理想郷、神保町。人望はなさそうな人達が多そうだけど

October 07 [Sun], 2018, 22:36
ホテルで読書
スタジオに読みかけの旅エッセイを忘れてきてので、スーツケースを開け、3冊の中から本をチョイス。ホテルに用意されたコーヒーを片手に贅沢な時間だ


神保町は、何度もしつこく語って申し訳ないのだけど、東京で1番好きな街だ

神保町のご飯屋に行くと、割合一人飯の変な人と出会える事が多い。

カフェに行くと、パソコン、スマホをいじる人より、本を読んでる人が多いのも好きな光景だ。そしてなんか変な人がどこにでもいる

神保町には、小説やマニアックな本がたくさんある。売れ筋の活字離れ人向けの本はあえて置いてない本屋も多い。
小説がどんどん売れなくなっているという事に悲しさを感じるけど、この街はそれを感じさせない。


活字離れは加速する中、その中で売れる本は自己啓発、ビジネス書、ヨガを含むハウツー本だ
これをたくさん読む事自体を
趣味読書
と語る人も増えたほどだ。別にいいけど、つまらないプライドか、それとも私の小説への愛か


一緒にしないでくれ!


と叫びたくなる事がある(不快な方、失礼しました)


神保町には、にわか(と勝手に名付けている)読書家はあまりいない
ともかく偏屈な、偏った部類の人間が集まってくる率が高い気がする


電車に乗れば、本を読む人はどんどん減っている。スマホが多くを占めている。ちょっと前はゲーム機だったのに、スマホがゲーム機代わりになったのもあり、本から音楽、ゲーム機、そしてスマホに変わりつつあるなと思う中、本をキンドルで読まないような、ついでにレコードなんか聞いてそうな、自分はみんなとは違うの特別な感性なのだ!という、そのこだわり故に社会性がヤバそうな人たちがいるその変な感じがシニカルで面白い。この時代からズレたマイノリティな人達に出会える事が楽しいのです

嗚呼、私はこの中でとてもライトな変人で居られる幸せとも言えるかもしれない
変人道をたくましく、周りを見ることなく邁進しているあの潔さ。
なんとも見ていて清々しい。自分こそがにわか読書家なのだと、あの方々たちからデスられてるような気分。常に底辺に突き落とされる感じがワクワクするのです

見た目から伺えるほどの変わり者にはそうそう会えない。
マリコビッチは、自信満々に見えるかもしれないけど、時にあまりに世間との感覚の違いで、不安になること多々あるのです。不安というより何もかもが面倒な気質のせいで嫌になる、という方がいいかもしれない。

よくわからない不安や負担を、この街は温かく包み込んでくれます。古いレコードや古書や、謎のアイドルグッズ店と共に、マイナーを愛する人達の安定感に癒されるのです


特に神保町にいる時は仕事で滞在している時。そんな時間であるのもまた、良いメリットがある。

仕事は喋りっぱなし
喉さえ問題なければ、喋るのはなんだ苦痛のない作業
しかし、それは苦痛のない世界だからこそ、強制終了させたいところもある。

本を読むのは、その反対側
聞く側に回る

聞き流しは出来ない、積極的に相手の話を聞く態度だ

仕事が忙しいときほど、喋る量が増え、簡単で快楽的なシーンが増えるほど、反対側として何かを取り入れておきたい


簡単な娯楽(テレビ、ネット)に走るのは、喋る量が少なくて良いときに。大阪にいる時にやること。

東京にいる時は、多くは何時間もアウトプットし続けている時。

一人になる時間と、一人で寡黙に過ごす忍耐を大切にし、ゼロになる時間を意図的に作り出していこう

ヨガの練習もその1つ

音楽を流さない、先生のリードもない、音のノイズがほとんどない、アシュタンガヨガというのもまた良い面と言えます。よく考えれば変なのです


黙々と協調性のない(レッドクラスでない)活動を一心不乱に早朝からやる人々。普通という場所からみれば随分とずれた活動に力を注ぐ私たち


普通ではない。だけどわたし達には、当たり前であり普通であり、むしろそれに関わらない人の方が勿体ないと思ってしまう感覚の集合体。
地方ではお見かけできない光景。都会ならではの名物とも言えるのです(田舎出身なのでマイノリティのリラックス場はほぼ存在しない事を知ってる故に)

神保町は、手元に本がなくなってもすぐに手に入り、そして早朝に練習へ気軽に行くことのできるゾーン

おしゃべりが過ぎるマリコビッチのバランスタイムと癒しスポットなのでありました

時間がない中でも、惰性の時間をなくせば読書タイムは作れる。


もっと変人道を頑張れよ!と

そんな気持ちを刺激してくれるこの街は、最高です

ネパリコハマり

October 07 [Sun], 2018, 19:18
スタジオに本を忘れてきてしまう


しょうがない


食事中本を読むなということだと思い諦めるのだ





食べてみたかったコリアンダーサラダ






コリずにネパリコ来店






オハナスマイル受付さん一押しの発酵させたスープ"バンブースープ"と
米粉のパン、チョタモリプレーン
チョタモリは美味しいのだけど、やっぱり米粒て食べたかったなぁ
スープは発酵臭らしく、独特の癖がしっかりあります


足りなくて、追加オーダー


ベジモモと砂肝シェクワを頼んで終わり








ネパール料理はナイスです









マリオ君から学ぶ時間

October 07 [Sun], 2018, 18:25



キッズヨガ2日目


マリオ君対策ミーティング中


子どもの関わりに結果や答えがない分、どんな時もやれる事がある


決まった結果がうまく出せない時、やることはない




保育とは答えではなくプロセスだ


この言葉を忘れずに子どもと向き合うことだな



新しい先生がデビューしました

October 07 [Sun], 2018, 18:22



百恵先生のデビュー日


みなさんご参加ありがとうございました




#Repost @momoe_nk with @get_repost


・・・


えびすヨガスタジオにて日曜クラススタートしました!


初日クラスご参加ありがとうございます


素晴らしい呼吸でナイスプラクティス?? @ebisuyoga_studio?


#えびすヨガスタジオ


#えびすヨガスタジオ大阪堺筋本町


#アシュタンガヨガ


#ashtangayoga

配送を迷走、はいそーですか、とは言えねーわ

October 07 [Sun], 2018, 14:03
Amazonの荷物受け取る予定が、ちがうホテルに 送ってしまい、滞在中に受け取れる様に手続きにてんやわんや


まずAmazonに連絡すると、このメールが届くのには2日かかる


なんだとーー!!


捨てずにおいてたメールをチェックして、配達会社に直接コンタクト取れそうだと分かり、色んな場所読んで、配達会社はここ、荷物ナンバーはこれ、というメールの読み方が覚えられた


なかなか繋がらない。急ぎの時は大変だ
明日から滞在先も変わるため、また配送が迷走にならない事を祈りたい











アッパー系?ダウナー系?(麻薬の話ではありません)

October 07 [Sun], 2018, 11:33
本日はえりこさんの顔を拝みにアシュタンガヨガ表参道へ

ここのスタジオの練習生は、全くガツガツしていないため、穏やかに練習ができます。


先生が松岡修造的だと、情熱的に取り組むし、先生が樹木希林的だと、フルプライマリー及び、バースプライマリーまでで満足するし、いろんなスタイルを体感する事がなかなか面白い。


練習も仕事も家族との付き合い、およびライフスタイル、プライベートも松岡修造的だと、前向き通り越して前のめりな感じがしますが、そんな人はそんなにいないのではないかな?と思う




仕事、プライベートは松岡修造そのものだからこそ、練習くらいは自制心をトレーニングしたいので、出来たとしてもしないという選択を心がけるようにしている


仕事、プライベートが陽性なら、ヨガの練習は陰性


出来るまでアーサナを取り組むのが必要な人もいる。執着と呼んでしまえばそれで終わりだけど、ヨガの練習が陽性である方が全体的なバランスが取れる人もいる


私個人的には経験していないから分からないのだけど、多くの人がセカンドスタートさせると、感情が不安定、アッパーになるらしい


ならない人はハートチャクラ開いてない、とまで言ってた人もいたなぁ笑




ぶっちゃけそんな事くらいで、メンタルブレるってどういう構造してんのやろか?と思ってたのだけど、マリオ君も大人になり、人にはそれぞれのあり方がある事が分かってくる


ダウナー系プラクティスか、アッパー系プラクティスがあり、そして自分に合うものをセレクト出来たか?だと思う


アッパー系はチャレンジする事と、完璧または確実にアーサナのクオリティを上げること。力強いアジャストを好む。周りが進んだシリーズの中で練習したいこと


ダウナー系は出来ても出来なくても止まらず流れていくこと。出来たとしても控えること。強いアジャストは好まない。
身の丈に合わないアーサナは自覚してやらないこと(例えばセカンドしたとしても、身の丈に合わないと思ったらプライマリーまでを何度も練習するスタイルなど)




これの良い悪いは正直ない


仕事もプライベートも松岡修造な私にとって、ヨガまで松岡修造ではアンバランス。


人生でやらずに後悔する
という言葉とは正直縁遠い


やってしまったが故に人生を破滅する
の方がむしろ多い


その人の人生で、ついついやらずに終わる後悔が多いなら、アッパー系プラクティスが良いのではないかな?


好奇心旺盛で、何事もやり過ぎで破滅に向かう(アルコール、タバコ、浪費、暴飲暴食、とりあえず貪り止まらない)人は、ダウナー系プラクティスでバランス取る事が良いかもしれない


後悔で済むのと、破滅自体を受け入れる人生と、どちらが幸福度高いのか?


やらずに後悔するなら、という言葉に時々疑問符をつけたくなるのは、やり過ぎで取り返しつかないことばかりしでかす側として思う


もしかして後悔の念が多かったら、セカンドて胸開いて?!という行動で不安定になるのかもしれない


私も元々アッパー系プラクティスでしたが、怪我ばかりして自然にダウナー系プラクティスにマイナーチェンジしたため、落ち着きをセカンドから学んだ傾向があります。プライマリーの時の方が、イケイケでしたね笑




セカンドして離婚するともよく聞くけど、もしかしたら結婚生活を後悔してだから、後悔しない人生を選んだ可能性があります


私は逆に家族を大切にするようになり、前のめりが落ち付き始めたので、自制心が機能し始めたのかもしれません。


勇気を得るのか
自制心を得るのか


この辺曖昧にしないで決めてると、ヨガをする意義をズレず、ブレずにいられるのではないかな?と思います





炭水化物パレード中

October 07 [Sun], 2018, 7:44
外食&炭水化物食べ過ぎが水曜から続いています


むくみはどうかな?


それが案外ないから不思議


昨日はスイーツまでつけられていたので、有難く頂戴しつつ、出されたラッシーは我慢




糖分をやめる生活のおかげか、甘いものを食べることをセーブ出来るようになったのは素晴らしいこと
ナイス習慣か身につきました


炭水化物が増えてますが、お菓子食べない


これが何よりだと思う


昨日の夜は、ホテルで洗濯とお風呂済ませたら、すぐに寝てしまい、気がつけば6:45


10時間近く寝て、睡眠不足チャージ


覚えてはいないけど、とても幸せなん夢を見た。
食べ物を我慢し過ぎず、どこかバランス取りつつ、体の健康と心の豊かさの真ん中取りたいもんですね
月別アーカイブ
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31