#130 県庁の★

January 29 [Mon], 2007, 1:12
私が日記を書くときは、大抵誰かのブログが更新された時。
どーも最近自分から書く気が起きなくていけませんね(−−;
ケド本気で忙しいのも事実、と言い訳をしてみたりもする。

そんなワケでご無沙汰しとります。コニシですm(_ _)m

金田一も新章がスタートしたし、
ハルヒのドラマCDも出たし、
自分のiPodに「ハレ晴レユカイ」が10曲(全部違うver)も入っちゃったし、
にっしーはMTBで伊豆まで行こうとするし、
個人的に書きたいことは山積みなのです。
豊作貧乏です。
…そりゃ言い過ぎか(´∀`;


そのネタの山の中から、前回の記事に引き続き、映画のレビュー。
何気にコレが書いてて一番楽しかったりするvv

作品名は『県庁の星』('06)


野村聡(織田裕二)はK県庁のキャリア公務員。ある時、ビッグプロジェクトの一環であり、県政の目玉でもある民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれ、市内のスーパー「満天堂」で、半年間の研修をすることに。研修先は、店員達のやる気が皆無の三流スーパー「満天堂」。野村の教育係に就いたのは年下のパート店員、二宮あき(柴崎コウ)。「役所」の人間として「現場」の店員と衝突しながらも、出世の為に研修を続ける野村。しかし、研修中に突然プロジェクトから外され、「満天堂」にも営業停止の危機が迫る。腐った地方行政を、そして「満天堂」を、野村と二宮は“改革”することが出来るのか―――!?


原作は桂望実の同名小説。読んだことないけど。

久しぶりに「アタリ」の映画を観た気がします。
可もなく不可もなく、と言うには忍びなく、かと言って大絶賛…ってワケでもない。
しかし、あたりはずれで言うなら、確実に「アタリ」に属する。そんな映画でした(._.)

「県庁」「スーパー」といった小規模な舞台でストーリーが展開していくので、
話が飛躍することもなく、心地よいテンポで話が進むのがイイ♪
小規模な舞台とは言えど、その中には細部までドラマが描き込まれていて、
しかし細かすぎず、観ていて飽きません。それがなによりイイのだょvv
完成度の高いテレビドラマのよーな、そんな位置づけが出来るよーな気もします。
製作に亀山千広、主演に織田裕二だし、どこか「踊る」的な空気があるのかも。

キャストは何の文句もありませんv
柴崎コウが可愛ければ、佐々木蔵之助・石坂浩二がイイ味を出してれば、
それでオールおkなんです(笑

ストーリーも、特にケチをつけよーとは思わないです。
ラストに至ってはホントに面白い、巧い展開だと言わざるを得ません。
「前向きに検討する」という伏線、その使い方は最高でした。
やっぱりこーゆーどんでん返しがあってこそ、物語は面白味を増しますよ♪

そして、そんな思わぬどんでん返しを喰らっても、あのラスト。
「エスプレッソ1杯100円」。確かに見える、“改革”の片鱗。
そして、「本当の戦いはこれから…」的な雰囲気を醸し出す松谷卓の音楽でエンドロール。
ゃ〜、このラストはイイっ!この映画のベストシーンの1つですよ。
是非ともエンドロールの最後まで観ることをオススメしますvv


前レビューの「笑う大天使」よりも遥かに面白い「県庁の星」。
春休みの暇な一日にでも、是非ともご覧あれ♪

#129 笑う?大天使(ミカエル)

January 08 [Mon], 2007, 22:55
『どーせ冬休み最後だし♪』
…と思い、多分明日に控えている課題テストの存在も忘れ、
今日は久しぶりに映画を見ました。DVDです。

作品名は『笑う大天使(ミカエル)』(’06)

母の死後、生き別れになっていた大金持ちの兄(伊勢谷友介)と再会し、聖ミカエル学園に転校してきた史緒(上野樹里)。庶民育ちの彼女は上流階級の生活に困惑するが、ひょんなことで“猫かぶり派”の和音(関めぐみ)や柚子(平愛梨)らと仲良くなる。そのころ、世間ではお嬢様ばかり狙う誘拐事件が多発し、学園にも危険が迫っていた―――。(Yahoo!映画より抜粋)


あらすじにもある女3人が不思議な力を得て、最終的にゃ誘拐犯を倒します。
コメディです。VFX使いまくりの、所々ブッ飛んだコメディです。

感想を一言で述べるのであれば、正に微妙(´〜`;)

タイトルや設定、キャスト(主に上野樹里)に惹かれ、映画館で観ようかな〜
…とも思っていた作品だったんですが、観に行かなくて正解だったかも(汗

まず話の軸とか方向性がよく分からない。
「お嬢様学校に紛れ込んだ庶民」という設定を活かすのであれば、
もっと学校生活に主軸を置き、コメディ色を出すべきだし、
「エスパー的な力を得た女子高生」という設定を活かすのであれば、
それこそVFXやCGを駆使して盛り上げるべきだと思うんですよ。

しかしこの作品はそれらの全てに於いて微妙
第3者(ダミアン=黒犬)のツッコミが入るコメディと、
「竜巻」という超能力が蛇足だったんじゃないかと思われる設定と、
何か中途半端に折り込まれてるシリアスと、
92分という時間の短さと、
それらの全てが合い重なって、ハィ微妙

あとは話の展開の速さ。

原作ありの映画によくありがちですね。
「笑う大天使」の原作は、同名の少女マンガ。
やっぱり映画化してしまうとデティールが描ききれず、
原作を読んでる人にとっては不完全燃焼で終わること多し。
私は原作を読んでないんですが、それでも不完全燃焼です。

しかし不完全燃焼の中にも、やっぱり燃焼してる部分はあって、
誘拐犯との格闘シーンなんかは完全にマンガ的で、普通にウケます(笑
あんな風にブッ飛んでこそ、コメディ映画でしょ♪


あるレビューでは、
『若手俳優の実力・演技力だけで何とかなっている』
なーんて書いてありましたが、一理あります。
ストーリーに関しては上記の通りですが、
個々のキャラに至っては不満無しvv
個人的には戦闘中のコロポックルちゃんがイイなぁ、とvv


舞台が女子高(?)なだけに、とにかく女の子がワンサカ出演してます。
服装も普通の制服ではなく、いい具合に襟ぐりのはだけた清楚な服。
出演してる女優が好みで、尚且つ時間に余裕のある方は、
まぁ観てもいいんじゃないかな?と思います(^^;

今度原作読んでみよ(._.)

#109 こ〜ころをなににたとえよう そ〜らをまうよなかなしさを こっからどーするかは、彼次第とゅーコトで。

August 06 [Sun], 2006, 22:38
まさかネタが被るとは思わなかったΣ( ̄□ ̄;)!
ぃえ、何でもありません。こっちのハナシです。

明日からデスマーチ第2章だから、ってワケでもありませんが、
珍しく家族全員が暇だったんで、映画を観に行って来ました。

「日本沈没」とどっちにしようか迷った末に、私達一家が選んだのは、
過度な期待は禁物と評判(苦笑)の「ゲド戦記」

まだ公開1週間ですし、ネタバレ有りなんで、読みたい方は続きをドーゾv

#95 実は…×M:i:V×鑑賞後…

June 25 [Sun], 2006, 21:47
ぇ〜、以前このブログで、
私がある懸賞に応募したことをご存知ですか?
高校生限定・M:i:Vチケットプレゼントとぃう懸賞に。

アレ…

実は…


私、当選してましたィエィ♪

意図して隠すつもりは無かったのですが、
どーも日記を書くタイミングを逃してしまって…。
何となく、スンマセンm(_ _)m

で、テスト前だと言うのにも関わらず、今日観に行ってきました。
ペアチケットだったんで、友人(男)を誘ってね。

…そら出来れば私だって友人(女)を誘いたかったですょ。
しかしまぁ私にそんな度胸と行動力も無ければ、
私と映画を観に行こうなんつー奇特なヤツもいないと踏んで、
私と同じく彼女のいない友人(男)を誘った次第。
カップルを見つけては、
「アイツらにラリアットじゃない?(笑)」
とヵくだらないコトを話すのは中々楽しかった(笑)
男同士ってのは気楽でエエもんです。

肝心の映画の話に移りましょう。

ストーリーは至って単純。

制限時間は48時間ー
IMFのエージェント、イーサン・ハント(トム・クルーズ)とその仲間達が、
「ラビットフット」と呼ばれる謎の存在と、
人質に取られたイーサンの妻、ジュリア(ミシェル。モナハン)を
テロリストから奪還する為に、ミッションを遂行していく――

アクション映画ですから、そんなにフクザツな話ではないのです。
勿論、そんな単純に終わってしまう話でもないですけどネ。

何と言っても迫力がハンパない!
テレビで見て感じる迫力の一体何倍なんだよ、って感じで。
やっぱり米はやるコトが違いますね〜。
人の少ない館内にいても、見てるだけで汗かきましたから。相当なモンです。

字幕、ってのも迫力を増す要素の1つでした。
正確に言うと音声が英語だったこと、かな?
緊迫したシーンなんかは特に効果絶大!
デイヴィアンとイーサンが対峙してるトコなんか緊迫感MAX!
やっぱり字幕で見る映画、吹替えで見る映画って分かれるょ、と感じました。

こんな感じで迫力満点だったんで、
スタッフロールも終わって席を立ち上がった時に一言。

「疲れたァ〜(:-.-)

ま、それくらい面白い映画だったとゅーコトですvv

#92 二度目×LIMIT OF LOVE 海猿×臨場感

June 11 [Sun], 2006, 22:40
本日2度目の更新〜。

金田一を見終えた後、映画を観に行ってきました。
突然の思いつきだったモンで、連れは家族。
てヵ友達と映画を観に行ったのって、今までで2回くらいしか無い気が…
てヵ基本的に友達と外出することが少ない気が…

…ま、まぁネガティブ思想はこの辺にしといて…(汗

タイトルの通り、観てきた映画は「LIMIT OF LOVE 海猿」


仙崎(伊藤英明)は、機動救難隊員として海難救助の最前線で働いていた。ある日、仙崎と遠距離恋愛中の恋人・環菜(加藤あい)は、自らデザインしたウェディングドレスを披露しに仙崎の元へとやってくる。しかし潜水士としての悩み、重圧を抱える仙崎の顔はどこか晴れず、それが原因で環菜との仲もギクシャクしてしまう。
そんな中、鹿児島沖で大型フェリー「くろーばー号」の座礁事故が発生。そこには620名の乗客と195台の車、そして偶然にも乗り合わせていた環菜の姿が!沈没まで残り4時間。乗客全員を救出することはできるのか!?そして船内で極限状態に陥った仙崎は2人の乗客と、バディの吉岡(佐藤隆太)と生還することができるのか―――!?



「海猿」シリーズの最終章ということで、今までとはスケールが段違い。
パンフ読んだら、海保の人も驚くくらいだ、って書いてあったので
やっぱし相当なモンなんでしょう。臨場感が違います。
爆発とか浸水とか危機的状況にある船内の様子は勿論、
沈没船を取り囲む巡視船やヘリの迫力も半端無い!
コレは絶対映画館でしか味わえない衝撃だと思います。

ストーリーの方もこれまた良かった♪
深刻なシーンでありながらもどこかユーモラスだったり、
(本間(大塚寧々)の「死に別れ!」のセリフは特に 笑)
悲愴や感動的なシーンは突き詰めてそれが表現されていたり。
(くろーばー号が沈没したときの静寂→環菜の叫びは究極でした)
先は分かっているけれど、それでも涙を流せる。そんな感じでしたvv
私は3,4回目ぇウルウルと…(;_;)

で、やっぱり最高だったのはラストシーン。
映画館の大スクリーンで、仙崎と環菜が…チェックインっ!(笑
あんな大画面でキスシーン見たのは人生初でしたねぇ…ある意味感動♪(笑

ぁ〜、TRICK観るのもいいケド、もう1回海猿観たいですねぇ…vv
そしてもう1度感動してきます。

#89 M×i×V

June 09 [Fri], 2006, 0:19
ぇ〜、只今ヤプログ!さんが、高校生限定で、
トムクルーズ主演のシリーズ最新作、M:i:Vのチケットプレゼントを、
「IMF高校生メンバー ミッション・チケットキャンペーン」を実地しているとのこと!
映画好きの私にとっては願ってもいないビッグチャンスじゃないですかぁ!(^□^)v
こりゃもぅ応募するしかないっしょ!!

とゅーワケで…

ヤプログ!さん、「M:i:Vチケットが欲しい!」です!!

以上ッ!

#81 実は…×コナン×探偵たちの鎮魂歌

May 01 [Mon], 2006, 23:43
実は昨日はもう1本、映画を観ました。
こっちが本命ですね、大本命vv

昨年の「水平線上の陰謀」は惜しくも見逃してしまったので、
今年こそ!と思ってました。10周年だし。
そしてとぅとぅ観てきましたょ!

『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』

ある依頼を請けて、横浜の豪華ホテル「レッドキャッスル」に赴いたコナン一行。
そこでVIPとしてスイートルームに通され、ホテルが経営するテーマパーク、
「ミラクルランド」の腕時計型をした特別IDが配られ、
コナンと小五郎以外の面々はテーマパークへと向かう。
残された2人はモニターに映った依頼主から、
ある事件を解決してほしい。解決できなければ手首のIDが爆発する――
と、依頼の全容を聞かされる。
タイムリミットは午後10時。
事件の第一のヒントは「T,A,K,A,3,−,8」。
コナン、小五郎、和葉を人質に取られた平次、白馬探、そしてキッド――
命を賭けた探偵達の決死の捜査が開始された・・・


実を言うと、今回の作品は結構心配でした。
10周年記念、オールキャストと大々的に銘打っていたので、
もしかしたらキャラを魅せる為の、事件性の薄い映画になってないかな、と。
実際問題、一昨年の『銀翼の奇術師』は、コナン・新一とキッドを、
要はビジュアルを前面に押し出してる感じでしたからネ。
事件の真相途中で分かっちゃったし…(苦笑

しかし、この作品は違いました。
コナン・平次でアクション等をアピールしつつ、
事件もしっかり深みを増して、かなり見応えがありましたvv
キッドも羽広げて飛び回ってるだけでなく、(笑
最終局面においてバッチリ事件を1本の糸に繋げています。
かなりカッコよかったゎなぁ、ァレはvv

今までの作品と違うのは、
『新一と蘭のラブシーン in 危機的状況』が無いコト。
今回は完全に2人が別行動だったし、
蘭(達)を救う方法が事件の解決しかなかった訳なので、
まぁしゃーないんじゃないでしょか。
それを抜きにしても、充分面白い映画でしたしね♪

ぁ〜、もぅ1回観に行きたいですねぇ…時間さえあればなぁ…。

Today's BGM♪
ゆるぎないものひとつ/B'z ('06)
この映画の主題歌です♪

#80 GW×サマータイムマシン・ブルース×日付詐称

April 30 [Sun], 2006, 23:05
昨日から世間一般でいうGW=金色週間=ゴールデン・ウィークがスタート。
しかも今年は5連休ですから、相当輝いてます。

ケドそれはあくまで世間の暇人たちの為の輝き

私の目には錆付いてくすんだ金色しか見えません…(-o-"l)
ま、その詳細については後々。
そん時気力と体力が残ってれば書きたいな、と。


今日は部活も休み、課題もナシの気楽な一日♪
そんな機会滅多に無いので、前々から見たいと思っていた映画、
『サマータイムマシン・ブルース』を観賞vv
(監督→本広克行 出演→瑛太、上野樹里、佐々木蔵之助他)


舞台はある大学のSF研兼写真部の部室、夏休み真っ最中。
部室に一つだけ取り付けられているクーラーの涼風だけが、
部員達を暑さから救っていた。
しかし、思わぬハプニングでそのクーラーのリモコンがぶっ壊れた!
どーにもならない暑さにうなだれていたその時、
突如部室にタイムマシンが出現!
そして部員の一人が言った。
「昨日に行って、壊れる前のリモコンを取ってこよう!」
という訳で昨日に向かった数人の部員。
しかし帰りを待つ部員達の前に2030年から来たという未来人が登場し、
過去を変えることの危険性に気付き始める・・・
SFを全く理解しないSF研の部員が引き起こすトラブルの嵐!
たった一個のリモコンのために、彼らは消滅してしまうのか――!?


・・・長くなっちゃったなぁ、あらすじ(^_^;

とにかくこの上なく、くだらない映画です(笑
「笑の大学」じゃないケド、
くだらないけど面白い!
こんなに笑ったのは久しぶりダョ、ってくらい笑いました。
一番ウケたのは…ってか映画そのものに一番ウケました(笑
印象に残ってるのはァレかな、ヴィダル・サスーン(シャンプー)。
『俺のヴィダル・サスーン返せぇぇッ!』、て。犯人自分ゃん、て(笑

しかしくだらない中にも、タイムマシンによって複雑になる時間の流れは
しっかり描かれています。最終的に全ての辻褄が合うように。
作中、様々なシーンに張り巡らされた伏線を拾っていくことで、
より一層笑える仕組みになっているのがこの映画。

せっかくなので、夏休みの暇な時にでも、機会があれば観てみてくださいv
なんならDVDも貸しますょー。オフの方限定ですが。

#76 久々の映画♪×いま、会いにゆきます×名作!

April 17 [Mon], 2006, 23:27
昨夜、観ました?

ぃやイキナリ単刀直入になんのこっちゃ…て人は案外少ないハズ。

勿論、「いま、会いにゆきます」を観たかどうかを私は問い掛けている次第です。

その後に『新・堂本兄弟』も観た人はきっと私と話が合いますゼ(笑
武田真治のサックスが結構良かったvv
堂本ブラザーズバンドに新風が吹き込んだ気がします♪

ぇ〜、話を元に戻しまして…

昨夜地上波初放送、中村獅童・竹内結子主演、「いま、会いにゆきます」。
コニシは原作も、映画館でも、DVDも、ドラマも一切見てなかったんで、
「もぅコレ逃したら一生観ないカモ…」なんて気がして、昨日録画せずに観ちゃいましたv

あらすじは省略しますね。
だって知ってるでしょ?観たでしょ?ねぇ。

感想を一言で述べます。
この映画最高っ!
「セカチュー」を上回る名作だと思いますよ?私は。ぃやマジで。

何が最高かって、やっぱり何よりストーリー展開と2人の恋愛でしょぅ。

死んだ人が生き返って、そしてまた消えていくだけでは「黄泉がえり」と、
愛する人を失ったままエンディングを迎えるのでは「セカチュー」と一緒です。
しかしこの作品はの名作の要素を取り入れつつ、
更に一歩踏み込んだ正に「名作」。

互いに意識しているのに、その純粋さからすれ違った学生時代の恋。
事故をきっかけに未来に飛んだ21歳の澪と、29歳の巧との雨の6週間の恋。
そして自分の未来を知っても尚、澪は巧を愛すると決めた真実の恋。

…こんな素敵な恋物語がかつてあっただろうかと思わず問いたくなります。
作中にも出てきますが、「出会うたびに惹かれ合う」。
そんな恋愛に憧れるよなァ…なんて話を今日友達としてました。
竹内結子美人だしなぁ…なんて話もして盛り上がってましたvv

私の友達も認めます。「いま、会いにゆきます」は名作です!
ぁ〜、もぅ1回観たいなぁ…。


Today's BGM♪
花/ORANGE RANGE

コレを聴かずして、何を聴きながらこの日記を書けと?(笑

#71 この土日×閉館×のびたの恐竜2006

March 19 [Sun], 2006, 23:12
な〜んかイマイチ休んだ気がしませんでしたょ…(´д`)

ナンダカンダで昨日も今日も部活の為に早起きで登校。
昨日は人数が集まらず、結局部活中止に。
昨日の代わり、っつーコトで今日もこそ部活だとブチョーからが。
面倒ゃなぁ…と思いつつも気合入れて昨日と同じ時刻に登校。
まさか今日は集まってんだろなァ、と思ってましたが…

…甘かった _| ̄|○"l

まさか、まさか…

昨日より少ないなんて_| ̄|○"l

しかし今日まで休みにしちゃうと、
昨日も今日もしっかり登校したブチョーと私が報われないんで、
ブチョーと私ともう一人とで30分間、追い打ちやってました。
追い打ちってのは名の通り、下がってく相手を追っ掛けながら打ち込みをする練習。
経験者なら分かりますよね?コイツのキツさ…
とにかく疲れたァ…(´д`)

今日のハナシはこんなトコ。
時を遡って昨日のハナシへGo Back to.

急遽部活が休みになったモンですから、昼前には帰宅、
予想外のフリータイムが生まれた訳です(^^)
勉強もする気ないし、イイ天気だからFFやるのも勿体無い。
(ぁ、FFって12です。買いましたvv)

とゅー訳で、とりあえず外出して映画を観に行く事に決定!
となり町(正確には市)に昔っからある映画館が5月で閉館するっつーんで、
長年通ってきた映画館だし、潰れる前にまた行っとこうと思って。

観た映画は「ドラえもん のびたの恐竜2006」
高校生にもなってドラえもんかよ…とヵ言わないで下さい
コニシはドラえもん大好き人間です。大ファンです。
「夢幻三剣士」からずーっと毎年映画館で観てます。

観てて一番感じたのはゃっぱし昔との差、ですね。
ストーリーは同じですが、作画とか、笑いの取り方とかが、
カナリ現代的になっちゃってますね〜。
声優陣の一新と共に、アニメそのものもリニューアルされたんで、
そこは仕方ないよなァ、と言い聞かせてはいますが、
ゃっぱり昔の方が私は好きです。古きよき時代、ってヤツでしょか。

…まぁそんなことを言いつつも、新しい「のびたの恐竜」を観て、
久しぶりに映画館で泣いた私でした(笑

Today's BGM♪
ボクノート/スキマスイッチ ('06)
映画の主題歌♪
P R
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像管理者コニシ
» #68 えいが漬け千秋楽×黄泉がえり×ペット (2006年03月11日)
アイコン画像管理者コニシ
» #68 えいが漬け千秋楽×黄泉がえり×ペット (2006年03月11日)
アイコン画像ソウシ
» #04 正嗣(まさし) (2005年09月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:konishi-asahi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる