共、友、智

December 29 [Tue], 2009, 21:42
今日アマゾンからやってきた本を楽しみにあけ、早速読んでみました。
友達の紹介で知ったヒーリング法なのですが、詳しく知ってみたいと思い購入。

その初めの言葉に
「辛い記憶はトラウマに、よい記憶は執着となって私達が正しい判断をする事を妨げます」

という言葉から始まり、あとは滝のようにただひきつけられるようにして読んでいます。
前者の言葉はよく聞くけど、後者の言葉をこんな風に表現されると、気持ちがいいなと。
ヨガ系の本だと、これらに対して、ながーい文章と難しい文章でツラツラ書かれているんですが、
読書力がいうほどない私にとっては、結構大変なお勉強である。
そう、あまり難しいと楽しく読んでるではなく、「お勉強させていただく」気持ちに切り替えないと読めない本が多すぎる。

チベットの生の死の書もまだまだ読めてませんが、あれを読んでるおかげか、読みやすい日本語の本はサラサラ読めるので、気分転換に読んでいます。
チベットの〜本もとても素晴らしいのですが、かなり集中して読まないと、何度でも読み返さなければなりません。


辛さを恐怖に繋げれば、同情に変わり、
愛情に繋げればあわれみ、慈しみに変わる。

というような言葉がチベットの方に載っています。
同情は、かわいそう、自分でなくて良かった、など利己的な意識と繋がった上で生まれる感情であり、
哀れみや慈しみは、相手の状況になって感じる行為なんだとか、そんな事を書いていた。
正直結構難しい本で、おそらく殆ど理解できていないかもしれないので、気になる方は読んでみてくださいね。


色々読むと勉強になっていいんだけど・・・・。
思ってるより頭でっかちになっていくな、と感じるのでありました。
現在私の頭の中に未だ理解を持てていない「バルド、ポア」
この言葉が分らないまま読んでる私は、半分も理解読できてないかも。

ともかく、死に際が最大の「浄化イベント」だっつー事です。その大舞台でミスしないかが重要らしい。
簡単に説明すると・・・・
死に際、死直後はパニック祭りでどんちゃか騒ぎで、
その中で選択ミスしないで、その祭りが終わるまで、祭りに溺れず、金魚すくいもせず、どのだんじりの車も応援せず、祭り後の寂しさにも負けずにすごせれまっかいな?
一つでもしたら「アトの祭りでっせ・・・・輪廻転生、もしくは、それさえ出来ずに、がびーん」

みたいな感じに理解している・・・・え?ふざけるなって?
だって難しいんだもん・・・

読むたび、死ぬ時の祭りに備えて、日頃から「祭りに興味ありゃりまへん」と唱えておかなければならないという事である。
祭りは執着、煩悩でございます。
oh!簡単とは言い切れないな・・・・笑


執着してもあまり良かったためしがなかったので、そんなにないほうだとは思っていても、やっぱり日常で色んな出来事が私を現し、見せつけられてるなぁと思う。

気分悪いなと思う事だって、全て私の内側の現象である、と理解していても、相手や物事に思いのほか気を奪われてしまっている。

考えないでぼーっとしている事はよくよく考えればないし、万年煩悩祭開催中である。

先日知人からプレゼントでいただいたダンミルマンの本には
「学びだけを残しなさい。体験は全て消してしまいなさい」

という言葉があった。経験ではなくて、体験なのね・・・・とフンフンと読んでると、ふとこんな事を思い浮かんだ。
経験=体験+学び

学びだけ残す場合、やっぱり体験を引かないと計算上つじつまが合わない。

自分で思ってるより、なんでもそうだけど出来ていない。別にやられた事をうらんではいないが、ネタにはしてるな。許せ、母よ・・・笑 
今年は反省の年(九星気学で)とは上手くいったものです。

共依存的なバランスで成り立ったものを引き裂く時は、そう簡単じゃないですね。すでにマブ友の中ですからね。
経験だっていってみればそんなもんよ。
喜怒哀楽も、生と死もみんな「共依存」の中のバランスですよ。

何も生まない場所「空」の「孤独」にきっとまだ耐えれないんだろうな。孤独に弱くはないが、友でもない。
いえば、ただのサミシンボ+くいしんぼ満載のおいしんぼ好きの32歳です。

これらの煩悩サイクルから抜けていくのに欠かせないのが、智慧なんでしょうね。
生活の智慧、死に方の智慧。
やっぱり親友に持つなら「チエちゃん」やなと思うのでりました。

BYコテツ

ふみこやるな!の「ふみこ」の代打?

December 28 [Mon], 2009, 0:20
以前、ドライ柿をUPしたところ、結構な問い合わせがありました。
その後成城石井で並ぶ事もなく、悲しんでいたところに朗報です。



和歌山県コーナン上富田店で発見しました。

林ヶ峯農産加工グループ 長寿の郷
住所 紀の川市平野1467-1
電話番号 0736-75-9567

が販売元でした。

砂糖も添加物もなし、100%柿です。
ローフードの方にもオススメかもしれませんね。

和歌山に行った際は是非に!

前向きやな〜笑

December 26 [Sat], 2009, 18:03
旦那が昨日散髪へ行ってきた。
この間は小栗旬、
今回はまた芸能人を参考にしたのだろうか・・・。
帰宅後
「誰に見える?」
「・・・・・。さぁ誰やろな・・・・」
と言葉に詰まっている事にも気づかず、だれだれ?と答えるまで聞いてくる・・・・笑
「松田翔太?とか・・・」「違う、違う〜」のやり取り数回。
当るまで何回言わせるねん!!!!と内心思いながらも、最後は適当に答えてたら
「ジョニーディップやん!」

え?どこが?
内心「ふざけるな〜〜〜」
と思いつつ、黙っておいた。
その内ジョニーと同じ共通点を自慢げに語り(お互い癖毛)
一言
「だからナニ?」
と突っ込んでいただかせていただきました。

ジョニーは個人的に好きな分、やめて欲しかったわね・・・・。
鏡で自分を見るのが大好きな彼が一言
「ジョニーというより、イッコーに似てる気がしてきた・・・」
それだけはしっかりうなずかせていただきました。

この前向きな姿勢。
いいですね。
ジョニーからはるか遠い事を受け入れながらも(自分大好き人間なので)
夢を持つ。

彼を見てると勉強になります・・・・笑
そそ、拒否しないで、受け入れた状態で夢を追いかけるのよね・・・旦那様。。。。笑

オザキ発見。

December 25 [Fri], 2009, 19:57
クリスマスですね。
仕事の帰りに淀屋橋の改札前にある集合店舗があり、その店舗をぐるりと回ってから旦那のみやげを買おうとしてたところ・・・・。

50歳以上の方が好みそうな小物(手袋、首巻、ベルト)を売っていた同じくらいの歳のにいさんが、爆音で尾崎豊をかけ、お客がいないとヤンキーすわりでしゃがみこんでノリノリで歌っていた・・・・笑

面白すぎて、おもわずじっと見てしまい、客と間違われ接客されましたが、かわして逃げてまた遠くからみてると、今度は立ったまま「エアアヤヤ」ならぬ、「エア尾崎」だった・・・・笑

髪型も今まず見ない髪型で、まさにTHE80〜90年代タイムスリップで感動しました。

ジングルベルソングより
盗んだバイクで走り出す

が頭に残った夜でした・・・笑

へんな電話、へんな何か条。

December 24 [Thu], 2009, 19:07
先日しらない人からメールが来た。
「ゆみちゃんのお店に行くけど、どうしますか?奈々絵文字付」
その後すぐに電話が。
「カタオカさんの電話でよかったですか?焼き鳥の予約どうしたらいいですか?あれ?男性じゃない・・・?なんで?」

その台詞はこっちのほうである。

電話掛け間違えたのかな〜〜?とえらく動揺していましたが、そんな同姓で同じ電話番号の異性違いなんてあるのだろうか・・・・。旦那かもしれないので、聞いておきますね、とだけ答えておきました。
おそらく電話番号が似てるんだろうけど、なんというミラクルな電話。

一応店の方が困ってはいけないので、旦那に聞いたら
「おれ、幹事じゃないから多分違うし、大体なんで嫁の電話番号教えるねん」
と言われ、そりゃそうだな。。。と思い、世の中の偶然にはいつも驚かされる。
100歩譲って浮気だったとしても、そこまでアホを踏まないだろう・・・笑

もしそうなら逆に天才的ユーモアでしょ(笑)
クリスマス前にそんなミスしたら、嫁から何ねだられるかわからんやん。
え?浮気でキレないのですかって?

そんな事で目くじら立てるほど小さくありません。笑
問題持ち込まなきゃ別に自由にしていただいて結構です、と付き合う前に伝える何か条に入れています。え?付き合う際の何か条を宣言してから付き合うのかって?
はい、カップルだから当たり前だという概念を取り払っていただき、トラブルを出来るだけ無くすために・・・・笑

旦那も子供も私の所有物ではないので、
誰といようと、好きになろうとあれこれいう権利もなければ、責める権利もないのです。
自分の所有物だと思うから感情が爆発しちゃいます。
鎖でつないでまで一緒にいる意味は、個人的な意見でいえばありません。
いつどう去られようと、ひとりできちんと自立していられるように毎日を積み重ねる事が大切で、その上での助け合い、共存であって、依存では、質の良い結婚生活、同居生活はなかなか成り立たないな・・・と思います。あくまでも個人的な意見として。もちろん関わる人全員そうですけど。
だから薄情モノだといわれるんですよね・・・笑

ちなみに何か条のうちのいくつかをいうと・・・・

「指輪を送るべからず。結婚指輪でさえ送るべからず」

「付き合いの優先順位は約束した順番で決まる。相方優先にはならないので了解する事。あなたと付き合えるまで人間を高めてくれたのは、それまでの環境と人間関係です。趣味を含め、それらに支障をきたしたいほど一緒に行動したい場合は、付き合いを諦めること」

「仕事を真面目にする事、社会的にやらなければいけない事が出来ない場合、冷める」

「一度でも暴力を降った場合、即別れる」

「度の越えたアルコール、借金、ギャンブルも別れる」

え?条件多いって?
何事も初めが肝心。

そのせいか、旦那が鳩山夫人をみて「俺、大嫌い。ウザイ」というので、

「サッチーと鳩山さん、どちらかと結婚ならどっち?」
と聞いたら案の定

「サッチー。案外プライベートではちゃんとしてるはず。(アゲマンだから)」

流石、ドーベルマン?鬼嫁をもらうだけあるわな・・・。
嫁がドーベルマンで大丈夫な旦那さんって、いい男だと思うのです。
懐がでかくないとカカア天下にはさせてられないですからね・・・笑

嘘は見抜かれるのに、それでも嘘つくのが殿方!笑
男の人ってやっぱり少年みたいで可愛いですね









マイアクタガワ〜2009

December 23 [Wed], 2009, 23:25


先日田辺市の女性高校教師の方々の前で、マクロビとヨガの講義をしながら、世間では教師がダメだらけだなんて言われていますが、休みの日に教育をさらに良くしようと研修にいったり、勉強したりしてる先生と出会えた事で、いろんな意味でこちらが勉強になりました。

お世話になった先生と14年ぶりに再会し、32歳になった私に、
32歳って人生の転機時期で、ちょうどあなたが高校生の時が一番人生で悩んでた時期やわ。

と、学生時代には聞けない大人の会話をしている自分が「歳を重ねてんだな〜」と思う傍ら、
32歳が人生の転機説はマジかもなと思ったのでありました。
私も32歳の今年はいろんな事、いろんな人との出会い、仕事、家族との向き合い方の方向性が変わった年だったと思う。

仕事の方向性もガラッと変わった一年だったり、
体もいっぱい壊しましたし、自分にとってちょうどいい仕事量を見つける、知る方法に出会えた。
死ぬまで働こうとする調理師時代の失敗から抜け出す事ができた(笑)

いつも誰かに支えられている、いつも誰かが菩薩で私を良い意味で戒めてくれる。
苦しんだ友達が、這い上がっていく姿から学ばされた事もいっぱいあった。

調子がいいと、調子にのり、つまらない行動が積み重なっていたり、
またそれで落ち込んだり、いくつになっても傷つく自分から抜け出せない状態から抜け出す光をやっと見つけ出し始めた年末でした。

立派な本の綺麗事否定から、納得しざる終えない一年でしたし。
もちろん綺麗事が出来るほど綺麗じゃないので、相変わらず進んでは後退の繰り返しだけど、傷つく事の科学
「人は傷つかない、傷つくのは心であって、魂は傷つかない」を観察したとき、傷つきやすいってマジで「エゴ子」様なのね・・・・と痛感しました。繊細さは単なる「エゴイスティック」なのかもしれん・・・と、自分に失笑ですわ。被害者でいるのって案外簡単で、楽ですしね。。。笑 つまんない道選択してんなと思った。
ドM の私にはこの生ぬるさの刺激では物足りなくなってきたようです。
もっと、ロウソク、無知、じゃなかった、ムチか。。。。笑

といって、それで自分を責めるのも卒業したい、いや、していきたいですね。
一瞬、いっしゅんを味わう事、上の空をなくしていく事が大きな鍵になるんじゃないかと思いました。

どんな人生を生きたいか、より
どんな死を迎えるか、その為にどう生きるか?という事が一番しっくり来る事にも出会えた一年でした。

積み重ねた事しか出ない瞬間に、どれだけの事を積み上げ、どれだけの罪を責めずに逝けるかな。
「過つは人の常、許すは神様の性」
そう、私は過つが大好きな人間ですので、許す事を覚えるほうがきっと早いのだ。
過つ犯さず生きれたら、ある意味プライド傷つけずに生きれるんだろうけど、多分、いやもう既に生きてるだけで自分の罪深さを見ずにはいられない。
己を責めない事は、既に結果を放棄している事と同じなんだと思う。

自分のエゴの為に生きたがる性と、他のために生きれたらと願う魂の間で、明日も変わらず楽しい悶絶ライフが待っている。

そう、それでいいのだ。
最後はユーモアなのです。
私を支えてくれるパートナーはユーモア。
深刻になっても、何も生まないし、生まれんのは煩悩とカルマだけ。

どんな時でもユーモアが言える自分であるようなゆとりを忘れずにいたいですね。

そう諭してくれた一冊。マイアクタガワ〜。クワガタ〜みたいやな。
「チベットの生と死の書」です。芥川賞って今年の作品じゃないかとつっこまないでね。笑

カユイです・・・・。

December 22 [Tue], 2009, 11:28
先日から荷物整理を始めました。
要らない服を少しずつ処分しており、ついに何年も見ないようにしていた大量の服に手をつける事にしました。
自分と息子の服は大量にゴミ箱行きで、ゴミ袋6つ分の服が出てきました・・・・

ブランド、ビンテージ・・・・
とか気にしてたら、きりないがないので、潔く捨てちゃいました。

マイソールに行こうかなと思いましたが、やっぱりやる事やってからだなと。。。
最近やる事やらなさ杉ですし、プラクティス中心生活になってから溜まりまくった服で溢れていた事も発覚。
昔はなにより掃除してから何でもしてたのに、子供の世話とプラクティスばかりに気を取られ放置してた事も反省です。
息子が少しずつ一人で遊んでくれるようになってきたので、今年は掃除できそうだなと思っています。
遊んでくれないと何時間でも泣かれる時代がつい最近のように感じるのに、もう何年も経っているんだな・・・。

今年は大掃除ちょっと真面目にやろっかな。
休みといえば、寝る、遊びにまわる、の生活のおかげで、どんどんダメ人間となっている今日。
それを休みの日にしたいなら、毎日こまめに掃除しないといけないなという事を思い出しました。
子供産むまでは、毎日掃除機かけて、さらに雑巾で床拭いてたのにな・・・・これはそろそろ復活してもよさそうです。
産後、掃除できなくてイライラするくらいならしないでくれ、と旦那&旦那の家族からも注意を受け、そのまま早5年。
怠けスギもいい所です。
持ちすぎ事を仕事やプライベートでかたつけできたのだから、これからは家の中もそうしよっと・・・。
それに維持ですね・・・。
来年はプラクティス優先から掃除優先に変える努力をしたいと思います。

なんつー恥ずかしく情けねー日記なのだ・・・・

ダメヨギニ
生活、家に
クリアヨガ

アサナキチガイ?の反省の一句。

やる事やってからプラクティスできない自分が
アサナキチガイだという事実を思い知らされたゴミ袋の量でした・・・笑

さて、掃除に朝から萌えて4時間・・・・
埃で目や体がかゆい・・・
鼻もえらいこっちゃでございます
風呂入って、お見舞いに行ってきます。


和歌山独身気分旅その2

December 21 [Mon], 2009, 18:44

和歌山といえばミカン。なんてかわいいミカン星人
田辺市上秋津町にあるみやげ物売り場「キテラ」に座ってました。
ここのジュースは全国的に注目されています。
となりのいこら茶屋は私のお気に入り。
飲み物頼めば持ち込みOKなのです。
今回はみかんジュースを購入にいきました。

土曜日は仕事終わってから「カラダナゼル」さんでいつものエサレンマッサージ。
定期的に体を見てくれているので、変化を見守ってくれているのがありがたく。
今回もがっつり心身共にいろんな意味で「抜いて」いただきました。


キテラを通り過ぎて更に山手に走ると奇絶峡が。
山を登り散歩したり、お堂を見て回っていたら、お坊さんがはだしで仏像の前で正座してお経を唱えていました。
誰もいないこの秘境で、ほら貝もふいて頑張ってます。足裏みたら、寒さと正座で紫色に・・・・

その後こんな事までしてました。


ご苦労様です・・・と心の中で声をかけ、このお坊さんもいなくなり、完全一人になった状況で静かに瞑想してみました。寒さで嫌になるかと思っていたら、逆に心地良くて自然の中で一人過ごす贅沢さを与えられしあわせでした。


カダラナゼルのマスターOさんが仕事終わってから2人で上富田町にある「ふわり」さんのランチへ。
かまどでご飯炊いてくれるし、もちろんとってもいいお米ですし、レンコンとひじきの煮物と味噌汁ついてなんと500円。安すぎる!!

フェアトレード商品や、太陽の光を生かして染める白髪染めなどもあり、次回かってみようかな・・・と思ってます。綺麗に染まっているマスターをみてると、こりゃ試す価値ありそうだな・・・。

最近いい感じの店が増えて、過ごしやすくなって嬉しいです。
人の温かさに支えられた旅でした。


明日のラブボディーラブアースにホリデーギフトとして、和歌山のオススメ商品をピックアップしてますので、ご覧くださいませ。

14年ぶりの体験ですわん。

December 21 [Mon], 2009, 9:00
これなんだと思います?



くろしお特急でございました。パンダシートなんだって。



週末仕事で一人和歌山県田辺市に帰省しました。
14年ぶりにくろしお乗ってみました。
めっきり車での帰省ばかりで・・・。

1000円高速道路になってから、渋滞(通常の3倍の時間がかかるので)で正確な時間を測れないため、仕事なので、安全対策に電車でございます。


すわるとこんなもんが・・・・


今回の旅は自分のペースで動けたので、色々行ってきました。
また後日!

インテリアシュタンギニ・・?

December 17 [Thu], 2009, 19:46
唯一持っているアシュタンガのクラス。主婦の集まりですが、先週生徒さんの意外な事を発見しました。
なんとみんな趣味が読書。
かなり本格的な読書家で、本の置き場に困る話をしてたらみんな食いつき始めました。
一人は思い切って捨てました・・・といっていた人と、本はいくつあっても邪魔にならないからと捨てないで置く、しかし大工さんに家がこのままでは壊れると注意を受け、本の為に家を別に借りてるそうです。

読むジャンルがみんな違うのでオススメの本を紹介しあいました。
小説全般、推理小説派、ハードボイルド派、宗教や哲学、法律の本などの専門書派。
みんな共通して「村上春樹」と「宮部みゆき」で一致しました。

また新作読んでないんだけど、あの解読書ってなに??と聞いたら、ないと結構意味分らない内容だよ〜といわれ、「私全部もってるから貸してあげる」と生徒さんから本日お借りしました。
その方は「チベットの生と死の書」も持っていて、最近読んでよかったのは「憲法第九条」だと教えてくれました。夫婦で京都で働かれている事もあって、京都の文化について少し教えてもらいました。
京都は元々共産党が強いそうで、保育園などでも普通に平和について教えていくそうです。政治家が平和を歌っていくのではなく、一般の方が平和を作り上げていく事が大切なんだと。根付くという意味もあるのかな。
流石京都、仏教の街のせいか文化的だなと思う。お茶漬け食べていきはりますか?文化だけじゃないって事よね。

本はつい自分の好みに偏り勝ちだから、読書好きのオススメを聞くのが幅が広がっていいよね、という話になり、みんなで本を貸しあう事になりました。

アシュタンガギニー図書館。

私は児童文学や絵本を持っていく事になりました。
絵本や児童文学って結構いいのが多いんですよ。
アミ ちいさな宇宙人シリーズ。
獣の奏者。
だいじょうぶ だいじょうぶ
ずーっとずっと大好きだよ

などなど。
あとはやはり山崎豊子様だな・・・・。

今読みかけの本が5冊もあるので、
とりあえず3冊読み終えてから、じっくり春樹様を味わいたいと思います。

正月は家で本よむか、スタバで本を読むか・・・
漫画も読みたいな・・・・。

というか、まず読みかけ最低4冊を読まないと混乱しそうだ。


月別アーカイブ
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31