#129 笑う?大天使(ミカエル)

January 08 [Mon], 2007, 22:55
『どーせ冬休み最後だし♪』
…と思い、多分明日に控えている課題テストの存在も忘れ、
今日は久しぶりに映画を見ました。DVDです。

作品名は『笑う大天使(ミカエル)』(’06)

母の死後、生き別れになっていた大金持ちの兄(伊勢谷友介)と再会し、聖ミカエル学園に転校してきた史緒(上野樹里)。庶民育ちの彼女は上流階級の生活に困惑するが、ひょんなことで“猫かぶり派”の和音(関めぐみ)や柚子(平愛梨)らと仲良くなる。そのころ、世間ではお嬢様ばかり狙う誘拐事件が多発し、学園にも危険が迫っていた―――。(Yahoo!映画より抜粋)


あらすじにもある女3人が不思議な力を得て、最終的にゃ誘拐犯を倒します。
コメディです。VFX使いまくりの、所々ブッ飛んだコメディです。

感想を一言で述べるのであれば、正に微妙(´〜`;)

タイトルや設定、キャスト(主に上野樹里)に惹かれ、映画館で観ようかな〜
…とも思っていた作品だったんですが、観に行かなくて正解だったかも(汗

まず話の軸とか方向性がよく分からない。
「お嬢様学校に紛れ込んだ庶民」という設定を活かすのであれば、
もっと学校生活に主軸を置き、コメディ色を出すべきだし、
「エスパー的な力を得た女子高生」という設定を活かすのであれば、
それこそVFXやCGを駆使して盛り上げるべきだと思うんですよ。

しかしこの作品はそれらの全てに於いて微妙
第3者(ダミアン=黒犬)のツッコミが入るコメディと、
「竜巻」という超能力が蛇足だったんじゃないかと思われる設定と、
何か中途半端に折り込まれてるシリアスと、
92分という時間の短さと、
それらの全てが合い重なって、ハィ微妙

あとは話の展開の速さ。

原作ありの映画によくありがちですね。
「笑う大天使」の原作は、同名の少女マンガ。
やっぱり映画化してしまうとデティールが描ききれず、
原作を読んでる人にとっては不完全燃焼で終わること多し。
私は原作を読んでないんですが、それでも不完全燃焼です。

しかし不完全燃焼の中にも、やっぱり燃焼してる部分はあって、
誘拐犯との格闘シーンなんかは完全にマンガ的で、普通にウケます(笑
あんな風にブッ飛んでこそ、コメディ映画でしょ♪


あるレビューでは、
『若手俳優の実力・演技力だけで何とかなっている』
なーんて書いてありましたが、一理あります。
ストーリーに関しては上記の通りですが、
個々のキャラに至っては不満無しvv
個人的には戦闘中のコロポックルちゃんがイイなぁ、とvv


舞台が女子高(?)なだけに、とにかく女の子がワンサカ出演してます。
服装も普通の制服ではなく、いい具合に襟ぐりのはだけた清楚な服。
出演してる女優が好みで、尚且つ時間に余裕のある方は、
まぁ観てもいいんじゃないかな?と思います(^^;

今度原作読んでみよ(._.)
  • URL:https://yaplog.jp/konishi-asahi/archive/156
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像管理者コニシ
» #68 えいが漬け千秋楽×黄泉がえり×ペット (2006年03月11日)
アイコン画像管理者コニシ
» #68 えいが漬け千秋楽×黄泉がえり×ペット (2006年03月11日)
アイコン画像ソウシ
» #04 正嗣(まさし) (2005年09月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:konishi-asahi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる