで通ることができて運転する楽しみを味わえたのですが、こちらは歩いて雪の壁を体感。

規模も立山の方が大きくて壁も高かったし、実際に行ってかなり良かったです

ただ、ひとつだけめっちゃ残念なこと、というよりがっかりしたことがありました。

それは、落書き・・・

最近、イタリアの世界遺産の大聖堂に落書きをしたことが大きく取り上げられて問題になってましたが、この雪の壁も落書きのオンパレード。

人が入ってはいけない車側の壁はめっちゃ綺麗なのですが、人が通る方の壁は一面落書きだらけ。

確かに雪やしとけるので最終的には無くなるものなのですが、楽しみにして見に行ったものからすればかなりがっかり。。。

そこに行ったってことは写真やビデオ、自分の目にやきつけたらいいことやし、そこに落書きして形跡を残そうって気持ちが信じられません。

落書きしたらあかんって看板とかがないからやって良いとかではなく、落書きそのものが悪いってことをもっとわかってほしいし、マナーはもっと守ってもらいたいと思います。



5月22日(木) ダム

July 10 [Thu], 2008, 23:51
立山駅を出発してから2時間半、5つの乗り物を乗り継いでようやく最初の目的地黒部ダムに到着

ただ、バスとかに乗ってるときは周りの景色見てたらあっという間に着くし、実際それほど長くは感じませんでしたよ

黒部ダムは、ダムの放水エネルギーを利用して発電する水力発電所用のダムとして作られた、日本一高所にあるダム(標高1454m)で、7年かかって1963年に完成しました。




手前がダムの壁で、それにせき止められて出来たのが、大観峰からも見えてた黒部湖です。

ここからの景色もなかなかいいものでしたよ




こちらから放水されて下流へと流れていくのですが、高さがなんと186m

そのもう少し上に展望台があってそこから写真撮ったのですが、ものすごい迫力でしたよ(((゜д゜;)))

高所恐怖症の人でなくても足がすくむんじゃないでしょうか。

僕も高い場所苦手ではないのですが、けっこうビビってました^^;

そして、ここからの放水が観光用にも放水されていて、黒部ダムの一番人気となっています。

ただ、観光用の放水が6月下旬から10月にかけてしかやっていないので、僕が行った5月にはやってなくて見れませんでした

まあ、今回の最大の目的は放水ショーではないし、また今度放水してる時にも訪れたいと思ってます^^



5月22日(木) アルペンルートA

July 07 [Mon], 2008, 21:15
美女平を出発し、1500m登って高原バスで約50分。標高2450mの室堂駅に到着。

その室堂付近の景色とは、、、




一面雪の銀世界

室堂に到着したのが8時半ごろやったので、ほんの1時間半前までは全く雪なんかない立山駅にいてたのに、そこから約2000mくらい登ったらこの雪景色。

さらに気温も低くて、バスから降りた時にブルって震えるくらいやったので掲示板を見たら2℃って書いてありました(((゜д゜;)))

もちろんこれは予想してたので、ちゃんとごつめのジャンバーを着て行ってたのですが、それでもさすがに寒かったです

実際この室堂が僕の最大の目的地やったんですが、その先にもう一ヶ所行きたい場所があったので、まずそちらに行ってから折り返してからゆっくり見学することに。

上の写真も乗り継ぎの時間がけっこうあったので、その間に外に出て撮りました

なので、室堂の詳しい話はまた後日にしますねm(_ _)m

さて、室堂駅(標高2450m)からは立山を貫くトンネル内をトロリーバスに乗って、反対側の大観峰駅(2316m)まで一気に抜けて行きます。



こちらがそのトロリーバスです。

トロリーバスってあまり聞いたことないって人多いかも知れませんが、外見はこのように普通のバスなのですが、動力はガソリンではなく架線から電力を取って走っているバスのことなんです。

軌道も架線があるとこしか走れないし、一応区分としては鉄道ということになってます。

昔は日本の街中でもけっこう走ってたようで主要な公共交通機関だったのですが、スピードがあまりだせないことや道路で幅をとったりして渋滞をまねくと言うことなどで徐々に街中からは姿を消して、現在では立山黒部アルペンルートに2路線が残るのみとなっています。

では、なぜここはトロリーバスが使われてるかといいますと、電力で走るので排気ガスが出ないので環境にはすごく良いからなんです。

周りの自然環境にもやさしいですし、それ以上にトンネル内の空気もよごさなくてすむという利点もあります。

普通の道路のトンネルでも中に入ったらかなり排ガス臭いですので、他の道路とかと全くつながってない閉鎖されたトンネルの中をガソリンで動くバスを走らせたらえらいことになってしまいます。

排気口とか作っても、そこから出る悪い空気で周りの環境が悪化してしまう。

ということで、普通のバスではなく、電車のように線路とかもいらないトロリーバスが最適なんですよ

話が少しそれますが、今洞爺湖でサミットがちょうど開催されてますよね。

今回のサミットの最大の話題が環境問題。その環境問題の観点からも、トロリーバスはけっこう重要視されていて、他の国ではトロリーバスを使ってるところがけっこうあるようです。

日本は渋滞が激しいし、環境よりも目的地までの速さを最重要視するので、トロリーバスが復活することはなさそうですけどね


ま、そういうことで、8時45分に室堂駅を出発し、トロリーバスに揺られて10分で反対側の大観峰駅に到着。


5月22日(木) アルペンルート@

July 06 [Sun], 2008, 23:27
ついにやってきました、立山へw

僕が以前から行きたかった立山黒部アルペンルートとは、富山県側の立山駅から長野県側の扇沢駅を結ぶ山岳ルートで、日本アルプスを越えて行くようになっています。

この辺りは中部山岳国立公園に指定されていて、自然保護の為に立山から扇沢まではマイカーの乗り入れが禁止されています。

なので、このルートを結んでいる交通機関を使うしかないのですが、長野と富山の抜け道ではなく、一種の観光ルートとなっているのです。

で、立山から扇沢までは直線距離にしたら30キロ足らずしかないのですが、3000メートル級の山々が壁のように立ちはだかるこの辺りなので、標高差が約2000メートルもあって、この区間を6つの乗り物で約2時間かけて結んでいます。

今回は、扇沢までは行かずに、僕が見たいと思ってたものが見れる場所まで行って、そこから折り返してくるルートを選択しました。

立山駅始発が7時と調べて行ってたので6時15分に起床し山に行く準備をしていたら、なんと持ってきたはずの小さなリュックがない ( ̄□ ̄;)!!

旅を終えて帰宅したらちょこんと玄関においてあったのですが、ないものは仕方ないので、急きょお風呂セットの入れてあるスポタカのピンクのビニールの入れ物に荷物を減らしていれて持っていくことに

もし、スポタカの袋を背負って歩いてる変なやつを見かけてたら、それは僕でしたm(_ _)m



出発前に、立山駅でけいき付けにアルペン牛乳を飲み干して、午前7時立山駅を出発!



まずは、立山駅(標高475m)から美女平駅(977m)までの標高差500mをこちらのケーブルカーで7分で駆け上がります。


5月21日(水) ごちそう

July 03 [Thu], 2008, 21:48
五箇山を出たのが4時45分ごろで、後は次の日の目的地の立山まで行くだけやったのですが、この辺りで珍しい美味しいものがあるのを調べて行ってたので、それを食べに行くことに。

相倉集落から少し南へと戻ったところのR156沿いにある道の駅上平にその店はありました。

実は、最初は相倉集落に行く前に食べていこうと思ってたので15時過ぎに一度立ち寄ったのですが、暖簾はかかってて営業中の看板も出てるのに、中に誰もいてなくて鍵もかかって電気も消えている。。。

つぶれてるわけでもなさそうやしどうしたのかと思いながらお土産やさんの人に聞いてみると、「もしかしたら店主が家に帰ってるのかもしれない。夕方には戻ってくると思うので、それくらいの時間にまたきてもらえますか?」とのこと ( ̄□ ̄;)!!

平日の3時頃ということで一番暇な時間帯やとは思うのですが、さすが田舎といった感じでみんなマイペース^^

時間に余裕もあったし、後で食べれるなら先に相倉集落に見学行ったらちょうどいい時間に戻ってこれるだろうということで、先に合掌造りを見に行ったのです。

そして再び道の駅に戻ってきたのが17時過ぎ。

店の前に行くと、まださっきの状態で誰もいない(ノ; ̄◇ ̄)ノ エエエエェェェェェ-

やっぱり18時ぐらいやないと帰ってこないのかなぁと思って車のところに戻ったら、先ほどのお土産やさんのおばちゃんがいてて、僕のこと覚えてくれてて、店主に連絡してくれましたw

ちょうど家から出るところやったらしく、5分後くらいにようやく店主到着!

店の準備をして僕を招き入れてくれて話をしていたら、なんと山に山菜を採りに行っていたようで、この辺りでは5月下旬ぐらいがちょうど雪解けの季節で、山菜取りに一番適してるんだそうです。

なので、暇なときを見計らって、たまに山菜を採りに行ってるらしく、ちょうどそのときに当たっちゃったんですよね^^:

ということで前置きが長くなっちゃいましたが、僕が待ってまで食べたかったものとは、、、、、




こちらのにぎり寿司御膳なんです。

上の3つが飛騨牛のにぎり

こうやってにぎり寿司にしてもサシがしっかりとわかるくらい脂ののった美味しい飛騨牛w

今話題の飛騨牛ですが、おそらくこれは偽装とかはしてないと思いますよ

醤油ではなく塩をパラパラとふりかけて、肉本来の旨味を引き出して食べるのが一番美味しい!

肉も柔らかいので口の中でスーっと溶けていくのですが、旨味を口の中に残してとろけていく感じ

そして、下の4つのにぎり寿司。どれも一緒のネタなのですが、これが今回僕がお目当てにしてたものです。

みたとおりこちらは魚なのですが、何かわかりますか?? 実は・・・・・

5月21日(水) 合掌 

June 29 [Sun], 2008, 23:12
久々の高山を満喫して次の目的地へ向かった僕。

2年前はこの後白川郷の合掌造りを見に行ったのですが、今回はもう一つの世界遺産合掌造りの名所、富山県の五箇山へ向かうことにしました

五箇山は富山県と行っても、岐阜県の白川郷とは県境を挟んでお隣同士。

どちらも雪深い山岳地帯に世界遺産の合掌造りは残ってます。

高山からはR41飛騨市まで北上し、飛騨市からはR360で西へ進んで白川郷まで。白川郷からR156で県境を越えて五箇山へ北上というルートで行く予定にしてました。

別に渋滞することもなく順調にR41を走行し飛騨市に入ったんですが、ちょうど飛騨市に入った辺りにある道の駅アルプ飛騨古川を越えた辺りに設置されてた電光掲示板に表示されてたのが、、、、


『 国道360号線天生峠通行止め 』

360号線って今から通ろうとしてる道。。。まじで〜〜Σ('□'*('□'*('□'*('□'*)ガビーン!!

とはいえ、通行止めならこれ以上進んでも意味無いので、とりあえずさっき通り過ぎた道の駅まで戻って対策を練り直すことに。

道の駅アルプ飛騨古川に行ったら情報コーナーがあったので、そこの案内所の人(といっても地元のおばあちゃん)に話を聞いてみると、

今通行止めになってるR360の天生峠(あもうとうげ)はかなり狭い道でしかも雪深いので、通れるようになるのが早くても6月に入ってから、全面的に通行可能になるのが6月下旬になるとのこと。

しかも、ちょっと強く雨降ったりしてもすぐに通行止めになるかなりの悪路だそうです。




だから、高山から白川郷方面に行くには、R158で東海北陸道の飛騨清見ICまで西へ進み、そこから東海北陸道沿いに荘川ICまで一旦南下して、そこからR156でもう一度北上して白川郷方面に行くという回り道でいくしかないそうなんです

この行き方は2年前に白川郷に行った時に使ったルートなんですが、今回は違うルートで行こうと思ったらこの始末。。。

で、ここ道の駅アルプ飛騨古川からまた高山まで戻ってこのルートで行くしかないのかとたずねたところ、ここからちょっとR41を北上したところから飛騨卯の花街道(写真緑線)という県道90号が通ってて、その道が飛騨清見ICまで抜ける道になってるので、それを使うほうがかなり早いよと教えてくれたので、早速出発し卯の花街道を通って飛騨清見ICまで抜けて、そこからはR158→R156で白川郷へ。

今回は白川郷も素通りして一気に五箇山まで行きましたw

ちなみに、東海北陸道の飛騨清見IC〜白川郷ICまでが今年の7月5日に開通して、これで東海北陸道が全線開通となり、白川郷まで行きやすくなります。


最後は蕎麦で

April 14 [Sat], 2007, 22:13
ある程度寒くなって綺麗な水が流れる山あいの場所で有名なのが、蕎麦ですよね。

鯖街道沿いにある朽木村も、スキー場があるくらい寒くなって、山の綺麗な湧き水が安曇川となって流れてるので、蕎麦が有名です。

道の駅を後にして、鯖街道を少し南に下ったあたりに1軒、風情のあるそば屋を発見したので入ってみました\(^O^)/




ごはん家 山水

安曇川沿いにあって、ちょうど店の裏手がキャンプ場になっていて、この時期でもキャンプしてる人いてました

店に入って注文したのが、山水お勧めの『おろしそば




大根おろしがたっぷりのってるそばに、写真左のつゆをぶっ掛けて食べます

蕎麦は、色が薄くて細く、腰がしっかりしてるのが特徴。

つなぎをけっこう使ってるんでしょうね。蕎麦の香りはあまりなかったですが、味はけっこうおいしかったですよw

大根おろしも甘味があっておいしかったし、そばつゆとの相性も良くてあっという間に食べ終わっちゃいました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

量も少ないってのもありましたが、ちょこっと小腹が空いていた僕にはちょうど良かったです

この後は、ちょうど夕方になってきてたので道路も混んで来てたのですが、ゆっくり大阪まで夕暮れのドライブを楽しんで帰りました


こうこく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:公園の猫
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-フラフラ気ままに^^;
    ・グルメ-ラーメンや旅先での美味しいものw
    ・クッキング-奥さんの足を引っ張る下手な料理><
読者になる
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像公園の猫
» 2011年一人旅 総括 (2012年03月11日)
アイコン画像まめりえ
» 2011年一人旅 総括 (2012年03月10日)
アイコン画像公園の猫
» 2011年一人旅 3日目 蝦夷の文化 (2012年01月26日)
アイコン画像めぐ
» 2011年一人旅 3日目 蝦夷の文化 (2012年01月16日)
アイコン画像公園の猫
» 2011年一人旅 2日目 神恵内〜長万部 (2011年11月25日)
アイコン画像ぽりん
» 2011年一人旅 2日目 神恵内〜長万部 (2011年11月23日)
アイコン画像公園の猫
» 6周年 (2011年11月19日)
アイコン画像めぐ
» 6周年 (2011年11月19日)
https://yaplog.jp/kouendesu/index1_0.rdf

-天気予報コム- -FC2-

gogo.gs