着るもので人の対応が変わる

March 13 [Wed], 2019, 17:06



習ってから一人で着物着て出かけるのは初めて


郵便局ではとても親切にしてもらえ、税理士事務所へ行く道では、扱いが違うね(笑)




着物着て思うのは、雑な仕草で着物の袖を汚してしまう事




いかに日頃雑であるか、


着心地良く、体にぴったりとした服を着ると自分の幅が広がった時に対応できない




幅を取る服を着ることは大切な事だな




#着るのに40分


#帯は適当に作る


#半帯の良さはそこ


#サイトウジョータロー


#日本人の研究


#日本人骨格と民族衣装


#日本人の食生活


#ヨガに通じるところを見つける


#カタオカマリコ

自分の目線をぶち壊せ!苦手って神様だ

March 13 [Wed], 2019, 13:52
マタニティヨガ養成コースがスタートしました。
平日コース前半を終え、初日は戸惑いも多かったかもしれないけど、皆さんの顔もキリリとされているような気がしてます。

何が正しいか、間違っているか?ではなく、目的によって伝えることや考え方はチェンジしていくこと

形に捉われず、芯をしっかり持って指導される先生が一人でも増えるといいなと思います

と、こんな偉そうなことを言ってますが・・・

慣れているカテゴリー(ホスピタリティ)はしっかりとできるのに、慣れていない事はやっぱり形に捉われやすい。
信念を持つより、周りの反応を見て、(表面的な)ニーズを見つけてそれに対応しようとしてしまう。ホスピタリティーとヨガというカテゴリーでの鍛錬は全く違うものだと2月から思い知らされる。
なかなか抜けない自分の癖。

慣れないことは、誰だって同じ。早朝マイソールを毎日立つようになってから、いろんな意味での初心を体験できている

福祉関係の考え方で早朝マイソールを持つと、とんでも無いことになってしまう。
慣れない事は戸惑いが生じる

私には簡単な事だと思っても、人には違う。また私が苦手な事は、簡単にできる人もいる
アシュタンガヨガを毎朝スタジオで練習することは、アーサナを上手になるためのことだけではない。
自分で見つけ、考え、答えを出していくことを邪魔しないこと。
質問されれば、すぐ答えてしまう

あっさり答えが出されると、自分で見つめることを諦めてしまう
質問をさせすぎてしまう。
こういう事にならないようにするのは、私のあり方の問題だ

なんでも簡単にできている印象があるかもしれないけど、そんな事はない

苦手なことから逃げず、出来るようになるまでしぶとくチャレンジするから、出来る幅を持っているのは多少なりともあります。ただ出来ているだけであって、品質は別です笑

得意な事を得意な人が努力するのとは、結構違うよね。あははは。

それでも苦手な事をチャレンジしたい。
苦手な事をチャレンジしない者が、人に厳しい事を言うのは単なる意地悪になる。

苦手な事は、ともかく練習あるのみ。

同時に、そればかりでは疲れるので、得意なこともやること

自分の幅を広げるには、バランス良く。
アーサナも、呼吸も、生き方そのものも。

私も頑張ろう、と改めて思う(最も苦手なのは、数字と経営ですけどね)


4月は産後ヨガ養成コースが開催されます。
ホスピタリティと解剖学を同時に学びたい方、ぜひお越しくださいね

月別アーカイブ
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31