脱ゆとりアシュタンガヨガ!しないしないの三か条

May 25 [Sat], 2019, 13:22
レディースホリデー前の練習は重い。
ナクラーサナまでやってチクタクして終わり

自分の癖を捨てるのは、簡単ではないけど、努めて素直に、そして深い呼吸と共にやるのみ

チクタクはアキ先生から注意を受けて以来、全く自分の癖をやっていないため、前の癖を忘れつつある。
そのため、難易度は高いけど新しいやり方でのチクタクが、前の癖の安定感を抜いてきた。そして正しく出来れば、今のやり方は肩への負担が軽減出来る事も実感。呼吸が深くないと出来ないやり方を提示され続けている昨今。それこそがアシュタンガヨガ、アーサナ出来てもさほど意味はなし。なんのためのキツイアーサナなんだって話です。
そのアーサナだけやりたければ、先生から貰うまでやってはいけないなどというネチネチした業界から離れればいいだけなのです(笑)


アーサナだけが出来ても、そこにそんなに意味をなさない事を同時に学びながら練習するのがアシュタンガヨガ


呼吸出来てないなら、アーサナストップか、呼吸に導かれるやり方で進めていくしかない


とはいえ、これは挫折する人の方が多いので、継続のためにゆとりアシュタンガヨガも多く存在する。それも良いのです。だって人それぞれ。

永遠にゆとりを取るか、途中で違和感が出てきたら、きちんと練習してる先生から学ぶのも良いと思うのです

それぞれの熟成度に合わせて、色んなやり方があっていいと思う。
ただとりあえず出来てしまうと、それで満足して長きに渡りやりやすいやり方ばかりを取ってると、後に癖が原因となる怪我を背負う事も実感。単に出来た、をぶっ潰してもらえる先生が必要な時期に突入したため、厳しくつらい事も多いけど、それらを乗り越えて行くにあたり、素直さが大きな支えになる。


説明しない、言い訳しない、理解を求めない、三か条が参加条件となる先生に学ぶこと


ここに全員のアシュタンギーが至るかどうかは定かではない。至るまでにやめるか、それらを避け続けられる環境に縁があれば、なくてもいいかもしれない。


自ら望んでやると、やらされた感もなし、文句もなし、気分爽快です。
心の素直さが準備されてない時に、あの三か条はネガティブ材料でしかない。


つまり自分の心身の成長に合わせて、 先生を選ぶ事はあっていいなと改めて思う

譲歩される事が必要な時期は、譲歩が上手な先生を。
譲歩される事が問題になり始めたら、制限を与える先生を?、


自分の最大を練習してるなら、追い込みかけられる事もあまりない事も習ってみて知る。

ただ、その追い込みを理解したり、乗り越えられる可能性を見てやってくださっている事も知る。
言っても無駄だと思われたら、何もアクションされない。
その気持ちを汲み取れるまでになれた事は、大きな成長だと思う。
単なる嫌がらせかと思ってた時代も乗り越えて、今がある。

ゆとりアシュタンガヨガを永遠に続けてたら、きっとここは見えなかっただろうな

脱ゆとりを全員に勧めている訳じゃないです。
自ら望んで自分の心身のあらゆる癖を断捨離する事を楽しめそうな方は、オススメです

自主練で自分を律して、そして無理はせず、ぼちぼち明日も練習しよう。
言われた事は、出来るまでに時間はかかれど、すぐ取りかかろう。自分や時間に言い訳せず、ベストを尽くしてやろう。


そういう姿勢そのものが身につくこと
これが何よりだなと思う。


この姿勢は、一つの平和行動とも言えますし(笑)オームシャンティおシャンティでございますね

今目の前の為に生きること

May 25 [Sat], 2019, 10:22



静かに時が流れていく朝と呼吸とヴィンヤサ




今目の前に集中することの大切さに気づく事ができるのか?




ドリスティは、目の前のフォーカスすることなんだよ、というメッセージに気づいていける日に出会えれば最高です




#朝活


#えびすヨガスタジオ


#早朝ヨガ


#呼吸


#マインドフルネス


#今ここに意識を集中する練習?


#ドリスティは今ここに向かう意識を知るためのもの


#今ここに意識して存在することの大切さ

月別アーカイブ
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31