滋賀ドライブ

November 30 [Sun], 2014, 11:24
ゆっくり起きてから、久々に家族で過ごすOFF




滋賀の湖東をドライブしながら、今津へ。




紅葉が綺麗っす。





脱力上手WS終わりました

November 29 [Sat], 2014, 20:49
初千里中央スタジオでのWSが終わりました!


レギュラークラスご参加の方や、全く初めての方、ご夫婦でのご参加、また広島からのご参加、ありがとうございました。
またブログを普段読んでくださった事をきっかけにご参加くださった方も。
息子とのやりとりコーナーを笑いながら読んでくださってるとこのとで、本当にありがとうございます。


まさに脱力のプロは子どもでございます。
子どもと関わる中で学ぶ事は無限大。
息子はじめ、キッズヨガで関わる園児達が私の大きなヒントであり、先生でもあります。
そして今回これに加え、マタニティヨガで使われるシステムをより一般的に使いやすい様にアレンジ。


脱力ってなんだ?


をヨガという視点からだけではなく、生理解剖学、心理学からも観察してみました。




リラックスの究極はお産にありますので、マタニティヨガのシステムを使うと幅が広がるなと改めて思いました。




リラックスは難しいことじゃない。
法則を踏む事で、意図的に作り出せる


またレギュラークラスでも色んな形で伝えていこうと思います




リラックス上手な私は、日常生活にあり。




日常生活にリラックスを心がけいこう
その法則を色んな形で取り組んでみてくださいね。




慣れてくると、ヨガのアーサナにも使っていくことができます。




これからも楽しさと面白さと、笑いを基軸に学んでいけるようにしていきたいと思います。




年明け、パーツ美人ヨガのニューバージョンがデビュー予定です。




またこれもオモロイっすので、皆さんお楽しみにー!

価値を自分目線で見ない

November 29 [Sat], 2014, 14:23
スタジオにてセルフプラクティス


先生がセルフプラクティスを認めてくれている事に感謝。
そっとしてくれてる事が一番のギフト。


そんな生徒もいるってことです


何かしてあげたい!
というのが、
何か正しい情報を押し付けたい!


じゃ困るしね。


何かしてあげたい、はええんですよ。
ただ、相手の望むことを無視したままだと困るよねー、というお話です。




先生からのアジャストを拒むのは心の問題があると言うアシュタンガヨガの先生がちらほらいる。
間違いでもないけど、正解でもないって事に気付く人が増えるといいな。




練習スタイルは人それぞれ大切にしてる事が違う。
大切にしたいものが個々に違うからこそ、あまり自分が大切にしている事を基準に強気で関わると、自分の大切にしているものをぶち壊しに行くこともある訳です


アジャストを拒むのはのは
心を開いていない
構えている


という名前をつけたがる人に振り回されない事が大切です。
振り回されるということは、逆に自分の大切なものに迷いがあるかもしれない。
それを教えてくれるメッセンジャーとしてはアリ、そういう意味でありがたい存在。




アジャストに自信あります、みたいな傲慢さにウンザリしてる人間もいたとしたら、アジャストを拒む側からみたら、したい側の目線からは、


心の押し売りウザいです
自分の思い通りに人を動かしたい事に心の未熟さ感じます




となるかもしれない。


私は自力で出来る範囲で満足するタイプ。
他人に寄って限界を超えた自分に触れる事に特に楽しさがない、あと気晴らしに動けたらそれでいいので、完成度に重きを置いてないので、不必要かなと。
つまり頼んでもいない手出しとアドバイスも要らないということです。
自分との対話に他人は必要ないので、スルーです。


アシュタンガヨガ練習生では恐らくかなりの少数派
そのイレギュラーさを認めてくれる先生には心より感謝しています。




大阪でもみんな暖かく練習を見守ってくれ、東京行くといつものスタジオで同じくそっとしてくれる




こんな生徒が来たら、何もしてあげれない事にジレンマ感じなくていいのです


先生の笑顔が見えればそれで十分満足出来、それにお金を払う価値を感じてる人もいるのですよ、




というお話でした







お正月クラスします

November 29 [Sat], 2014, 8:32
お正月ミトラさんにてクラスをします。


もうすぐ詳細上がりますので、お待ちくださいね!


元旦
@みんなで自主練会(私も入ります)
Aアシュタンガヨガ 誰でもついてこれる説明付き レッドクラス
2日
@マイソール
Aハタヨガ アーサナ編(珍しくアーサナするクラスです。レアです)





恐れなき自由のコツ

November 28 [Fri], 2014, 17:42
食べたいものを好きな時に好きな様に食べて。


寝たいときに寝て、練習したいときにする。




私をのびのびする




すっかりベジタリアン生活ではないですが(随分昔にこのこだわりはさよならした)、色々試してみて良かったなと思う。






より自由に、それは決して無秩序ではないフリーダム




秩序を学ぶ為のストイックな時期にいつも感謝している。




フリーダムになると、
全ては否定されることなく、
ありだ、あり!




になっていく。




白か黒じゃない世界。




軸が取れると、無秩序は消えていく。




軸を学ぶために筋肉をつけるのと同じ






筋肉がないままの柔軟性が、不安定な体を作るのと同じ。






バランスをどうやって学び、得ていくかはそれぞれ。




ストイックもバンザイ、
そして、いつか力まず力を抜いても、軸が抜けない立ち方、歩み方を見つけていける。




いつも未完成で、何かの過程にあって完璧ではない世界が楽しいと思えたら、それはきっと軸があるから。




ゴールに囚われなくなったら、不安な気持ちは消えていく。









明日いよいよ初おろしWSですよー

November 28 [Fri], 2014, 15:49

明日viola tricolore千里中央スタジオにて初WSを行います。


脱力上手のヨガWSです。




ドリップイン、当日直接スタジオへお越しいただいても大丈夫です




17時〜19時


楽しくリラックスを学びましょう。




詳細はこちらリラックス上手のヨガWS

楽しい時間を作る

November 27 [Thu], 2014, 12:44
晴れて気持ちよし。




今年の紅葉は街中でも十分綺麗だよ。


桜が赤いから




と聞いたけど、本当だな






仕事前に少し早めにきて公園でぼーっとする




幸せだわん

マスターはるちんの掟

November 27 [Thu], 2014, 11:08
午前中OFFなので、家族が出てからひたすら寝る。


ムー子中はいつもよりのんびりで。




息子のぼーっとをマスターすべく




ゆっくりから始めるのだw





チリにキリがないから切り替えよう

November 26 [Wed], 2014, 18:01
心配して何とかなるならいっぱいする


何とかならないんだから、考えなくていい。




他に考える事は沢山あるのだから。






何とかならない心配に想いを馳せる時間が、心をどれだけ支配するか想像してみる。




心が疲れる時間に支配されて、余裕が生まれるとは思えない。




心が生き返るような事を意図的に仕掛けていく賢さは、あっていい。




みんなが喜んだり、意見が一致したり丸く収まる様に全てをまとめるのは、ややこしく手間がかかりすぎる。




つまり解決する事に頭を使い過ぎるのも賢い選択じゃない。


自分に余裕を作るにはどうしたらいいか?を忘れないこと。




不安や心配が消えなかったら、今このことに手をつけるのはやめよう
せめて落ち着いて考えられる時にまわそう。結論を急いで、結局結局が出ない事に気付かない様なほど考え込んでしまう前に。




部屋の中のチリやホコリが永遠に取り除く事が出来ないレベルが不安と心配。




それにやっきにやる前に、他に整備出来る場所はうんとある。




変えられるものにちゃんと意識を向けておくこと。そしてそれが変わると余裕が生まれるものに。




ホコリと言う名の不安妄想が出てきたら、キリがないから切り替えよー!




と声かけしてみよう。

さとり世代か生まれついての禅なのか?@息子語録(長文)

November 25 [Tue], 2014, 19:40
晩御飯中にマリモの掟に従い、今日楽しかったことは?と聞くと

ム:今日はぼーっとしてたからなぁ。ないかなぁ。

マ:ぼーっとって何を考えてたん?(人間はぼーっとしているというのは、気づかないだけで考え事をしている状況)

ム:いやなんも考えてないねん。

マ:では、ぼーっとしてる時はどんな気持ちがするん?怒り、不安、楽しい、とか・・・

ム:いや、ホンマに何も考えてないねん。だから心も何もないねん。からっぽやねん。だから呼吸してる事もうっかり忘れてる時があって、息止まってるねん。


マ:それが本当なら、あんた何十年もヨガしてそこ目指してる人が多い中、すでに習得いう事になるで・・・。それって意図的にできんの?本当は考えてる事を覚えてないだけ、じゃないの?


ム:いや、ホンマになんもないねん。からっぽやねん。ほんで知らん間にそうなるから、なろうと思ってなる分けちゃうねん。ただ、プールの時は便利で、25mを3回くらいの息継ぎで行けるねん。その時は、考えない事と、絶対長息(ナガイキ)するっていう思いの2つでやるねん。


マ:てか、あんた何者?すごいやん・・・・。(彼のトークは、アスリートでいうゾーンである)では、最近ぼーっとする事はあった?


ム:いやそれがな、最近学校の勉強で図形がわかってきたら、ぼーっとするのが消えてきてん。前は分からんこといっぱいあったからな、授業中にいっぱいぼーっとが出来たんやけど、最近ぼくどうしたんやろうなぁ・・・・



ここで解説:普通の親なら、この時点で「ただの不注意」に集中力が身についてきた、または、一体この子は今までなにをしてたんだ!!と怒る、諭す、大人の解釈が入ると思われますが、変態マザーはここでまだ取材続行中




マ:それはつまり、理解しようとする、考えるが芽生えてくると、消えてくる力なのかな?だんだん減ってきたという事やね。


ム:そうやなぁ。最近ぼーっとが減ってきた。物忘れも酷くて(これは昔からなのだが・・・・)


マ:それに関しては「不注意の分野やね」


ム:ああ、そうかも。


マ:じゃ、ぼーっとが復活する方法というか、コツというかそういうものはあるんかな?


ム:そうそう、ゆっくりする時間を増やす事やな。そうすると自然にぼーっとが出てくるねん。


解釈:まさにうつ病などの方や疲れすぎている人が癒されていくのに必要な方法の一つ、何もしない時間を作るというシステムである。


マ:てか、あんたそれ誰に学んできたわけ??(私は保育園で彼に遊びの延長のヨガを教えたことはあっても、呼吸法、哲学、思想など、怪しい教育は全くしていません・・・・・)


ム:僕はたまたまなんか簡単に出来たからよくわからへんねんけど、大人はそんなに何十年もそんな練習するの?


解釈:10歳までは子どもの脳という仕組みではこういう事は結構出来る可能性が高い。ただ早くから勉強、覚える、理解するを押し付けすぎると、これは未開発のまま10歳という大人脳の仕組みを迎えていきます。
彼が最近ぼーっとがなくなってきたというのは、脳の仕組みも関連している事も否めない。ただ、何も教わらずこうしてきたのは、彼の何かの資質でもあり、また家庭内で感じる事を長年会話の中に取り組んできた延長であることは言えると思われる。〜する、〜出来る、ではなく、〜をどう思った?という会話を意識して増やした事は事実です。


マ:そうだね・・・まぁあーちゃんの仕事の世界ではそうだから、あなたのインタビューアを材料にさせてもらうわね。本当に良いお話をありがとうね〜。


ム:あ、そうそう、ぼーっとするのも気を付けてな。


マ:何で?(私が思ったことは、ぼーっとしすぎて車に引かれるなどの不注意についてかと思ったが黙っておいた)


ム:ぼーっとしすぎたら、長く息し忘れるから、あぶないねん。僕は慣れているけど、あんまりマネせんといてな。慣れてない人には危ないと思うねん。



マ:・・・・・・・・・・(変なイントラやヨギーのプラナヤーマより、はるか息子の方がリスクマネージメントを考えられている・・・・。一体彼はどこで学んでいるのだろう・・・・) わかった気を付けるようにするわ、あとみんなにも気を付けるように伝えておくね。



ム:うん、頼むで。ホンマに危ないからな〜。



という会話で終わる・・・・



だ、誰だ、こいつ・・・・(笑)

この天然さとり君。
悟ろうとしたり、何者かになろうとしているわけではなく、心を使って感じるままに生きている姿という、特に怪しい「欲望と自己顕示欲のなさ」が横にいると、どうして私がヨガやスピリチュアルな師という者にほぼ魅力も引き寄せられるようなものも感じないのかという事を実感する事になった・・・。

だってこのさとり世代のさとり君は

本当の無欲の勝利だからだ。

こんなに呼吸を止められました。こんな世界を感じられるのですよ!

など一切アピールしてこない。

なぜ?

それは彼にとって特別な事ではない、普通の事だからだ。

ヨガを特別なものにしようとしている姿に、私はどこか違和感を感じるのは、きっと自然体から繰り出されるものではなく、人工的に操作されたものを誇張する事に????となっているんだと思う。

人工的に操作されたものは別に良いんです。
それをどうだ!どうだ!として、少しでも自分の「どうだ!」からずれたものを引きずりおろして、我こそが一番正しいのだ

というよくわからない寂しさと寒さにワクワクできなかったんだなぁと、息子との対話を通じて、自分の本当に欲しいもの、そうでないものを明確に出来たのであった。


元々持っているものは、こだわらずにいられる。
元々持っていないから、こだわってしまう。

という事なのかもしれない・・・・・・。


長旅ブログ、お付き合いくださりありがとうございました。
月別アーカイブ
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30