カンファレンスはえびすヨガスタジオへ通う人と検討されている方のものです。ご注意ください

April 04 [Thu], 2019, 19:19

えびすヨガスタジオよりお知らせです

明日のカンファレンスは、あふまでもえびすヨガスタジオへ通う事を検討されている方のものです


ご自身の先生がすでにいらっしゃる方は、その先生に失礼に当たりますので、ご参加をご遠慮ください。


はぁ、と思った方、多いのでは?
これが本来の業界マナーです


関西人の方は、こういった基礎的な出来てません
生徒さんが怖くて言えない先生が多いからです
テクニカル主義が強いからです。
出来てない人が先生になっているからです(私もです)


明日は耳の痛いお話会ですが、既に出来てる人には大したことではありません
謙虚さがないと辛いお話会です
思った以上に知らない人が多いのでお伝えしていきます。


いずれ、ざっくりとした業界マナーは書きますので、単にそれだけのためにスタジオにお越しになるのはご遠慮ください


もしアシュタンガヨガをされてるなら、あなたの習った先生に聞いてください
もし答えられないなら、その先生はあなたにとって成長させてくれない人かもしれません。


今回、私も抜けていた事もあったため、有識者の皆様にお力を借りてカンファレンスを進めることになりました。


私もダメダメです。
えびすヨガスタジオで共にみんなで成長していく練習生の一人として、私自身にも再度学んでいこうと思っております


この趣旨からずれてる人は、来ても面白くはないので、ご注意ください(ビンヤサのやり方、アーサナの取り方などは一切出てきません)

忍耐力を学んでもらうために厳しさを持つ

April 04 [Thu], 2019, 17:47
説教もしてくれる友人が好きだ。勿論的の外れたものは論外ですが笑


そういう人がいるのはありがたいことだなと思う


何かの困難にぶつかれば、常に自分の非を考え、何かベストを尽くす事を怠惰していないか?


その目線で周りを見て聞いていけば、大体のことはまっすぐ迷いなく進んでいくので、いつも最後に正当化する自分をぶっ殺します。




忍耐強く物事を進めていく事




アーサナの練習はとても簡単だ(柔らかくなる事が簡単という意味ではなく、体うごかしてる方がまだ優しい)


心の鍛錬の方が大変だけど、心底好きなんだと思う。物事着いたときから自分の心に厳しく問答する事が辞めれない。
子どもの頃は、この気性がしんどくて嫌だったけど、ある時から考え方を変えてみた
好きだから辞めれない。気が済むまで、自分を厳しく問答していこう。
気がつけば、生き方そのものが哲学になっていく


こういう事を永遠に繰り返してきたところにヨガを始めたので、正直先生の必要性も感じなかったのもあります。


アーサナは単なる体操じゃん。
どこで練習しようと気にならず、家で1人練習する事にもストレスを感じた事はあまりない。
自分の決めた事を淡々とやる事が好きだ。誰かに言われないと練習できない、という経験もない。
ヨガは1人家で自分のタイミングでやれる。マラソンも同じ。
1人で呼吸して、タイムも無視して、単調な動きをただ繰り返していく事。どちらも忍耐がなければできない事(らしい)だ。


肉体の活動は、私の自分を追い詰めていく思考に、ポジティブな風を拭き抜かせるために必要なツール。本当にそんなもんだったと思います。


もっと自分の中の弱いところをほじくり返して、追い詰め、ぶち壊していく事に夢中になってましたし、今も変わりません。
それゆえ、より難しく、より困難の生じる道を選んでしまうのも、そういう部分にあります。
楽な方法は知っている。それをしても私の喜びはない。自分を毎日ぶっ殺していく事にならない。


わたしにとってアシュタンガヨガの練習は、嫌なメンタルほじくってるより、割と簡単な事です。
そこに必死になるエネルギーは、自分をほじくるのに費やしたいので、アーサナに執着をさほどしなかったのもあると思います。


これは自分の基準でしかないこと、またとても偏った生き方であること、この歳になって目の当たりにすることになる。


忍耐は1人では身につかない。忍耐を学ぶのに先生がいる場合が殆どだ。
という事である。当たり前に忍耐が手元にあったため、とても態度の悪い生徒だったと思います。決めたことをやめた事はない。一度決めたらちゃんと最後までやる切る。それが私の普通だ。それが大きな勘違いを呼ぶ事になる。
ヨガで忍耐を学んでいたら、教え方も変わってたと思う。




正直、体操のことはどっちでもいいと思ってました。
そのため、あまりうるさくいわず、コツ教えてくれ、と言われたらサクサク答えてたのも、体操頑張るパワーを他の事に使って欲しいと思っていたからです。


精神的な鍛錬が出来ている人には構わないけど(特に問題起こさない人も多数いた)、忍耐をアーサナの練習で学ばないといけない人たちには、とんでもなくひどい教え方をしてたのだな、と反省。


自分の愚かさを早朝マイソールを持った事で、気づく事になった。
そして自分の目線で知らずにみてしまっていた事を知る事になった。


ヨガで学んだ事は、私にとってはリラックスだったけど、人によっては忍耐を学ぶことだ。


アシュタンガヨガは、私にとってストレスのかかる時にでも発揮出来るリラックスを身につけるツールだったのだけど、それは多分少数派なんだろうと思う。


忍耐が必要なのに、忍耐がないままアーサナが進んでいくと、とんでもない事になることを知る


逃げようと思えば、こんな便利な社会では逃げ道だらけ。


ヨガの練習には厳しくできても、案外メンタルでは自分の都合に逃げる場合の方が多い。
周りが悪い、という事で周りも終わらせてくれるでしょ?
私の周りは決して許してくれない。そういう人を努めて周りに置くからです。イエスマンほどつまんないものはない。


心に厳しくするのは、実態がないから難しい事です


忍耐を学ぶには、肉体の鍛錬が手っ取り早い。


忍耐を学んでもらうための早朝マイソールであるように努めていこうと心に決めたので、明日のカンファレンスは、忍耐を学ぶために必要なベースとなります。


私自身も反省し、忍耐力を身につけるために邪魔になるコツなどは、早朝マイソールでは辞めます。


私も何か捨てなきゃいけません。
自分のやってきたことを素直に認め、捨てること。どんなにカッコ悪くても、恥ずかしいかろうと、そんな事はどうでもいいのです。


自分の好きなように、ただ気持ちよくやりたい方は、それを肯定してくれるシャラもご紹介する事になります。


えびすヨガスタジオは、新月明けから、忍耐力を学ぶこと。
私も、生徒さんも、みんな平等に同じ方向で学んでいきます。


マナーから外れてれば、厳しく指導します。
多分とても苦手な事ですが、私自身も逃げずに努めていきます

一緒に頑張りましょう!

色々試す

April 04 [Thu], 2019, 14:59
呼吸のwsに向けて、いろんな呼吸を試しながら練習
あと思考も遊ばせながらチャレンジ


今目の前に起きてもいない、ネガティブな事を考えてカランダナーサナすると、


はーい、上がりません(笑)


集中力なきところに、アーサナの安定はないですね(笑)
形だけ出来ても、ここぞ!という難関に出会ったとき、集中力、呼吸の深さがモノを言う


たとえアーサナが出来なくても、呼吸を深くし、集中した後のレストポーズは最高に気持ちが良い


呼吸で動かされた体の楽しさや快適さ
ここに目覚めると、アシュタンガヨガも楽しさが変わってきます


練習しんどい
という事もないし、むしろ元気がまし、機嫌も良いです


呼吸の質を考える、見直すのにアシュタンガヨガは本当に便利ですね
月別アーカイブ
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30