無理やなバンダからウディアナバンダへ。

November 30 [Fri], 2012, 17:11
本日よりパーツ美人の為のヨガは、暫く二ヶ月間はお腹美人。


本日全員アシュタンガを練習されてる方々でしたので、誰でも分かるウディアナバンダ先生の作り方をしました。



アシュタンガを受けていて困る事は、質問すると全部バンダで片付けられる事。


他の言葉使ってくれーって、言える雰囲気でもないのが、アシュタンガの世界。


正論なのよ、そう、全くもって、当たり前な程の正論なのですが、庶民には分からないですよ。


引き込んで、締めて、ロックして


さて、皆さんこの日本語からお腹を緩める都いう事が連想出来ますか?
多分その逆でお腹は固める、になってると思うのです。実際、縦割れ女子が多い。

あ、私は横に肉割れ系ですけどね。
横割れ、肉のせ女子にも希望のひかりを見せて欲しい。
誰でも分かる、出来るニュアンスが提示されないなら、きっとそれは選別機になって人を振り落とし始めかねない。

パンピー、花より団子的な言い方をすれば、一般ピープルを指すのですが(笑)身体能力が高くないと、バンダという言葉と、このニュアンスだけで、意味わかんないと言うのが多分本音なのです。

何故が身体能力の高い人々が行うヨガであり、その中の平均点以上の先生というハイクオリティでパンピー、ワカラナイノヨ。

私が思うに、アシュタンガを続けられる人は何かに優れているのです。

例えば、

身体能力
筋力
柔軟性
時間
経済力
忍耐力
根性

このどれかがL寸でないと、三年以上は続けてられないと思うのです。

私はどれがL寸だったか?
それは根性と忍耐力、そしてここには存在しないバイタリティと頭の柔軟性と回転で補っています。

共感できないような事を人が好んで四年も続けるとは考えがたい。

実家にあるみかん選別機を眺める度におもうのが、選別機の上に最後まで乗り続けてゴールするL寸のみかんが、アシュタンガ歴と結びついてるように見えるわけですよ笑

私は誰にでも、そして安全に行えるバンダと言うものを、長年研究し続けて、それをマタニティヨガと、キッズヨガから見つけ出す事となりました。


共通はリラックス。
お腹を固めるバンダが、いずれ女子には余りにも大きなものを背負いかねない事を黙って見ているわけにはいかない。

では、実際にどーすんだべさ?と言う事に気づいたのは今年。


お腹美人WSはそこから生まれました。


その内容が暫く二ヶ月間、本町にてレギュラークラスで行ってますので、是非お越しくだね。

あ、冷えもやりますからねー。

バンダだけじゃなく、あらゆるお腹ケアーをします。


また、来週末の足美人も同じく、お腹の話も出てきますので、是非お越しくださいね(*^^*)


岡山では、これにムーラバンダもセットして、誰でも分かる、安全なバンダ講座が行われますので、是非お越しくださいね(*^^*)

貪りボリ、釣堀、埋没=墓穴を掘り

November 30 [Fri], 2012, 12:54
マイムーコリンの為、本日練習お休みなので、パソコン仕事を二件制作。

一つは東京でパーツ美人シリーズWSのお誘いを受け、少人数のWSをする方向で進み、その内容を打ち込み。

春に行う予定で進んでいます(*^^*)

そして、来年山口で行う長期講座の告知用のものを制作。

講座が多いので、それに合わせた資料収集と読書、資料作成が来年も引き続きエンドレスな感じです(笑)


産後ヨガTT制作でひと段落だー、と思ってましたが、どうやら来年も制作作業はしばらく進行形です。

パソコン作業増えると、疲れからかジャンクフードを貪りボリ(笑)


更にマイムーコリンに釣られて、揚げ煎餅夜中に貪りボリ(笑)


体の重さはマイムーコリンではなく、単なるアーマー溜まりMAXなだけのような気がする(笑)


体さん、ごめんよー。
マイボディ運転手がバカ過ぎて、埋没!マイボディ!なんて事にならないように、気をつけていたいです

こんな埋没法ってやだなー(笑)
整形のアレみたいに良くなるのとは、ベクトル違い過ぎる埋没だなー。


まさに墓穴を掘る、ですな(笑)

ちゃんちゃん。

遅刻でやってきたあのお方の今月レポ!

November 29 [Thu], 2012, 17:37
マイムー子先生。本当は昨日来日予定でしたが、社長出勤で遅刻。


本日ご出勤。


今回は痛さがキツイ。


学生時代のように、学校休むほど寝込む事はもうありませんが、やはり痛みはありますね。


チョコレート、乳製品や砂糖類、小麦粉、キャパオーバーな魚はヤバイ。


あと白米食べ過ぎもダメなのよね。

要は身体を冷やす事はどうも合わないらしい。

マイムーコリンが来日予定前に魚を適量食べると逆にええ感じなんですよ。


昨日夜中に懲りずにかりんとうてんこ盛り食べたもんねー、わーい。

自己中心で、痛みを叫ぶ(笑)
ま、それについては自己責任ですよ。
控えられた月は軽いんですけどねー。


あと調べていくと、子宮後屈の人は生理痛がキツイ人が多いらしい。


出し切りたいのに、システム的に出来ないので、子宮後屈の人がしっかりトイレで経血出し切る方法を研究中。


そして子宮後屈の人は、免疫落ちないようにしておくのも大切かも、という情報をネットを眺めながら思ったり。


経血の逆流は誰にでも起こるのだけど、健康なら腹膜が綺麗なら吸収されて問題ないらしい。

が、内膜症や、クラミジアなどの感染症で白血球の稼働率が日頃から高いと処理が出来なくなり、癒着の原因になるらしい。


という事は、肝臓に負担かかるものや、免疫低下する事は避けるのが、子宮後屈にとっては重要かもしれません。あと全身の血液自体の質アップも重要かと。


やはり、早寝早起き重要って事ですね。


そして、出来るだけ逆流させずに早めに出すか。



子宮口が緩むコツがわかれば、子宮後屈でも放出しやすくなる、というのが、個人的な考察です。


子宮口を緩ませるのは、マタニティヨガの知恵をここで生かすべく、実験です!先ずは冷えは大敵ですので、循環良くなるようにしておく。特に下半身!足首もケアーです。

まず、その辺で売っているポリマー系のブツは使わない事が好ましいですね。


社長出勤されるお方様ですから、丁重に関わらせて頂きたいと思います。


プラクティスについても、絶対ダメかと言われたら、これは人によると思うけど、表向きには推奨はしません。

練習する事で、ストレスが開放されてそれてわ免疫が上がる人もいるわけですし、更年期の方なんかは特にそんな傾向があるように見受けられますしね。


この辺はやはりひとくくりには言い切れないわけです。

ただ、筋腫や内膜症などのトラブル抱えている人は流石に控えた方がいいというのが、この理論で見えてきますね。

しかしながら、内膜症はまだ原因は分かりませんから、これという事を確定は出来ませんけど、大切な事は体の声を、概念に囚われず、ストレートにキャッチする事を目指す事は大切です。


近頃の人間はルールに縛られ過ぎです。


ルールが目的にならず、つまりルールを目指す事から、ルールとはあくまで目安の為、リスクマネジメントの為にある事を忘れてはいけない。


何だかルールだけ守ってたら安泰や、になり過ぎて、頑張ったのにどうしてこんな目に?

なんて事をつぶやかない為にも、参考程度にこのブログも読んでくださいませ。


あくまでも、自身の身体の声を何処まで正確に通訳出来るかが大切なのだから。

新潟の生徒さん

November 29 [Thu], 2012, 16:02
以前マイソールパドマにお越し下さった新潟のHさんが、プチグレインのハーフのクラスにお越し下さいました。

フランス人の方も初参加。
日本語が堪能なのですが、日常会話とヨガの会話では、使う単語が違うので、アタフタ。


すると生徒さんの一人がすっと通訳に入ってくれました。

皆さん本当に優しくて、出来ない事はいつもサポートしてくださいます。


肩甲骨という単語が分からず、販売中のヨガ手帳を思い出し、広げて説明。

この単語はむつかしいですよ。

普通はショルダーブレイド?というそうです。

全然出来ない英語をしばしば入れつつ、なんとかレクチャーで伝えましたが、やっぱり英会話できるようになりたいと、感じました。


そんなこんなで、和気藹々。


新潟の方と繋がる事がしばしばあって、不思議だなと思う。


関わる方が皆さんayn繋がりなのが更に不思議。


またお会いできる事を楽しみにしております(*^^*)





体の国境問題

November 28 [Wed], 2012, 13:56
お尻美人マニアの萌える瞬間。


お尻と後ろももの境目である。


前屈と、ストレッチばかりしているといったんもめんのような、のっぺら尻になるので、ヨガだけしてると、この状況は避けれないのです。


ヨガだけ、しかも毎日2時間前後行う方で、ナイスオケツはなかなか見かけません。


ただスマートというのは、見かけますが、本当にメリハリある方はなかなかいないのです。


お尻の幅と太ももが同じ、もしくは太ももの方が厚みがある場合、大体お尻とモモの境目が曖昧なのです。

本来お尻にあるべきお肉が腿に流れています。



これを尖閣諸島問題と名付けています。


本来はお尻の領土なのに、重力?重圧?政治的活動?によって、実際は腿の領土に偏りつつある、みたいな感じなのです。



お尻の国境問題は、やはり表面的な平和解決、つまり平らなお尻は引き伸ばし過ぎてからやってくる、のです。


先延ばし、オーバーストレッチしすぎてはいけません。

締めて、筋トレしてはじめて境目が出来るのです。

という訳で、お尻の領土問題は、どうも本当の領土問題と似てますねー。


理由つけて、ゆるい所に甘んじては後のお釣りがでかい。

見た目やメンツの問題じゃなくて、腰痛膝痛の原因へと移行しますので。

って、なんの話やねん(笑)


テストする側からされる側で、斬られてみる事を大切にしている。

November 28 [Wed], 2012, 9:35
昨日はしんどすぎて練習を休む。

研修も休もうかと思ったけど、最終日だったので頑張って行ってみた。


半分以上内容がわからない専門用語が並びまくっていたクラスでしたが、そういった自分が知らない状況で学ぶ事は、自分がTTをしている上で生徒さんへの気遣いを学んだり、またすでにわかる方もしっかりと学べる環境にするにはどうしたらいいのか?を知る上ではとても重要なのです。


ピラティスの養成を出た方対象の解剖学+パーソナルトレーナーの講座だったので、本当に何が何だか分かんない事が多いけど、そんな環境で学ぶ時のコツを見つけるという方法がわかれば、専門用語がわからなくても、自分に必要な事を学んで帰る事は出来る方法を生徒さんに伝えていけばいい、という方法もあるなと思います。


メモを取り過ぎない事。
全部理解しようとしない事。
自分が感じられる事を見つけていく事
それを基軸に学んでいく事。

そして、自分がもっとたくさんの経験(感じる)を出来てから、再受講する事。



一度で欲張り過ぎず、本当にいいと思う講座は何回でも受講していく。


というのが、個人的にはいいかなと思いました。

色んなバリエーションを学ぶのもいいんだけど、それだけ感じられているのか?と言われたら多分浅い気がする。


連続講座やTTで何度でも受けたいなーと思うのは、多分誰でもがそんなにないと思うんです。
時間もお金もかかるじゃないですか。

どうでかけるなら、新しいものに費やしたいじゃないですか。

特に資格を目指す人には、無駄な出費になると思うんですよね。


同じ内容でも、何度でも受けたい!と思える講座は先生の魅力で決まると思う。

まず、眠くなるような内容では厳しい。
教科書をただそのまま読んで説明してるようでは眠くなりますし、メリハリのないリズムも、しゃべる内容も厳しい。
あと、魂からの意見を語る人は、特別な内容でなくても、聞きたくなる。

10時間を超える講座を担当する事が多いので、リピーター率の高い講座を開講出来る先生のいろんな事を学ぶ事はとても面白い。

例えばヨガが大好きな人が沢山集まるような講座ではダメなんです。

身内盛り上がりの講座は学ぶポインがあまりありません。

身内盛り上がり状態のネタでも、そうでない人が参加しても10時間以上楽しませるテクニカルのある先生が重要なのです。
あと、生徒さんが本当に現場に出て相手に対する失礼がないような心使いを厳しさを持って指導出来る先生も魅力的。

というわけで、生徒さんとして受けると優しい先生が豹変し、激を飛ばしまくってました。その注意は技術に関する事もあったけど、やはり自分本位に関わる事に対しての注意が一番厳しかった所を見て、安心しました(笑)
同じように感じながら、指導に当たっている人を見ると励まされてる気がする。

技術的な指摘ばかりしてしまうのは、技術的な事を求めている人という設定のみに通用するスキルなので、初心者指導のスキルを指導する私としては、そういった部分はあまり使えないのです。



さて、この厳しい激をどうやっていただいたのか?

昨日はテストをしました。
クライエントの訴える不調に対して、自分のすべての引き出しを使って相手が納得するケアーをしないといけないというテスト。みんなピラティスの先生、嗚呼どーする?アイフル・・・。全く私だけ蚊帳の外・・・(笑)

技術的な事がほとんど分からない中、それでも何が出来るのか?
ピラティスからそれを見つけるのではなく、自分が人生で生きて来た中で頑張って積み上げていた事を中心に、そこで学んできた事で自分に出来そうな事を一つピックアップして関わるにする。

それはヨガが全く分からず参加してくださった、キッズヨガやマタニティヨガの生徒さんがテストでどうやって自分らしく指導するかのスキルも伝えておかないと、現場で役に立たないからです。

テスト結果はですか?いっぱいダメだしされましたよ(笑)技術的には問題ありありです・・・。

ただ、声掛けなどの接客は流石だと先生と、グループセッションした方から褒めていただきました。
マタニティーで散々自分が指摘してる事が出来ないのは流石にあかんやろーと思い、これは頑張りました。

技術でカバーできない時は、自分が持っている全てのバックグラウンドを引き出せばいい。
でもこれは、自分の生きている人生をいつも意識して、単調な内容だとしても丁寧に過ごしていないとできません。

何もできない、とつい言ってしまう事がきっと人にはあると思う。
だけど、いつも意識して生きている人間からみればそれはやっぱり言い訳なんですよね。

何か出来る事をちゃんと気づけ、それを確実にアウトプットしていけるようになるのは、マットの上でポーズだけ頑張るというのは、結構役に立たないという事です。
立つのはヨガだけ、という事になります。
応用の効く努力というのを、これからも大切にしていたいなーと感じられた研修でした。

自分野中で一番大切にしたい事の順番が明確だと、人は学びやすい、アウトプットしやすい、選択しやすい。

実際なれない現場でこそ発揮されますから、これからも芝違いの所に行っては色々試してみたいと思います。



卒業生さま、39!!

November 26 [Mon], 2012, 12:19


土日コースと平日コース合わせて39名が今月卒業しました。

まさにサンキューです(笑)
本日は平日コースマタニティヨガTTが終わり、ホッとしてます。

至らない事だらけでしたが、皆さんの温かい気持ちに助けられ無事に終えました。


また皆さんと再会出来る事を楽しみにしております!


ビバビバ、マタニティヨガ!


女子の体は本当に面白いのですぞー。


来月は産後ヨガTTがはじまりますので、ご参加お待ちしております^o^

プチグレイン忘年会のお知らせ

November 26 [Mon], 2012, 9:44
大阪は雨です。かなりの勢いです。

防水仕様のパタゴニアダウンを初めておろしました。


早いもので、26日です。年賀状がくるのですよねー(^^;;

さて来月最終木曜日27日、プチグレインさんのアシュタンガハーフプライマリー後、忘年会へ行く事になりましたー。

主婦に優しいランチ忘年会です。


インド料理屋さんに行きます^o^


ご希望の方は、プチグレインの方にお問い合わせくださいませ!


ヨガ&インド料理を楽しみましょう^o^


この機会にプチグレインにお越しください(*^^*)


とってもアットホームで、気さくで穏やかな生徒さんばかりですよー。

お一人での参加でも、安心してご参加いただけます!



終わりやんした。

November 25 [Sun], 2012, 19:04
生徒の皆さん、アシスタントのゆうこさん、ありがとうございます(*^^*)


衝撃的すぎる、というコメントもありがとうございます(笑)


こんな先生初めて見た、もありがとうございます(笑)


問題発言に、問題行動、トリッキーな問いかけを暖かい目で見てくださって本当にありがとうございます。


そしてまたこの19名から学べた事を本当に嬉しく思います。


皆さんが皆さんらしい所へ気づいて、それに戻ろうとエネルギーを費やす事が、本当の満足につながるのではないかな?と思っているので、誰かになろうとせず、自分を良く知り、それが愛おしくなれるような知恵を学んでいけますように。


また皆さんにお会い出来る事を楽しみにしております。



ゆっくりされてくださいねー。

プリンターが。。。。。

November 24 [Sat], 2012, 21:19
ぷ、プリンターが動きません。


明日、朝コンビニでプリントアウトするしかないなー。

頑張れ!まりもんー。

とりあえず、またおやつ食べてのんびりしよ(笑)
月別アーカイブ
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30