家族からのサプライズ

March 27 [Wed], 2019, 8:24



我が家についにきた


たこ焼き機


大阪人で持ってないのは我が家だけだろう


私が帰ってくる日に合わせて、旦那さんが準備してくれました


今日は座ってるだけの夕ご飯




誕生日会だね??


と家族が祝ってくれました???? なかなか会えないのが悲しい


仕事も大切だけど、やっぱり私は家族との時間を大切にしたい


スタッフに協力を得ながら、5月以降スケジュールを見直しします




大切な人達との時間を削りすぎない




どんな時も、全力で応援してくれて助けてくれる


私のスイートホームであり、最高の親友である旦那さんは偉いなぁと思う




いない間の子育てもちゃんとしてる。育メン男子は素晴らしい。


体型は肉メンだけど(笑)




#たこ焼き機


#大阪では色々入れるらしい


#滅多に食べないフード


#大阪出身ではない


#でも大阪が日本で一番好きな所


#私の帰る場所は大阪


#家族といるとリラックス

時間が変わります

March 26 [Tue], 2019, 20:28

えびすヨガスタジオよりお知らせです




早朝フルプラマリーレッドは、四月から6:30〜8:00に変更になります


ドアオープンは6:10です




#えびすヨガスタジオ大阪堺筋本町?


#えびすヨガスタジオ


#カタオカマリコ


#早朝マイソール


#伝統に従った練習にシフトしました


#練習中は、基本ビンヤサ通りに動くことを推進します


#カウント通りに動ける体を作る


#アーサナ執着からサヨナラするためにストップもかけます

6月22日 親子ヨガWS@ヨガアカデミー大阪

March 26 [Tue], 2019, 18:02
親子ヨガが大阪で定期開催となりました!

詳細はこちら




親子でヨガをすることの大切さ

昨今、子育ての悩みを相談できる人がいる人は、平成14年度は73.8%ですが、平成26年度は43.8%と減少しております。また、子育てに悩みや不安がある父母は4割弱にのぼるといわれています。※
ヨガといえば大人のためのものというイメージですが、運動機能の発達がうながされたり、集中力が高まったりと子どもにもすばらしい効果があるのです。

【親子ヨガの効果】
・子どもとの信頼関係が深まる
親子でペアになってポーズをとることで触れあえるので、子どもは愛情を感じ、情緒が安定します。
・発育のサポートになる
鼻呼吸に慣れ、集中力が高まります。姿勢が良くなり、運動機能の発達が促されます。
・子どもと一緒にリラックスできる
血流が良くなり、気分もスッキリ。運動不足やストレス解消にも効果的です。

※平成28年に文部科学省が提出された「子育ての環境の整備〜子育てに対する不安の解消に向けて〜」の資料による


講師は保育士資格保持者、キッズヨガ歴10年以上

2017年よりヨガジェネレーションで「キッズヨガ指導者養成講座」と「絵本を使ったプラーナヤーマ集中講座」を担当している片岡まり子先生。豊富な経験と知識を惜しみなく伝授し、アンケート評価の高い講師です。

親が気づきづらい子どもの行動を素早く察知したり、悩み相談にアドバイスをしたり、親御さんの信頼も高く、楽しく安全にキッズヨガ、親子ヨガを対応されています。


キッズヨガに興味のある大人お一人のご参加も可能です

夏休みは普段の生活よりお子さまと接する時間が長くなります。一緒に夏の思い出を作りませんか?
子育てに不安を感じている方、孤独を感じている方、他のご家族と一緒に楽しみませんか?
日々、テレビやインターネットなどで入ってくる情報に振り回されず、目の前の子どもとしっかり向き合ってみましょう。
大人に言われて”やらされている”のではなく、”やりたい!”を一緒に体感しましょう。
ヨガを知らない方も安心して受講できるプログラム!子育てしてよかったな、お母さんの子どもで良かったな、を目指したクラスです。

また、キッズヨガ指導者養成講座を卒業された方、キッズヨガに興味のあるヨガインストラクターの方、子どもに関わる仕事をされている方など、大人お一人参加も大歓迎です。
保護者の方とのコミュニケーションや、大人のクラスの進め方にも役立ちます。



クラス内容
子どもがワクワクする内容にアレンジした親子ヨガは、大人が受けてもワクワクできます。
遊びの要素とヨガを繋ぐことで、子どもの集中力とモチベーションを高め、楽しい60分を体験できます。
クラス中は、保育シーンで使われる魔法の言葉やコミニュケーションを通じて、自発的に子ども達が考え、チャレンジできる様に組み立てています。
講座概要

参加費 3,500円
参加対象
大人お一人につき、お子さま2名(3〜12歳)までご参加いただけます。
<【通信欄】にお子さまの人数と年齢をご記入ください>
大人お一人のご参加も大歓迎です。
お子さまとヨガを一緒にしてみたかった方
キッズヨガ指導者養成講座を卒業された方
キッズヨガを学びたいと考えているヨガインストラクターの方
保育現場、学校、子どもの習い事などヨガを知らなくても子どもの現場に立つ方
※妊娠の経過が順調で、ご参加日が16週〜36週までの方であればご参加していただけます。
※ご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せください。
持ち物
ヨガマット(レンタルご希望の方は300円※要予約)
動きやすい格好のお着替え
タオル・飲み物など
注意事項
Note

当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
安定期に入った妊娠中の方のご参加も可能ですが、必ず主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。
録音・録画・撮影は講師が許可した時のみ可能です。ご協力、お願いいたします。
開催日


2019年06月22日(土) 10:30〜11:30
会場ヨガアカデミー大阪 第2スタジオ定員10名

講師プロフィール

片岡まり子
Mariko Kataoka
えびすヨガスタジオ主宰。別名トークの魔術師&漫談ヨガ 大手スタジオで9年間養成講師として活動後、2017年5月えびすヨガスタジオをオープン。 大阪、東京、札幌、博多、名古屋、沖縄、高知、その他各地でヨガインストラクター養成講座やWSを開催。主にマタニティ、産後、キッズ、シニア養成コースを中心に活動。現場で活躍できるインストラクター育成に力を入れています。 また子どもが生きやすい環境作りを目指し、母親はもちろん、お孫さんに関わるシニア世代のケアーを中心としたクラスや講座を展開。母親達が前向きになれる支援をえびすヨガスタジオから発信しています。2007年より保育園にてキッズヨガの指導。現場で培った経験を活かし、保育園、養護施設、福祉施設、福祉学校にて職員向けの講座を行っております。 保育士、調理師、パン講師資格、クシマクロビオティック中級、YTIC卒業。 <実績> 京都ヨガスマイル出演、横浜ヨガフェスタ出演、関西ヨガフェスタ出演 LBLEより、絵本「こどもの為のプラーナヤーマ」出版 web site:えびすヨガスタジオ


関連講座


キッズヨガ:絵本を使ったプラーナヤーマ集中講座




キッズヨガ指導者養成講座(3日間)





片岡まり子によるアーサナ:90分体験クラス

6月23日 親子ヨガ@ハママツヨガ祭り

March 26 [Tue], 2019, 16:09
静岡にて親子ヨガWSを開催します。


この度、ハママツヨガ祭りに出演することが決定しました!
みなさんとお会いできるのを楽しみにしております
笑って楽しもう!親子ヨガ




親子で楽しい思い出を一緒に作りませんか?日々、テレビやインターネットなどで入ってくる情報に振り回されず、目の前の子どもとしっかり向き合ってみましょう。大人に言われて”やらされている”のではなく、”やりたい!”を一緒に体感しましょう。
ヨガを知らない方も安心して受講できるプログラム!子育てしてよかったな、お母さんの子どもで良かったな、を目指したクラスです。子どもがワクワクする内容にアレンジした親子ヨガは、大人が受けてもワクワクできます。遊びの要素とヨガを繋ぐことで、子どもの集中力とモチベーションを高め、楽しい60分を体験できます。

お子様の対象年齢:4歳~12歳
◆大人1名様につき、子供1名様参加可能。2名様以上参加の場合、1名様追加ごとに500円をいただきます。
※予約人数は大人の人数でお願い致します。


◆ご予約後2.3日以内に『お子様の人数・年齢確認のメール』をお送りさせていただきますので、返信をお願い致します。

ご予約内容

ご利用日時 2019/06/23(日) 11:45 〜 12:45
予約人数必須項目
合計料金(税込) 3,500円

申込ページ


■ハママツヨガ祭りWebサイト
http://hamamatsu-yoga.com/
■FaceBook
https://www.facebook.com/hamamatsuyogamatsuri/
■Instagram
https://www.instagram.com/hamamatsu_yogamatsuri/

10時30分フルプライマリーレッドクラス

March 26 [Tue], 2019, 15:29
いつもの楽しくマイソールクラスは、月一「超真面目」に動きます。

シャラート先生のレッドクラスに出ても平気な体作り、メンタル作りも行なっています。

喋りながらマイペースに練習することがOKな火曜日10時からの楽しくマイソールクラスですが、こればっかりになってはいけない!ということで、今年からフルプラマリーレッドが導入されました。


今日は・・・お二人〜笑

でも、この二人のレッドが超カッコよかったのです。

みんな普段喋って笑ってばかりかと思いきや、いざ「マジ」になると、ちゃんと集中する。

普通はこんなに切り替えがうまくはいかない。なんでだろうな〜と思って終わった後に、雑談してると

自己肯定感が高いから

という話になった。

みんなそれぞれの個性的な性格もありつつ、誰も揉めたりしない。
みんな同じ方向を向いてても、関係が継続できないのは「自己肯定感」の指数による模様。

違いを受け入れる。
今まで私が「自由にやっていいよ〜」といい、そうしてもらってたのも、ちょっとずつトラディショナルなスタイルの提案をすると「やってみる〜」と提案をすっと受け入れ、楽しそうにやってくださいます。

もともと高い人は、先生が優しくても、厳しくても、上手にやっていくんだろうな・・・。私も見習いたいもんです。

練習で自己肯定感が上がっていける提案も今後はしていこうと思います。
マナーについて指摘しても、笑顔で受け入れていく。
指摘が否定されたような気になるのは、相手の問題もあるってことだな・・・。それは私にはどうしようもなく、そしてそこにあまり過敏になると、誰もハッピーではない。
私も引っ張られてるな〜。こうして高い人たちと会話すると、自分の軸がすっと見えてくる。

このクラスは、本当に私が甘えっぱなし・・・
反省、そしていつもありがとうございます。

モモエ先生のフルプライマリーレッドクラスへ

March 26 [Tue], 2019, 15:26
本日の早朝フルプライマリーレッドクラス

私も初参加。
モモエ先生のカンファレンスがとても良かったです。

私は体調不良にて、インバージョンはお休みさせていただきました。残念だ・・・

みんなで一緒にフルプライマリーレッドクラスを受けると、本当に気持ちがいい。

自分にがっちりフォーカスして、ただカウントに合わせて動いてくため、頭はいつも以上に動かさなくていい。

レッドの時に体の感覚が見えることが多いので、今後も受講していこうと思います!

また、来週から早朝マイソールレッドは6時30分〜8時に変わります

ご参加される際はご注意ください。

アシュタンガヨガの15年間の自主練について

March 25 [Mon], 2019, 18:25
子育てしながら、どうやって練習してきたのか?
早朝マイソールへ行くのは滅多にありません。

そして大阪には私の通える時間のマイソールも、ほとんどないので、基本日々子どもを見送った後に、仕事に行くまでの5分から20分の時間を丁寧に練習してきました

通しで練習できるのは(45分以上練習可能な時)、多くて3日。週一もない日もありました。

それでもゆっくりながらも、色んな事が出来るようになって行きました

それはマリコさんだからだよ(体が器用だから)
と言う人も多いのですが、本当に器用ならもっと早く色んなことができたはずなのです。

普通そこまでかからないですよね、というアーサナが最低5年半、6年かかってるものもザラです


そりゃそうなんですよ
そのアーサナを毎日練習しないんですもん(笑)
そんな時間ないですもん。

ナヴァーサのアップに5年半、スプタクールマーサナを不細工なかけ方レベルでも6年
カポターサナでは大怪我も経験し、全てを捨ててやり直したため、膨大な時間がかかりました。

単に出来てただけのアーサナも、単にそれだけ。先生がいない環境で、沢山の失敗と遠回りをし、試行錯誤してきたのです

どうして辞めなかったのか?自主練だけでそこまで成長したのか?

それは、ダラダラ練習した事はほとんどないからです。これだけは言えます。ダラダラしてたらアーサナの数こなせないでしょ?(笑)

私が習った時代はとても怖かったです
アーサナのやり方など聞けば半殺しでした。

全てのポーズの後にレストポーズ(シャバーサナとは言わない事も注意されてました)も長くしないと叱られる

大阪では、あまりちゃんとしない人が昔から多かったため、東京からきた先生たちは、その辺も注意してました。レストポーズ以降は、その日全てアーサナはしないように!とも!学びました。


つまりレストポーズ後に、ストレッチしたり、ポーズの復習などはもってのほか
ただ寝て休むこと。それ以外なにものでもないと教育されてました。

また、アーサナのやり直しは禁止で、出来ないならその日は諦めること。
厳しい先生なら一発で出来なければアウト
少し幅があれば、3回(多めにみて5回)まで。
ピンチャマユーラーサナも出来なければ、素直に自主練でも守ってやってました。私は多くて3回まででしたね。
しつこいと怪我するのを既にバックベンド系で経験してたので、ピンチャマユーラーサナに来る頃には、少し賢くなってました。
練習は明日もあるし、そこまでしなくていい。という考えを持てたのも、毎日練習してたからです。

そのおかげで、アーサナに関しては執着せずに済んでこれました。それは先生達が厳しくマナーを叩き込んでくれてたからです。

出来るようになるためにストレッチなどはしないこと。
出来ないなら、それ以上進めない事。
それでも出来るようにはなりたい。
私は出来ないアーサナに出会うと、太陽礼拝から何度でもやり直しました
出来たつもりになっているだけだと。時間もない。そんなに毎日もらったポーズまでやってる暇なんてない
だったら出来るアーサナまでをひたすらやる
順番を変えて練習した事も、あまりないんですよね
試して事はありますが、さほど効果はなかったからです。

それに、アーサナの進み具合がヨガを深めることではない、と言われてもきました。
家庭のことちゃんとしろー!!なんて事も言われてましたので、マリコビッチはやんちゃなようで、割と真面目に(そしてそれは私の中で大切なものなので)やってたと思います

始めた時に、優しいやり方も勧め方も習う場所がなかったため、疑問を持ちつつも割とその辺はまじめにやっていました
もし、習い始めた時に、何でもいいよ、で学んでいたら、今の私はいません

しかし、時々理不尽に感じることもあり、人に教えるときは、大らかに自由に、ヨガに執着もして欲しくもないので、押さえつけなければ、人は成長する、と信じてましたが、これは人それぞれですね
その核心部を言わずに理解できる人(アーサナが全てではない部分においてやるべき事がきちんと出来る人は、何をしても核心をついて組み立てられる)
核心部をかなりしつこく言われないと、私のように理解できない人もいます


私が理解できたのですか?
アシュタンガヨガをスタートしてから15年近くかかりましたよ(笑)
世界中どこをみても、核心が抜けたまま15年アホみたいに練習を続けてられる人はいないかもしれませんね。アホゆえに愚かであり、またアホゆえに続けてこれる良さもある


正直続けられないと分かんない世界があるんです。アホな練習でも、続けてきたから遅咲きながら分かる日がやってくる
アーサナの取得も、核心を学ぶにも、すんごく時間がかかる人もいます

先生と呼ばれる人は、割と初めから言わずとしてそういう事が理解できる人が多いです
そこと比べて落ち込んではいけません!
ここに、アホさを垂れ流しながらでも、淡々と飄々と練習したヤツもいるのです。

すぐに答えを求めるなら、それは練習年数が足りていない。集中力の伴わない練習を垂れ流ししてるだけなのかもしれない。

アホでもね、正しくなくてもね、集中力を持って短い時間を大切にして練習していれば、誰よりも時間がかかっても、たどり着けるんです。
そもそも、誰かとも比べてもいません
比べようもありません。だって自主練なんだもん(笑)あの未熟なアホさ満載で、毎朝スタジオに行ける環境だったら、気づくのにさらに15年かかったでしょうね。毎日誰かよりアーサナもらえた、もらえなかった、と騒いで、疲れ果ててやめたでしょう。今流行りのアームバランスなどをたくさんさせてくれるメソッドに邁進してたかもしれません。

誘惑するもの多いでしょ?人との練習は。
家で自主練の良さは、誘惑するものがない。
次先生に会うまでに、出来ることを増やしておこう
せいぜいそれくらいの野心です。今思えばカワイイもんです。

旦那さんと子どものおかげで、15年で核心に辿れつけた事を感謝しています。もし、朝スタジオで練習していいよ、と言われてたら、アホだから行きますよね(笑)

アホには先生からある程度の制限がいる
アホだからそれも理解できない
だからまず脱線しようのない環境にいることになる。

怖い先生しかいなかった時代に加え、練習を優先には出来ない15年間。


いやはや感謝しかないですよ。全て私に必要な事しか日々起きていません。そんなことが分かるくらいに成長するのです。
子育てしながら、アシュタンガを続けようと思っている方は、是非諦めずに練習してください


時間ない場合の方が、成長する事もたくさんありますよ。時間はかかります。でも子育ても時間かかるでしょ?
手間も時間もかかるけど、どこかそれを楽しんでるから、子育ても大切にできている。


なにもかも優等生で進めるわけじゃない。
でも、何かに気づいていくには、それなりの定義に乗せて練習をする事をオススメします。




初めこそ、何でもいいよ
は危険です
もし、あなたが人生経験値もあり、賢い人なら違いますが(うちのスタジオにはそういう素晴らしい人もいます)、大体は自分の中にある愚かさに振り回されて生きてると思うんです
その愚かさに気づいているなら、何でもいいよ、は練習やり尽くした10年後の楽しみに取っといてください


私ですか?
10年後に、何でもいいよ、で首を絞め、15年目になにが原因で限界がきたか?を知った方なのでね(笑)
ちょっと一般とは逆かもしれません
とはいえ、初めの4年までは厳しさを守って(
正確にはそれ以外の事を知らない)はやってましたよ。


集中して練習すれば、アーサナでお腹いっぱいになり、ストレッチをする気にもなるないし、何度も同じ事をしたいとも思いません。
執着はもしかして、集中力してやってないかは起きてる事なのかもしれませんね


テキトーでチャラチャラして見えるそうなので(してる部分ありますけど)、一応真面目な一面も語っておきます


単なる長い独り言ですがね(笑)

えびすヨガスタジオでは、子育てしながら練習を続けたい方も応援しています
是非10時以降のクラスをご利用ください。
必ずしも早朝出なきゃいけない理由はないですよ!

できる範囲を丁寧に

March 25 [Mon], 2019, 16:43
オハナスマイルの親子ヨガの後、アキさんとランチへ。


とても暖かいお言葉をたくさんいただきました。


スタジオへ帰って、じっくり見つめ直して進めていきたいと思います




とりあえず、家族と健康第一。
あまり無理はしないようにしていこうと思う


短期で頑張るのと、継続は違う。ペースというものをいい加減考えないといけない


色んな外側に合わせすぎて、私自身に合わせすぎていないのは反省です


自分にできる事を真剣に考え、それを真摯にやることは、日々のアシュタンガヨガの練習と似てる




練習で出来るなら、他のこともできるはず
頑張れー!マリコー!



置かれた立場に合わせた練習に変えていく

March 25 [Mon], 2019, 10:10
アキさんがいるシャラへ

良い意味で厳しい分、よそ見する人は本当に少ない。私が心から求めるシャラは今ここにある。

ドリスティが違うとちゃんと指摘されます。
よそ見してたらバレるということです

アキさんは本当に丁寧に見てくれる。シャラには40名ほど一斉に動く中でも、遠方から来てる生徒の意図を理解して、細かな事を見てくれる優しさがあります
力強いアジャストで何かをわからせてくれる先生もいれば、カウント通りに動く事と、正式な細かなポジションから直してくれる先生もいる
アキさんは、後者の方で私が今一番学び直したい事だ。自主練派にとって、ミラクルなアジャストほど役に立たないものはない。

パールシュヴァダヌラーサナは、築地の冷凍マグロポジション、ということで覚えて帰ることにした(笑)これを何度か習っても覚えられない

そう考えれば、一度言われて覚えるのは難しい。何度でも言われないと覚えられない。気長に伝えることも大切だな


そして次
シャラート先生の写真に合わせて変えたラグヴァジュラーサナ
上がってフーフー疲れた後に、やり直し。
肘曲げてステイせず、肘は伸ばして以前のやり方に戻すことに

今起き上がる時に持ち替えましたよね?それしないで。


ばれたか!と思い笑ってしまうと、アキさんも笑いながら、ちゃんとやるよう声がけしてくれました
細かくチェック入ってます。

サードに入ると、難関のウールドヴァクックターサナbc

bの際には横にやってきて
肘伸びないから、脇の下にひっかけて

と笑顔で言われ、もちろんやり直し
このポーズを一度やると体力消耗が半端ない

でも言い訳せず、やると決めたのです。
明らかにそんな身体能力はない。でも出来ると思ってやる。
やり直しを言われる前に、自分からやり直しに取り組む


結果ですか?
もちろん脇の下には引っかかりませんでした。まずこのアーサナを二回もできる体力がない
それでも乗り越えていくのだ。集中力と呼吸パワー!と心で叫びながらやると、人生で一番高く持ち上がる。呼吸は焦らず、このアーサナでもゆったりに。意地で体の高さを維持。

cも遠くから見られており、脇の下に届かない事を指摘される
肘は伸びてたけど、低い。Aが脇の下で入れるなら、bc全て見てもaと同じように見えるようにやる事。


ウップルティは位置を間違えており、すぐに修正。

決して怒鳴ったりはしません。柔らかく笑顔で優しい物腰で、内容は厳しいのです

昔の私なら心で文句を呟いて消えたと思う。
人それぞれ状況ってもんがあるやろう、と

でも今分かる事。シャラート全部のセカンドレッドで目覚めた事。
その形の事だけを言ってるわけじゃない

集中力を高め、勝手に決めつけた限界の壁を乗り越えていく事を学ばせてくれている

ただ優しくされたいならそういうシャラに行けばいい。

今の私にそれは必要ではなくなりつつある
早朝マイソールを教える立場になって、責任を持ってそれに潰れずにいるために、明らかに出来ないとわかっている事にも、素直に受け入れ、言い訳をせず、ともかく集中してやるのみ。


そうやってブレずに指導する姿勢そのものを学ばせていただき、そして自分の甘さを乗り越えていく


多少優しくした方が人は来るかもしれない。
アキさんはブレずに、毎朝厳しく向き合っている


厳しさは、表面的にみると残念な事になる
ただの意地悪で厳しいのは、流石にわかる。練習していない人の厳しさは、練習している生徒には分かるものだ


練習をちゃんとした上で、その延長で厳しく指導する


出来ると思ってやらないから出来ない
この言葉を言われるのは、全員ではない


真摯に無心に練習をやり、それでも骨格的に難しい場合には、先生は追い詰めたりしない。


この言葉は、集中力と真摯さ、献身さが欠けてる生徒に向けられる言葉だと思う。


私はよく言われていた。
欠けていたからだ。


最近はあまり言われない。根性入れ直してゼロからやり直しだからだ


それでも、まだ足りてはいない。よく見られている
最後のチクタク。


器用さでごまかしている事を指摘される
せっかく出来てるチクタクも、癖を直すために一旦後退する事になっても、このやり方でちゃんとやり直すこと
一つひとつを雑にせず、もっと丁寧にやれば怪我はしないから




今日は一緒にやりましょう
とつきっきりで理解するまで付き合ってくれました。


降りるのは問題なし
蹴って戻る時に、余分なジャンプは止める事
蹴り出す時に踵を浮かせない事。ジャンプの代わりに前後に揺らしていい事
呼吸がバラバラになっているから合わせること
ハンドスタンドに戻ってちゃんと止まること。
チクタクやってる事自体が分相当じゃないなぁと改めて思う。
しかし、やってはいけない、とは言われていないので、逃げずにトライしていこうと思う。


体が弱い事を覚えていてくれてるので、途中聞いてくれながら。決して全てやれやれと煽ってる訳じゃない。




肩が弱いのは、チャトランガが沈みすぎ。ナクラーサナも沈みすぎ。体は全部平行で肘が背中に出ないように、細かいところからやり直して。


と宿題をもらいました。




インドに行った事もなければ、早朝マイソールのパスを買って毎日通った事もない。
ついでにインドに通い続けているオーソライズから日々学んだ経験もない。


欠けているのもを素直に認め、今更遅いと言えば遅いけど、遅い事が悪いことではない
もう遅いねん
なんて言葉は、私の人生にはない
早くスタートしてれば確かに成長と伸びしろは、良い
誰よりも早く成長することが私の目標ではない
どんなに遅くても、ゴールに間に合わなくても、自分の決めた事をやっていく事に喜びがある
遅かろう早かろう、そんなことは関係がない。


日本にいてると、早く出来た事自体が成功者みたいになってますが、あれ自体が好きではない
みっともなく、今までの全てを180度変えて、あいつ意見コロコロ変わってるな、と言われようとどうでもいいのです。


自分が成長し続ける事に素直にいること。変わっていけば、好みも変わる。


ぬるいお湯に浸かるのは、もっと人生の後半でいい。体力気力、そしてまだケツを叩いてくれる人がいる間に、もう一度頑張るのだ。


早朝マイソールの運営をきっかけにして、ではあるけど、これは完全に自分の生き様そのもののためです。
だから、これで運営が大変な事にもなろうとも、後悔はない。
これってどうなんだ?と悩みながら、意にそぐいながらやり続けられるほど、器用ではない。





とはいえ、スタジオの早朝マイソールで、こんなに厳しくは伝えませんのでご安心ください(笑)
厳しくなるのは、マナーについてです。
ドリスティ、ヴィンヤサ、呼吸、シャバーサナはちゃんとする。エクササイズタイムではない事など、そういう面について厳しくなります


ただ集中すること
今後ブレずに伝えていくために、私ももっとちゃんと練習を見直して行かなければと、アキさんにいろんな事を気づかせてもらいました。


本当にいい先生だと思います
先生になってみたい人なら、むしろ受けてみてはどうかと思う。
自分の甘さをぶっ壊されてみるのも良い経験ですよ


アキさんが日本にいる間に、積極的に通って自分の甘さをお墓に入れていこうと思います


家族と会う時間を失ってまでやろうと決めた仕事は、妥協ではなく後悔しない形をとりたいから。

内観を伴わせる練習にシフトしよう

March 25 [Mon], 2019, 6:14



ハタヨガを始めた頃には気づかなかったことをアシュタンガヨガたくさん学んでいる




ハタヨガは今も好きだ


ポース一つ一つの間に内観していくことは、精神を落ち着かせ、ゼロに戻してくれる。




アシュタンガヨガで学んだ事は、辛く厳しい世界でしたが、さらに多くの学びを得ました。


まさに陣痛の波をうまく乗り越えていく感覚そのもの。大きな喜びと感動を体験しようと願うと、陣痛やリスクをともなう。


産むのには簡単なことではない。産むことより育てる方がさらに大変なのだから。


私にとって、生活が子育てであり、練習は陣痛。


サマステティヒは私にとってのシャバアーサナ。内観する瞬間だ。


集中力がないと、このほんの一瞬のサマステティヒで内観できない。


陣痛と陣痛の合間のほんの一瞬に、どれだけ自分が休むことができるか?




このポーズのあたりからサマステティヒがなくなっていく。




休むまもないけど、波の中にほんのひと時チカラを抜いて進んでいく場所を見つけていく




これは他人から習うことでもなく、また習っても分かったつもりで終わる




練習というリアル体験で、体から学ぶのです




ここから戦うのてす。長く止まることない中に、自分の意識散漫という弱さを集中力によって打ち勝っていくのです


集中力が高まれば、自ずと落ち着きを見つけられる自分に出会えます




早朝マイソールでは、そういった事を体験していただけるようなクラス作りを目指しています




#えびすヨガスタジオ


#カタオカマリコ


#早朝マイソールはピュアマイソールで


#朝活


#一人ひとりの体と心を観察して対応します


#練習が生活にポジティブに反映される


#呼吸で導かれる体の心地よさ


#練習苦しいのは呼吸に引っ張られてないから


#呼吸からスタートする習慣を身につける


#目の前の自分と素直に向き合うこと


#他人のアーサナとは向き合わない


#エゴが刺激されるものがある中で自分を見失わずにいる練習


#もし練習がそうなって行けば生活そのものが変わっていく


#自分の運命を受け入れ上手になる


#幅を広げる


#心の可動域を広げる事がアシュタンガヨガの良さ


#股関節広げる事が目的じゃない


#ありのままを受け入れるにはそれなりの我慢覚悟がいる


#他人に答えを簡単に求めなくなる人生がやってくる


#ハードな人生も生きやすくなる


@ebisuyoga_studio?



月別アーカイブ
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31