きっと大して変わらないもなんだよな。

February 21 [Sun], 2010, 7:19
生きたいと思えるようになると、結局何処にいても一瞬、いっしゅんは新鮮ですし、
新しい学びや、気づきはいつも以上にあふれています。

去年、調理師時代から続いた「仕事中毒」から抜け出せ、今年は、ワンステップUP!「孤独」 
あ、「孤立」ではないのですよ。孤立して耐えれない孤独ではなく、静かな独り、です。
つるむ、つながる、から移行するそのタイミングが「今」だとわかったら、それを見逃さないよう、静けさの中に過ごして行きたいなと思いました。
それは心を閉ざさずして、開いたままで、誰ともつながらない。

私と、私をつなぐ為の生。
無駄にしないよう大切に過ごしたいですね。

私の内側の静かな革命に、わくわくもなく、特別な気合もなく、
料理を作るように思考が動かず進んでいく。料理は何も考えなくても自然に出来る。ヨガ以上に動く瞑想になっている。
染み付いた感覚、変わりない毎日の行為、そこにめんどうだとか、楽しいとか殆ど感情が動かない。
無心になって向き合う。料理が嫌いな人生は結構もったいないと思う。

だから、日常の態度が急変する事もなく、
いつもと変わらず、分からず。

変化する事、革命する事が誰からも観てわかる革命だとこだわっていた事に気づきました。
何も変わらない、変える必要は特にない。

やっとそこに気がつけたことに感謝ですね。

人から気づかされる。
人と人との導きあい。

これがきっと助け合い。

イキタイ。

February 20 [Sat], 2010, 18:39
何処何処に行きたい。
〜〜〜をしたい。

めっきりなくなりました。
一瞬、ウツ病かと思ってましたが、全然違いました。

この場所で普段の生活を変わりなく過ごしながら、毎日が充実するようになりました。
あんなに色々やりたかったり、旅行、勉強に行くために燃えまくってたのに、それがない環境にいる事がフラストレーションだったり、余計に抑圧されて行きたい気持ちが高まっていたのもあるかもしれないけど、逆にその環境がない分、その環境にさらされるより、気づくのが早かったかもしれませんね。

もう一つイキタイは
「生きたい」
と心から思えるようになったこと。今年の正月くらいから思えるようになりました。

え?
普通そうだって?

私がヨガを始めるきっかけなんですが、12年以上前に異常な思考つまり「生きる方向と全く違う方向に行きたくてしょうがないのを止める為」
に始めました・・・・。
ここ3年くらい前から「死にたい、消えたいとは思わなくなった」
と普通にかんじるようになりました。

干支一周してやっと「行きたい場所」がなくなり
変わりに「ここで生きたい」と思えるようになりました。

生きる覚悟が出来たんでしょうね。
毎日キラキラ。です。
調理師時代はギラギラでしたけど・・・・笑

濁音(にごり)が取れてすっきりですわん。


困難を乗り越える。

February 19 [Fri], 2010, 20:54
男子フィギアみんな頑張っていて素敵ングでしたね。
靴紐切れてたり、怪我から立ち直ったり、色々あるとめげますがそれらに出会える人は、出会えない人よりやはり幸せものだと思います。

困難を飛び越えるのはちと無理ですが、乗り越えるのは本人の心の持ちようでどうにでもなると思います。


人生生きてると色々辛い事や、厳しい現実に出会いますが、そんな時に慰めに走るのか、癒しに走るのか、学びに走るのか、ともかく逃げるのか、認めることも放棄して自分を正当化することに走るのか。

道は色々。
私は結局どれをとってもゴールは一緒だと思う。
時間のかかり方が違うだけで、なんだかんだみんなすごろくは上がるしかない!です。

そんなモチベーションが上がらないとき、というか、上がらなくても別にいいのですが・・・・と最近は思いますけど、
今ある自分に意識がなかなか置けないとき読むのは、クリシュナムルティの「瞑想」

1ヶ月前くらい前に手に入れ、読み始めてたのですが、生徒さんの目に止まりそれが今その方にとても必要そうな本に思え、
そのままあげてしまいました。

今日その方とお会いしたのですが、この本をかばんに入れてるだけで癒される。

そう笑顔で語られた姿を見て、ただシンプルに良かったな、と思いました。

アマゾンで注文し直してやっとやってきました〜。
早速読書。

嗚呼、ニケタンが進まないのだめカンタービレ・・・。とか言ってる場合じゃないけど、
やっぱりこの本を読みきって学びながら癒してあげたい自分自身を・・・ですね。

私が手にした瞑想の本で一番シンプルで真意をついている本だと思います。
瞑想の本って頭の良い方ばかり欠く傾向にあるせいか、難しく書きすぎなんですよね。

これは、大丈夫ですよ。
ただ、これの本当のいっている意味がわかる人がどれだけいるかはわからないですが
コテコテしたもの一切なし。

字も少ないし・・・・笑
読書嫌いな人もいいですよ。

オリンピック楽しいですね。

February 18 [Thu], 2010, 20:02
冬のオリンピック楽しいですね。
速さを争うタイプより、技があるものが好みのようです。
フィギアやハーフパイプ、モーグルなどなど。
ハーフパイプのホワイト選手の技がかっこよかったっす。

世間はカーリングが押しのようですが、
ルールを全く知らないので、あまり興味が沸かず。

しかし特殊な動きをするので、見始めるとついみてしまうのですよね。
あの掃除スタイルはいったい何なんだ??

たぶんそれで角度やスピードが変わるのだと思うのですが、
本当に氷がどうになかって、それによってあの玉の行き先がかわるんかな・・・・
その不思議に魅力ありです。

さて、明日の男子フリー。
楽しみですわん。

久々に聞いてみました。

February 17 [Wed], 2010, 20:11
仕事でipotを持ち歩くので、本を読む気にならない時、たまに音楽を聴きます。
沢山入れてても、結局聴く音楽って同じなんですよね


プライベートアーティスト

1位マドンナ(ダントツ)
2位ジャネットジャクソン
3位YUKI
あとはどれも似たようなもんかな
マドンナはアルバム数が多いので一番聞いてるのは
コンフェッションズ オン ア ダンスフロアー

レイ オブ ライト
でもな〜
ミュージック
も多いな。
いや
トゥルーブルー
いやいや
ライクアプライアー
ハードキャンディー・・・・
いや、どれも結局聞いてるな。。。

久々に聞いたのは
リサローブ
ファイヤークラッカー

なんかとってもノリノリになってきて、
仕事帰りが元気になった。

サンキューリサローブ
かわいいシンプルな声とアコースティックギターにほっこりです。

音楽っていいですね。

ヨガ関係の音楽も好きですが、
仕事でどうしても聞くので、プライベートでは気持ちの切り替え、気分転換、思考の切り替えに出来るだけ
違うものと関わるようにしています。
視野の狭さは、心の狭さにつながりかねませんので。

とりあえず、音程がずれてる歌以外は普通に聞きます。
絶対音感なので、ずれきった音を聞いてると、調律の合っていないピアノやギター曲を聴いてる気分になって、気持ち悪くなる。
それ以外ならOKです。あとどうしようもない恋愛の歌もごめんですけどね・・・・笑

marimo的3つのグナ。

February 16 [Tue], 2010, 21:48
前半はプラクティスの話です。
それと絡めて、やさしく哲学のお話。

今日久々にユミ先生のマイソールへ。
Bスタジオで14人という状態だったので、一人が使えるスペースはわずか。
プライマリーシリーズはマットからはみ出る事が多いので、今日は辞めて久々にセカンドしました。
状況を読んで、今時分の決めている事にこだわらず、変化する自由を持つ事。
インフルエンザ明けから初めてのトライだったのでちょっと恐怖心が・・・。

やらないので、遠ざかった様方もありましたが、プライマリーを丁寧にしてたおかげか、首に足をかけるポーズは少しずつ楽になってきました。といって、出来てるわけじゃないですけど、呼吸や姿勢の苦しさが減ってきた、という意味です。

思考の働きを手放しての行為の練習の大切さをユミ先生から気づかされ、昨日いったマサさんのマッサージでもそれに気づかされ、バックベンドは「思考やめ、呼吸に徹す」をやり始めて、本当に楽に出来るようになってきました。

出来るようになったというのは「そのポーズの見たクレが出来てるような様」ではなく、
恐怖の中に思考を持ち込まない事による、体のリラックスとのびやかさ、呼吸の安定、の意味です。

思考と知恵を徹底してやり尽くした後にくる思考の手放し。
意識化をさせる為にした思考から、意識をしながら思考を手放す。

無意識、無知からくる思考のなさと一緒にしないでいい段階に入った領域。
思考の領域は行き着くところまで行ったサインが、ここ1年の人間関係や環境から気づいた事です。

さてこれを三つのグナで説明してみます。


タマス・・・・・意識と無知からくるリラックス、正確には粗雑なリラックス、怠惰、無秩序、都合の悪いものを切り捨て、心地よいものだけを集めた上の幸せ、そうでないものへの排他。五感への快楽主義、ネガティブな感情を正当化する、社交辞令が出来ずに、感情を態度で出し尽くす。他への無関心が故の平和。内容が無秩序なこだわり。

ラジャス・・・・知識、秩序をつける為に必死に頑張る。社会的な部分での成功の為の行為。
意識化と共に生じる思考、思考によって心を諭す方法、ギヤーナヨガ、や理智鞘の修正、苦行、自分への罪悪感や劣等感を糧に努力する域。外に向けられた意識、基準に即す努力。社会的秩序へのこだわり、感情を殺す。相手への気遣いが自意識過剰ぎみ。過剰意識と怠惰意識の行き交い。緊張の伴う日常。善悪に対し、悪を退治し、善を正解とする。
正解の狭さになかなか気づかない。内容が秩序あるこだわり。

サットバ・・・・2つのステップの全ての加減を見つけること。答えがない、正解がない、概念がないゆえ、全てを許す意識。
やさしさ、愛、慈悲、罪の意識から自己を解放する勇気。世間の概念を排除せずに、解放された状態である事。願望からの解放。未完全なままで許しうける事。関心を持ったままで、あらいるエゴに反応しない精神。罪の意識からの解放により、自然な行為が、全ての時間で出来る。それが故、うそが生まれない。
相手や状況に対する無関心から生まれるリラックスとは異なり、関心を持ったまま、相手のエゴに反応しない。
こだわりのない世界。思考から微細体を感じ、そのレベルの意識化が永遠に続く状態。


これが私の思う3つのグナです。
私の一ヶ月集中プログラムは罪悪感への徹底した解放。
それから生み出された自分を「下げる言葉」の卒業。
これにはインナーチャイルドへの癒しや、下(自分を厳しく追い詰める瞑想)への意識から、上(高度、微細レベルの宇宙意識。全てが肯定された世界、完全、時間の定義のない状態、それゆえ、失敗や罪の定義は存在できない)に向けた意識化と瞑想が必要となります。
一日をともかく丁寧に積み重ねてみようと思います。

手作りチョコ、作られる体や心。

February 15 [Mon], 2010, 21:20

今年の手作りはくるみとレーズンのブラウニー。
もちろんいつもと変わらず「目分量」
だけどこれが結構ビンゴ。




こまめには無添キャベツボーロを買いました。
がっつり食べてる豆さま。


作って楽し、
食べて楽し、

お気楽、極楽。

心も体もほっこりする事ってとっても大切。


手作りって本当に素敵ング。
手作業っていいですね。

毎日料理する事、
動く瞑想。

味わう事、歓びの時間。

毎日、一日とっても愛おしい。
プラクティスがままならない近頃ですが、
変わりに料理できている事が私にとても大きな事。
私だけじゃない誰かのためにもなる事、料理をする事。

作れる幸せ。
そう感じられる自分でいられる事が心地よく。

みなさんも、心が疲れてきたら
ご飯を作ってみてくださいね。

嫁業も母業も「オニ」ですが・・・何か?

February 14 [Sun], 2010, 23:10
芸人様見た後は・・・・・
望み通りのアイススケート体験へ。
予想をはるかに上回り・・・・
靴を履いた瞬間から歩けず、
氷の上で滞在3分。
私が引っ張って担いで終わった・・・・

すねて、泣いて、言い訳だらけで・・・
初めてやから、すべられへん。

誰だってはじめから滑れるわけないやろ、と厳しいばぁばの突っ込みに更に言い訳満載の息子・・・笑

根性ないなぁ、うちのぼっちゃん・・・と思うのでありました。

出来なかったらプライドにかけて、出来るまで無心になってやるタイプだった私と
出来ない事がプライドを傷つけるので、あえて関わらない息子
そんなちっせえ人間でどうするんだ、しかしあきらめてもらうしかない。
私の息子として生まれてきたら、それで流してもらえるわけがない。

安易な事しか努力しない傾向にあるのはいまどきの子供の傾向なのか、息子の性格なのか・・・
旦那に似たのか全然わからないけど、出来ない事で機嫌損ね・・・

内心「お前は何モンや・・・・笑」と思ってしまいました。

さて、こんな息子に私も負けません。
お金がかかっている事、自分の言った事に責任持つよう意識する事、
言い訳の内容について、きちんと説明させるようにする事。

泣いても容赦せず、感情的に怒りちらさず、自分のやった事が帰ってくる事から逃げれない事。
泣いてむくれて、それで自分の気持ちをわかってもらおうという様な事では、友達とうまくいくはずもない。
あなたは言葉の話せない赤ちゃんですか?しゃべれない人が態度でわかってもらうのは仕方ないけど、
お話できるなら、それを出来るようにしなさい。

と結構鬼トークです。
最後に「どうしてやってはいけないかわかりますか?」
と聞いて「あーちゃんが怒るから」
と言ったら、
「怒られるかしないでは、あなたは見られなければするということです。わかりますか?あーちゃんはそんな事一言もいっていません。」

から、もう一度しつこく?説明が始まりますね・・・・オニだよと思うけど、私が親にただただ怒り散らされ、叩かれ、どうしてやってはいけないのか?という理由に納得する理由ももらえず、口答えとして力でねじ伏せられ、余計に反発して問題行動を増やした経験があったので、問題と向き合う癖を幼いころからしておくっていいんじゃないかなぁと勝手に思っています。

息子がはぐらかして逃げようとしても、自分の行為を徹底して意識させていく事には結構ヘヴィーなので、追い詰めているようにも見えるかもしれない。

感情的にならないで、言葉をきちんと操れるようになっておく事が躾の一環だと思っていますが、
旦那から見ても「この嫁、オニ」だそうです。

ちなみにこの躾中、隣にいた知らない母親が驚いた顔してずっと聞き耳立ててました。

結局息子は機嫌を直すまでにいつもの通りかなりの時間がかかり、
旦那だったら、物買ってもらったり、機嫌取ってくれるけど、そんな事必要ないと思っている鬼母は、
何事もなかった様に普通に話しかけ、普通にします。拗ねてたらまず相手にしない。反応しない。
それが余計にプライドを傷つけるのみたいですが・・・・無視です。笑
息子の問題、ガンバッテネ、母は強し→母は冷酷です。

一緒に絵を観るのもずーっと機嫌が悪く・・・笑
それを無視して、息子の書いた絵について質問攻め。

よく観察出来た部分について、いつこれに気づいたのか?
電車の車輪の数や、ドアの特徴、細かい部分への観察力などについて息子に問いかけます。
これは観て書いたのか?思い出しながら書いたのか。

よく気づいた部分を特に褒める。
そのうち機嫌が直っていき、他の子供たちの絵画についても、お友達の絵の素晴らしいところなどを語り合ってみました。

子供の発達や、個性を見るのに絵は楽しいですね。
子供の脳の中を見てるみたいで本当に面白い。

大人から発想できないようなアングルだったり、
デッサンの才能より、将来クリエイタータイプだと思わされる想像力を持った絵があったり。

私学の小学校はレベルが高くて「さすが」と思ったり。

絵は観察能力を観るのにとても良いですね。
電車が好きな子は明らかに絵を観ればわかる。

こうやって観てるとですね・・・・
子供だからばれないとか、あやふやに出来るなんてとんでもないのですよ。
悟りがすごい・・・・

子供って天才だ、天才をつぶしているのは間違いなく「大人」が作り出す環境だと思います。
センスは環境で決まるといわれています。
子供の観察能力を褒めるって大切。無意識に書いた事が、認められる、つまり復唱される事で、意識に変わって
より高い意識を持つ事が出来ると私は思っています。

子供をこうしたいと強く親が頑張る場合、案外子供の可能性を潰す傾向にあると思うので、
子供がこうしたいと思っている事に耳を傾ける事が出来たら、結構面白くないですか?
親がこうしたいって結構ハードル高いというより、もう限界をすでに与えているような気がするんですよ。

こっちが想定しないものは「無限と未知数」

面白いですね。
全ての子供は、面白い。
興味深い。


息子の未知数を見れるこの一枚。
絵がうまいとかそんな次元でみたら、宇宙は見えないのだ。
この絵は宇宙、だから面白い。



吉本芸人パラダイス。

February 14 [Sun], 2010, 22:26
今日、母と息子と一緒にひらぱーへ。
京阪電車の絵を描いたので、ひらぱーに飾らせています。その招待状が無料ときたもんだから、行くしかない。


つくとすごい人盛り・・・・
いったい何事かとみると


やーん。
のんちゃん!!!!!
ナマフットボールアワーの漫才みちゃいました。

今日はバレンタインイベント最終日で、
シャンプーハット
笑い飯
あと知らん芸人(ごめんなさい)


ただでみちゃったさ。
田舎ものだからね、こういうのはテンションあがりますね〜。
って漫才別に興味ないのにな・・・

ただ、この3組は好きです。

生活発表会。

February 14 [Sun], 2010, 22:16
今年で4回目になった生活発表会。
来年出れたら5年か・・・・。

ずっと泣いてたのに、今年は立派に長いせりふを語り、
楽器をきっちり演奏し、成長してんだな・・・と、母と一緒に見させていただきました。

キッズヨガで子供たちと関わる事も多いので、自分の子供だけじゃなく、みんなが愛おしく。
あんまりみんなかわいいから、わが子以外の撮影しすぎて、最後テープが足りなくなってガーン・・・・。


こんな保育園ライフもあと残すところ1年です。

早いな〜。

月別アーカイブ
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28