マメゴローサナ

October 18 [Sat], 2014, 21:21
夜はすっかり寒い




ホットカーペットから離れられまへん




常に横には豆大尊師




豆グルジにあやかり




ゴロゴローサナ




うん、いい感じ











暴れ馬親子ヨガ@阪急ヨガフェスタ

October 18 [Sat], 2014, 18:55
今回外ヨガは少なめでしたが、ご参加下さったお子ちゃま達は大盛り!!




やはりキッズ、楽しすぎックス!




コミュニケーションとりながら、子どもたちの提案も取り入れつつ、暴れる、アホをする、飽きないように遊びまくる ??




今年お産した卒業生も家族でご参加してくたさいました。








子どもを飽きさせない様にする事は結構な技術がいります


?なので、見る人が見ると、なかなか面白いんだそうです
子どもの引きつけ出来るようになると、コミュニケーション力はグンと上がります。


興味ある方は是非キッズヨガ養成コースへお越しやす


小手先ではできないのが子どもクラス




でもこれがたまらん!
楽しいのです




子どもといると、思いもしない発想がバンバン降りてくる




凄く大きな恩恵がやってくる




頭でなく、ハートで戯れる




一番私が楽しんだと言っても過言ではない!w






また初の15分ミニレッスンも担当させていただきました。


お忙しい中、足を止めて下さりご参加してくださってた方々、そしてMCをしてくださってたリンコさん、セットしてくださったスタッフの方々ありがとうございました

ヨガスマイルが終わりました

October 18 [Sat], 2014, 13:42
ヨガスマイル、朝一クラスからスタート




座学初なかなか人が入らないから、どーかなぁと思ってたけど、たくさんの方々がお越しくださいました


本当にありがとうございます!

そして毎回滋賀のチッタ 千草さんのご紹介でお越しくださり、本当にありがたいことです
千草さんありがとうございます!


またマタニティー卒業生も
久々の再会が嬉しく。




内容はひ、み、つ
お寺で大笑いするというヨガとは程遠いコンセプトは曲げず、変わらずw




直ぐ移動して、今度は阪急ヨガフェスタ




今、田中律子さんとイッキ先生が外ヨガしてますよー




さて、私もこの後担当




15:30〜16:30


1人参加もオッケーの親子ヨガだよーん




笑いとアホをテーマにいきまっせー

きな臭いをバッサリ、ヨガを科学する

October 18 [Sat], 2014, 6:32
ずいぶん前に買った本




やっと手をつけた




これは好きだなぁ










ヨガの超能力的な事があまり興味ないので、その類の奇跡の自叙伝系にきな臭さを感じ、うんざりしてたのですが、まさにビンゴ




あと、治癒をやたらと誇張するタイプのきな臭いなぁ、そんなんで治ったら医者いらずやで、と思ってたらビンゴ


エビデンスが身内かよ!でした。


結局、私は自分自身は非常識だけど、ヨガの納得は常識的なスタイルに限る


という所はぶれず




超能力的な力を全部は否定しないけど、披露した時点で、悟りでもなんでもなく






イリュージョン!
パフォーマンス!
プリンセス天功




と言ってくれば、むしろ楽しんでみるのになぁ




シルクドソレイユの方が健全感を感じるのであった。




ここには、治癒、効果、超能力的な力、という事をアピールしていないし、また人を楽しませる事を本気で練習してる人々。
自分本位見て見てちゃんとは違うもん。どの道他人に見せるなら、見せるプロ意識が大切なんだよな、と上から目線、まさに上からマリコ、背が低い癖にw




あくまでも普通でいい?




そんなにヨガを特別たいそうな事として、人にアピールする必要を感じないし、自分達が特別である意識をそんなにも持つ事もいらないんじゃないかなと




特に私が日々付き合っているヨガは、世間様から、朝からあんな事したいと思う事が変態的、と言われかねない故、何もしていない方々へ話す気は毛頭ない。




普通で考えて、合コン時に不利になる事だしなぁ。




自分自身の内観として、無理のない調整役として、または、趣味の一環として、人間関係を健やかにしてくれるものであればいいかなと




ただ、こういった奇跡の書き方で救われる人がいることも確かで、それによって前向きになる人もいるから、誇張の全てを否定しているわけではありません


悩んでいる方々が、少しでも前に繰り出すきっかけとしては、少し誇張した表現くらいもありかなと思います




現にです、ヨガを始めたキッカケは、
自分の山を見つけらる、自分の山を登れる、悩みから解放される的な、ユーザーの感想に感銘受けてヨガを始めた人間ですからw


現実に疲れた人にとって、どれだけの励みになるか、ということもその道を歩んできた者として、悪しきこと、否定するもの、でもないということです


自力で自立出来始めると、こういった事を上から目線的になってしまいがちな自分を改めて反省もしたいわけで。


ただ、しつこくどっぷりでは、言う所の、山を登るにはならないぞ、と思うのでありました。


自分が出来る事に当たり前を感じると、これはこれで過去の自分に冷たくなってそれもポジティブなベクトルではないっすね


当たり前
これが一番の厄介さんなんだろうなぁ


そんな上から目線と共に、自分の相変わらずの傲慢チキな部分とも向き合えた一冊としても良かったな









月別アーカイブ
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31