幸せ

August 31 [Tue], 2010, 22:11
政治が大変な事になってますが。
大変というより、大変な時にますとりゲームを国費使って頑張ってる事の恐ろしさに気づかないで、マスコミも騒いでるのが怖いです。


こんな時こそ



皆様に幸せであるように。


誰かになんとかしてもらおうと思わず、自分で感じられますように。

相棒。

August 28 [Sat], 2010, 15:09
そろそろ月一の相棒が来る痛みが突然キター。



ありがたや、ありがたや。




ここ何年間は相棒は安定して遊びに来る。



しかしたまにゆっくり来る時がある場合、大体前もってわかるんですよね。




男性的な生活をしたらあかんねー。




アシュタンガをストイックに詰めてしたり、仕事がハード過ぎたりしたら基本ダメ。




今日は練習で新しい試みをスタート。



普通、アシュタンガではまずしない方法です。


喘息を再発させています。
基本、大体アシュタンガしたら悪化する時がたまにあり、大体原因がわかりつつあるのですが、なかなかな回避できず。


ニケタンで喘息について習った事をベースに練習してみたら、



これがなかなかナイス。




ただし、アシュタンガだけの枠でみたら、注意されるネタでしかないんですが、何事も正しさの枠にとらわれ、本来の目的から遠ざかる事は個人的には




御法度です。




しばらく実験して、また私だけでなく誰かに試してもらって良い結果が出たら報告予定。気が向いたらですが。


とりあえず今の気づきは生理関係が少し早まる感じがあります。
緩みが生まれやすいのですな。女子は面倒な事が多いけど、その分こうして気づきの基準が生理で分かる、素敵な人生です。



ともかく実験、実験、それはトライする事に意味がある。



自由に慣れる為に、です。
自由に成る為に、とはちょっと違うのです。



成っても、その環境が慣れないと不自由さが恋しくなるでしょ?



自由はいつでも誰ても、実は成れる。



不自由さが恋しいって?アホかこいつ、と思う方々もいるかもしれませんが、不自由さとは私にとって



とらわれ、つまり



依存です。




自由の為にきまりごとを疑ってかかる。



案外、自由のつもりで決まり事依存なんて事もある。



うふ、ウヒャー。




どんな場所でも異端児。
近頃はやっと端児を味わえるようになりました。


味わえるなんざ、大人の楽しみ。歳の積み重ねは楽しいのです。


命に感謝。

おきなわ。

August 27 [Fri], 2010, 20:58
今日、親友にからとても面白い話を沢山聞かせてもらった。

基本、彼女は天然系なので何しててもおもろいのですが、今日はなかなかまめしば〜な豆知識トーク。
ジャズの歴史を知って奥深く歌い上げる、というテーマの下10冊くらい山済みになったジャズの本。

彼女はプロのジャズシンガーですから、それくらいはもしかしたら普通なのかもしれません。


が、凄いのはここから。

読めば読むほど、日本人が歌っていいんだろうか・・・
逆に自分のルーツを知りたくなり、沖縄の歴史を勉強し始めたそうです。


彼女は宮古島出身。
どうやら沖縄は島によって言葉も文化もかなり違うそうです。


そしてなんくるないさ〜が生まれた秘話も教えてもらい、ニケタンで習った事とつながってるなぁと思ったのです。

沖縄は台風被害が多いので、建築物がなかなか維持できないらそう。
そういう厳しい環境の繰り返しで、そのうち歴史建造物などを積み上げて残す事自体をやめたらしい。

何も持たないのが沖縄文化、なんだそう。


まさになんくるないさ〜ですわね。

沖縄だけが特別が?といわれたらそうではなく・・・日本でも台風や、地震や大雪など日本列島の厳しさは、南北で違えど、他の国と比べて住みにくい環境にはあるのです。



よく外国で地震があった際「オ〜マイガ〜」ってオーバーリアクションで映ってるでしょ?

日本人の阪神大震災でそんなに感情露わにして騒いでる人、いなかったでしょ?

元々日本人は、理不尽な環境、努力したり積み上げても、地震、冷害、台風などで作物をパーにし、平地の少なく、大雪など、年中作物に恵まれる土地ばかりではなかったり、そもそもどうしようもない大きな自然の中のうねりを受け入れて過ごすしかなかったのです。

そのうち騒ぐにも体力要りますからね・・・
騒ぐ前に淡々とやる事やる、という国民性が生まれたそうです。


さて、おもしろいのはここから。

例えば東北なら、黙々と・・・・
冷たい雪と共に、じっとするエネルギーとシンクロしたんでしょう。


沖縄は、年中暖かさに恵まれているお陰で「陽気」なんでしょう。
そう、大雪に埋もれて食べ物が取れないではなく、とりあえず何かしらを取ってきて食べる事はできるでしょう。


つまりまさになんとかそれなりにはなるさ〜。
だから歌って踊って楽しくやりすごそ〜

なんでしょう。

水木しげる氏の戦争時代に南国にいた時に南国の人たちの暮らしは最高だ。(とてもマイペースとか、etc)

と書かれていた部分と照らし合わせても、暖かいと心もオープンになるのか、

同じ理不尽さを受け入れる態度が変わるんですね〜。


たったこれだけの話でいろんな事をフムフム君した私がはっとした事。

あ、鍼灸の先生の言う「これが頭使ってるやん〜〜〜〜」

やはり、私こそ沖縄にいってともかく
踊る、笑う、なんくるないさ〜

を体感する事が必要だと思われる・・・・笑

彼女といつか沖縄全部を回る旅に出ようねと約束。
そういや13年くらい前に一緒に海外で生活したよなぁ・・・(行ってないけど)

沖縄のほうが楽しそう。
取り合えずインド以上に行きたいのは宮古島ですな。

ええ場所らしいですよ。


意識化と考えすぎは別口で。

August 26 [Thu], 2010, 20:21
今日、仕事帰りに鍼灸の先生のところに行きました。
自律神経の治療に変えてから痛みがだいぶマシに。

結局筋肉のどこかが特に悪いわけではなかったようです・・・。

自分の体の不思議さというか、普通にしても全く体の調子があまりよくならない体質なのか、いつも色々質問して出来るだけ改善の役に立てばと努力していると、先生が一言。


「殆どの患者さんにはアドバイスや、治療の為に生活改善を促すようにしますけど、片岡さんには逆にこうアドバイスしたいですね」
「なんですか?」
「考えすぎない。痛みの原因探したり、改善の努力はほどほどにして、なんとかなるわ〜、という考えをもつようにしたら?」
「なるほどね」
「頭が良すぎるのも大変だね〜。笑」
「頭が良すぎるのではないのです。頭を使いすぎてしまうだけなんですよ」
「俺なんが考えすぎたら眠くなるもん。たぶんシャットアウトして、体守ってんだよね〜」

なるほど・・・・。
それから先生から色んなことを教えてもらい、その話通りに治療後実験すると痛みがないんですよ。


やはり私は頭でっかちのようですね〜笑
救いは結構大雑把でいい加減なところにすくわれているのかもしれません。


大らかさは、深く考えてたら生まれないね・・・笑
意識化しすぎると、考えすぎるのかもしれません。

頭使わない為に、いろんな工夫を考えなければ・・・


あ、頭使ってる。

こういう所が疲れるのでしょう・・・笑


先生曰く「そんなこといいながら、その人生が病みつきなんでしょ(笑)諦めたら?」

だって。

かもね。

趣味が人体実験が飽きるまで待つかね〜。

病み明け、ありがたく仕事スタートです。

August 23 [Mon], 2010, 23:20
今日から、マタニティー平日コースがスタートしました。


咳き込みだらけで申し訳ない中、皆さんが頑張ってお勉強されておりました。


一期生は、なかなか個性的な方が多かったので、しゃべるたびに突っ込みなんがも結構飛んで面白いなぁ〜と笑いながら講義したのですが、今回は皆さん大人しい方とまじめに真剣に取り組まれる方が多く、つまらないギャグは殆ど受けませんね・・・笑

いや、つまらないのでしょう。

まあいいのです。ユーモアが趣味なのでいいのです。

ボロボロの喉が最後まで出た事になりより感謝。
体さん本当にありがとう。

ラブアンドハグ
タカアンドトシ
みたいになってもーてましが、

ともかく今回再確認した事は、自愛!

あたしゃ、下半期は「自愛の10乗」を目指し、体を出来るだけいたわる方向、つまり精神を傷めつかないよう細心の注意を払って生活したいと思います。


病は気から。

体の痛みも、自律神経失調症が原因かも・・・というのも確定しつつありますし。
医者に言い放たれてたら、すでに24年が経ち(小学校4年)ある意味、ダチですな。

嫌いません。
不調さえアタクシの愛する相棒。

不眠症で困っていたら鍼灸の先生に
「寝れなくても目をつぶって横になってりゃ睡眠と変わらん。まあ精神的にはやすまらんかもしれんが、体と神経は同じように休まるようになってるから、とりあえず一晩目を閉じておけばいい」

とのアドバイス。

「寝よう、寝れないと体壊す、と思うのをやめたらいい。寝れなくても特に問題ない、と思って生活してみたら?」

と言われ、

そっか、眠れない事への不安と不満が余計に疲れてたようですね。

寝れなくてもええか。笑

という答えに行き着きました・・・笑

ところで皆様、眠れもしないのに6時間も目を閉じてじっとできる?
アタシはなかなか出来ないのよね


ダーラナ&ディヤーナ出来てないようですな。笑


刺激がない状態で意識がはっきりしてるってある意味、考え方を変えないとただのストレスなんですよね。
寝れない日は、8部門の後半の練習時間だとでも思って寝ます。

さて、体調不良は私だけではとどまらず。息子から始まった風邪は旦那、私、そしてまた2人にぶり返しています。

旦那はまた風邪をこじらせ、今日から会社をお休み。
息子の咳き込みもまだ治らず。

今年の夏風邪は相当タチが悪いそうなので(長引く)お気をつけください。

私もまだ激しい咳と厳しい喉の痛み、咳のしすぎで頭痛まで起こし家に帰って悶絶しておりますが、
3日間ぼけーとしたツケは山積みなので、PCでの仕事作業を再開しました。

明日ラブボディーラブアースは夏の落とし穴&美味しいスイーツレシピのてんこ盛り情報満載ですので、ご覧くださいませ。


ご迷惑をお掛けしております。

August 21 [Sat], 2010, 18:49
ご連絡が遅くなって申し訳ございません。
先日の金曜日、本日土曜日のクラスは代行となりました。


急に風邪を引き体調を一気に崩して寝込んでいます。

風邪を引くと必ず扁桃腺が腫れて、耳が聞こえずなり、激しい咳き込みと、熱も出ないのに全身の関節炎を起こすのでしばし復活には最低3日ほどかかります。

週明けに向け今は殆ど喉を使わず静かに寝ています。

子供がいると寝るという事がなかなか出来ません。
寝付いてもすぐに起こされ用事を申し付けられます。

主婦はおちおち寝てられないとは聞きましたが、本当なのですね・・・涙

これも含め、家族なんすね。
さて、横になって休みます。


ではでは。

海老蔵さんの美学。

August 19 [Thu], 2010, 19:44
6日ぶりに仕事を再開始めました。

といっても・・・
息子の看病でゆっくりできたなぁというのは昨日だけ。
主婦って言うのはそういうモンなんでしょう。


今海老蔵様のプロフェッショナルを見ています。


流石若手の中でひとつ頭出てるだけあって・・・
意識化されている所の多さにびっくりです。


意識化の多さと深さは人を魅了します。


無意識で可愛いのは
子供と動物くらい。
これは愛くるしい存在です。
若さと可愛いが同じレベルでみてもらえる存在と時期。


人が生きて年をただ取る人生だと、確かに老後疎ましがられても死かなないのかもしれません。
若さ(無意識)から年を重ねる(意識化)段階で肉体や物質とどれだけ向き合って
どれだけ突き抜けていけるか。




からだで芝居しているうちは芝居の事などわからない。
からだでしなくなってからやっと芝居の事がわかる。

BY海老蔵様


体を乗り越えるほどの意識化が出来るといいですな。
そして人それぞれのモチベーションの上げ方はちゃいますね。

おもろい
おもろい

ちなみに
本当の天才タイプは周りの意見など気にしないようです。
海老蔵さんも、水木しげるも・・・・。つぶれない天才はそう。
つぶれる天才は、テクニカルが強すぎて精神的についていかなんすね。
感覚が優れている人は、それを下げる事はできませんので、
それ以上の精神修行が必修かと思われる。

人の事気にならないってことはもうひとつ、
自分から出る感覚としっかりむきあえて、信じてるのでしょうね。

お勉強になります。ゴチ、です。

一般人はいっぱい勉強できてたのしーです

暑さの被害(笑)

August 18 [Wed], 2010, 19:47
だんなが突然帰ってきた。

風邪をこじらせたようです。


クーラーのい過ぎで乾燥した空気に喉をさらしすぎたとか。


私はクーラーを避けすぎて・・・
汗をかきすぎ、皮膚が耐えれず「あせも」がえらい事に。


こんなにひどいのは久々です。

肘なんですが、曲げるから蒸れてるようです。

息子の調子悪いのもクーラーにいすぎたら喘息が悪化してるような・・・・。

乾燥しないようにクーラーと向き合うべく、加湿しながら涼む旦那。

私もさすがに考えないとやばいですな・・・・。

オフだけど。

August 17 [Tue], 2010, 15:56
オフのつもりが息子ダウンで、看病中。


マイソに行こうと目論んでましたが、やはり却下(笑)



しかしここ一ヶ月の不眠症生活を取り戻すかのように昨日、今日の日中に寝ました。



あらら、だから夜寝れないのかねー。



とはいえ、昼間も寝れない日々が続いていたので眠気が来ると幸せです。



いい加減、不眠症対策を考えねば。



と長年思いながらその内また寝れるシーズンがくるので、いいのでしょう(笑)




小学生になる前からの疾患ですので、馴れたもん。



イロイロ調べてると、発達障害、多動症の子供も幼少期から不眠症を抱えるらしい。



自分の不思議がだいたいが発達障害に適合するから笑えます。
腑に落ちる事ばかりなので気にもせず、受け止めてるので問題なしですが、不眠症は改善出来るならと、最近鍼灸で自律神経を整える治療に変えました。




健康へのあくなき追求はまだまだ続くようです。



ある意味もう趣味になってるから笑えますが。




何事も今を楽しまなくては、幸せを掴む以前の問題。



掴むより、そこにいつも寄り添っているのです。

利己的理想からみたら不完全でも宇宙規模からみれば全てはパーフェクトバランス。
掴みみたい理想を捨て、今与えられた全てを楽しむ。


恐らくこれが、一瞬いっしゅんを生きる、なんでしょうね。



楽しめないのは、理想と今を比べて不幸探しをやめないから。



自分の理想を手に入れても、本当に満たされるとは保証がない。



貪りは案外止まらないもんです。



理想を追う、より、理想を追い払えかな。



チャオチャオ。

受容ができれば。

August 16 [Mon], 2010, 21:02
自分の罪深さを受け入れ認める事と責める事を一緒にしない。

瞑想をしていたときにふと思った言葉。


逆を言えば、徹底して自分の受容が出来ていれば責めることは生まれないのでは?

受容がないから反発する形で「責める」が生まれる。


ドンミゲルルイスの本に

許す値に達する達しないに関わらず、他人を許す事。
許さなければ、相手の犯した罪に対して思い出すたび自分がしんどくなるからだ。
相手の失態は、自分の非とはなんら関係がないのにもかかわらず、そのうち自分のあらいるものを憎み始めてしまう。

他人に関わらず全てを許していく事。

というような事がかかれていました。

沢山の精神世界の本や罪をテーマにした本を15歳から読んでいましたが、
許したものに勝るものはなかなかない。

それを実感した最近でした。

今息子がまたダウンしているのですが、私はいつも子供の状態の悪さを自分の失態として責めていました。
私が至らないから、と。

実際至らない事があります。
ただその事実だけを受け入れて責めるのを辞めることで、心が疲れません。

私の心の疲れは息子に振動として感染する事を知っていながら、ここをケアーできていない。
それを責めても結局解決には至らない。


結果的に、息子は症状が変わらなくても長い目で見たときに、介助するときにイライラしなくていいのです。
イライラはただのあせり。早く良くならない事へのあせり。

思いやりがないからイライラしているわけでない、という事実に冷静に気づきを得れます。

そして、早くではなく、深く自分の責める癖をこのときばかりに、つまり緊急時にこそ、スタートする。
調子のいいときにある程度の事ができるようになっているのであれば、
今度はマイナス時にこの作業を息子の背中を撫ぜながら行うのです。

責めても何も生まれない。

許せば全ての苦しみから解放される。

責めたくなるようなつまらない決まりごとの数々「つまらないお約束事信者」の脱退は幸せへの道には欠かせないかもしれませんね。

幸せになれないような全て信じる必要はない、というのも書かれていました。

私もそれに一票、幸せになりたいなら、ですけど。
月別アーカイブ
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31