子宮後屈と月経血コントロール

October 14 [Sun], 2012, 20:37
産後生理が回復して徐々に異変がスタートしました。


マクロビオティックのおかげで、寝込むまでの生理痛はなくなりましたが、生理に中休みが現れた事です。


あと体の後ろ側への圧迫感。


今年検査で子宮後屈が発覚。以前三年くらい前に子宮脱の恐れを指摘されていたけど、これもかー!という感じ。

色々考察してみると、多分産後なったらしい。




子宮を支える靭帯が伸びた確立があります。

思い当たる節はいっぱい。
産後帰省せず、一人で無理して家事も育児もした上、病気で泣きやまない息子をだきっぱなし、不休不眠の子育てを一年七ヶ月もした上に、無知識なままのアシュタンガの練習。


笑えるよ、ほんと(笑)


だからこそ、わかる事もあるし、言えることもある。


私の感覚で、完全に月経血コントロール出来ないのが、子宮後屈にあることも感覚でわかってきました。


色々試しても、生理が短くなる事はなかなかないし、それも子宮後屈の仕組みにあると分かりました。



生理症状が子宮体癌と似てる時もあるから、何度も検査はいったけど、全然問題ナッシング。


子宮後屈っておもしろーい。


そして、なんでも普通は、が通用しないんだね、あたし(笑)


全然関係ないけど、大人の発達障害の録画見ながら、あー、わかるわかる、普通の概念でら見られたり、関われると誤解されるだよねー、あと感覚器官が理解されないくらい鋭敏なので、アジャストメントが本当に辛い事が多い。


どーでもいいことで、気になって躓くから、流れる様に先生がひたすら指示動作だけをいうクラスも受けれない。


寄り添いないと、理解までいけない、とかね。


この録画、発達障害の方やママに見せてあげたいなー。

そう、私は特殊な感覚で辛い事や大変な事は多いけど、こうして本では分からない体の感覚からの知恵を得る意味では鋭敏さは邪魔ではないのです。


子宮後屈は病気ではないし、問題なく過ごしてる人も多いですが、これが時に腰痛を引き起こしていると、場合なんかも私の中にはあるのですよね。

そういった方々が月経血コントロールやプラクティスする時のコツや心得は研究して行きたいと思いまーす!

あくまでもアンダーグラウンドの人のケアーが私の役割ですね(笑)

息子の迷言集

October 14 [Sun], 2012, 15:06
学校でいつも先生に甘えていると、親友からの告げ口により発覚。

甘え上手ですからねー、ボンさん。


本人は違うと一点張りで、一緒に先生と遊んでるらしい。


そして石の上に横たわらり、両膝抱えて、



こうやってな、あーあ、癒し、癒しー、って言ってるだけー


だって(笑)



小二にして、癒し、癒しー、って語るか??


この子の発言がしばしばおもろいです。



この子、ほんとは中身おじーちゃんが入っているのではないか?という疑惑アリです。


母はおっさん、息子おじーちゃん、犬は長老、旦那は大仏。



何処に女子がいるのでしょうか?

男の子とは、子犬のワルツ

October 14 [Sun], 2012, 14:41
マイソールパドマ、本日人数少なかったので、いつもより丁寧に関われて良かったです。


息子もついてきてくれて、進んで掃除機をかけてくれました^o^


練習中はアホな事ばっかり言ったり、やったりしてましたけどね(笑)


終わってから、息子の親友連れて車に乗ってむろいけ公園へ。

散歩コースはよく来るけど、遊具ははじめて。



男の子二人遊ばせるのには体力いるし、ほんま馬鹿な事ばっかり連発する訳ですよ(笑)


男の子というのは、ほんまに子犬みたいです。


学習能力がないというか、生産性の無い事にムキになるというか(笑)



私自身が割とそういう子供だったので良くわかるんですけどね。




そしてママ友を作らない派なので、他の子供連れて遊びにくるのは初めて。
ええ、勿論子供だけ連れてきてますよ(笑)


息子がこんなに嬉しそうに遊んでくれるなら、また息子の親友を連れてお出かけしよう。



勿論親御様には許可もらって連れてきてますよ(笑)


改めて男の子の母親で良かったなーと思う。


悪さと アホな事ばっかり連発するのが、めんどくさいけど、見てて面白いし、一緒にアホ出来るのがたまらない。


私がアホするのが地なので、ちょうどええねん(笑)


男の子とは、子犬のワルツ(悪連)


子供と遊んでる父親もたまーに滑り台をアホ滑りしてるのをみて、改めて男という生き物自体がそんな感じなのではないかと思いました。

でもこれは褒め言葉!


こういうメンズって個人的にたまらなく可愛い。


ま、私は女でこれですから、旦那がらしばしば呆れてますけどね。

子供しか遊ばない遊具で本気で遊びますからね。

その遊具使う為に子供に紛れて並んだりしますから(笑)


どう見られるか?という乙女心より、どうなルカ?に好奇心が勝ってしまうので、仕方ありません(笑)



困った母親です。



お陰で、粘着性の草の実を何百も引っ付けてしまい、三人で悶絶中。



そう、道の無い崖道を歩いてしまいました。


しかも私が一番得意気に、飛び跳ねる様に(笑)


ま、こんなんだからキッズヨガ出来るんですけどねー(笑)
月別アーカイブ
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31