#130 県庁の★

January 29 [Mon], 2007, 1:12
私が日記を書くときは、大抵誰かのブログが更新された時。
どーも最近自分から書く気が起きなくていけませんね(−−;
ケド本気で忙しいのも事実、と言い訳をしてみたりもする。

そんなワケでご無沙汰しとります。コニシですm(_ _)m

金田一も新章がスタートしたし、
ハルヒのドラマCDも出たし、
自分のiPodに「ハレ晴レユカイ」が10曲(全部違うver)も入っちゃったし、
にっしーはMTBで伊豆まで行こうとするし、
個人的に書きたいことは山積みなのです。
豊作貧乏です。
…そりゃ言い過ぎか(´∀`;


そのネタの山の中から、前回の記事に引き続き、映画のレビュー。
何気にコレが書いてて一番楽しかったりするvv

作品名は『県庁の星』('06)


野村聡(織田裕二)はK県庁のキャリア公務員。ある時、ビッグプロジェクトの一環であり、県政の目玉でもある民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれ、市内のスーパー「満天堂」で、半年間の研修をすることに。研修先は、店員達のやる気が皆無の三流スーパー「満天堂」。野村の教育係に就いたのは年下のパート店員、二宮あき(柴崎コウ)。「役所」の人間として「現場」の店員と衝突しながらも、出世の為に研修を続ける野村。しかし、研修中に突然プロジェクトから外され、「満天堂」にも営業停止の危機が迫る。腐った地方行政を、そして「満天堂」を、野村と二宮は“改革”することが出来るのか―――!?


原作は桂望実の同名小説。読んだことないけど。

久しぶりに「アタリ」の映画を観た気がします。
可もなく不可もなく、と言うには忍びなく、かと言って大絶賛…ってワケでもない。
しかし、あたりはずれで言うなら、確実に「アタリ」に属する。そんな映画でした(._.)

「県庁」「スーパー」といった小規模な舞台でストーリーが展開していくので、
話が飛躍することもなく、心地よいテンポで話が進むのがイイ♪
小規模な舞台とは言えど、その中には細部までドラマが描き込まれていて、
しかし細かすぎず、観ていて飽きません。それがなによりイイのだょvv
完成度の高いテレビドラマのよーな、そんな位置づけが出来るよーな気もします。
製作に亀山千広、主演に織田裕二だし、どこか「踊る」的な空気があるのかも。

キャストは何の文句もありませんv
柴崎コウが可愛ければ、佐々木蔵之助・石坂浩二がイイ味を出してれば、
それでオールおkなんです(笑

ストーリーも、特にケチをつけよーとは思わないです。
ラストに至ってはホントに面白い、巧い展開だと言わざるを得ません。
「前向きに検討する」という伏線、その使い方は最高でした。
やっぱりこーゆーどんでん返しがあってこそ、物語は面白味を増しますよ♪

そして、そんな思わぬどんでん返しを喰らっても、あのラスト。
「エスプレッソ1杯100円」。確かに見える、“改革”の片鱗。
そして、「本当の戦いはこれから…」的な雰囲気を醸し出す松谷卓の音楽でエンドロール。
ゃ〜、このラストはイイっ!この映画のベストシーンの1つですよ。
是非ともエンドロールの最後まで観ることをオススメしますvv


前レビューの「笑う大天使」よりも遥かに面白い「県庁の星」。
春休みの暇な一日にでも、是非ともご覧あれ♪

#129 笑う?大天使(ミカエル)

January 08 [Mon], 2007, 22:55
『どーせ冬休み最後だし♪』
…と思い、多分明日に控えている課題テストの存在も忘れ、
今日は久しぶりに映画を見ました。DVDです。

作品名は『笑う大天使(ミカエル)』(’06)

母の死後、生き別れになっていた大金持ちの兄(伊勢谷友介)と再会し、聖ミカエル学園に転校してきた史緒(上野樹里)。庶民育ちの彼女は上流階級の生活に困惑するが、ひょんなことで“猫かぶり派”の和音(関めぐみ)や柚子(平愛梨)らと仲良くなる。そのころ、世間ではお嬢様ばかり狙う誘拐事件が多発し、学園にも危険が迫っていた―――。(Yahoo!映画より抜粋)


あらすじにもある女3人が不思議な力を得て、最終的にゃ誘拐犯を倒します。
コメディです。VFX使いまくりの、所々ブッ飛んだコメディです。

感想を一言で述べるのであれば、正に微妙(´〜`;)

タイトルや設定、キャスト(主に上野樹里)に惹かれ、映画館で観ようかな〜
…とも思っていた作品だったんですが、観に行かなくて正解だったかも(汗

まず話の軸とか方向性がよく分からない。
「お嬢様学校に紛れ込んだ庶民」という設定を活かすのであれば、
もっと学校生活に主軸を置き、コメディ色を出すべきだし、
「エスパー的な力を得た女子高生」という設定を活かすのであれば、
それこそVFXやCGを駆使して盛り上げるべきだと思うんですよ。

しかしこの作品はそれらの全てに於いて微妙
第3者(ダミアン=黒犬)のツッコミが入るコメディと、
「竜巻」という超能力が蛇足だったんじゃないかと思われる設定と、
何か中途半端に折り込まれてるシリアスと、
92分という時間の短さと、
それらの全てが合い重なって、ハィ微妙

あとは話の展開の速さ。

原作ありの映画によくありがちですね。
「笑う大天使」の原作は、同名の少女マンガ。
やっぱり映画化してしまうとデティールが描ききれず、
原作を読んでる人にとっては不完全燃焼で終わること多し。
私は原作を読んでないんですが、それでも不完全燃焼です。

しかし不完全燃焼の中にも、やっぱり燃焼してる部分はあって、
誘拐犯との格闘シーンなんかは完全にマンガ的で、普通にウケます(笑
あんな風にブッ飛んでこそ、コメディ映画でしょ♪


あるレビューでは、
『若手俳優の実力・演技力だけで何とかなっている』
なーんて書いてありましたが、一理あります。
ストーリーに関しては上記の通りですが、
個々のキャラに至っては不満無しvv
個人的には戦闘中のコロポックルちゃんがイイなぁ、とvv


舞台が女子高(?)なだけに、とにかく女の子がワンサカ出演してます。
服装も普通の制服ではなく、いい具合に襟ぐりのはだけた清楚な服。
出演してる女優が好みで、尚且つ時間に余裕のある方は、
まぁ観てもいいんじゃないかな?と思います(^^;

今度原作読んでみよ(._.)

#128 何かを得る為には、何かを失わなければならない……まぁ主に金、だけども。

January 03 [Wed], 2007, 22:41
パソからは初めてなので、一応あけましておめでとうございますm(_ _)m

突然ですが、下の写真を御覧あれ。



某サイトの管理人のケータイには、このストラップが2個ついてます。
そぅ、退却がモットー、やわらか戦車です。
とあるゲーセンで、このUFOキャッチャーを見つけ、
「コレなら俺でも取れるんじゃないか…?」と思い、
年末(12/30)だから金なんてパーッと使っちまえぃ!(`∀´)
と思ってプレイしたところ、200円(2回)でGET
UFOキャッチャーに見放され続けたコニシにとっちゃ奇跡的
喜びに溢れながらコイツを獲得した次第です。


…てなワケで、今日は年末年始にかけて私が買ったりなんだりしたブツを、
大公開してしまおうかと言う、自分勝手もいい所な日記をお送りします(^^;



こんなカンジで30分?
四の五の言わずに最後まで読めぇっ!!!(`∀´)


スイマセン、読んでくださいorz

おはよーございますm(_ _)m

January 01 [Mon], 2007, 10:09
あけおめは前の記事で言ったんでカットします。

年賀状も受け取り(7枚)、
雑煮も伊達巻きも食べ、
コニシは今、とある戦場に赴いています。
狙うは次世代なアイツの首!
必ずやヤツの首を討ち取ってみせましょう!(`□´)
ではっ!

送れるかな?かな?

January 01 [Mon], 2007, 0:25
送れたらラッキー、今年のおみくじは大吉、ってコトで。

改めまして、あけましておめでとうございますm(_ _)m
CDTVとジャニーズのライブを2画面で同時に見ながら年越しの瞬間を迎えたコニシです。

何卒、本年も変わらぬ御贔屓のほど、宜しくお願い致しますm(_ _)m
P R
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像管理者コニシ
» #68 えいが漬け千秋楽×黄泉がえり×ペット (2006年03月11日)
アイコン画像管理者コニシ
» #68 えいが漬け千秋楽×黄泉がえり×ペット (2006年03月11日)
アイコン画像ソウシ
» #04 正嗣(まさし) (2005年09月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:konishi-asahi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる