人が来なくなる事を恐れた私の問題です

March 22 [Fri], 2019, 23:00
個人的な事についての観察日記



まず嬉しかった事
久々に右隣のみぎわちゃんと並んで練習できた事


東京から来てくれてありがとうございます
元々百恵先生と同じく、一緒に練習させていただいてた仲でもあり、前の会社時代のマタニティヨガ養成コースの卒業生。


スタジオにわざわざ来てくれた事が本当に嬉しい。
百恵先生も、荻窪で練習してた仲間として今日の練習は感無量だったそうです


私にとっても、久々三人が揃った事がただ嬉しい時間でした



どうしてもみぎわちゃんと練習したいため、百恵先生に7時まで見ていただき、5時半からスタジオで練習。


集中力が高い人の近くで練習すると引っ張ってもらえるからそれも楽しい


今は誰よりもスタジオに早く入り、1人淡々と練習するため、こうした環境で練習をするのさ一つのご褒美。嬉しいですね


そして…
本日練習してみて思ったこと


ガン見する人の目線が不快だったこと
他人を変える事は出来ない。


うちのスタジオが初めてだった方は、やりにくかっただろうなと思う。
マナーがなってない。
私も怖いなぁと思ったので、初めての人はどう思っただろう?

もちろんマナーの良い人の方がほとんどでした。
ただ大阪人のポーズ覗きすぎる件は、日本一だと思います。時々、本当に度が過ぎてます。

ケン先生のwsは、関西圏以外からもお越しくださいます。覗き見隊の多い環境に慣れてないと怖いよね、ドリスティの片隅に首も体も向けて、時に座りこんで眺める人がいたら。

ハーフまでの順番が分からない人が周りに圧倒されて見てしまう事は仕方ない。

しかし、そうでない練習生がちらほらいたら?
このシャラはそんなことをも躾られていないのか?

と疑念を抱くことになります

人の練習は覗き見しない
それはマイソールのマナー

もしかしたら、それを教わらなかったのかもしれない。
私の時代は、厳しく徹底させられてましたが、大阪では元々守ってる人の方が少なかったですね(笑)
5年経っても露骨にアーサナを覗き込む練習生が多いのは大阪です


早朝マイソールが自分にチェンジしてから、果たして私がそれを厳しく注意したのか?


といわれたら、できてなかった。
今回来てくださった方に不快感を与えた事は否めません。


ご意見数件怖かった、といただきました
本当に申し訳ございません。


わたしも一番前の真ん中で練習して怖かったです。そして悲しくなりました。

しかしこれは私の責任でもあります

練習見ないで自分の練習集中してほしい。
眺められると、練習を真摯にしてる人に不快を与えている事をオブラートには包まず指摘します。

マイソールではアーサナ覗き見辞めましょう。

なにもアーサナを何もかも見るな、と言ってません。
練習を見たければ、それが承諾された場にしましょう

それが互いに了解されたクラスや、解剖学系のwsや、インスタやユーチューブで覗きましょう

早朝マイソールは、なにかを得る、攻略する場所でなく、ただ純粋に練習する場所です

自分の練習を大切にしてるなら、人の練習も大切になり、すごく上手くて気になる練習生がいても、私もやっぱり見ません。
(覗き見する人はもしかしたら私と逆で、人に見られたいのかもしれません)

他人の練習見てると言う事は、自分の練習を大切にしていない、と言うとになります。その大切にしてることはそれぞれなので難しい所ではありますが。


気になる気持ちを、練習の場で自分の都合で出したくはない。私もされて心地よくないからです

自分の練習に集中する事は、自分の練習を大切にする事です

ヴィンヤサに忠実になれば、人のポーズを見ている暇はない。
だから、改めてヴィンヤサをカウント通りに練習し、早朝マイソールではその辺を中心に指導していきます

自分にもっと集中していくこと
私も改めて思いました

今日はサードを休まず、ヴィンヤに忠実に呼吸をほぼ追加することなく練習してみたところ、とても素晴らしい集中が生まれ、気持ちよくは練習出来、その延長線上で普段上手くできないアーサナがすらっと出来たりする

そういう本当に楽しい側面が集中する世界にはある
それが楽しくなると、アジャストも必要でなくなるし、人のアーサナ見ることより、自分に集中する方が確実に成長出来るスピードが早いので、覗き見る意味を感じなくなる

そこに達するには、おそらく見ないことを躾けられる時期がいる
好奇心、興味本位を整備するのは己では難しい

早朝マイソールに、人が来てくれなくなることを恐れて、自分に甘くなるのはダメだ


私が目をそらしていたのはそこです。
甘い自分は、最後自分の首を絞める

習い始め3年に、どれだけ厳しく基礎を身につけられるか?

はじめにこれでいいや、になると後に修正できなるなる。呼吸も浅いまま、アーサナはスポーツの延長。でもそれはアシュタンガヨガ以外でやればいいんです。
基礎とマナーを抜けたままだと、いつか練習を続ける場所をいつか失う。
自主練で平気な人はいいんです。誰に迷惑をかけていないから。

でもそこに他人がいるなら、それはダメ。

というわけで、早朝マイソールについては基礎的なマナー厳しいことをはっきりと発言していきます

周りへの配慮そのものができる事から学べる事をしていこうと思います

これは全て私の甘さと技量不足
鍛錬が足りてない

早朝マイソール持たなかったら、こんなに真剣に考えなかった
毎日人と向き合うとは、なんなのか?


どんなシャラを作りたいか?
本気で自分に問いかけるキッカケになって良かったです

何事も学びしかない

何事も学びに変える
それが一番楽しい。
何事も楽しみながらやる。



アシュタンガヨガを長くやるのは、自分の嫌な面も眺めていくことです
嫌なことも先生から言われます
都合のいいことだけ言われないです


パンドラの箱とは、見たくもない本音を眺めること


楽しいことを見るのもまた人生
自分の弱さをひたすら眺めるのもまた人生


私は自分の甘さを眺めるのが好きです
ついでに追い詰めるのも好きです
嫌な自分から逃げない
怖さから逃げない

人が来なくなることや、嫌われる事を恐れるべからず。

私は私に負けない
その力をアシュタンガで鍛錬してる

そんな事を見るキッカケになった今日という日は、大切で幸せな時間です

ありがとうございます

ケン先生マイソールws終わりました

March 22 [Fri], 2019, 21:57
みなさんご参加ありがとうございました

えびすヨガスタジオをご利用頂いてる方はもちろん、IYC荻窪の先生もお越しくださいました


うちのスタジオも久々にマイソールに賑わった事が嬉しい限り





初めてアシュタンガをされる方もいましたが
ケン先生はシンプルに教えてくれます





呼吸の音だけがする空間




これこれ、私の好きな練習環境。

そして私だけでなく、呼吸だけが、こだまする練習環境が好きな人が多い


と言うわけで、満員御礼!


流石ケン先生

ありがとうございました

ケン先生は殆ど喋らない
そう言う事を学ぶこと

私は説明しすぎ、喋りすぎ
もっと減らす事だな。

私が説明するから、練習を覗き見する人を作るし、耳ダンボ族も作る


マリコの教え方見直しだな。
明日からさらに真面目に取り組もう





月別アーカイブ
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31