13。

September 30 [Thu], 2010, 23:14
今月8冊目標が、13冊読み上げました。

順調に20冊クリア目指して・・・・

その前に、もうちょっと本を数えてたら、おいおい30冊以上あるやん!!!

今年中というわけにはいかない専門書が・・・・笑


とりあえず、ややこしいのと、ライトなものの混合で飽きないようにしていきたいと思っています。

さて、2年前に友達からもらった5冊ほどの本の中に(もらった本全然読んでいない・・・)
「ダイエットセラピー」
という本が・・・・

もっとも興味ナッシングな本ですが、読まないと買えないので仕方なくペラペラしてたら
思ってたより、まともな事がかいてるではないですか。
ダイエットのやり方じゃなくて、あり方を書いてるんですよね。
これ禁煙セラピーの人が書いたらしく(無縁なので読んだ事はない)
今、旦那が必死に読んでる作者の本を嫁も読んでるのか〜とちと関心。

正直、食事にある程度の秩序と意識化が出来ている人には、殆どダイエットセラピーの効果はないですね・・・・笑

「知ってる〜。あ、これもやってんで〜。そそ、これ常識。てか、普通やん〜」

みたいなどんだけ上から目線やねん・・・・笑


だけど、無意識だらけの人には目から鱗なんかも。無意識の人の方が素直だったりしますし、こうやって下手に知識なんてもってたら「心を開いて」のお約束項目から破って読んでる始末。

旦那に読むかと聞いたら「これは禁煙セラピーの人!」と喜んで手にしてました。
どうやらファンになった模様・・・・笑

昔、マクロビ始めた頃にせっせと説明した事は聞いてなかったのでしょう。
あの本を読んで、感動でもすんだろね。。。笑

先日のシバナンダ師の本に、心は一つにしか反応できない。心のスピードはとても早いので気づかないだけ。
人の印象は、心が感じたところしか拾えないので、人によって物事の印象が変わる。

みたいな内容でした。

ちなみに自我意識を乗り越えた人は、心の反応から卒業してますので、なんでも一気に感じ処理できるそうです。

忘れっぽい、覚えられない私にはええなぁ、これ〜。便利そう。(既に自我意識炸裂)

と感動しながら読みました。

今月は本当に良い本を沢山読めてよかったです。

TV&PCを控える生活をこのまま続けて、来月もとりあえず8冊読むをしたいと思います。

今日も一日皆さんお疲れ様でした。


ボランティア@キッズヨガ

September 29 [Wed], 2010, 18:59
毎月のお楽しみ、保育園にキッズヨガへ。
今の所、3年続いてるボランティアなのですが、ボランティアというより、ただ遊んでもらってる、といった所です。

今日は、大好きなまどみちおさんのがいらいごじてん、という詩の一部を読み、子供たちは大うけです。
まどさんは子供の心をわしづかみにする天才。
私も胸キュンです。

今日も子供たちの成長と、素直さには心を打たれました。

私も子供たちのようにいつも心を開き、頭と心は柔軟でいたいなと思いました。


また来月一緒に出来る事を楽しみにしています。

終わってから、スタバで読書。
順調に買いすぎた&頂き物の本は着々と減っております。
今月は11冊を読み上げ、ちょいと頑張って12冊を読んで見ようかなと思っています。

ちょっとライトな文学ならいけそうかな。
まどみちおさんの100歳記念の詩集でしめたいと思っています。

読書の秋、皆さんも本を手にする時間をオススメしたいと思います。
とってもいいですよ。

ハーバルライフ講座無事終了いたしました。

September 28 [Tue], 2010, 16:35
本日、ハービスエントにて開講させていただき、久しぶりの方々にお会い出来た事、また新しい出会いがあった事に感謝しています。
スタッフの方始め、本当にありがとうございます。


宮田先生がサプライズで来てくださったり、マタニティ、キッズヨガのTT生徒さんがお越しくださったりと、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。
去年の講座の生徒さんもわざわざ休みをとり来てくださったとの事。


至らなさの多い講座に温かく見守ってくださり、本当に感謝です。



また次回お呼びがあれば参加させていただければと思っています。



今日は本当にありがとうございました。

筋肉痛はなかなか消えない。

September 27 [Mon], 2010, 14:08
土曜日の練習から筋肉痛。消えない中、うつぼへゴー。



いつも持ち上がるラグバジュラが持ち上がらーん。



かなり筋肉痛がきてます。きてます、きてます。ハンドパワーです。


とびます、とびます、よりはマシでござる。




まーこんなに何年もして未だ筋肉痛になるこのヘボヘボさが好き、フォーリンラブですな(笑)



何年したから、何かになれた、とかじゃなく、暖かく、楽しく、ユーモアを忘れず、何事も過ごしていたいです。



ユーモアなくしたら、あきまへん。アタシのキャラも人生も、最もかかせない友達です。



なので、あまりシリアスになる事に没頭しない時間配分が大切。



遊んでる時間はそうありませんが、何をするにしても遊び心をもてば、毎日の時間配分で、遊び、してる時間がながーくなります。



暇がないから、


じゃなくて、



暇のない事にマヒして、シリアスにならんゆーことです。




シリウスは好きです。
プリウスは良いっすね。
ついでにプリキュアもいいですね。

全然意味不明。


バンザイー。
意味不明。

ユーモアちゃうやん。
意味不明やん。


さてぼーっとしよ。

日々反省。

September 27 [Mon], 2010, 6:11
昨日、今月9冊目の本を鶴見緑地公園で読みながら、色々反省。ジャスムヒーン著「神々の食べ物」
西洋人から見たスピリチュアリズム系なので、好きな人と嫌いな人が分かれそうな一冊です。
クリシュナムルティー系が好きな方はあまりオススメできませんが、西洋人ならではの表現力の豊かさはなかなか読み応えありです。あと、多少のヨガ哲学や精神世界、ベータ、アルファ、シータ、デルタが何かくらいをしておかないと何を書いているかさっぱり分からない本になっていますので、気をつけてください。正直私も何書いてるのかわかんね〜という部分も多く・・・笑 ←アホなので、化学式な文章はさっぱりわかりませんでした。

今月読んだ本はいっぱい反省させていただきました。

至らなさがまーすごいったらありゃしない。私はあほで間抜けですって名札つけてあるいてんだなぁ、毎日・・・笑
と思うような内容が多く出会えるのはまた幸せなわけでございます。

そして、都会生活の気づかないストレスに気づいていない事にも反省。

地元の友達が、よく都会でヨガ教えてるよなぁ。

という言葉の意味がちょっと分かりつつ。
別荘買うわけにも行きませんし、田舎暮らしの前に、今住んでいる家の危機でしょ、という話です。笑

息子と公園で過ごしながら、人間は自然のある所で過ごさないでいる危険性を改めて感じました。
しんどいからといって、休日家出寝る・・・は気持ちのいいシーズンは避けたいですね。

寒くなられば、いやでも動かないのに・・・亀も、びびる大木もびびるほどホットカーペットから動きませんから。
犬とスペースを分け合いながらぐーたらです。

さて、今月ちょっと気合入れて10冊目読み切れたらと手にしてますが、
これまた反省、反省、人間失格を感じられる良い一冊です。

スワミシバナンダ「ヨーガとこころの科学」

なかなかいいですよ。
クリシュナムルティーより、初心者向き、ヨガをしている人向きです。
比較的分かりやすいです。
スワミチダナンダさんのヨーガと魂の科学よりちょっと難しい・・・ですけど。
こちらはチダナンダさんの講話集が多く含まれているので、庶民的で、一般的なので分かりやすいかな。

さて、年末までに買いすぎた本を読み終えれますように。
うーん、たぶん軽く20冊は読んでない気がする・・・・涙

それまで本を買わないぞ!といいながら先日レジに行こうとしてた自分が怖いです。
とりあえず読んでない本が5冊になったら買う?
あ、だんだんいい加減になってきた。

反省、反省。


PS.明日のラブボディーラブアースの母性とダイエットが最終章。是非ご覧くださいませ。母性と依存がラストテーマです。

一番じゃないといけないの?

September 26 [Sun], 2010, 8:05
出来ないとダメ。

という事を連想させる言葉に最近よく出会います。
先日保育園で、いつも息子をはやし立てる子供が色んなチクリをしてくれます(笑)
ハルチはいつもくさいねん(おならをどこでもするので・・・・)
走り遅いねん。

とかまー懲りずに人の揚げ足取りが趣味な子供がいてですね・・・笑

私ですか?
わが子にいつも意地悪して!
なんて思いません。
子供の社会ですから、私がどうこういう問題ではないのですが、
大体子供が私の返答に黙りますね・・・


くさいに関しては
「我慢したら体に悪いから別にいいんじゃないの?くさいのが悪い事なん?」と質問し返します。
ポイントは表情を平然に。この手のタイプは反応する事を狙ってますからね。笑

遅いに関しては
「なぁ、遅かったななんか悪いの?一番だったらそれがええの?○君は一番なんや。そう。それはええ事やね。
でもいつも一番になり続けられるかなぁ?そうやね、いつもではないよね。一番になり続けることはたぶんなかなか出来ないいもんやねん。一番よりかっこいいのは何か知ってる?」

というと、大体黙るか、一生懸命頑張る事、のどれかを答えてくれます。

「そう、一生懸命頑張る事は大切やね。先生(ヨガでいってるので)のかっこええ、と思うのはな、一番になった人を一緒に喜べる子供。びりでもそれはできるやろ?これはなかなか出来へんで。一番になった人、勝った人を一緒に喜んであげれる人は、これからどこに言っても好かれるねんで。一番になり続けるのは難しいけど、これやったら出来るし、これできたら、どこ言っても幸せやろうな〜と思うねん」


といったら、大体ビリをはやし立てるのがストップします。笑

私は子供の頃、問題ばかり起こし、大人を黙らせるほど口が立ちましたので、大体次は殴られる。
先生にも親にも、祖母にも・・・笑

なので、口の立つ子供相手は負けないですね〜。
同じレベルで言ってきたら言い返されますしね。

全く違う事で、また納得できる言葉を投げ返す。

その後、子供が都合悪くなったのでしょう。
「ヨガのポーズ練習してんで〜」
といっぱい見せてくれました・・・笑

「お〜凄いな。自由に作ったらええ。あ、今度発表してくれる?○君」
というと嬉しそうに笑い返してくれました。

大人の喜ぶ事を無償にしたいのが子供。
大人が一番をやけに喜ぶからそれに応えようと頑張ってるだけの話。

だからビリの子供をバカにして、自分の凄さをアピールしてるだけ。
これは、子供なら普通にしますよ。大人がそうさせてるだけなんですから。大人の思いを素直に表現してるだけなので、
最近の子供は。なんてつまらない発言する前に、大人の無意識な言葉や態度を一度考えたらええんちゃうか?というレベルですね。

さて、子供は素直ですよ。若い人もね。
先日キッズヨガTTで若い方が来ましたが、学ぶ姿勢や挨拶に関してガツンといわせてもらいました。だから始めは引いてるんですけどね。
こちらがきちんと心を開いて対応してると、自分が間違っていたかもしれないと思える行動についてみんなの前で質問されたのですよ。
これは、心が硬くなってると絶対出来ない質問内容。
自分の積み上げてきた事を全否定されるかもしれないその質問は、プライドをかけたもののはず。
これは若いから素直なんですよね。
人間30歳超えたら、守りに入りますからね。
なかなか出来ないですよ。

私はその方に丁寧に説明をしましたが、最後によく自分の積み上げてきた全てを否定するような事をみんなの前で質問できたその姿勢に一番拍手したいと思う。えらいな〜。みんな拍手〜。
と伝えました。
そう、大人になると、出来てる人を妬んだりする事も増えるわけで。
また、賞賛する機会がないと、どこで賞賛していいかを忘れてるという事もあるのです。

気づいた人がその機会をどんどん提供すればええやんな〜と思っています。

大人の社会もそうやって変わっていけば、一番も凄いし、また一番を取れなかった子供が一緒に喜んであげる姿は最も平和的だと思うんですよね〜。

平和はこういう小さなところから生まれる。

技術だけを教え、思いやりを教えなければ、同じものにはライバル心を覚え、上のものには嫉妬を覚え、下のものには軽蔑を覚える。

ダライラマの言葉に感動しています。

一番は技術であり、それだけを目指す事を教える事なかれ。
だれも幸せにはなれないぞ。

と思うのでありました。

痛みとどう向き合いますか?

September 25 [Sat], 2010, 8:35
痛みの知っている人間は優しい。

一般的にそういわれています。
そう思います。

でも痛みを経験してるのに、人に痛みを与える人も沢山います。

私もその一人。
息子の子育てで、つい母の事をしてしまう事も多々ありますね。
あ、暴力はないですけど、言葉では痛みを与えてしまう事はあります。
これは事実。
逃げようのない、正当化しようのない事実。

知っているのに何故なのでしょうか?

たぶん、知っている、は理解している。

でないと同じことを繰り返すと思うのですよ。

痛みと戦って乗り越えていけた経験を持っている人は、相手に痛みを強要するでしょうね。

痛みから逃げた人間は、ともかく甘く、怠惰な人生を奨めるでしょうね。

痛みと共に生きる事を選択したら、しょうがない痛みと、感じる必要のない痛みを分けて考えられると思うのです。

たとえば、ガンなどの疾患と出産時の痛み。
これはどうしようもありません。

痛みを受け入れて、痛みが訴える事を飽きるまでただ眺めているでしょう。

さて、感じる必要のない痛み。
そうですね、自虐行為や、ヨガのポーズでの痛み。

えっと、必要なのか?

と冷静に考えますよね。
痛みは体にとって非常にリスクの高いもの。
ストレス物質も大量にでますし、血液が痛みの場所にとらわれますので、全身に満遍なく血液がいきませんよね。

痛みは緊急事態。
とりあえず緊急でない所は無視です。

その内末端冷え性に・・・笑 あ、大げさすぎか。笑

あまり体内的に平和じゃない、というのが私の意見です。あくまでも、ですよ。

また、痛みを乗り越えてタイプは、痛みがない所に幸せを感じられなくなるでしょう。
いえば、強い刺激でしか覚醒できなくなる悲しい方向へ。
また痛みを乗り越えた先に欲しいものがあるから、乗り越えようとするのでしょう。
無意味な痛みをするとは思えないのがこのタイプ。
痛み以上に自分の欲望に負けちゃってるのでしょ?
アタシもたまにありますね〜ウフ。可愛いでしょ?←勘違い女

痛みの向こうに与えられた欲望が満たされたとき、人は最高の恍惚感に包まれます。
マラソンと同じような感覚ですよ。

この幸せを共に共有したい!
なんて思ってるヨガの先生の所では間違えても練習したくないと思っています。
体こわれそーやもんね〜笑

マラソンしなくても、恍惚的幸せがなくても、幸せだといえれば、体を破壊しながらしか獲れない幸せとは無縁で過ごせます。
昔マラソンに嵌ってた時期もあり、それが原因で関節壊してますので、その代償は大きかった・・・ですな。笑

食べるでいってしまえば
胃がはちきれるほど食べないと食べた気になれないのと同じですな。
その内行き過ぎて糖尿病とか。。。。うーん。これも反省(よく食べるので)

つまりですね・・・・

痛みを知っていても、痛みと戦えば
「アタシも痛いんだから、それくらいアンタも我慢しろ。痛みがない所に学びなどない」
になるでしょうね。
親の虐待から、子供へ受け継がれるケースですね。

痛みから冷静に学ばないと、痛みを正当化しちゃいますから。
「痛みを乗り越えないのは練習じゃない」
とたまーにアシュタンガの先生は言いますけども、
それはその人がそういう痛みを受け入れず、戦ってるからそんな発言になるのでしょう。

それはその人がそうしたければそうすればいいし、そうだと思ってしまったら生徒もそれに従えばいい。
痛みがある事のありがたさを知っていたら、きっとそれと戦わないと思うんだよね。

選択権はいつも自分にあって、高圧的な人にあまり選択をお任せしない勇気は必要かなと思うのです。
ただし、虐待を受ける子供にこの選択権を見つけられるかどうか・・・ですよね。

でもいえることは、生きていればなんとかなる。
だから生きていて欲しいと思う。

生きていられて、そこから自分の本当の幸せの為に立ち上がる心の強さがあれば大丈夫。
乗り越えられるんです。マジです。本気です。

なので・・・ヨガや、そのほかの事で、本当に伴わないといけない痛みなのかどうかをよく考えて欲しいと思います。

真面目すぎる方は特に。

痛みを伴っても欲しいものがそこにあるのではないか?
痛みを伴わないと、生きてるような心地がしないのか?
痛みは自分への自虐行為に使っていないかどうか?

痛みを伴ったからといって罪が消えるわけじゃないですよ。
罪は自分を許す以外ではなかなか消えてはくれない。

痛み以上に、真面目な人は許す事が苦手。
さて、それと向き合えますか?

痛みが伴っていいというなら、体でなく、こうした真実から逃げないで向き合う時に引き起こされる痛みから学ぶ。
じゃないかな?

痛みを利用して真実を見ないでいい方法だってあるのです。
本当に感じたくない感覚をごまかすために。

それを気づけば、きっと心の底から生きてみようと感じられると思います。

少し時間がかかるけど、それについては頑張れ!
でも今頑張っているそれは頑張るな。

踏ん張るところを間違えないで。
燃え尽きて、空っぽになる間に。

色々言い訳つけて、そこにいる理由は何?従う理由は何?
選択できる権利があるなら、よく考えて、今どうしても出来ない環境にいるなら、意識して選んでください。

だまされた、なんて後で発言しないために・・・ね。

ウサギと亀。のろなま亀。ゴールしない亀。

September 24 [Fri], 2010, 7:39
ありがとうございました。
はじめてのフルプライマリーイベントは無事終了しました。

遠くからご参加くださったKさん、本当にありがとうございます。
またいつもクラスに参加されている方も、新しいポーズに頭を混乱させたかと思いますが・・・・

何事も、亀ペース!がオススメです。

15分のメイクは、やはり15分のメイク、1時間かけたメイクは簡単に崩れない。
とメイクのプロは言います。

早く出来たから凄い、かも知れませんが、
ただ凄いだけなんですよ。

私はフルプライマリーが見た目、形式上、世間的に出来たと言われるレベル(スプタクルマなど)が自力で出来るようになったのはアシュタンガをスタートさせてなんど5年かかりました・・・・笑

本当にびっくりするぐらいあらゆるものが時間かかっていますし、未だジャンプバック、ジャンプスルーはある意味ジャンプ擦るー、そうフローティングなど出来ません。


時間がかかっても出来ない。
それがダメな事なんでしょうか?

時間かかっても出来てるからいいやん。
なんて思ってヨガしてませんか?

私もアシュタンガをして3年過ぎた頃、どんなに練習しても、どんなに練習を望もうと、体もまた小さな子供を抱えてスタジオにもいけませんでした。スタジオに行けばきっと上手になる、練習環境が悪いんだ。

と思った時期もあり、最後は恵まれた肉体と環境の人しか続けられないヨガやん・・・・とふてくされた事も。

大体3年目でぶち当たる壁があるのがアシュタンガ。特に苦労されていない方は悩まずいかれますが、ポーズに対する執着や、生活環境でスタジオに通えない方がぶち当たってしまう事が多いですね。

4年続けられたら、大体続けますが、そのスタイルは一年前とちょっと違った形になる事が多いですね。

私はポーズのやり方も全て変え、その時に出会った恵子アームストロング先生のやり方に全て変えました。
それからスタジオに行くこだわりをやめ、練習に時間が取れないなら、それにあわせて生活をしました。

出来ないとダメ。
という事から離れるとなんて楽なんだ〜〜。

出来ないからもうやめる。
という事の判断も、危険だからやめる、に変わりましたし、「普通で考えて」が生まれました。

ヨガだけに嵌り、友達がヨガの輪だと、これがこの泥沼から抜けるのは結構大変。

私は普通に生活している人との付き合いを大切にして、ヨガやマクロビオティックでバランスを取る事をやめました。
だってそれだけでどっぷり生活してるわけじゃないので、これでバランス取れるほうが怖いっちゅーねん。

これはマクロビオティックで学んだ事。
一度は勘違いして、思いっきり痛い生活送ると勉強になりますよね〜笑
そう思ったら、旦那さんの感覚を大切に、そして旦那さんから学ぶ事が増えました。

私の先生は旦那さんなのです。
何もかもが違う。
なんの共通点もない。

偏らないために、勘違いしないために、違う人間といるのはいいですね。

え?どうして成り立つのかって?
簡単です。
干渉しなきゃいいのですよ。
これが仲良く長く夫婦をやる秘訣!笑

明日は雨だそうですが。

September 22 [Wed], 2010, 19:52
プチグレインさんで、はじめてのフルプライマリーのイベントを行います。

ゆっくりチャレンジしたい方、まだ未知の世界の方、敷居が高くて。。。なんて思っている方、全然大丈夫です。
軽減方で行うフルプライマリーの方法なので、誰でもご参加いただけますし、怪我や練習に苦しみを感じている方にもオススメです。

プチグレインの生徒さんはマイペースで楽しく練習されていますので、出来ても出来なくてもそれに振り回されず、
その時間を自分らしくすごせれるような練習をされていますので、初めての方も温かく感じるクラスだと思います。

まだ若干あきがありますので、興味ある方は直接こられてもいいですし、一応予約いただければありがたいです。

yoga-petitgrain@mail.goo.ne.jp

HP http://cplus.if-n.biz/5001088/

23日(木){朝ヨガチケット対象}
 12:00〜13:30  アシュタンガヨガ  片岡まりこ 
対象者・・ヨガ経験者で太陽礼拝A B をご存知の方

「フルプライマリーにチャレンジしよう」

 内容・・通常のクラスだけに通っていると、なかなかフルプライマリーを習う事が
なかったり、またフルプライマリーにチャレンジしている方でも、なかなかうまく出来ないポーズやよく分からないままやっている方、体が硬くて、先生や写真のようなポーズに程遠いからフルプライマリーは無理じゃないかと思っている方にオススメのクラスです。フルプライマリーのポーズ一つひとつを丁寧に解説しながら、軽減法で十分チャレンジできる方法や、ポーズが苦手な原因のほとんどが、出来ている(出来ているつもり)のポーズを見直すことで新たな自分の気づきを発見できます。 体が柔らかい人も、硬い人も新しい自分を見つけるクラスとなります。
皆様のご参加お待ちしていますね♪

  

おひとりさま、おひさま、おつきさま

September 22 [Wed], 2010, 15:43
仲秋の名月ですね。
息子の給食がお月見オムライス。


どんだけ手間かかったかー。
卵は使えないし、小麦粉使えないので、朝から奮闘。いつもより倍の時間がかかった。


でもなかなか楽しい。



今日はオフなので、いつもの気まぐれから田辺に帰省してカダラナゼルに日帰りマッサージに行こうかとメールしたら、予約いっぱい、辞めました。


フルムーン前にひっかけてフルプライマリーして2時間シャバアサナ。



やっぱりホームプラクティスはたまらん。



ただ、U^ェ^Uに何度も阻止されるので、サクサク行かないのが辛いですが、それも含め、のんびりする練習がいいですね。



大日イオンのスタバる、窓から降り注ぐおひさまを眺め、やはり特別な事をしたから満たされる、ではない。



いつも気づき、注意を払っていると道端の草花に気づくように、ひっそりとした豊かさがある。



刺激が過激さを増すと、不安感か不満感で溢れるのですかね。



気づきにくい、刺激とは言い難いものに敏感であるようにしておく。



何か得る為の行為からは生まれないですね。



仕事ばかりになると、何か得る為の行為に曝されがち。
私が未熟者ですから。



さて、スタバに何しにきたかというと、読書。
8冊目を読み終え、今月の目標達成。



クリシュナムルティの
人生をどう生きますか?



ぶ厚い本で、内容が複雑なので、ある程度本を読みこなしている方向け。


マントラ、ヨガ、瞑想、夢を実現させる類の本が趣向の人は絶対読まない方がいいと思います。



人によっては喧嘩売られてる気になるかもしれないし、グルジを持つ方は、グルジを持たないヤツの発言が浅はかだと感じるかもしれません。



個人的に、クリシュナムルティベースの教えが一番自分の人生にしっくりくるのですが、オススメ図書かといえば全然別問題。



今自分ののいるステージに合わせた本が個々によって一番しっくりくる本ですので、あえてこれこそが真髄!みたいな事も言えませんし、思いません。



個人でぼちぼち学び、気づき、注意を払い、変わろうとする事に愚かさを覚えている方にはどうぞ。



プライドずたずたにしてくださる存在として読む一冊です。



日々積み上げるはナンセンス、日々、死になさい。


と書いてますからびっくりですね(笑)


しかし今の私には一番素晴らしい言葉。


日々死んでおきたい。


これがなかなか出来んもんだ。積み上げる楽しさに執着を覚えた愚か者でございます。



愚か者は愚か者。
それ以下もそれ以上もなく、なろうともせず、ただその事実と共に歩み、日々死ねれば最高。


また朝起きたら愚か者であり、また受け入れて、死ぬ。



その繰り返し。



これが結構難しい。
けど、そうしてみたいですな。


このバランスの取れた一日に感じた事でした。
月別アーカイブ
2010年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30