お好み焼きヨガ?!

October 21 [Tue], 2014, 23:30
高知からさちこさん、また最近転勤で大阪にきた理恵子さん、なにわの尚子さん


笑って自由に、好みのものを選ぶ


そんな練習を楽しんだ一日でした!







気持ちを切り替える大切なポイント

October 21 [Tue], 2014, 17:59
トラブル続き
朝から立て続き5つ降ってくる


重なる時は重なるものです
それはしょうがないことです


原因分析してても、特に意味を持たないので、やめー。


切り替えていこう


周りの環境に左右されず、自分の気持ちを決めるのだ。

気持ちの切り替えが上手いかどうか


他人か自分を責める人は気持ちの切り替えは下手になる


特に被害者意識は、長引きます


こんな時こそ、
誰も悪くない、悪い人探しをしなーい


私には苦手な作業、だけどやる。
こんな過去のつまらないルーティーンに飲み込まれるのは、悔しい。


悔しい、を上手く使う




悔しい、を持たない様にしてると、なんでも逃げて生きてしまいがち。


穏やかのようで、実は偽物の平和。私には要らない。

誰のためでもなく自分の為に立ち上がる
自分で乗り越えられる唯一の事は気持ちを切り替える事なのだから。


状況は変わりゃしません。状況変わるなら気持ちは簡単に切り替えられます。
状況変わらないけど、気持ちを切り替える賢さが大切なのです


気持ちの切り替えが良くなければ、失うものを広げていく一方だから。




切り替えていこう。
切り替えた方がお得だよ、を沢山カウントするのだ。




苦手な事をする時は、できるだけ取り組みやすくする為の工夫を忘れず。






久々の砥石くん

October 21 [Tue], 2014, 9:14
本日練習をお休みして、久々に包丁を研ぐ。



忙しさにかまけて、二年も研がなかった自分を反省。






包丁はグレステンを使っているので、研がなくても普通の家庭包丁よりは持つのですが、ステンレスを研ぐのは至難の技




鋼の方がその辺錆びやすいけど、研ぐと反応が早い。






調理師時代から包丁は牛刀とペティと決めているので、二本研ぐ研ぐのに大層時間がかかる




結婚祝いに親から買ってもらった包丁
普通はタンス、食器、ウエディングドレス、アクセサリーなどそういったものを欲しがるのかもしれませんが、




当時のビンボー生活では買えなかったグレステンの包丁を二本買ってもらった。




今も健在。




砥石は初めての修業先で料理長が誕生日にくれたもの。


怖い料理長の優しさと、早く研ぐのを上手くなれ、と言う意味を込めてもらった砥石は未だ健在。




料理長が、21歳の誕生日に砥石もらってそこまで喜ぶ女はいない




と笑ってましたが、思い出に残る誕生日プレゼントに砥石は入っています




包丁研ぐと、爪が痛む、汚れる為、深爪に戻す。




細かい事は気にしない。






今日はこまめの病院へ行くので、朝に晩御飯を仕込んでおいたので、包丁のお試しは明日に。




とりあえず、明るく笑顔でこまめに会いにいこう。







月別アーカイブ
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31