本を片手にハーブティー

December 15 [Sat], 2012, 21:09
岡山から通って下さっている生徒さんからハーブティーを頂き、毎日夜飲んでます。

疲れが抜ける感じがあって、ハーブティーは案外効くのかもしれません。


ハーブティーが効くくらいの体を作っておくのは、自分の積み重ね。


これでほっこり出来る様な体作りを忘れずにいたいなーと思いながら、別の生徒さんがかして下さった大奥の漫画とシーナアイエンガーの本を堪能中。

家に積み上げて読まれていない本を、今年あと一冊は読んでおきたい(笑)

本って楽しい。

本とヨガマット持って1人旅に出てみたいなー。

カルマヨガとボランティア、本当の所を考える

December 15 [Sat], 2012, 12:26
練習後、産後ヨガTTのテキストの修正を行う。


後はディレクターがテキスト製本したのを貰って、書き込みに入るだけとなった。


今年はほんまに良く働いたと思う。


家族にも随分協力いただいた。


経理や掃除など、やるとストレスになるものは外注する事にした。

経理は去年から委託で頼んでから、本当に精神的ストレスが違う!(笑)

そして年末の大掃除。


今年、掃除の埃で何度かアレルギーを引き起こし、全ての仕事を終えるまで怖くてさわれない。

年末まで仕事なので、その後のんびりしてからウブドに飛びたいと思い、今年は人生初のハウスキーパーを頼む事にしました。


仕事も家事も、家族とのコミュニケーションも、練習や勉強まで頑張る事は私には出来ない(笑)


苦手な事は、得意な事で十分補填出来るようになれば、手放して得意な人に頼む事にした。勿論ボランティアなどというケチ臭い事ではダメだ。ただし、対価を払うという事は、ちゃんと出来る人に頼むという事が大切!

スペシャリストのスキルには対価を。

ヨガにいると、なんでもボランティアで済ませたがる所をみてしまうけど、結局のところ、ケチ臭くみえてくる。

例えばですよ。
まあ、ないとは思うけどスタジオの掃除をボランティアとか失礼だなーと思う。
従業員がするなら分かるけど、外部者にそんな事を頼むのはどーなんだろー?と感じる。
せめてご飯くらいは奢りましょうよ、ですよ。


例えばお金は出なくても、その人が満足する対価を得れるシステムならいいけど、カルマヨガだ!といって人の時間を平気で振り回すような事はしたくない。

本当に必要所にボランティアは使われるほうがいい。
誰かが甘い汁を吸うためにボランティアを利用するのは、あんまりよろしくはないかなーと思ったり。

ま、それが成り立つ人物には、カリスマ性というお得なものがあり、それにあやかりたい場合はいいんじゃね?というのはありますよ。あと仕事にありつけるなどのオプションを狙うなら話は別。
仲間が出来るか、お役に立てた事をアピール出来て、お近づきになれる、利害関係一致しちゃってるんだもん。
それは問題ナッシングー!
それも一つの幸せのあり方と思うのよね。

労力に対価を渡す考え方は、ヨガではウエルカムではないかと思うけど、ビジネスマンとしては尊敬できる父(家族としてのではなく ね)の教えに従ってここはすすめるべし。

私はカルマヨガが片方だけという事が落ち着かないのです。

お互いが気持ちよく過ごせれる事を考える、寄り添いの精神が好き。

気持ちよく過ごせれる事は、継続出来る。
継続できそうな事を出来るだけあらゆるものに吹き込んでいたい。
継続とは無理のない行為でないと成立しない。

私も継続出来るレベルの支払いを考えればいいわけですから、背伸びする事は生まれない。
回るお金の使い方とは、投資するように使うのです。


というわけで、ハウスキーパーは企業には頼まず、主婦の方でパートでたいけど、固定で出る環境のない方に。
資格はないけど、掃除が好きで頑張れる人を雇います。
私は主婦という仕事を真剣に出来る人が日の目を見るような事をアシストしていたい。


一部の誰かにだけ集まるのではなく、全体的に回る方が好きだ。


無駄遣いとは思わない。
人の特技を活かせれるシステムで生かせて貰っているからこそ、私もこのシステムで還元していたい。


しかも楽だー(笑)


よし、来年も頼めるようにまたボチボチがんばろーって思える事の方が大切(笑)


年末の憂鬱は年賀状のみとなりました(笑)

さて、今から勉強でござるよ。

綺麗事と地に足がつかないような事は、今年も来年もスルーです。

ここぶれませんよー(笑)

ま、私の場合は地に足が着いた、どころか、顔が地に着いて、泥臭さ満載って人生なんだけどね(笑)
月別アーカイブ
2012年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31