シフトチェンジにする際に注意したいこと

June 24 [Mon], 2019, 21:58



指導前の時間


ひとみ先生の練習は雑味と癖がない


何年もかけてゆっくりこうなればいいなと個人的に思います




#えびすヨガスタジオ


#アシュタンガヨガ静岡


#カタオカマリコ


#何を積み上げるのか?


#楽しさを積み上げるもよし


#丁寧さを積み上げるのよし


#なにかを積み上げたものが日々の練習の形になる


#途中でシフトしてもいい


#私は何度もシフトしてますよ笑


#変わらない事は自主性


#依存心のままシフトばかりする事をふらふらするという


#ふらふらしてるようでふらふらでないのは強い自主性が常にあるから


#というわけでバランス取るために今更協調性学びはじめました


#素直さあればどこでもどこからでも学べます



ひとみ先生のマイソールが終わりました

June 24 [Mon], 2019, 12:10
ひとみ先生のマイソールがスタート


練習に集中しすぎて、盛り上がっている時間に写真を撮り忘れました・・・?


ほとんどみんなが帰った後、写真を撮らせてもらいました






この方はとても質の良い練習をされている、と太鼓判を押されてました。さすがアラ還ヨギーNさん、流石です。


タリック先生からしっかりと学び、インドにも通いながら指導されるので、良い勉強になります。
"ヴィンヤサを丁寧にプライマリーを練習する"
シンプルだけど、奥深い言葉だ
実践できる人は、案外少ない。セカンドでコケるのは、プライマリーの雑味が大きい。

"まりこさんのヴィンヤサが弱いから、みんなが真似してるのでは?"
と鋭いご意見も。
というのも、ジャンプスルーを両足で蹴って力強くやらない(股関節の病気のため控えている)ため、そこが弱さとして映るのです。


初めて指摘された事なので、新鮮!勉強になります。
明日負担があったらすぐ辞め、とりあえず久々に両足で蹴り出してみる事を試す事にする。人に教える前に、己の実践が一番大切です。


先生の練習は、生徒の癖に繋がる。癖のない練習を教えることが大切だということ。
痛いことはしないが、休憩しないで練習する事、という名言もいただきました。

また、先天性疾患のため出来ないことがある事をちゃんと伝えないと、アーサナが出来てる分、ヴィンヤサを怠けているように見えるとの指摘もいただきました。見た目には分からないから、語学が通じないとき、紙に書いて見せるか、読むかしてでも伝える方が良いとの事。


改めて思うのは、練習は個人の問題。
練習をただ楽しみたい人もいていいと思う。練習はそれぞれだ。
ただ教える立場に立つと、雑味は生徒さんに感染していく。
持つ限りは、練習の見直しが大切だなと思う。


例えアシュタンガヨガを教えるのを辞めても、私自身は、癖のない丁寧な練習を大切にしたいと思う。自分自身の納得のために。もちろん体の声を聞いてこそなので、ごり押しはしない。


滅多に指摘されない事を言われるのは、人によっては気分が良くない人もいるかもしれない。
私は、よほど見当違いな事と感じる事以外は、素直に聞き入れ、実験と観察し、そこからベストな落としどころを見つけていくのが楽しいので、感じた事をストレートに言われると、基本なんでも嬉しい性分だ。


見直すのは、再度プライマリーを根底からやり直しだな。早速プライマリーから組み立て直す事を考えると、ワクワクする。
明日はフルプライマリーレッド
ひとみ先生のカウントで一緒に練習しましょう!

明日もチケット参加可能です
お待ちしてます


月別アーカイブ
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30