経営者になって分った3つのシステム

June 08 [Sat], 2019, 19:05
やりたくないことではないけど、やりたいことではない
最近気がついた事の1つがそれでした。

本当にやらなきゃいけないことなのか?
じーっと内観し続けた今年。


経営者になると、やることは山積みです
エンドレスにやる事があります

忙しさに追い詰められると、人は不健康になる場合もある
逆に私に関しては、追い詰められるとぐんと成長する事が多い。絶壁人生に強いのは、変態の特権。絶壁なくして幸せはないのかもしれない笑



仕事も家事も育児もうまくいかないときに、この3つを考えるといいです

ます3つの体力を考えること
お金、心身、時間


どれか余裕がないときは、3つの優先順位にしたがってやること

1やらなきゃいけない事
2やりたいこと
3やったほうがいこと


3つの体力で、2つ以上揃わないときは、やらなきゃいけないだけに集中すること

優先順位については、何をやらなきゃいけないのか?
やりたいのか?やったほうがいいのか?
詳しく書き出します


書くと頭の中が整理しやすくなります

やらなきゃいけない事は、経営者としては黒字です。それに準じた事をやること。決断すること、これもオーナーの仕事です。

3つの体力欠落してたら、回復させなきゃいけない。そんなときは、やりたい事をして充電することです

やりたいことは何か?
これはモチベーション上げるためのものです。
大切でもあるし、しかしこればかりではマズイのです

少し話はそれますが…
そのやりたいことは、チャレンジしてみるのはストレス解消にも良いし、また別の側面も見せてくれると思う。


なんとなくやってみたかった事がやりたい事だった人もいれば、その逆もある。
思ってるだけでは、その作用は謎です


普段やってる事に慣れてしまい、普段やってる事が飽きてるのか、当たり前になりすぎてる、それがやりたい事かもわからないときもある


なんとなくやってみたい事をすると、普段やってる事が自分にとってどんな存在なのか?を知ることもできます。

無意識の活動に対する、存在意義のチェックにもやりたい事をするのは、普段の生活を明確にするにはいいんですよ

なんとなくやってる事が多いと、人は迷子になります
悩みが増えます
思考をちゃんと使えず、失います

無意識をなくしていく事は、3つの体力がないときに救われるのです

無意識さが募ると、知らずに3つの体力を奪います
回復するには、自分の真にやりたい事に気付き、素直になること


周りを意識しすぎて、複雑になってるのは、長い目で見てメリットはありません


3つの体力が回復しないとき、一度シンプルに、そして自分の本音に素直になって考えてみるのは大切じゃないかな?と思う


私も3つの体力が2つ以上かけており、周りのことばかり考えるのを辞め、自分の本音に素直になる事にした。

お利口さんな選択であるからと行って正しいわけではない。素直な選択が最終的に自分と周りを平和にすると思います

小手先の穏便な未来に必死になるのは、サヨナラ〜。

なんてことが多くの人が出来たら、日本ももっと生きやすく幸せだろうなと思う




見当違いがお得意です

June 08 [Sat], 2019, 18:21
大阪にもどると、てんこ盛りのデスクワーク


何から手をつけていいのか、さっぱり見当がつかず、見当違いなことばりしてます


とりあえず、明日のWSに向けた準備はしておこうと思います


寝るの何時だろうねー(笑)



愛すべき自主練にもどる

June 08 [Sat], 2019, 18:20
本日の練習は緩めに。
カランダバーサナとシンプルにドロップバック、カムアップ。


シャバーサナを10分取って疲れを癒す


夕方からは臀筋が筋肉痛。


無理はしない
でも練習は細々、呼吸だけはしっかりする


こうやって燃え尽きたりせず、継続って出来るんんだと思う。


先生がいない日の練習が、私に取っては一番大切な時間
自分が先生になる練習は、心地よく幸せな時間です
先生からもらう緊張感も良いけど、そこに誰もいない状態で対話する楽しさは、何にも変えがたい。


アイラブ自主練

月別アーカイブ
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30