青木光一さん、お元気ですねー!!

September 27 [Tue], 2011, 23:45
今日(9/27)の歌謡コンサート、青木光一さんがお元気な姿を見せてくれました。
御年85歳になられたそうで、歌声も健在でした。



                      

きょうの歌は、「早く帰ってコ」。
作詞は、茨城県出身の高野公男さん。
作曲は、この後数多くのヒット曲を世に送り出すことになる船村徹さん。
船村先生は、コロンビア移籍第1作目。

このコンビは有名な話ですが、
高野さんが「俺が茨城弁で作詞するから、お前は栃木弁で作曲しろ!!」 と、
いつも話し合っていたという。

「別れの一本杉」が大ヒットするも、翌年高野さんが肺結核で26歳で永眠する。

▼二人のコンビで、他にヒットした歌は
・あの娘が泣いてる波止場(三橋美智也)
・ご機嫌さんよ達者かね(三橋美智也)
・ハンドル人生(若原一郎)
・早く帰ってコ(青木光一)
・男の友情(青木光一) などがある。


青木光一さんには、歌手を目指していた若かりし「坂上二郎さん」が一時付き人をしていた。
青木さんの代表曲といえば、やはり「柿の木坂の家」ではないでしょうか。
私的には、「小島通いの郵便船」も大好きで、若い頃は良く歌っていました。

先ほどの、栃木弁の作曲ですが、船村先生がず〜〜とあとで述懐されているのが
栃木弁は「しり上がり」が特徴的だそうで、それを曲に挿入することにより
より栃木弁らしさを出していたそうです。

例えば、きょう歌コンで歌われました「早く帰ってコ」の【早くコ 早くコ】のコの部分がそれにあたるようです。
また、「柿の木坂・・・」では、【思い出すなー】のなの部分に見られます。
船村先生は、高野さんが亡くなられた後でも、こうして約束を履行されて、
親友の無念を形に残されていらっしゃる様です。

青木光一さんも、日本歌手協会名誉会長として、ますますお元気で頑張って欲しいものです。
唄声は、まだまだお若いです〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜 追     記 9/28  〜〜〜〜〜〜〜

「早く帰ってコ」・・・・・・・・・・・・・青木光一さん

「柿の木坂の家」・・・・・・・・・・・・青木光一さん

「小島通いの郵便船」・・・・・・・・青木光一さん

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:konpei_3
  • 性別:男性
  • 血液型:A型
  • 現住所:栃木県
読者になる
◆プロフィール画像は:日光市・東武ワールドスクェアー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆スキンは:旧・石橋町グリムの里

  ◆撮影日:  2015日年12月1日 
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/konpei_3/index1_0.rdf